« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

高松→東京へ

今日も雨。このまま何も撮影しないで東京に戻るのは気が引けたので、バイパス沿いにある例の被写体まで行ってみます。まずは近くのショッピングモールで傘を購入。(昨日の傘はホテルから借りたもの)。
被写体の前に車を停め、1、2、3で思い切って車から飛び出し、三脚にカメラをセッティング。まずは構図を決めます。傘をさしていても濡れる濡れる。今のカメラは多少濡れても全く問題ありませんが、フィルムを濡らしたらアウト。体で守るようにフィルム交換をしながら、6枚ほど写真を撮りました。
う〜ん、でもあんまり手応えはなかったかな……。
その後、空港へ移動。レンタカーを返却し、2時45分発の便に飛び乗りました。
Img_1421 シートポケットにある「ANA SKY SHOP」の冊子。これ、暇つぶしにはもってこいですね。アイディア商品がたくさん掲載されているので、見ていて飽きません。
次に30分ほど読書。『奇跡のリンゴ』(幻冬舎刊)、素晴らしいノンフィクションでした。農業や植物に興味のある方は必読です。
羽田に到着。珍しくモノレールを使ってみることにしました。えっ、今のモノレールって、浜松町までノンストップなんですか! びっくりです。
浜松町まで約20分。その後、山手線、総武線を使い、たった50分で自宅まで戻ることが出来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

雨、雨、雨

台風と秋雨前線の影響で朝から大雨。
オリックスレンタカーで車をピックアップ、その後撮影に出かけます。
2日前、空港から高松市内へ移動するバスの中で「あっ」とときめいた被写体まで行ってみますが、やはり雨だと全然雰囲気が違いました。撮るのを諦め、徳島方面へ向け車を走らせます。
4時間ほどロケハン。結局一枚も撮影しないままホテルに戻ります。撮影がうまくいかないと、気疲れしますね。ホテルの部屋で、イライラしながら原稿書きの仕事を行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

小豆島へ

Img_1408 8時35分発のフェリーに乗って小豆島へ。
ジャイアントかぼちゃの全国大会を取材します。今年、山形大会も同時開催されているらしく、インターネットテレビで生中継されていました。
終了後、来た時と同じフェリーに乗り込みます。船内に入ると、まさに今放送されているテレビ番組「エプソンスペシャル地球の歩き方・世界遺産ノルウェーの旅」のことが気になりました。
Img_1414 観たくて観たくて仕方なかったのですが、残念ながらテレビのチャンネルはBSの相撲中継。みんな真剣に観ています。ここで勝手にチャンネルを変えたら顰蹙を買うだろうなあ〜と思いながら、悶々とした気分のまま1時間を過ごしました。
高松に戻ると、まず向かった先が無印商品(ユニクロは歩いて行ける範囲内になかった)。ここで下着を購入します。昨日の出発時、あまりに慌ただしかったので、バッグに入れたつもりが入っていませんでした(笑)。
近くに宮脇書店があったので、1時間ほど時間を潰し、気になる本を2冊購入。
夕食後、ホテルの部屋に戻ると、まずはパソコンを立ち上げメールチェック。テレビ番組に関するたくさんのコメントが届いていました。ありがとうございます。一通一通、丁寧に目を通しました。
BSAsahiで再放送があることを知り、すぐにテレビをつけますが、残念ながらこのホテルでは視聴出来ません。東京に戻ってから録画したVTRをじっくり観るつもりでいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

テレビ番組

再放送のお知らせ(BS Asahi 本日PM9:00〜10:25) 
http://www.bs-asahi.co.jp/epsonsp4/

 

Icon

『エプソンスペシャル地球の歩き方・北欧ノルウェー世界遺産の旅』

9月28日(日)PM2:00〜3:25(テレビ朝日)

テレビ朝日番組のページ
エプソンのページ
地球の歩き方のページ

番組のご意見・ご感想は、下↓のコメント欄にお寄せ下さい。

| | コメント (49) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

四国の高松へ

写真を選んで送るという仕事を大急ぎで片付け、家を飛び出します。ああ、今日もトランシーバーを手にした地上スタッフと一緒に走ることになるのだろうか……と不安を抱きながら羽田空港へ。
離陸30分前に到着。でもチェックインカウンターには人がポツポツだったので、ゆとりを持って高松行きの便に乗り込むことができました。
何故、中途半端な時間帯の便を利用するのか。それは僕自身、便が選べないからです。
国内出張でよく利用するのが、各旅行会社が出している航空券、ホテル、レンタカーがセットになったパックツアーです。割引率が高いだけあって、ピーク時の便はリクエスト出来ないようになっています。
1時間後、高松へ。バスに乗って市内へ、その後タクシーでホテルへ向かいます。部屋でメールを書いたり、街中を散歩したり、本を読んだりして時間を潰していたら、あっという間に夜になりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

