« マイナス31度 | トップページ | 見事なオーロラ! »

2008年2月14日 (木)

レンズの結露

049w0427 ここイエローナイフにはオーロラ観測でたくさんの日本人が訪れています。町中にあるすべてのホテルが日本人で埋め尽くされているといっても過言でないくらい。日中は様々なアクティビティーが用意されているのですが、今日は犬橇を取材してみました。こんなにも寒いのに犬たちはよく平気だよなあ〜と思いながらシャッターを押します。
今日は曇り。マイナス23度まで気温が上がった(?)ので、とても暖かく感じます。バッテリーの消耗も緩やかです。
Img_0617_2 でもすぐにレンズ中央部の結露が始まります。その部分にカイロをあて、溶かします。それを何度か繰り返しているうちに、レンズ内の空気も外気温と同じになり、結露が発生しなくなりました。カイロを持ってきて本当によかったです。
夜はオーロラの撮影。しかし外は雪。ティーピー(テント)の中で2時間ほど本を読んで過ごしていると、やがて雪が止み、月や星が姿を現しはじめました。突然、昨日以上に勢いのあるオーロラが上空に出ます。でもうっすらと雲があるため、オーロラはどこか迫力に欠けます。何枚か撮影しましたが、手応えのある写真は撮れませんでした。
また、あまりの寒さで思考が麻痺したのか、一眼デジカメの操作を間違え、RAWとJPEGの同時撮りのつもりが、JPEG+JPEGで撮影してしまいました。まあ、JPEGでも最大サイズなら何ら問題はないのですが、プロが作品を生み出す意味ではどこか心に引っかかりを覚えますね。
いずれにしても、写真って少しでも気が緩むと必ず失敗をする。神経を使う難しい仕事です。
Img_0627深夜1時、ホテルに戻ります。カメラはガチガチ。朝までには溶けるでしょう。
いつも通りデータ整理をし、朝方3時就寝。

|

« マイナス31度 | トップページ | 見事なオーロラ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119661/40240257

この記事へのトラックバック一覧です: レンズの結露:

« マイナス31度 | トップページ | 見事なオーロラ! »