2014年12月31日 (水)

吉村和敏オリジナルカレンダー 2015年度版

「SEASONS OF SPLENDOR」壁掛用 詳細はこちら
「Smile!」卓上用 詳細はこちら

|

2014年12月19日 (金)

埼玉へ

北はチェーン規制だったので、南下し、埼玉へ移動。
今まで埼玉をテーマに撮影したことは一度もありません。今日が初。
各地を車で巡りますが、なかなかときめく風景と出会うことが出来ず、最初のシャッターを押したのは14時を回ってからでした。
東北道、外環、関越道を走って所沢へ移動。埼玉県内の移動のコツは、高速を使うことです。写真が撮れないときは食欲もない。今日のランチは肉まん1個。
所沢の郊外でときめく風景を発見します。太陽が沈む直前、2カット撮りました。でも手応えはなし。やはりこの被写体は日中の方がよかった。

今日は東京に戻ります。
ナビで行き先をセット。すると、国道を走り、板橋から首都高に乗るルートが出ました。
スマホで渋滞情報をチェックしてみると、なるほど、関越道も中央道も外環も渋滞で真っ赤。ナビにVICSは必要です。今の一体型のナビはVICSが搭載されていますが、ポータブルナビはついていない機種もある。ポータブルを買う時、VICSが着いた機種を選びましょう。スマホのヤフーナビが大ヒットしている理由は、VICSが搭載されているからです。
ちなみに、撮影地点を落とし込んでいるサブのナビ(5型のポータブル)にはVICSが着いていません。ためしに行き先を入れてみたら、やはり関越道に乗るルートが出ました。
高速ほどではないにしろ、国道もかなり混でいました。首都高も混でいた。そういえば今日は金曜日。
結局、自宅に着くまで3時間も掛かりました。所沢のファミレスで2時間ほど原稿の仕事をし、渋滞が終わる9時頃に高速を飛ばして帰った方が早かったもしれません。

|

2014年12月18日 (木)

栃木へ

栃木県、宇都宮へ移動。
よく晴れていますが、強風です。風景写真の敵は「風」です。でもせっかくここまで来たので撮影を続行します。
数年前の写真展でこの街を訪れたとき、ある風景を発見しました。いつか撮ろうと思っていたのですが、ようやく今日撮影出来ることに。
その風景の前まで行ってみます。でも前見た時とだいぶイメージが違う。そこで、300メートルほど太陽側へ移動し、別アングルから狙いました。2カット撮りましたが、十分手応えあり。
カメラを構え、写真を撮っていると、決まって地元の人が声を掛けてきます。今日もおじいちゃんが、「何を撮っている?」と不思議そうに質問してきました。
1時間後、別の場所である風景を見つけ、2カット撮影。うち1枚は手応えあり。
夕方にも1カット撮影。これは手応えなし。

|

2014年12月17日 (水)

茨城へ

2〜3日時間が取れそうです。そこで、撮影に出掛けることに。
本当は雪国に行きたいのですが、まだ車のタイヤを交換していません。この3ヶ月間、ディーラーに行く時間が取れませんでした。
よって、今回の撮影は東京周辺にします。
海からスタートし、ぐるりと回る感じ。つまり茨城→栃木→群馬→埼玉→山梨と旅することにしました。このルートであれば雪がないので、普通タイヤで移動ができます。
まずは常磐自動車道を北上し、茨城県日立市へ。海沿いを走り被写体を探したら、すぐにときめく風景と出会いました。まずは2カット撮影。
その後、大洗へ移動。ここでも数カット撮影。今日はここで打ち止め。宇都宮へ移動し、有名なあの風景を狙いたかったのですが、日が沈み、あたりはすでに薄暗くなっていました。
今日は撮影時、カメラ操作がスムーズにいきませんでした。車を停め、三脚をセットし、構えて撮る、という流れを体が忘れている。
やはり写真は毎日撮っていないとダメ。空白期間が3ヶ月もあったので、だいぶ腕が鈍った感じがします。
45123

|

2014年12月16日 (火)