ロブスターの味

Img_1393とても大切な仕事の後、4人で北欧料理のレストランへ。ここでコース料理をいただきましたが、先日の北欧取材を思い出しました。
ちなみに写真は、ジャガイモと玉ねぎ、アンチョビを焼いてグラタン風に仕上げた「ヤンソン氏の誘惑」という有名なスウェーデン料理です。日本人の口によく合います。
カナダ料理専門店は、ここ東京ではあまり見掛けません。赤坂にコージ・バンクーバーという有名店があったのですが、数年前にクローズしてしまいました。
あっ、そういえば、今、東京や大阪のいたるところでアトランティック・カナダ産のロブスターの味を楽しめることを知っていますか? Soup Stock Tokyoのオマール海老のビスク。ここで使われているロブスターは、アトランティック・カナダ産です。現地在住の友人が輸出しているので、間違いありません。
チャンスがあれば食べてみようと思っているのですが、近頃、お昼時に都心に出ることが滅多にないのです。あとこのレストラン、店内はいつも女性客ばかりなので、何となく緊張して入りづらいんですよね。この前もラボの帰りに有楽町店に入ろうとしたら、カウンター席をOLが占領していたので、ドアを開けた直後に回れ右をしてしまいました(笑)。
まあでもいつか勇気を出して入り、ロブスタースープをテイストしてみるつもり。その時はまたこのブログでレポートを書きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

川越へ

朝から仕事に追われましたが、頑張って5時間ほど生み出し、電車に乗って埼玉の川越へ。
車で行こうと思ったのですが、どうせ渋滞に巻き込まれるので、思い切って電車しました。
池袋から川越までは快速に乗ればたったの30分。つまり江東区からだと1時間半で着いてしまいます。車だと間違いなく片道2〜3時間は掛かったでしょう。
すぐに小江戸の風景と対面出来ると思ったら、駅周辺にはビルしかありませんでした。観光案内所で情報収集、バスに乗って例の蔵造りの町並みまで行ってみます。
今日はパーフェクトな曇り空。やはりシャッターが押せる、押せる。1時間で15カットも撮影してしまいました。僕の感性で切り取った川越のある表情、うち、1点は手応えあり。
その後、とんぼ返りで都心に戻ります。
それにしても川越っていい町ですね。鎌倉同様、外人が喜びそうな雰囲気を持っています。ただし、観光客はすごいです。今日も平日なのに結構いました。
あっ、スミマセン、今日もブログ用の写真はナシです。撮影に集中していると、コンパクトカメラや携帯を持っていることを忘れてしまうのです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年9月24日 (水)

曇りがベスト

今日もある場所である撮影を行ったのですが、あまりシャッターを押すことが出来ませんでした。ちなみに昨日も押せなかった。
今日と昨日の共通点があります。それは「晴れ」たこと。
もちろん僕は雨や曇りより晴れの方が好きです。取材先で雨ばかり続くと、「神様〜明日は晴れにしてください〜」と祈ってばかりいる。
でも写真というアートは、必ずしも晴れがいいというわけではありません。晴れると空は青く、空に浮かぶ雲は真っ白。コントラストが強くなるので、どんな被写体も影がはっきりと出てしまうのです。
つまりそんな状況下で風景を撮ったらどうなるか。そう、ただキレイだけの観光写真になってしまうのです。
だから、僕が一番好きなのは「曇り」です。曇りにも色々ありますが、光が微かに差し込んでいるような明るい曇りがお気に入り。雨上がりで空気が澄んでいるとしたら最高ですね。そんな状況下で風景を撮影すると、作品に不思議な力強さが宿るんです。もちろん曇りや雨の写真は観光写真としては売れないため、直接の利益には結びつきませんが。
最近、モノクロ写真ブームですが、僕に言わせれば、モノクロはある意味では簡単です。どんな状況下で、そして何を撮っても、作品ぽい写真に仕上がるからです。カラー写真はなかなかそのようにはいかない。つまらない写真はホント、つまらなくなってしまいます。
いずれにしても、カラーもモノクロも、本当の意味での作品を生み出していくのって、とても大変なことなんですね。
昨日からなかなかシャッターが押せずイライラしているので、すべての原因を「晴れたせい」にしてみました(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

