« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

iPod touchのカーナビ

カーナビはと言えば一体型がメインでした。しかし昨年あたりから、5万円前後で買えるポータブルナビが出はじめ、今はこれが主流になりつつあります。
僕の車には両方ついています。一体型のナビは前の車から引き継いだもので、7年前の地図データ。最新データに更新しようとしたら、4万円ほど掛かると言われたので、だったらポータブルナビを買おうということになったのです。こちらの方は最新データが入って3万円。「Sense of Japan」の撮影で全国を飛び回っていたときに、随分と役立ちました。
今、両方使っていますが、当然、最新型の方が頭がよく、役立っています。次に車を買い替える時は、一体型は買わないかもしれません。これだけで車の価格が20万円は下がりますよね。

今後のカーナビはどうなっていくのか。
ポータブルナビが市場を席巻していくと思うのですが、僕は何となく、スマートフォンが主流になっていくような気がしています。iPhoneをナビとして使っている人がだんだんと増えてきました。
では、僕のようなiPod touchユーザーはどうするのか。実は魅力的な商品が、この日本でもついに発売になったんです。これ、買ってしまおうかな。
Portable GPS & Battery Cradle for iPod touch 「Dual XGPS 251」
今、各国のアップルストアにアクセスし、それぞれの国でどのような地図アプリが出ているか調べています。

お知らせ
4月29日、池袋コミカレのセミナーは、14時クラスが100名満席(数名キャンセル待ち)、18時クラスが今約50名、という状況です。

カナッタ(大阪にある旅行会社)でプリンス・エドワード島旅行を申し込むと、先着50名様に「プリンス・エドワード島七つの物語」がプレゼントされます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

コーヒー

急ぎの原稿の仕事があったので、サンマルクカフェに入り、MacBookAirを立ち上げます。ここ、チョコクロをはじめとするパンは美味しいんだけど、コーヒーがいまいちなんです。

日本にいるときは毎朝スタバのコーヒーを飲んでいます。週に1〜2度、ブレックファーストブレンドの豆を7番で碾いてもらい、せっせと家に持ち帰っているのですが、どうしても月に6000〜7000円は掛かりますね。
他の豆も一通り試してみましたが、どれも焦げ臭くて自分には合わない。定番のハウスブレンドもダメ。ブレックファーストブレンドに勝る物はないと思っていましたが、この前の写真展である方からカフェベロナという豆をもらったのです。これが美味しい〜、今はまっています。
250g1300円と、ブレックファーストブレンドより200円高くなりますが、まあ、このくらいの贅沢は許せるかな。今日も新宿のスタバに立ち寄り、カフェベロナの豆を買いました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

日帰りで信州

朝4時に起きるつもりが、結局5時。準備をし、6時ぴったりに家を出ました。
早朝の首都高は空いています。太陽が顔を出す前、つまり朝のマジックアワーの美しい時間帯のドライブは実に快適。
渋滞との境目は、6時半にあるような気がしています。この時間を過ぎてしまうと、平日も週末も必ず渋滞にはまる。都心を抜け出すだけで1時間は掛かってしまうでしょう。

3時間後、長野県で借りている倉庫に到着。30分後、トラックも到着。
写真展「MAGIC HOUR」の写真額が、頑丈な木箱に入り、荷台びっしりに積まれています。それにしてもすごい量! ドライバーさんと二人で、1時間ほど掛けて写真額の積みおろし作業を行いました。
この倉庫には、今まで行ったすべての写真展の写真額が保管されています。マジックアワーの作品たちも、次の舞台が決まるまで、しばしこの場所で眠りに着くのです。ああ、どこかの美術館で写真展をやってくれないかな……。
写真はマイナーな世界なので、全国にいる何千人、何万人の学芸員さんの多くが、吉村和敏なんて知りません。でも、皆さんのリクエストが、いつしか学芸員さんの目に止まり、そこで企画が芽生えることもあるのです。そうやって決まった写真展が幾つかありました。アートの世界は、皆さんの一票って、とても大切なんです。そう、選挙みたいに(笑)
何でもそうだと思いますが、どんなに大きなプロジェクトだって、最初は一人からはじまっているんです。家電やカメラや車などのヒット商品も、だいたい社員一人のアイディアと熱意からスタートしていますよね。