フォトコンの審査

今日は「日本カメラ」フォトコンテスト、カラースライドの部の審査日です。早くも3回目。
若干応募点数が減りましたが、それでも1000作品ほど集まりました。フィルムはまだまだ根強い人気があるのです。
今月は、今までで一番レベルが高かった。入賞者を決めるのはとてもとても大変でした。
審査は、1次、2次、3次と進み、その後、銅賞、銀賞、金賞を決めていきます。稀に、1次のときに、「これは凄い!」という作品と出会うことがあり、そんな作品は銅賞か金賞枠に入れます。
最後は1時間くらい悩みます。やっぱりこの作品の方が力強いな、と思ったときは、順位が入れ替わることもあります。
決まると、内線電話で編集者さんを呼び出し、今月はこれでいこうと思います、と報告します。その後、多重応募のチェックをしてもらい、問題がなければ本決まりとなります。
いつも11時くらいからスタートし、終わるのは夕方です。今日は4時半まで掛かりました。

|

2014年12月15日 (月)

デスクワーク

終日デスクワーク 10時間くらい。

午後、頑張って時間を作り、銀行に行きました。請求書、すべて支払期限が過ぎていました。

|

2014年12月14日 (日)

デスクワーク

朝からデスクワーク

イタリアでは、何か一つの作品を生み出すとき、数十年、数百年という時間を掛けます。
3〜4ヶ月の缶詰生活で、「ああ、大変だ……」と呟いている自分がいかに甘いかというのがよくわかります。

|

2014年12月13日 (土)

デスクワークとパソコンの初期化

今日も朝からデスクワーク。18時間。

このところパソコンを使いすぎているのが原因か、WinもMacも調子が悪くなってきました。そこで初期化。
まずはWindows 8の初期化。出荷状態に戻しました。
Macの方は10.10にした。すでに3台のMacを10.10にしているのですが、原稿&メール用として使っているMacは10.9のままでした。
10.10Yosemiteは素晴らしいOSです。今までで一番完成度が高いと思う。何よりグラフィックが美しい。もう10.9には戻れない。いくつかのバグありますが、今後のバージョンアップでなおっていくでしょう。

|

2014年12月12日 (金)

Chromebook

出版業界の人がみんな欲しがっているもの。それはワープロです。
僕もこの10年間、ワープロがもう一度出たらすぐに買おう、と思っていました。
ポメラDM100はすぐに手に入れました。ブログを書くとき、よくこのポメラを使います。特に海外の取材記は100パーセントポメラで書いている。
でも使いにくいです。なぜなら、キーボードが小さいから。やはりキーボードはフルサイズに勝る物はありません。
今、クロームブックに惹かれています。そう、文字を書く仕事がメインの出版人には、このくらいシンプルな方がいいのです。ワープロ専用機に近くなる。3万円台で買えるというのも魅力です。
それにこのクロームブック、キーボードの配列がMacとほぼ同じです。スペースキーの横に「かな」「英数」がある。この点も気に入っています。
クロームブック、日本では3社から出ています。
De●●にするか、AS●●●にするか、迷っています。どちらかというと、13.3型ノングレアの液晶を搭載しているAS●●●の方に気持ちが動いています。でもAS●●●は、キーボードが柔らかいのがひっかかっている。その点De●●はキーボードの部分をがっちり作っています。やっぱり11型のDe●●の方かな。
数日前のブログにも書きましたが、欲しいのはTOSHIBAの13.3型フルHDのクロームブックです。これが最高峰。でも海外のみ。これが日本で発売になれば、何の迷いもなくTOSHIBAを選ぶでしょう。そして、今のTOSHIBA KIRAと併用して使っていく。

このところ、OneDrive 、Googleマイドライブ、iCloudDriveを積極的に活用し、原稿を書いています。
しかしどれもまだ不安定、バグだらけ。まあでも発展途上の感じがするので、使っていて面白いです。
いずれにしても、クロームブックは、この日本でも爆発的に売れるでしょう。来年は各社から出てくると思います。

|

2014年12月11日 (木)

デスクワーク

終日デスクワーク。気合いを入れ19時間。
今日はパソコンなしでも出来そうな作業だったので、喫茶店で5時間ほど仕事をします。

|

«デスクワーク