埼玉へ

ある撮影があったので、埼玉県のとある湖へ。その後、自分の作品作りをするため、青梅周辺を巡ります。う〜ん、でもなかなか撮りたいと思う被写体が見つからず、結局5時間以上も車のハンドルを握っていました。
夕暮れ時、ふたたび湖へ。少しだけ空が赤く焼けたので、数枚写真を撮りました。
さて帰るぞとナビを「自宅へ戻る」にセット。1時間半で到着というアナウンスでしたが、いきなり渋滞に巻き込まれ、3時間も掛かってしまいます。休日の埼玉の国道って、すごい車の量ですね。関越道上り車線も大渋滞。逆に首都高に入るとガラガラでした。

ノルウェーの旅のフォトギャラリーで紹介している三角屋根の建物が連なる写真。皆さんから「場所はどこ?」という質問メールがたくさん寄せられています。
ここはベルゲンのブリッゲンと呼ばれる地区です。ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年9月22日 (月)

テレビ番組のお知らせ

Icon_2ノルウェーの旅が、テレビで放送されます。是非ご覧下さい。


『エプソンスペシャル地球の歩き方・北欧ノルウェー世界遺産の旅』
 出演■女優・黒川芽以、寺田有希 写真家・吉村和敏
放送日■9月28日(日)PM2:00〜3:25(テレビ朝日)

ブログもスタートしました。
http://www.tv-asahi.co.jp/epsonsp/

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

ほどよい運動

1年がホント早いです。今年も夏の終わりに恒例の健康診断に行って来ました。絶対に無理だと思ったのですが、強引に時間を作り、近くの総合病院に足を運んだのです。もちろん「すみません、僕だけ特別に早く検査してください」とお願いしましたけど(笑)。
で、その結果が出たのですが、まあまあの健康体でした。ドクターとの面接では、「規則正しい生活をして、栄養バランスのとれた食事をして、ほどよい運動をするように」とアドバイスを受けます。
帰宅後、ほどよい運動について考えてみます。
取材時はかなりハードですが、これは運動の部類には入らないでしょう。となると、やはり何かしないとダメだな、と結論が出ます。
数年前、ジョギングをはじめたことがあります。でも数週間でやめてしまいました。走るのって、超面倒くさいのです。ブログは毎日書けますが、ジョギングだけはダメ。
水泳なら続くかも……と思い、先日近くのプールに行ってみました。さて泳ぐぞと気合いを入れて水に入ろうとしたら、「こらこら」と監視員に呼び止められます。帽子を被っていないことを注意されたのでした。その日は借りることが出来ましたが、帽子を買いに行っている時間が取れず、今に至ります。もしかしたら3日坊主よりひどい1日坊主で終わってしまうかも。
でもプール用の帽子って、一体どこで買えるんだろう? ダイエーやユニクロでは売っていないですよね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

撮影の仕方

人と会う度に、よくこんな質問が飛んできます。「吉村さん、そろそろ一眼デジカメデビューをしようと思っているんだけど、カメラって、どれが一番いいの?」「どうせ買うなら仕事でも使えるいいカメラを手に入れようと思っているんだけど、ニコンD700とキヤノン5Dマーク2、そのどちらがいいか教えてよ」
でも、このように質問してくる人は、だいたい自分の心の中でどのカメラを買うか、すでに決めているですよね。つまりタイミングよくプロと会ったので、念のため尋ねてみたというわけです。
デジカメが普及し、写真の撮り方が随分と変わりました。今、携帯やコンパクトカメラで写真を撮る人は、100パーセント、液晶画面を見て構図を決め、シャッターを押しています。昔のようにファインダーを覗く人は誰もいません。
デジカメが出はじめた頃、僕は「この撮影方法は絶対におかしい、定着するわけがない」と断言していました。もちろんこの予測は大ハズレ。僕も今では液晶画面を見ながら撮影しています(笑)。確かにこの方が簡単。というか、最近のコンパクトカメラにはファインダーの穴すらありません。
一眼デジカメにも、ライブビューモードが搭載されてきました。液晶画面を見ながら撮影する人も増えているようです。僕はまだファインダーを覗いていますが、街中のスナップは、ライブビューで撮影することもしばしばです。
年々変化していくデジタルカメラ。10年後はどんな機種が出ているのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

