« 丸ビルにて | トップページ | 取材準備 »

2008年2月10日 (日)

ライカの話

プロでもアマチュアでも、たまにライカのカメラを使って「カチャ」「カチャ」と軽快なシャッターを音響かせ写真を撮っている人をよく見掛けます。
今までたくさんのインタビュー取材を受けてきましたが、僕を撮影してくれる写真家たちの機材を注意深く観察してみると、仕事カメラの他に趣味でライカを持っている方が何人かいました。
僕はこのように「ライカで写真を撮る人」を見る度に、う〜ん、やっぱり格好いいなあ〜、と素直に思います。
このライカの強烈な「個性」や「存在感」って、一体何なんでしょうね。
もちろん今仕事で使っている30台あまりのフィルムとデジタルカメラはどれも好きです。これからも使い続け、作品を生み出していくことでしょう。でも、これほど数多くの素晴らしい機材に囲まれていながらも、やはりライカは1台は欲しいと夢見ている。
おそらく100人の写真家がいたら、95人は僕と同じような考えを持っていることでしょう。余談ですが、写真家の中には、ライカでしか作品を生み出さない人が何人かいます。
ライカは生産終了になったモデルも根強い人気を誇っています。中には昔のライカ、つまりメカニカルなライカしか認めない人もいる。でも僕はクラシックカメラにはさほど興味がないので、やはり憧れのライカと言えばM7になるんです。それもシルバーよりブラックボディーの方がいい。
ボディーとレンズで約75万。おいそれと買える金額ではありません。仮に今手元に100万あっても、取材費や必要とされる機材の購入に充てるので、M7を買うことはまずないでしょう。
Img_0601 さてライカと言えば、ある方からこんなカメラをもらいました。あのスパイカメラで有名なミノックス社が作ったライカM3を模したミニチュアカメラです。これ500万画素のデジカメになっており、それなりの写真が撮れるんですよ。いつかこれで撮った作品をこのブログにアップしてみますね。お楽しみに。camera

|

« 丸ビルにて | トップページ | 取材準備 »

コメント

suncloudrainsnowthunder始めまして鈴木日記です、只今非常に良い記事を拝見致しました、有難う御座いました。
今後も、全て頑張って下さい。
鈴木日記3620
http://suzuki12345.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: 鈴木日記3620 | 2008年2月13日 (水) 07時19分

DCCライカM3は最近雑誌などによく出ていて
とても気になっていたカメラでした。camera
小さくてバックの中に入れて持ち歩けそうだし
独特な風合いが楽しめそうです。
upされる写真を楽しみにしています。heart04
私も買ってしまうかも知れません。happy01

投稿: rk79 | 2008年2月11日 (月) 00時27分

このカメラ、カワイイですね~~(^-^)
以前バードウォッチングの会に参加したとき、お金持ちそうな年配の方がライカの双眼鏡を持っていてちょっと覘かせていただきました。なんと言うのか…、ちょっと言葉に尽くせない素晴しさでした。鳥の羽やくちばしがくっきり鮮やかに、それでいてどこかアナログな柔らかい見え味があるんです。レンズの中で鳥が動くたび、たまらなく胸がときめきました。写真家がライカを手にしたときのときめきもこんな感じなのでしょうか。
このデジカメで撮影された作品を早く拝見してみたいです。

PS:ブログのあちこちにいる絵文字たちもカワイイです♪

投稿: アンリ・ルソー | 2008年2月11日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119661/40078951

この記事へのトラックバック一覧です: ライカの話:

« 丸ビルにて | トップページ | 取材準備 »