2019年2月25日 (月)

写真集「Du CANADA」

Ducanada__3

吉村和敏写真集「Du CANADA」 2月25日発売予定
Amazonはこちら
https://amzn.to/2FIXlrV

|

2019年1月29日 (火)

★★★清里フォトギャラリー

吉村和敏 清里フォトギャラリー
山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村
TEL 0551-30-7720 10:00〜15:00
※定休日は木・金、12月〜3月は水、木、金
※冬の営業時間は月・火が14時まで、土・日が15時までとなります
http://www.kiyosatophotogallery.com/

次回、吉村がギャラリーにいる日

2月中旬に1回行きます。(決まり次第、お知らせいたします)

現在、東京池袋ジュンク堂書店にて、
「清里フォトギャラリー」東京展
を開催中です。
作品額はもちろんのこと、カレンダーやポストカードを取り揃え、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
2018年12月29日(土)〜2019年2月17日(日)
ジュンク堂書店池袋本店 9階ギャラリースペース
営業時間 10:00〜22:00
詳しくはこちら↓
http://kaz-yoshimura.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-91f7.html

|

★★★WEB連載がはじまりました

「地元の人に愛されるカナダの素敵な場所」
WEB連載が始まりました。今後、隔週でカナダの魅力を紹介していきます。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/083000017/

|

★★★2019年度版カレンダー

吉村和敏オリジナルカレンダー
『SEASONS OF SPLENDOR 心にのこる世界の旅』(2019年度版)
Amazonはこちら↓
https://amzn.to/2PsNnA4

|

2019年1月22日 (火)

お知らせ

1月21日(月)、清里フォトギャラリーで「プリンスエドワード島」の写真額をご購入されたY様(名字のみしかわかりません…)。お伝えしたいことがありますので、もしこのブログやTwitterをご覧になられていたら、吉村事務所へメールでご連絡いただけるでしょうか。よろしくお願いいたします。
メールアドレス → office-mail@kaz-yoshimura.com
清里フォトギャラリーHPのお問い合わせフォームからでも大丈夫です。
https://kiyosatophotogallery.com/contact

ジュンク堂書店に立ち寄り小さな作品額を10点預けます。代表作です。
ポストカード額のリクエストが多いことから、今度清里に行った時に引き上げてきます。ブラウンは売り切れましたが、黒、白、木目はまだあります。最終在庫なので、ジュンク堂さんで安く売ります。
高田馬場で乗り換え。東西線に乗って半蔵門へ。
千鳥ヶ淵を歩いている時、花咲く前の桜並木を見て、ホッと一息つきました。
Dxfaqiex0aacycg

|

2019年1月21日 (月)

回転木馬

Dxasodkx4aay2ffとしまえんのメリーゴーランド「カルーセルエルドラド」の撮影日です。
歴史遺産は、訪れる度に違う表情を持っています。そう、歴史があるからそう感じるのです。馬や豚、人間の彫刻が、生きているように感じる。心があるんです。
このお馬さんだけに前髪があることを初めて知りました。所々にHHとあるのは、このメリーゴーランドを生み出したヒューゴ・ハッセ氏のイニシャルです。
今日は平日ということもあり、お客さんは少なかったです。メリーゴーランドが動く度に乗り込み、動物たちのアップを狙いました。
Dxa6rv8wkaab4bf時々自撮り。回転木馬に乗っている時の吉村の表情がカタイのは、どのように撮れば作品になるかを常に考えているからです(笑)

ジュンク堂書店の作品展。今回の山となるトークショーが終わり、第二章に入りました。2月17日まで、気を抜かずに頑張ります。
ブルーとブランウンの小さな額があと10点あります。代表作で制作し、明日にでもジュンク堂書店さんに送ります。
「Sense of Japan」や「CEMENT」や「積雪」などから各2〜3点、プリントして額装してみたい作品があるのです。制作に1〜2週間掛かると思いますが、完成したらブログで発表します。

|

デジタルカメラマガジン2月号

「デジタルカメラマガジン」02月号の表紙、昨年撮影したカナダ、アルバータ州、レイク・ルイーズです。
この写真も作品額にして、ジュンク堂書店に展示しようと思っています。森が緻密なので、大きなサイズが似合うでしょう。
ジュンク堂書店の作品展、あと1カ月間続きます。今後も作品額の追加など、こまめにアップデートしていきます。
ブルーウインズ、テリーさん&マークさんの新しいクラフトも、今、海を越えている途中です。
Img20190121_10555175

|

2019年1月20日 (日)