終了後、高速に乗って塩尻まで移動。高校時代の友人と1年ぶりに会い、国道沿いのファミレスでランチを食べながら色々な話をしました。
その後、山の方に移動し、撮影に入ります。竹の写真を求められていたので、竹を探し、竹を撮りました。生まれ故郷信州で、カメラを向けている時間は、やっぱり楽しい。高校時代を思い出す。

夕方、高速に乗り東京を目指します。今日、実家には立ち寄りませんでした。
中央道は空いていましたが、所々で単独事故を見ました。
3時間後、都心に入ります。さすがに首都高は大渋滞。途中、3件の事故です。
今日1日で、9件も事故を見ました。こんなのは初めてです。気候が暖かくなってきたので、多くのドライバーが油断したのでしょうか。中央道の単独事故は、おそらく居眠り運転が原因です。
僕も今日の帰り道、超A級の睡魔に襲われましたが、15分後に現れたサービスエリアに車を停め、シートを倒し、10分ほど眠りました。ドライブの時は、無理せず休憩。これからも心掛けます。
Imgp1620

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

iPadのアプリの話

iPhoneやiPod touchの文字入力は、デフォルトでは「日本語テンキー」「日本語キーボード」「英語キーボード」の3つになっています。この中の日本語キーボードをOFFにし、つまり「日本語テンキー」と「英語キーボード」の2つだけにすると、文字入力がすこぶる快適になります。どう考えても、小さな携帯デバイスに「日本語キーボード」は必要ないでしょう。日本語はテンキー入力の方がいい。

さて、もうじき新しいiPadが出そうですね。
iPad、もちろん日本にいる時は毎日のように使っています。もうこれがない生活は考えられない。
最も使うアプリは、スケジュールとtodoですが、手書きメモのアプリもよく使います。
ひとさし指や専用ペンで、紙に文字を書くような感覚でスイスイ書けるので、仕事の打ち合わせでとても役立っている。今は紙の手帳の必要性を全く感じなくなりました。

Imgp1616

手書き入力アプリは、
「SpeedText HD」
「Touchwriter」
「Noteshelf」

「7notes」の4つを購入し、使っています。
この中で、最も使いやすいのは「Noteshelf」です。操作がシンプル、スムーズな書き味で、快適にメモが取とれます。
「SpeedText HD」「Touchwriter」、どちらも素晴らしいアプリですが、どちらかというと、「Touchwriter」の方がベターかな。太めの文字で記録されるので、自分の書いた文字が綺麗に見えるんです。

4つの中で最も頭のいいのは「7notes」です。書いた文字を次々と活字にすることが可能。このアプリは、あの有名な方が開発しています。でもこのアプリ、あまりに頭がよすぎるので、使い勝手が悪いのです。アイコンもよくわからない。だから今ではあまり使わなくなりました。僕はもっとシンプルなアプリが好きです。

Photoいずれにしても、どのアプリも、生み出したファイルをすぐにメールで送れるし、「Evernote」へ書き出すことも出来ます。Evernoteとの連携、今は当たり前になりましたね。
そうそう、結局、Evernoteは、無料版を使い続けています。同期は原稿の下書きくらいなので、今の容量で十分なんです。もちろん「Dropbox」「quanp」「Nドライブ」などのオンラインストレージも、無料版です。どれも、一度IDとパスワードを登録してしまえば、その後はナシでアクセス出来るのが魅力ですが、iPadをなくした時が怖いので、大切なデータは入れていません。

クラウドは、やっぱり便利ですね。たくさんのパソコンや携帯デバイスを持っていても、メールやスケジュールがすべて同期されている、というのは、仕事がすこぶるはかどる。皆さんも早くクラウド環境を作った方がいいですよ。

