« 取材中に読んだ本 | トップページ | KY »

2008年2月24日 (日)

オーロラの撮り方

やはり今回は時差ボケにならないようです。夜型の生活だったので当然と言えば当然ですね。
イエローナイフではたくさんの日本人とチャットしました。ホテルのロビーでバスをまっている時、郊外の観測地でオーロラが出るのを待っている時など。
僕がカメラマンだとわかると、誰もが「オーロラの撮り方」を尋ねてきます。よく質問されたのが「どのモードにして撮ればいいか?」でした。
近頃のコンパクトデジカメって、風景とか、室内とか、子供とか、花とか、夜景とか、シーン別の設定があるんですね。
「おそらく夜景モードか花火モードがいいと思いますよ」と答えておきましたが、はたして皆さんは綺麗なオーロラの写真が撮れたのでしょうか。
でも、これだけたくさんの日本人がオーロラツア観測に訪れているのだから、「オーロラモード」があってもいいような気がしています。うん、きっと受けると思う。今度写真メーカーの方に提案してみようかな。
もちろんモード別の設定がないコンパクトカメラでも、感度をアップすることによって簡単に綺麗なオーロラの写真を撮ることが出来ます。通常は100ですが、800か1600に上げるだけでいい。
でも、オーロラ撮影に一番適しているのは、一眼デジカメと三脚との組み合わせです。B(バルブ)モードにして、ケーブルレリーズを使ってそっとシャッターを切れば、よくカレンダーで目にするような見事な作品を生み出すことが可能です。感度400だとしたら、10〜30秒くらいの露出時間でしょうか。
オーロラの魅力は、まるでカーテンが風に靡いているような激しい動きにもあります。これをピタリと止めて撮るのは難しい。シャッタースピードは1/1000秒以上は欲しいので、となると感度は3200くらいでしょうか。

|

« 取材中に読んだ本 | トップページ | KY »

コメント

吉村サン、オーロラ綺麗でしょうね。カナダ北部の方が、北欧より見える確率が高いとのこと。
生で見てみたいですね。
感度800か1600ですね。
絞りとシャッタースピードと感度の関係、難しいですね。
撮影して覚えるしかないのでしょうね。

投稿: サラ | 2011年3月 2日 (水) 21時54分

はじめまして。
先日、本屋で「ブルーモーメント」を拝見して初めて吉村さんを知りました。
どれも清々しい気持のいい写真で、夜景好きの私はクギずけです。
ウチからは立山連邦がすばらしいんです。日の出のピンク色に染まる風景、いつか撮りに来てくださいね。

投稿: こいづき | 2008年2月29日 (金) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119661/40273319

この記事へのトラックバック一覧です: オーロラの撮り方:

« 取材中に読んだ本 | トップページ | KY »