2015年6月25日 (木)

近況

テレビで制作過程が紹介されていましたが、秋頃、新しい写真集を出版します。タイトルは『雪の色』。在庫がなくなり今ではプレミアがついてしまった写真集『Sense of Japan』の雪バージョンです。今、必死になって制作を行っています。9月頃には形になると思います。

9月5日から、富山県のミュゼふくおかカメラ館で写真展「MOMENTS ON EARTH」を開催します。イタリアの最も美しい村とマジックアワーがメインテーマですが、他のテーマも数点ずつ展示します。小部屋のギャラリーを、別世界にしてみようと考えているのです。
ちなみにトークショーは9月5日と10月24日の2回開催します。どちらも同じ内容です。
今、図録のような集大成の写真集を制作しています。各テーマから2〜5点の作品を使う、音楽の世界でいうベストアルバムのような感じになります。これも9月頃には形になると思います。

北海道東川町で、「CEMENT(セメント)」の作品40点を展示する写真展を開催します。詳細は来月お伝えします。

あと、8×10の第二弾の写真集、五島列島上五島の写真集も頑張ります。製作はまだはじまっていませんが、海外から戻ってからスタートさせます。

|

2015年6月22日 (月)

梓川アカデミア館でトークショー

20日(土)、梓川アカデミア館でトークショーが行われました。
お客さんは50〜70人くらいかなと予測していたら、120人も入りました。急遽追加で椅子用意しましたが、何人か立ち見になってしました。申し訳ありません。
新宿の時はギャラリートークという形でしたが、今回は講演会という形を取りました。後半はイタリアの話をしましたが、展示作品に関する別の写真もお見せすることが出来たので、旅の話が膨らみました。やはり僕的には、ギャラリートークより講演会の方が話しやすいです。
サイン会の時、多くの方から言われるのが、「是非、東海や関西でも写真展を!」です。話がこれば受けるのですが、話がこないのです(笑) 自分でやるとしたら最低でも50万は掛かるので、やはり開催は厳しいです。
イタリアの美しい村の写真展は、次は富山県で開催します。マジックアワーの作品もプラスし、プリンスエドワード島、カスタム・ドクター、Sense of Japan、信州、積雪などのパネルも数点出展します。
今、集大成の図録を作っています。27年間のベストショットをすべて収録するとても素晴らしい作品集になりますので、ご期待ください。
R0000994
R0001026


|

2015年6月18日 (木)

お知らせ

●雑誌
112236月20日発売の「デジタルカメラマガジン」7月号に、先月ペンタックスフォーラムで行った写真展「イタリアの最も美しい村全踏破の旅」の作品がすべて掲載されます。各作品はとても小さいのですが、会場のレイアウトは全く同じです。

●テレビ番組
「The Photographer 2」 BS朝日
6月22日(月) 夜9:00~11:00放送
吉村の活動状況を追い掛けるドキュメンタリー番組です。国内(木曽と新潟)、フランスのプロヴァンスでの撮影スタイルを初めてテレビで公開します。母校である田川高校にもテレビカメラが入りました。新しい写真集を準備している様子、担当編集者さん、高校の同級生のインタビューもあります。なお、全国で合同写真展が開催されます。吉村は9点の最新作を発表します。

番組の詳細はこちら↓
http://cweb.canon.jp/eos/info/the-photographers/index.html
http://www.bs-asahi.co.jp/Photographers2/
YouTubeはこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=gbit6Fxqqq4
写真展の詳細はこちら↓
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/eos5d-photographers2/index.html

|

2015年6月14日 (日)

九州取材

10日間、九州各地を巡りました。今回訪れたのは、宮崎、鹿児島、熊本、長崎、佐賀、福岡、大分です。
東京から九州へ車で行くには、3通りの行き方があります。

1、お台場からフェリーで徳島経由、北九州に入る。
2、大阪まで車で行き、大阪港からフェリーで鹿児島に入る。
3、神戸まで車で行き、神戸港からフェリーで宮崎に入る。