雑誌の力

このところ雑誌の廃刊が相次いでいますが、そのニュースを目にする度に、胸がチクチクと痛みます。
僕はデジタル関連の媒体が大好きですが、それ以上に紙媒体も大好きです。子供の頃から紙と共に歩んできたからですね。
これから先、紙媒体はどんどん縮小していくでしょう。でも僕は、いい雑誌、つまりためになる雑誌、面白い雑誌、美しい雑誌をきちんとした形で生み出していけば、必ず読者はついてくるものだと信じています。
例えば車雑誌の場合。
数ある車雑誌の中でダントツで売れているのが『ベストカー』です。隔週であるにも関わらず、毎回30万部以上も出ているんですよ。そう、つまりこの雑誌の発売日を心待ちにしている読者がこの日本にはたくさんいるというわけです。
『ベストカー』は僕もよく買いますが、うん、確かに内容が濃いし、執筆陣は本音を言っているし、何より面白い。たくさんの読者を引きつけるワケがよく理解できるのです。
そう、雑誌の世界では、このように「発売日が待ち遠しい」という気持ちを読者に抱かせることが大切なんですよね。
僕が高校生の頃、写真雑誌の発売日が待ち遠しくて仕方ありませんでした。カメラや写真のことにすごく興味があったし、何より月例フォトコンテストに応募した自分の作品が果たして掲載されているかどうか、気になって仕方なかったのです。20日の発売日には、昼休みに自転車を飛ばして村井駅近くの本屋まで雑誌を買いに行ったほど。3年間、毎月続けました。懐かしいです。
ところで皆さんは、今、発売日が待ち遠しい雑誌が何誌ありますか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

携帯ストラップ

食事やトイレ休憩の後、併設するおみやげ屋さんを覗いたりしますが、日本は携帯ストラップ関連の商品が充実していますね。
プリンス・エドワード島にもたくさんのおみやげ屋さんがありますが、残念ながら携帯ストラップを取り扱っているショップはどこにもありません。
島に住んでいる日本人は、「早く携帯ストラップを作ってよ」と業者さんにリクエストはしているんですよ。僕もある店のオーナーに、「携帯ストラップがあれば絶対に売れますよ」と何度も言っています。でも残念ながらちっとも形になってこない……。
おそらく、カナダ人にとって、携帯ストラップの価値観が今ひとつ理解出来ないのでしょう。今話題のiPhoneだって、携帯ストラップを取り付ける穴さえないわけですから。
もし僕が写真家でなく、ビジネスマンだとしたら、携帯ストラップを作って売るビジネスをはじめるかもしれません。灯台とかポテトとかロブスターとか、島を訪れる日本人観光客はみんな買うと思う。友達へのおみやげ用にまとめ買いをするかも。
24才の時もプリンス・エドワード島に1年住みましたが、実は毎日がお金との戦いで、どのように生活費を稼ぎ出していくかを真剣に考えていました。
そこで、日本で制作したポストカードを船便でプリンス・エドワード島に送り、12枚セットにして知人のギフトショップで6ドルで販売したことがあるんです。そこそこ売れ、月の食事代くらいにはなりました(笑)。
Img_1371 ←これがその時のポストカードです。若い頃の思い出に1セット残してあるんです。
今だったら絶対に携帯ストラップビジネスですね。誰かはじめないかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

クラクション

ちょっとした仕事があり、神奈川の田舎に来ています。
僕は車の運転時、クラクションをやたらと鳴らす人がどうしても好きになれません。
今日もある駐車場で切り返してバックする時、後ろにいた車からブーブーブーと何度も激しくクラクションを鳴らされました。まるで喧嘩でも売っているような勢い。
「あんたの車はきちんと見えているよ!」と車から飛び出し、文句の一つでも言ってやりたくなりましたが、怒りの感情をグッとおさえ、その場を立ち去りました。もちろん20代だったら徹底的に相手と戦ったでしょう。でも近頃、厄介事は起こさないようにしているのです(笑)。
それにしても、どうしてあの車に乗っている人って、短気な人が多いんだろう……。このような決めつけはよくありませんが、吉村の統計では、あの車の所有者は運転が荒い人が多いです。
もちろんクラックションはどんどん使うべきでしょう。でも本当の危険以外は、可愛らしく「プッ、プッ」と鳴らすべきだと思うのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