メールソフトはアップル純正の「メール」を使っていますが、本当は、「マイクロソフト・エクスチェンジ」にしたかったんです。
高いソフトまで買って設定を試みたのですが、どう頑張っても僕の頭では無理でした。単にメールの設定だけならすぐに出来ましたが、ここに今契約しているプロバイダーを絡めてくると、その設定方法がちんぷんかんぷん。
もちろん最大限の努力はしたんです。マイクロソフトには30回以上電話している。担当者さんはものすごく親身になって対応してくれましたが、結果として諦めました。それほど難しい……。これ、昨年末の話です。
マイクロソフトも、生み出すソフトを、もっともっとシンプルに、使いやすくしていかないと、これから先、厳しくなっていくでしょう。だって、グーグルとアップルの勢いがあまりに凄いから。

今日はアプリの話でした。
明日は国内出張、朝4時起きです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

よく名刺を忘れる

●僕はあまり世の中の動きに感心がありません。日頃の事件、事故は、いつも自分を素通りしています。
でも、今回のクライストチャーチの地震は、さすがに心が痛みます。先月、自分が訪れた街ということもありますが、海外で頑張って勉強し、夢を追いかけていた人たちが事故に巻き込まれるというのは、本当に、本当につらい。ここ数日、僕自身も力が出ません。

●写真展「MAGIC HOUR」で展示した写真額、今後どうするんですか? という質問をたくさんいただきます。
写真額は厳重に梱包され、信州で借りている倉庫に入ります。今日の午後、準備完了との連絡が、業者さんからありました。今週末、倉庫の前で落ち合います。

●ツイッターでも呟きましたが、近頃名刺ケースを忘れるんです。今週は2回も忘れました(>_<)
名刺交換のとき、「スミマセン、今日名刺を忘れてしまったんです」と言って謝りますが、皆さん「吉村さんは名刺を持っていない人なんだな」という感じで気にしていない様子。
そういえば、僕は今までたくさんの作家さん、何人かの芸能人さん、著名人さんとお会いしましたが、皆さん名刺は持っていませんでした。初対面の時は「よろしくお願いします」と挨拶するだけです。
もちろん僕は有名人でも何でもないので、きちんと名刺は持っています。カウネットで300枚ずつ定期的に注文しています(^_^;)

●池袋から中野へ移動する途中、ぽっかり30分ほどフリータイムが生まれました。僕の好きな東急ハンズに立ち寄ります。
文具コーナー、特にシステム手帳コーナーって、魅力的ですね。時間を忘れて見入ってしまいます。携帯デバイスのケースコーナーも、ヨドバシカメラには並んでいない商品が何点かありました。iPod touch用の、なかなか使い勝手がよさそうなケースを発見。3200円。衝動買いしようとしましたが、昨日アマゾンで新しいケースを注文したことを思い出し、やめました。
いつの日か、東急ハンズで3〜4時間、時間をつぶすのが夢です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

時間に追われています

●東京にいると、なんだかんだで忙しいです。
取材中も忙しいのですが、基本的にメールのレス書きだけになるので、毎日ホテルに戻ってから時間に追われるといった感じでしょうか。被写体探しをしているとき、風景を撮影しているときは、極限まで集中したいので、携帯の電源はOFFにしています。

●オリジナルプリントの制作をはじめました。明日から明後日にかけ、プリントをラボに依頼、仕上がったら僕自身が何度か色味をチェックし、裏打ち&額装に入ります。仕上がりは海外取材後になってしまうと思います。もうしばらくお待ちください。

●今店頭に並んでいる「デジタルカメラマガジン」3月号に、ニュージーランドの写真を数点発表しています。

●今、3月に行う海外取材のスケジュール出しをしています。またあの国へ行きます。

●iPod-touchのケース、ほころびが気になるようになってきました。今日、また新しいケースをアマゾンで注文。安物買いの銭失いって感じ。この件は、またブログで詳しく書きます。

●日々、iPod-touchやiPadをはじめとするアップル製品を使い、時々、日本の携帯に戻ったりすると、ホント、使いにくいな〜と思います。機能がてんこ盛り、操作が複雑で、使っていていらつくんです。アップルの製品は、使っていていらつくことは何一つとしてない。
iPhone、日本でも他のキャリアから出そうな感じですが、僕にとって重要なのは、テザリングが出来るか出来ないか、ということ。今出来るのは、日本通信だけ。もう少し動向を見守ります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