20150606_142024今回は、宮崎と鹿児島で撮りたい風景があったので、3を選びました。
朝家を出て、東名高速を走り、夕方神戸に到着。19:40分発のフェリーに乗ります。神戸の美しい夜景を眺めながらの出港はなかなかロマンチックでした。
20150606_193455今の時期、フェリーは空いています。風呂に入り、ベッドでキンドルを読んでいたら目が閉じ、7時間熟睡。このところ2〜3時間睡眠が続いていたので、体が休まりました。定刻8:40に宮崎港着。
鹿児島は火山灰が降っていたのでびっくり、どの車も真っ白でした。街中のコインパーキングに車をとめ、橋の上から駅周辺の風景を撮影します。
梅雨ということもあり、連日雨でした。雨雲アプリにだいぶ助けられました。Androidでは「アメミル」がなかなかいいです。「ヤフー地図」に雨雲レーダーを表示させるのもお勧めです。
九州は、ガソリン価格にだいぶばらつきがありました。リッター133〜149円です。車は満タンで50リッターほど入り、毎朝満タンにするので、20〜30円の差は大きいです。朝、130円台のスタンドを探して入れました。
20150612_200522いつも、街中より少し離れた場所にあるビジネスホテルに宿泊します。理由は、平置きの駐車場があるから。ルーフボックスを付けているので車高は2.2m、よって立体駐車場には入りません。ちなみに僕が好きなビジネスホテルは「ルートイン」です。
九州各地に「ホテルAZ」という一泊約5000円のビジネスホテルがありました。一度は泊まってみようと考えていたので、最終日、一泊してみます。これからも積極的に使おうと思いました。

熊本港で車をフェリーに乗せ、島原に渡りました。
島原城を見るのは2回目、とても美しい城です。
20150609_182801佐賀市と別府市は、初めて訪れました。どちらの街にも一泊します。日本では、ほぼすべての街に行っている。あと、行ったことがないのは沖縄だけです。
帰り、北九州から神戸行きのフェリーに乗ろうと考えましたが、岩国で撮りたい風景があったので、車で移動することに。
淡路島の風景を撮影した後、神戸で一泊、翌日、東名高速を走って東京に戻りました。

|

2015年6月 4日 (木)

お知らせ

松本市梓川アカデミア館で写真展を開催中です。是非お立ち寄りください。
http://matsumotoakademia.blog29.fc2.com/blog-entry-143.html

「デジタルカメラマガジン」6月号
夏の絶景特集のp32に、五島列島上五島の写真を1点発表しています。
なお、上五島の写真集は、年内には出したいと考えています。

「セメント新聞」
5月18日号に、写真集「CEMENT」の記事が載りました。
http://www.cement.co.jp/cementpress.html

テレビ番組のお知らせ
吉村が出演するのは、6月22日(月)21時〜の方です。
http://cweb.canon.jp/eos/info/the-photographers/index.html

|

2015年5月29日 (金)

信州での写真展スタート

帰国後1週間は、長距離の車の運転をしないようにしています。なぜなら時差ボケでふっと眠くなるから。よって今回は特急あずさに乗って松本へ。梓川アカデミア館で、5月30日(土)からはじまる写真展の準備を行いました。
写真パネルの方は火曜日に到着し、東京の業者さんによって展示が行われていました。今日の作業はキャプションなどの指示です。
展示会場は3部屋にわかれています。奥のいちばん大きなスペースで「イタリアの最も美しい村」の全作品を、真ん中で「Shinshu」のモノクロ作品を、手前の部屋で「ブルーモーメントを」を展示しています。また奥へと続く通路では、「プリンスエドワード島」を展示しました。作品点数は約140点、かなり盛りだくさんの内容の写真展となっています。イタリアとブルーモーメントの展示は、長野県では初めてです
写真集の販売も行っています。「イタリアの最も美しい村全踏破の旅」「フランスの美しい村全踏破の旅」「プリンスエドワード島七つの物語」「Shinshu」が入荷しました。来週には、「BLUE MOMENT」「LIGHT ON EARTH」「RESPECT」「プリンスエドワードアイランド」が数冊入荷予定です。
アカデミア館の常設展示も必見です。是非お立ち寄りください。