スパム対策

覚えている方もいると思いますが、僕が数年前に使っていたメールアドレスは@の前がkazとinfoでした。しかし日に1000通以上のスパムメールが届くようになったので、思い切って変更。新しく使いはじめたのがinfo-kazです。
でも、近頃このアドレスにも、凄まじい量のスパムが届くようになりました。今、スパムは自動送信されているらしですね。だから一度アドレスが流布してしまうと際限がないようです。
スパム対策についていろいろな人に訪ねています。一番多いのが、メールアドレスをマメに変更する、というもの。なるほど、確かに仕事先や友達から「新しいメールアドレスです」メールがよく届きます。
次に多いのが、Gメールに一度転送し、フィルタリングを掛けてもらってから必要なメールだけを拾っている、というものでした。確かにGメールのフィルタリング機能は最強ですね。僕もたまに使うことがありますが、いつも感心させられます。
ちなみに僕がお世話になっているフィルタリングの会社は、ClubBBQです。フィルタリング機能はこれまた最強。今、1日に300通以上のスパムをブロックしてもらっています。(たまに大切なメールも網に引っ掛かってしまうので、時々ゴミ箱を覗く必要がありますが)
でもやっぱり、アドレスを変えるのが一番ですね。年内に今使用しているすべてのアドレスを変更するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

自動販売機

仕事場の周辺には10個以上の自動販売機があるのですが、今日は今まで一度も使ったことがない販売機でアイスコーヒーを買いました。そして飲む直前、アッと小さく叫びます。何とミルクだけが入っているコーヒーでした。
Img_1368 僕はコーヒーを飲む時、ミルクだけを入れます。砂糖は入れません。でも缶コーヒーって、砂糖入り、砂糖+ミルク入りはあっても、ミルクのみ、というのはありそうでないんですよね。あとはブラックになってしまう。
つまり、生まれてはじめてミルクのみ、という缶コーヒーと出会ったので驚いてしまったというわけです。
今年の夏は暑かったので、随分と自動販売機のお世話になりました。数ヶ月前のブログにも書きましたが、一番買ったのはお茶です。
Img_1363 そうそう、自動販売機で500mlの縦長のペットボトルを買うと、下の口から取り出しにくいですよね。ガタンと落ちてきた時、たまたま縦や斜めになっていたりすると、鉄板に引っかかってしまうのです。どうしてこのような複雑な設計にしたのでしょう。皆さんは取り出す時、イライラした経験はありませんか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

サイン会 in 大阪

7時20分発の新幹線で大阪へ。今、高島屋百貨店で「赤毛のアン」出版100周年のイベントが行われています。
実際に会場内を見るのは今回がはじめて。東京展、名古屋展、広島展の時は、ちょうど海外取材中でした。
_igp6353 会場内にプリンス・エドワード島コーナーがあり、そこに僕の写真が使われています。写真集の作品をデータ化して、大型の液晶テレビで上映していましたが、自分でもびっくりするくらいキレイに仕上がっていました。今、ハイビジョンのビデオカメラも安くなってきているので、映像も少しやってみようかな、と考えている今日この頃です。
11時〜、14時〜、16時〜の計3回、会場入口でサイン会を行いました。本をご購入いただいた皆様、ありがとうございました。
19時ちょうど発の新幹線で東京に戻ります。今日の荷物はカメラ一台だけ。まるで隣町に足を運んだような感覚でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

サイン会など

週末もバタバタと忙しいので、取り急ぎ情報のみお伝えいたします。

●明日、9月14日(日)、大阪でサイン会を行います。お時間のある方は是非お立ち寄りください。
高島屋大阪店7回グランドホール 「赤毛のアン展」会場内。
時間 11時〜、14時〜、16時〜(計3回)
http://www.takashimaya.co.jp/osaka/groundholl/index.html

●新宿ペンタックスフォーラムでグループ展が行われます。僕は、今年の夏にフランスで撮影したベストショット1点を出展します。
「ペンタックスK20Dの世界」写真展
9月24日〜9月29日
http://www.pentax.jp/forum/gallery/20080917/


