« 写真展「BLUE MOMENT」 | トップページ | ライカの話 »

2008年2月 9日 (土)

丸ビルにて

丸の内でAさんBさんと合流、とても大切な打ち合わせの後、東京駅前の丸ビルで行われている犬猫写真家dogcat新美敬子さんの写真展に立ち寄ります。巨大な写真パネImage091ルがオープンスペースに展示された大規模な写真展でした。ちなみに、新丸ビル3階にもパネルが展示されています。
海外の街を歩いていると、時々、公園や大通りなどで開催されている大規模な写真展や絵画展に遭遇します。(雨や風のプロテクトは、今の技術では簡単なことです)僕は、このような感じの作品展から、たくさんの写真家を知り、作品から大きな刺激を受けてきました。
人は目的がなければなかなか美術館やギャラリーへは入りませんよね。でもこのようなスタイルの展示だったら、誰もが普段の生活の中で、ふっとアートに接することができるのです。
でも日本では様々な規制があるらしく、パブリックスペースでの作品展はあまりポピュラーではありません。でも今日の新美さんの写真展のように、だんだんと増えはじめていることも事実。
これこそ、新しい文化の風だよな、と呟きながら個々の作品を鑑賞しました。

|

« 写真展「BLUE MOMENT」 | トップページ | ライカの話 »

コメント

3年ぐらい前に、こちらにも新しい美術館が出来、
今までより、はるかに出向く事が多くなりました。
それでももっと気軽にとなれば、
こういったスタイルがいいですね~
憧れます。
しかも、わんにゃんの巨大パネルだなんて~♪
東京の丸ビルに、辿り着けそうもないですがsweat02
柴犬っぽいわんこと同居してます。
(掃除機は紙パック派^^;)
自然の美しさ、動物の無防備な表情や姿、
とちらも癒されますね。


投稿: ひだまり | 2008年2月10日 (日) 23時10分

身近に芸術作品に触れてみるって、いいですね。心に余裕が無いと、なかなか目に入るものさえうっかりしていることってありますが、
そんな風にカジュアルな感じで写真に触れることができれば、嬉しいです。
それと、例えば、私の住んでる街では、毎年秋に「ストリートジャズフェスティバル♪」なるものがあり、多くの市民の方々が、街の中で、にぎやかなジャズの音楽に親しみ、楽しむ機会があります。そんなイベントとのコラボレーションで、写真を展示されたりしたら最高なんだけどなぁ~!たくさんの若者達が…人が、街に繰り出しますよnotes

投稿: yuuko | 2008年2月10日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119661/40073114

この記事へのトラックバック一覧です: 丸ビルにて:

« 写真展「BLUE MOMENT」 | トップページ | ライカの話 »