※美術館1階には手打ちソバ屋さんが入っています。ランチにお勧めです。(火曜日は休み)
※美術館への行き方 車がベストです。バスはありません。電車の場合、大糸線の梓橋駅からタクシー利用がいいでしょう。
(タクシーは電話での呼び出しになると思います)

_img1247 _img1288_2 _img1287 _img1335 _img1392 _img1414 _img1431 _img1255

|

2015年5月26日 (火)

フランス取材

名古屋でトーク。60名ほど集まりました。その後新幹線で東京にトンボ帰りし、成田へ移動し、フランスへ向かいます。
「フランスの最も美しい村」は、出版から6年経ちました。登録された村は増えたり減ったりを繰り返しています。当時は150村でしたが、今は160村くらいになりました。今回、追加になった村を取材しようと思い立ったのです。
リヨン国際空港でレンタカーを借り、まずはプロヴァンス地区にある4つの村を訪れました。素朴な村では地元の人との出会いもあり、満足のいく作品を生み出すことができました。
旅の後半、知名度の高い村にも立ち寄り、再撮影を行いました。サン・シルク・ラポピーやコンクやゴルドは、やはり観光地です。村巡りをしてもあまりときめきません。やはり僕は観光地が苦手です。
やはりフランスは広いです。10日間の旅で、3000km以上も走りました。北部に点在するいくつかの村は、また別の年に取材します。
_08a0727

_08a0707

_08a1418

_08a2006

_08a2170

_08a3250

_08a4708

_08a4903

_08a4909

_08a5739


|

2015年5月25日 (月)

写真展のお知らせ

松本市梓川アカデミア館 平成27年度企画展
吉村和敏写真展
「イタリアの最も美しい村を巡る旅
with プリンスエドワード島、ブルーモーメント、そして信州へ
期間■2015年5月30日(土)~ 6月24日(水)
講演会6月20日(吉村はこの日だけ会場に行きます)
詳しくはこちら↓
http://matsumotoakademia.blog29.fc2.com/blog-entry-143.html
http://www.azusagawa-akademia.jp/index.html

|

2015年5月15日 (金)

新潟

写真展終了後、すぐに新潟県小千谷へ移動し、撮影を行いました。里山の風景や闘牛がテーマです。
先月の木曽でも、今回の小千谷でも、地方で頑張っている若者と出会いしました。地域おこし協力隊で来ている人たちです。
近頃の若者は元気がない、向上心がない、夢を持っていないと言われていますが、全然そんなことはない。頑張っている若者はたくさんいます。地方に行くたびに、若者は凄い!と感じます。そういえば南米でも、一人ジャングルに入って研究をしている大学生がいました。
仮にもう一度20代をやり直せるとしたら、僕は青年海外協力隊か地域おこし協力隊を選んだと思う。
20150515_202223

|

2015年5月11日 (月)

写真展12日目

_img1172_2最終日です。
会場内には常に3〜10人ほどお客さんがいるという状況が16時まで続きました。
_img1215イタリアの写真集、講談社から300冊お預かりしていました。
15時55分に2冊売れ残っていましたが、会場にいた風景写真出版の編集者さんが残りを購入してくださり、完売しました。雑誌「風景写真」は、時々グラビア特集を組んでもらっています。素晴らしい写真雑誌なので、是非手に取ってご覧ください。

本はトータル500冊くらい売れました。今はデジタル全盛期、出版はどんどん衰退していきますが、これからも「紙」に拘っていこう、と決意を新たにしました。正直、写真集は出せば出すほど赤字になります。でも、頑張って作り続けていきます。
数日前にも書きましたが、「LIGHT ON EARTH」は凄い人気でした。このシリーズでは、「プリンスエドワードアイランド」の3倍くらい売れるのです。昨日8冊追加しまたが、すぐになくなりました。
この写真集、書店では埋もれてしまっているので、いつか書店のギャラリースペースを借り、パネル展示をやろうと考えています。

16時10分、写真展は盛況のうちに幕を閉じることができました。ありがとうございました。5月は、国内取材が3回、海外取材が1回です。時々ブログを更新します。
ノートに書かれた感想、移動の新幹線の中でじっくり拝読します。
_img1226


|

«写真展11日目