●「ブルーモーメント」の写真展、次はいよいよ仙台です。
10月10日〜10月22日(トークショーは18日・要予約)
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

世間の動き

今日はどの局でもH&M日本上陸のニュースをやっていました。僕には何のことだかさっぱりわからなかったのですが、H&Mの看板を見て「あっ、あれか」とすぐに理解します。このお店、海外ではいろいろなところで見掛けます。一度レコード販売店かと思って入ったことがありますけど……。
夕方、プリンターのインクを買いにヨドバシカメラに立ち寄ると、パソコン売り場で人だかり。何だ何だとのぞき込むと、デルから発売になった低価格のノートパソコンをチェックしていました。ヒューレットパッカードに続く第二弾ですね。
今年に入ってから続々と出てきた低価格のミニパソコン、今はパソコン売り場の半分を独占しようとする勢いです。出すか出さぬか日本メーカーは頭を悩ませているだろうなあ〜と思いながら、ヨドバシカメラを後にしました。
このように、久しぶりに世間を眺めてみると、実に様々な変化が起きています。今日は少しだけ新鮮な気分を味わいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

雨宿り

今日、天気予報が見事にはずれましたね。銀行に向かっていたら突然の大雨。びしょぬれになりました。
雨宿りを兼ね、ランチでも食べようかと適当なお店を探しますが、ぬれずに歩いて行ける範囲内に思い当たるレストランがありません。あそこのラーメンはまずいし、あそこのパスタは値段のわりに量が少ないし、喫茶店の簡単ランチでは物足りなし、今日はハンバーガーという気分でもない……。
仕方なく、トンカツ屋に入りました。(先日とは違うお店です)
この辺りのトンカツ屋って、どこもライスと千切りキャベツがおかわり自由。もちろん僕もご飯のおかわりはしますが、2杯目は茶碗の30パーセント盛るだけでいいんです。これを伝えるのが結構大変。逆にキャベツの方は大盛りでも大丈夫。
食後、雨が上がっていたので銀行へ。その後、コンビニで溜まりに溜まった請求書の支払いをしようとしたら、支払い期限が過ぎているものは受け付けてくれませんでした。当然ですね。郵便物をチェックしないと、結果、仕事が増えてしまうんです。反省。
仕事場に戻るとき、何か忘れているよなあ〜とずっと気になっていたのですが、マンションに入りかけたところで「あっ」と思い出します。それは自転車。
確か昨日、自転車で駅まで行きました。帰りはそのことをすっかり忘れ、歩いて家まで戻ってしまったのです。
大急ぎで駅へ行き、延長料100円を払って自転車を引き上げてきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ビジテリアン大祭

午後になり、少しゆとりが生まれてきました。
ストレス解消を兼ね、書店に入ります。ネットに押され出版文化がどんどん衰退していますが、僕に出来ること、それは1冊でも多くの本を買うことだと思っています。そこで今日は、写真集や小説など、1万円分の本を手に入れました。
その中の一冊は宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の文庫本。この中の「ビジテリアン大祭」を読んでみたかったからです。
賢治がニューファンドランドのトリニティ村を舞台にした物語を書いていたなんて、「MOE」の取材を行うまで知りませんでした。昔の人って、やっぱり凄いですね。
近頃昔の文学を新しい装丁にして出すことが流行っていますが、それにしても見てください、このシンプルで美しい表紙を。文字はすべてシルバーの箔。新潮社も洒落たことをしますね。
Img_1360

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

徹夜続き

締め切り間近の原稿が山積みです。生まれて初めて2夜連続で徹夜しました。
原稿って大変です。僕の頭は写真用で、原稿用には出来ていません。よってスラスラと書けないので、たった2000字書くだけでもかなりの時間を必要とします。
本当に忙しい時って、メールやファックスのチェック、郵便物や宅急便の開封は、もうどうでもよくなります。届いた荷物は3週間以上も玄関に積み上げたまま。ここでまたまた仕事先に怒られてしまうんですけどね(涙)。
あと1日頑張れば明日から少しは楽になります。今日も朝方まで頑張る予定。
そうそう、今日の午後、六本木のホテルアイビスに足を運び、ミニ写真展の立ち上げをしてきました。写真展は明日からです。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