トークショー 02日目

Image1_2アルバイトさんから、今日の清里は雪、という報告が入りました。皆さん雪かきに追われているようです。
東京は快晴。今日も14時からトークショーは始まりました。
まずはお詫びです。トークショーの時、会場をパーテーションで仕切ってしまうので、この間に来られた方は、作品を見ることが出来なくなります。
このことを事前にお伝えするのを忘れていました。本当に申し訳ありません……。
トークショー、今日もたくさんの方にお集まりいただきました。心より感謝いたします。予約人数ぴったりだったと思います。
Dxu5wf6wkaam4vw_2終了後、エスカレーターを使って一階まで下りました。店内にはたくさんの人です。ジュンク堂書店が人気の理由、それは品揃えのよさです。メガ書店なので、ここにこれば探している本が見つかります。新しい本との出会いもたくさんある。
実はこの僕も、ジュンク堂書店で衝動買いした本が何冊かあります。というか、このパネル展の打ち合わせに来る度に、何かしらの本を買っていました。
娯楽の小説は、Amazonのキンドルに切り替えてしまっています。キンドル、旅人には最高なんです。
20代の頃、この場所にジュンク堂書店はありませんでした。本を買う時は、神保町の三省堂書店に行っていた。
板橋区民だったので、池袋は青春の街でした。写真機材を買う時は決まって池袋。今のドン・キホーテの場所にあった「さくらや」に通っていた。どこよりも安くしてくれたのです。
サンシャインやハンズもよく行きました。駅から離れているので、バイク(ヤマハ・セロー225)で行っていた。サンシャインの前にバイクを停めるスペースがあったのです。当然映画を観る時も池袋。
30年経ち、こうして池袋で作品展、講演会を開催するなんて、当時はこれっぽっちも想像していませんでした。
実は来週、写真集の色校戻しがあり、昔住んでいた板橋の小豆沢に行きます。何十年ぶりだろう。今から楽しみで仕方ありません。少し早めに行き、たくさんの写メを撮り、SNSにアップします。

|

2019年1月19日 (土)

ジュンク堂書店でトークショー 01日目 今後の予定

お昼頃、ジュンク堂書店へ。14時からのトークショー、たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。
最後の質疑応答の時、「今後の予定は?」という質問がありました。
ここにまとめて書いておきます。

2月1日〜3月3日 二子玉川の蔦屋家電さんで、「MAGIC HOUR」展が開催されます。トークイベント(詳細は未定)は、おそらく2月24日です。
2月25日、カナダの写真集が発売されます。タイトルは後日発表します。
2月28日〜3月3日。写真のイベント「CP+」があります。吉村は、富士フイルムブース(1日と2日)とリコーブース(1日と3日)に登場します。ダブっているのは1日です。よって、1日に訪れると両方聞けます。
2月23日、名古屋で、クラブツーリズムさんの紅葉の旅行説明会があり、ゲストスピーカーで呼ばれています。一般の方も参加可能だと思います。
2月2日〜3日、東京で「錦鯉」のパネル展を開催します。詳細は未定。
5月10日〜5月23日、東京六本木、富士フォトサロンで、カナダの写真展を開催します。かなり大きな写真展です。講演会(200人以上)の日程はまだ未定ですが、土曜日になると思います。
4月20日、長野県岡谷市で講演会があります。カナダをテーマに語ります。
清里フォトギャラリーは、3月末で閉店します。2月末から荷物の運び出しをはじめます。

|

2019年1月18日 (金)

ちょっとした工夫で使い勝手が増す

日本にいる時は、毎日パソコンを使っています。
マックは最高のパソコンですが、常にデザイン優先なので、使いにくい点もいくつかあります。
特にキーボードは、モデルチェンジする度に、使いにくさが増していきます。
今のキーボードは薄っぺらくて、文章が打ちにくい。
Img_20190118_155509そこで、ホームセンターでゴムの滑り止めを買ってきて、キーボードの底の部分に取り付けました。ただし、上のみです。
すると、前のキーボードとほぼ同じ高さになり、文字が打ちやすくなった。

今使っているAndroidのスマホ、実はフリップカバーに対応しているのです。でも日本では、何故か純正のフリップカバーが発売されません。
でも大丈夫。Amazonで普通のカバーを買い、この下の部分に小さな平べったい磁石を取り付けるのです。今、パーマセルのテープで貼り付けています。
Img_20190118_235045そうすると、普通のカバーがフリップカバーに早変わり。カバーの開け閉めによって、画面のON・OFFが可能になります。
ただ、薄っぺらい磁石は売っていません。この磁石は、以前のスマホのフリップカバーから取り外し、流用しました。
磁石が反応する位置はスマホによって異なります。まずはその場所を見つけなければなりません。これが結構大変です。

以上、このように「ちょっとした工夫で使い勝手が増す」という話でした。

|

«プリンスエドワード島から届いたクラフト