« ギリギリセーフ | トップページ | 機内では映画 »

2009年3月20日 (金)

美術館巡り

帰国日です。フライトは夕方6時なので、2時頃まで街にいることができます。
午前中、パッキング。11時、チェックアウト。ホテルのロビーにロッカーがあったので、すべての荷物を預け、街に出ます。
今日は写真のことを忘れ、美術館巡りと決めました。
まず向かったのが、写真家アンリ・カルティエ・ブレッソン財団の美術館。残念ながら休館日。次はモンパルナス美術館。とても雰囲気がいい場所あるプチ美術館でしたが、こちらは2時からの開館。もしかしたら藤田嗣治の作品が1点くらい展示してあるかな……と期待したのですが。
Img_2140 次はブールデル美術館。ここは開館しており、運良く無料公開日でした。正直、彫刻は観てもよくわからないのですが、凄いな、という印象だけは受けました。
このように徒歩で行ける範囲内にいくつもの美術館があるって、やっぱり素晴らしいことですね。
ホテルに戻り、ロッカーから荷物をピックアップ。タクシーで空港へ向かいました。
ANAのカウンターでチェックイン。今日は満席とかで、席はプレミアムエコノミーにアップグレードされていました。嬉しい~。全日空のアップグレードは生まれて初めてです。
18:45、NH206便は定刻通りパリを離陸しました。

|

« ギリギリセーフ | トップページ | 機内では映画 »

コメント

藤田嗣治、私も大好きです。一昨年だったか、近代美術館での個展には駆け付けました。実物を観ると、あの独特の乳白色の肌あいが一層印象的でした。
親戚宅に藤田の版画(猫のいる自画像)があったので、小さな頃から彼の作品には格別に親しんできました。長く作品集を一般に販売していなかったので、数年前に画集が発売された時には速攻予約してゲットし、大事にしています(^-^)v

投稿: mari | 2009年3月22日 (日) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119661/44422125

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館巡り:

« ギリギリセーフ | トップページ | 機内では映画 »