1時半にランチ

色々な締め切りが重なり、冗談抜きで人生大ピンチです。
こんな時こそ、よく食べる、よく寝る、が基本ですが、食べるは出来ても、なかなか睡眠時間が取れません。というか、寝てしまったらすべてがアウトです。
ちなみに今日のお昼は近くのトンカツ屋に入りました。1時半頃に行くと、いつも近くの医院のお医者さんと一緒になります。いつもお互い見て見ぬふりをしますが、考えてみれば先生もフリーランスなんですよね。妙に親しみが沸いてきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

コーヒーとお茶

朝5時に起き、車を飛ばし200キロ先の郊外へ。今日も朝から仕事です。
撮影は夕方5時で終了。写真を撮っている時はそれほど感じないのですが、終わってからどっと疲れが出ます。
夜、車を運転して東京に戻りましたが、昨日以上の睡魔が襲ってきたので、サービスエリアが現れる度に休憩し、コーヒーのブラックとお茶をがぶ飲みしました。
無事に家に辿り着き、一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

超A級の睡魔

撮影の仕事があったので5時に起き、車を運転して200キロ先の郊外へ。
1日中野外で撮影していたので、首の後ろが随分と日に焼けてしまいました。ヒリヒリします。日焼け止め対策、海外では行っていますが、日本ではいつもほったらかし。
現地で一泊する予定でしたが、たくさんの仕事が詰まっているので、夜、頑張って東京に戻りました。車を運転しながら何度も超A級の睡魔に襲われます。
いずれにしても、今日は東京に戻って正解でした。なぜならメモリーカードの容量が乏しくなったから。RAWでたくさん撮影したので、4ギガ4枚はすでに空です。取材先にストレージかノートパソコンを持って行けばよかったのですが、出発前はドタバタで、そのことをすっかり忘れていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

遠いようで近い

六本木に行くときは日比谷線で、赤坂へ行くときは千代田線です。だからいつもまったく違う街に行くといった感じを受けますが、よくよく考えてみれば、六本木から赤坂へは十分歩ける距離なんですね。
時々地図を見て、東京の地理を勉強するって、もしかしたら大切なことなのかもしれません。
今日はそんなことをぼんやり考えながら、都心のある場所である仕事を行いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

ミニ写真展のお知らせ

人生始まって以来の忙しさです。色々な仕事が停滞しており、申し訳ありません。ブログも長い文章が書けないので、取り急ぎ、情報のみお伝えいたします。

●9月14日(日)、大阪でサイン会を行います。(場所はTakashimaya)詳細は後日

●9月10日からミニ写真展(作品は17点)がはじまります。会場は六本木にあるホテルアイビス1階のエントランスホールです。「プリンス・エドワード島七つの物語」のサイン本は5階のフロントで販売しています。期間は約2ヶ月間と長いので、是非お立ち寄りください。

詳細です↓(クリックすると大きくなります)
09062 09061

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

雑誌「MOE」

今年の7月に約2週間、編集者さん、ライターさんと一緒に、カナダのニューファンドランド、ノヴァ・スコシア、プリンス・エドワード島、ニュー・ブランズウィックを旅しました。その取材の成果がようやく形になりました。
「MOE」10月号(9月3日発売・790円)
http://www.moe-web.jp/
トリニティ村を舞台に童話を書いた宮澤賢治のこと、村岡花子さんに「赤毛のアン」の原書を贈ったカナダ人宣教師ミス・ショーのこと、どちらも雑誌で紹介されるのは初めてです。僕自身も今回の取材を通して色々なことを学びました。
ここで面白い話を一つ。4〜5ページにグリーン・ゲイブルズが見開きで紹介されていますが、よく見ると空飛ぶトンボも綺麗に写っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

数週間後のHPをお楽しみに!

10時間後、成田空港に着陸しました。朝一番の到着便です。
今回のヨーロッパ取材記、どの日も短い表現で申し訳ありません。しかし数週間後に、この取材の模様を伝えるHPが別の場所で立ち上がる予定です。お楽しみに!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

取材が終わり、日本へ。

ロケは無事に終了。10時発の便に乗り、コペンハーゲンに移動します。待ち時間は4時間。免税品店を見て時間を潰した後、SASのラウンジに入り、マックを立ち上げ、急ぎの仕事を片付けます。飲み物を取りに行くと、あっ、カップラーメンを発見! 早速お湯を入れ、パンと一緒に食べました。
SAS983便は定刻通り成田へ向け離陸します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »