2017年10月21日 (土)

01日目

3回目のOPEN、初日です。
気合いを入れて4時起床、6時半にはギャラリーに入りました。
霧&小雨ですが、昨日よりは気温が2〜3度高くなっています。
9時に開店し、5時まで営業を続けました。お客さんは常に2〜4人いる、という感じでした。
天気が悪い中、清里まで足を運んでくださり、とても嬉しかったです。心より感謝いたします。あと、お花、ワイン、ミカン、手作りパン、コーヒー豆、パスタ、雑誌をいただきました。この場を借りてお礼いたします。ありがとうございました。

開店と同時に写真額やカレンダーが売れたのですが、やはりレジ打ちでパニックになりました。9月に覚えたキー操作をすっかり忘れていたのです。
合計金額が出て、お金をお預かりしてから、慌てて「小計」を押してしまうと、エラーになります。そのメモリーの取り消し方法がわからない。
あと、ちょうどお金をいただいたとき、「現/預」を押していいのか悪いのか、このあたりも戸惑います。なぜならレシートにおつりが0円と表示されて出てくるからです。Google先生に尋ねたら、問題ない、という回答でした。とにかく最初は焦り、手が震え、大汗をかきました。
9割のお客さんが、クレジットカード払いでした。やはり決済端末を入れてよかったです。
おそらく間違いはないと思いますが、もし引き落としで何か問題がありましたら、吉村事務所にご連絡ください。

「萌木の村」ではカントリーフェスタが行われています。
朝通りがかったとき、すでに駐車場はいっぱいでした。車はここ「清里の森」まで流れてくるのかな、と思ったら、そんなことはありませんでした。広大な駐車場はいつも通りガラガラです。今年のカントリーフェスタ、雨のため、客足はグッと落ちたと思います。
カントリーフェスタから吉村ギャラリーに流れてきたお客さんはゼロでした。やはり写真には興味がないのかも。

吉村フォトギャラリーの年内のスケジュール、まだ決めていません。もう一回は開けたいと思っていますが、これから清里はどんどん寒くなるので、お客さんが来てくれるかどうか……。
ただ営業しなくても、月20万近くの固定費が掛かるので、今の状態で来年の春まで乗り切るのはかなり厳しそうです。
そろそろネット通販に本腰を入れるつもりです。

明日の日曜日は、開店時間を早め、朝8時にOPENします。
夕方5時まで営業するつもりですが、台風の進路によっては、早めにクローズするかもしれません。
いずれにしても、明日は、お客さんは2〜3人だと思います。
お昼頃、取材が一本入る予定です。

今日の会場の様子。写メは1枚しか撮りませんでした。。。
Img_20171021_144905704

|

2017年10月20日 (金)

第3回目のOPENです

「吉村和敏 清里フォトギャラリー+Books

10月21日(土) AM9:00〜PM5:00
10月22日(日) AM8:00〜PM5:00

*台風接近のため、日曜日は開店時間を早めました。

Design_21

|

10月21日、22日、OPENです

吉村和敏 清里フォトギャラリー、明日AM10時からOPENします。
21日(土)と22日(日)、2日間のみの営業です。
台風が近づいていますが、日本列島直撃は月曜日なので、土曜日と日曜日は大丈夫でしょう。清里は曇りか小雨だと思います。明日は早朝からギャラリーに入るので、空模様はTwitterせお知らせします。
2日間、吉村はずっとギャラリー内にいます。Tさんが販売のお手伝いをしてくれることになりました。何かありましたらお声掛けください。
クレジットカードとデビットカードが使えるようになりました。
ご希望であれば、写真額は送料無料でお送りいたします。ヤマト便の伝票を置いておきます。

約120点の作品を展示販売いたします。
456231

価格は額付きで1,800円〜25,000円で、多くが1万円平均です。 OUTLETもたくさんあります。
_img1266

リクエストが多かった、少し大きめの作品額も用意しました。 写真サイズはA3くらいです。
_img1355

風水を考慮して額選びをされる方が多いので、黄色い額も用意しました。
_img1364

ミニ写真額もあります。3500円です。 黄色い写真を入れるより、全く色味の異なる写真の方が合っています。
_img1352

プリンスエドワード島。 かつて住んでいた家族の物語を感じるこの作品、実は好きなんです。
_img1361_2

売れないと思いますが、モノクロームの作品でもオリジナルプリントを作ってみました。 「SEKISETZ」と「Sense of Japan」の表紙です。どちらも10000円。
_img1343

カレンダー2018年、入荷しました。
_img1373

|

2017年10月19日 (木)

開店準備

Img_20171019_1532234641清里はカボチャだらけです。色々な所で、オレンジ色の球体をディスプレイとして使っています。
今日は完成した写真額を、壁に展示する作業を行いました。釘打ちは結構大変。何だか年中写真展をやっているような感じです(笑)
夜にはギャラリーが完成しました。
トータル約120点の作品を展示販売いたします。個々の作品の紹介は、明日のブログでアップします。
少し暗い箇所があったので、今日街に出て、スポット光を一台買ってきました。
2500円の外国製にしましたが、イマイチでした。多少高くても、今まで通りパナソニックの広角、というのにすればよかったです。
ギャラリー内の電気はすべてLEDにしたので、電気代はそれほど掛かりません。朝から夜までつけっぱなしでも何ら問題はありませんでした。
光フレッツのインターネットと電話が高いですね。月7000円です。
27畳対応の石油ファンヒーターを使っていますが、灯油タンクは1日で空になります。前の前のオーナーが使っていたお湯循環式の暖房システム(35年前の機種)もあるのですが、修理で10万以上、灯油代で月5万以上掛かるということだったので、やめました。邪魔なので、パネルヒーターなど取っ払ってしまいたいです(笑)
明日は昼頃から作業を行います。額の価格表を見ながら、作品の価格をはじき出していきます。
20171019_202352

|

2017年10月18日 (水)

清里にて

朝からいい天気です。
朝からギャラリー内で作業を行いました。
プリントは、東京の仕事場やラボなど色々なところで行っていますが、額へのセッティングとマットのサイン書きは清里で行うようにしています。「清里フィニッシュ」に拘っています。清里は乾燥しているのでとても作業がしやすいし、ギャラリーという空間なのでホコリも少ないです。
午後、お世話になっているA社の編集者さんたちがいらっしゃいました。清里のアーティストと打ち合わせがあるとかで、その前に吉村ギャラリーに立ち寄ってくれたのです。
どうやってギャラリーに来るのかな、と思っていたら、駅で借りたレンタサイクルでした。電動アシスト自転車です。週末は混むと思いますので、予約をした方がいいでしょう。
夕方、編集者さんたちを目的の場所まで車でお送りしたとき、初めて清里の別荘地を見ました。素晴らしい洋風建築の建物がたくさんあり、バブルって感じでした。
帰り、萌木の村に立ち寄ったら、週末のカントリーフェスタの準備が始まっていました。広場には山ほどのテントが設置されていた。15年前ほど前に、雑誌が立ち上げたイベントです。それが年々大きくなり、今では何万人も集まるイベントに成長しました。出版は何かと大変ですが、やりようによってはまだまだ可能性が残されています。
週末、萌木の村のカントリーフェスタの会場は混みますが、ここ清里の森にある吉村ギャラリーは大丈夫です。いつも通り静かだと思います。是非お立ち寄りください。

|

山梨へ移動

今週は山梨と長野を拠点に、ギャラリーOPENの準備を行います。
先程ギャラリーに到着しました。
すっかり秋の気配です。建物の周りに落ち葉が降り積もっていました。竹箒を買ってこないといけません。
これからギャラリー内で作業を行います。進行状況は逐一ご報告いたします。
Img_20171018_085136039_hdr

|

2017年10月16日 (月)