10秒で出来る出発準備

ホテルのチェックアウト時間が10時。仮に9時45分まで寝ていたとしても、僕は10分で完璧に出発準備をし、5分前に部屋を出てフロントに行ける自信があります。今日も6時30分に起きたのですが、7時にはホテルをチェックアウトし、撮影に入っていました。

Imgp1606かつて、出発準備で最も厄介だったのは、パソコンや携帯デバイスなどの充電器の整理でした。
ノートパソコン、iPad、iPod-touch、Wi-Fiルーター、携帯電話、エネループの予備電源、コンデジ、一眼デジカメ……と、ざっと数えてみただけで8つあります。
一つ一つを取り外し、コードを巻くのは超大変なので、僕は1つが4つに枝分かれしている電源タップを使い、ここに4つの充電器をつけっぱなしにしています。これを2セット作っている。
で、出発のときは電源タップを取り外したあと、すべての充電器コードをまとめて巻き、大きめのバッグにすっぽりと入れて終わりです。これだと10秒で終わります。設置も10秒で終わる。

パソコンや携帯などが登場し、便利な世の中になりましたが、基本的に僕は、「バッテリー」で動く製品は苦手です。バッテリーはいつか切れる。充電の手間が掛かる。それらがストレスになるからです。
だからカメラもバッテリーなしで動くメカニカルシャッターを採用したカメラが好き(♥)。ニコンFM2、オリンパスOM3、ペンタックスLXは、製造中止になる前に買っておけばよかった、と今でも後悔しているんです。時々、中古カメラ屋さんを覗く時がありますが、この3機種ばかりをチェックしている(笑)
ちなみに、この3機種のシャッター音、魅力的ですよ〜。聞いているだけで、幸せになれる。

夕方、撮影に終止符を打ち、東京に戻りました。関越道も外環も首都高も空いていたので、はじめて3時間を切りました。
新潟、何だか隣町に行くような感覚です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

冬の風景を撮る

実は昨日の夜、2時間ほどベッドの上でウトウトしてしまったのです。その後、どう頑張っても寝ることが出来ず、結局朝の4時まで起きていました。だから今朝はいつも通り6時半に起きることが出来なかった……。
目が覚めた時、7時のNHKニュースがはじまっていたりすると、ものすごく1日の貴重な時間をロスした感じになります。あ〜あ、って感じ。

9時から撮影をスタート。まずはコンビニに立ち寄り、朝食。冬はあたたかいものが食べたいので、いつも肉マンかカレーマンです。
雪をテーマに、何カットか撮影しました。遠くの山並みが綺麗です。でも晴れ過ぎている。この状態で撮ると、単に観光写真の量産になってしまうので、あえて冬山の写真は撮りませんでした。
2時頃、コンビニでランチ。雪国ではあたたかいものが食べたいので、今日はカップラーメン。担々麺を発見。早速チキン弁当と一緒に食べてみましたが、超マズイ。もうこの担々麺は買わないでしょう。
僕が勝手に世界一のお菓子だと思っている「パイの実」を食べて口直しをし、被写体探しを再開させます。
夕方までに30枚くらい撮りました。今日はまずまずの成果だったかな。
昨晩充電を忘れたせいで、デジカメの電池と、モバイルWiFiルーターの電池が途中で切れてしまいました。たまたま車の中にあったネックウオーマーのエネループで急速充電。やっぱり常に予備バッテリーは必要ですね。

夜は街中へ移動し、駅側の食堂で生姜焼き定食を食べました。肉は数時間前に焼いた取り置きでしたが、味はまあまあでした。
今日も疲れた。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

お知らせ

2日前のブログでお伝えした池袋コミカレ特別講座ですが、定員100名がアッという間にいっぱいになってしまいました。キャンセル待ちもかなりの数です。
そこで、急遽、同日18時に全く同じクラスを増設することに決めました。もちろん、2時クラスにお申し込みされた方も、18時クラスに移行することができます。

18時クラスの新規のお申し込みはこちらから↓
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_547662.html

2時クラスにお申し込みをされた方で、18時クラスに移行を希望される方は、HPからではなく、直接お電話でその旨を伝えてください。→電話番号 03-5949-5494 (担当係直通電話)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

新潟へ

2〜3日、時間が取れそうだったので、撮影に行くことに決めました。
夕方、大急ぎで準備をします。 SDカードが8枚入ったケースが見つからず、イライラしながら仕事部屋、機材置き場、カメラバッグの中、車の中を探し回りました。 棚の上に置かれていたのを発見した時は、思わず安堵のため息。
16ギガが3枚、8ギガが2枚、4ギガが3枚入っているので、無くしたら大変なことになります。
物がよくなくなるのは、部屋の中がゴチャゴチャしているからです。来週は徹底的に片付けようかな。
PM5時、車のエンジンをスタート。首都高から関越道に乗り、雪国、新潟を目指しました。
途中、モーレツな睡魔に襲われます。15キロ先のサービスエリアでスタバの濃いコーヒーを飲んで一休み。高速でもスタバが増えてきたので、ホント、助かっています。
ちょうど夕食時だったので、隣のフードコートで味噌ラーメンとチャーハンを食べました。ラーメンは85点。
ガソリンを満タンにし、高速に戻ります。上り車線はリゾート帰りの車で大渋滞。そういえば今日は日曜日でしたね。フリーという生活を続けていると、曜日の感覚がなくなってきます。
僕の車は、やたらと喋るんです。カーナビは一体型の他に、最新型のポータブルナビも取り付けています。今年は世界の道データを入れることができるガーミンのナビも買う予定なので、日本では3台体制かな。
あと、ダッシュボードにはGPS内蔵のレーダーがあり、燃費計も取り付けてある。たまに3人の女性が同時に喋るんですよ(笑)。車の中が賑やかだと、居眠り運転の防止になります。

新潟県に入りました。まだ雪が残っています。 ある街で高速を下り、以前も使ったことがあるビジネスホテルにチェックイン。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

★特別講座のお知らせ★

4月29日、池袋コミュニティ・カレッジで特別講座を行います。
講座と言っても堅苦しいものではなく、いつもの講演会と同じです。1時間、休みなく語り続けます。
当日、何点かの作品もお見せしますが、メインは、吉村の作品制作の拘りを、皆さんにお伝えしていく形です。
海外ではどのように撮影をしているのか、『BLUE MOMENT』や『MAGIC HOUR』などの美しい写真はどうやって撮るのか、『Sense of Japan』や『CEMENT』で使った大型カメラとは? フィルムとデジタルの違いは? 写真集などの印刷物はどのようにして生まれるのか、吉村が拘っている印刷とは……
当日、実際に現場で使っている撮影機材を会場に持ち込み、それらを使いながら吉村流のスタイルをお伝えしていきます。後ろの人にも見えるように、手元はビデオカメラで撮影し、モニターに映し出します。(料理教室と同じです)
そう、吉村の工房をお見せする、といった感じにもなるかもしれませんね。

今回のセミナー、よくある写真教室とは違います。でも、写真愛好家の方々は、プロの現場を知ることによって、すごく勉強になるでしょう。もちろん写真やカメラのことなど全く知らない方でも大丈夫。十分楽しめる内容です。
ただ、プロの写真家のご参加は、ご遠慮ください〜 一応、すべて企業秘密ですので(笑)

お申し込み受付開始は、2月20日13:00からです。
定員は約100名。数日でいっぱいになってしまうと思うので、出来るだけ早めにお申し込みされた方がいいでしょう。

-------------------------------------

吉村和敏のフォトレッスン レクチャー&作品鑑賞

詳細・お申し込み
14時からのクラスはこちらから↓
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_536100.html
18時からのクラスはこちらから↓
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_547662.html

2011年4月29日(金曜日・祝日)
14:00~15:3018:00〜19:30(どちらも同じ内容です)
  (終了後、サイン会を行います)