写真展の構成を考える

12月に「水」をテーマにした写真展を開催します。
一つの会場で、「錦鯉」と「発電所」の作品を一緒に展示することにしました。前例がないことを、あえてやってみたかったのです。
今、写真展の構成を考えています。写真集では各100点くらいの作品を使いますが、写真展では1/4くらいに作品を絞らないといけません。
どの写真を選ぶか、どんな順番で並べるかを、コマ単位で切った写真をパズルのように組み替え、決めていきます。
一度形になったら、2〜3日寝かせ、そしてまた組み替え作業を行います。それを3〜4回繰り返すことによって最終形が決まります。その後、ラボに入稿です。
今のところ、「錦鯉」を25点、「発電所」を25点、計50点の作品を展示する予定です。
ギャラリーの場所は銀座のど真ん中。ギャラリートークもありますので、是非お立ち寄りください。
Img_20171016_201314358_hdr

|

写真展のお知らせ

「Pond & RIVER 錦鯉×発電所」
2017年12月15日(金)~12月28日(木)
11:00~19:00
「水」をテーマにした写真展を開催します。ギャラリートークもあります。ギャラリーの場所は銀座のど真ん中。是非お立ち寄りください。
詳細はこちら↓
https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/171215/
0001
0002

|

2017年10月15日 (日)

10月21日、22日の駐車場について

東京に戻りました。
清里フォトギャラリー、10月21日、22日のOPENに向けて着々と準備を進めています。
この日、「萌木の村」でカントリーフェスタが行われるので、清里は大変賑わいます。
吉村ギャラリーがある「清里の森」の駐車場は無料ですが、シャトルバスを利用した場合、1000円かかるようです。(頑張れば歩ける距離です)
詳しくは、以下のページをご覧ください。
http://moeginomura.co.jp/countryfesta/access/parking/

|

2017年10月14日 (土)

安曇野と諏訪

今後、生まれ故郷長野県をテーマにした作品を一枚でも多く生み出していこう、と心に誓いました。
7時から撮影をはじめます。安曇野である風景と出会い、まずは一枚シャッターを切りました。手応えあり。
風景写真は「曇り」がベストです。コントラストが強くなる「晴れ」はよくありません。晴れたときに撮ると、普通の観光写真になってしまう。
風景写真は「曇り」か「雨」。これは基本です。
曇りでも、雲が薄い曇りと、雲が厚い曇りがあります。今日は真っ黒な雲に覆われていました。諏訪湖である風景を見つけましたが、影となる部分が暗くなってしまうので、風景全体が沈んで見えます。カメラを構えてみましたが、写真は撮りませんでした。家に戻ってから、フォトショップで明るくし、コントラストを上げればいや、という考えは、作品作りでは通用しません。
大切なのは撮影のとき。光や風、大気を読み、適正露出によって一発で決めてあげるのです。色鮮やかな作品が好みであれば、鮮やかな光が出るまで待てばいい。
そう、優れた作品には、フォトショップは必要ないのです。
デジタルになってから、プロもアマも、みんなこの大切なことを忘れている。そう、今の時代、フォトショップに頼りすぎているのです。

岡谷に移動しました。4時半頃、ある風景を見つけ、手応えのある作品を生み出すことができました。
諏訪湖沿いのセブンイレブンに立ち寄り、コーヒーをテイクアウト。どこに行ってもコンビニはセブンイレブンを選びます。なぜならコーヒーが美味しいから。最近、ラーメンもダントツで美味しくなってきた。
コーヒーを啜りながら諏訪湖を眺めていたら、雲の切れ間から夕陽がこぼれ落ちました。スマホでパチリと一枚撮ります。
Dmfqn4exuaepoah_2
夕食はセブンイレブンのラーメン。月に10日は、車の中で食事をしています(笑)

|

«長野へ移動