参加料
  会員 1050円
  一般 1575円

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

4万円の出費

今日の夕方、ようやく時間が取れたので、車のディーラーへ行くことができました。
先日の福島取材で脱輪した時の損傷をチェックしてもらうためです。

「あ〜吉村さん、この部分、損傷を受けていますね」とメカニックさん。
見ると、リアロアアームが曲がっていました。部品代とアライメント調整で約25000円の出費です。
フロントロアアームも少し傷がついていましたが、こちらはおそらく大丈夫だろうとのこと。仮に交換となると、45000円の見積もりが出ました。
これで保険が適用され、当日支払ったJAFのレッカー費用16000円もカバーされますが、保険を使うことによって来年度の等級が変わってしまう(2割増しになる)ので、今回はすべて自費でいくことに決めました。
車って、どうしてもお金が掛かる。こればかりは仕方ありません。

雪道で脱輪しただけで4万円か……。
コンデジ1台買えましたね(笑)
コンデジと言えば、3月3日に発売されるキヤノンのPowerShot SX230 HS、このカメラ、たぶん買います。GPS機能があると、大型カメラで撮影しているとき、撮影地の記録として役立つからです。
色も僕好みの薄いブルーがあるし。
そうそう、色と言えば、新幹線「はやぶさ」のボディの色、いいですね〜
日本車にも、このような珍しい色が次々と登場してくると、何気ない日本の風景が魅力的になっていくのではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

値上げ

銀座で2時間ほど空き時間が生まれたので、ITO-YAへ。ペン先交換を依頼した万年筆を引き上げました。一ヶ月前に仕上がっていましたが、なかなか足を運ぶ時間が取れなかったのです(^_^;)
やはり細字の方が、文字が書きやすい。ようやく万年筆が自分にフィットした感じがします。
手帳売り場を覗きました。それにしも素晴らしい手帳がたくさんありますね。この手帳メーカーが、iPhoneなどの携帯デバイスのケースの世界にも進出してもらいたいものです。いいものは絶対に売れると思う。
心ときめく名刺サイズのシステム手帳を発見。例えばこれに、プラスチックのシートを一枚噛ませ、そこに強力両面テープでiPod-touchのプラスチックケースを固定し、本体を入れる。メモが取れる紙もあるし、名刺も入るし、スイカも入る。
よし、自分で納得のいくiPod touchのケースを作ってみようかな……。手帳売り場で空想を膨らませていたら、心までもハッピーになっていきました。ITO-YAの手帳売り場、もう最高です。

打ち合わせの後、ラボに立ち寄り、現像が上がったフィルムを引き上げました。こちらは3週間ぶり。
Aさんから、「吉村さん、実は……」と、ショッキングなお知らせがありました。4月からフィルムの価格が5〜15%も値上がりするとのこと。例えば僕がよく使う4×5のフィルム(20枚入りのクイックロード)は、ついに1万円越えです<(_ _)>
ということは、吉村事務所、年間15〜20万ほど経費が上積みされる計算になります。
おそらくこれから先も、フィルムは定期的に値上がりを繰り返していくでしょね。
でも僕は、フィルムは決してなくならないと思うのです。まだ使っている人がたくさんいるから。このブログで何度も書いていますが、デジタルはフィルムに取って変わるものではありません。デジタルは、写真の世界に現れた、また別の素晴らしい世界なのです。だから、フィルムとデジタルは共存の道が望ましい。自動車のオートマとマニュアルのように。そして僕も、たとえどちらもを使っても、最高のものを生み出していく、という姿勢に変わりはありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

講演会

朝日旅行主催の旅行説明会があり、ゲストスピーカーで呼ばれていた僕は、「フランスの美しい村」をテーマに1時間の講演を行いました。約250人の前で、フランスの村の魅力、旅の様子を熱く語ります。
会場の照明、マイクの音響、液晶プロジェクターの調子がよかったので、1時間のトークはわりかしスムーズにいきました。
終了後、写真集の販売&サイン会を行いましたが、何と『「フランスの美しい村」全踏破の旅』が40冊も売れたのです。このような旅行説明会では、売れてもせいぜい3〜4冊。だから今日は自分でもびっくりです。ありがとうございました。
どの講演会でもそうですが、前準備がとても大変です。フランスの村を語るのは初めてだったので、今回の前準備はかなりハードでした。写真選びだけで3日徹夜した(>_<)。
だから終わってから、いつも以上にホッとしました。

新宿へ移動します。
ペンタックスフォーラムに立ち寄り、今日から始まった「デジタル一眼レフ最新撮りおろし」作品展を観ます。
僕もハワイの作品(CP+でも展示していた)を1点発表しています。作品展は27日まで。お時間がありましたら是非お立ち寄りください。
Imgp1442


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

多忙

必死になって明日の講演準備をしています。大変……
デスクワークの時は、2時間ほど作業をし、15分〜30分休憩するというパターンです。
休憩時は、ネットショッピングです。もちろん、買わない時もあります。

スペインのPiel Framaのサイトを見ては、日本にもこのようなメーカー(制作工房)があればいいのになあ〜と溜め息ばかり。
GRIFFINで、iPod-touch用ケースの新製品を見つけました。Elan Passport Metal、なかなかよさそうです。

近頃、EVERNOTEにはまっています。原稿を、4台のパソコンと携帯デバイスで同期させていますが、やっぱり使いやすいです。有料版(年5200円)に乗り換えようかな……
先日EVERNOTEの本を3冊買ってきたので、全部読んで、EVERNOTEの仕組みを完璧に理解しました。
プレゼンの資料をクリッピングしたり、タスクを管理したり、ワードやエクセルを同期したり……と何でも出来ますが、それらはビジネスマン向きですね。僕のような写真家には、ここまでは必要ありません。となると、今の無料版のままで十分かも……。
でもこれ、メールソフトにもなるんですね。受信送信はとても使いやすい。
今の時代、次々と新しいサービスが誕生してくる。じっくり吟味し、本当に必要なものだけを使っていこうと思います。

以上、僕の休憩時間の過ごし方でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

時間に追われています

買ったばかりのエアコン、突然運転がストップし、待機状態に入ったのです。オイオイもう故障かよ……とイライラしながら説明書を読んだら、外気温が急激に下がり、室外機に霜がついたら、それを取り除く作業をエアコン内部で自動で行うとのこと。
へ〜、近頃のエアコンって凄いな、と思い外を見ると、激しい雪! 室外機は真っ白に雪化粧していました。
説明書通り、約15分後にエアコンは再び作動しましたが、日本の家電って、頭がいいですね。まさに全天候型。

明後日、講演会があるので、その準備に追われています。あと2日、徹夜しないと終わらないかも……。
その間に、今年に入ってから停滞していた仕事を片付けたり、急がれている原稿を書いたり、写真展の結果報告を各出版社に送ったり、請求書をまとめたりと、まさに息つく暇もないほど時間に追われました。
夕方、トッポを一気に一箱食べ、美味しいコーヒーを飲み、気分を落ち着かせます。

オリジナルプリントのご注文、まだ大丈夫です。今週末にまとめ、ラボに制作を依頼します。
このような仕事はスタッフに任せてしまえばいいのですが、「作品」に関してはどうしても自分で関わり、納得のいくものを生み出したいのです。だから時間が掛かってしまう。皆さん、いつもお待たせしてしまい、申し訳ありません! 今回の納期は4月を予定しています。

忙しい時は、猛烈に買い物をしたくなりますね。アマゾンで単行本を10冊くらい、大人買いしようかな。
そうそう、EVERNOTEも、そろそろプレミアム会員になろうかな。しばらく無料版を使ってみたけど、これ、やっぱり使いやすい。近頃書いている原稿、これですべて同期させている。EVERNOTEって、究極のクラウドサービスだと思います。いつか詳しくブログで書きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クマの落とし物

2月12日にコメントをいただいたりえさん、クマのキーホルダー、会場に落ちていたので、キープしてあります。キヤノンさんにお問い合わせください。電話番号は03-6719-9021です。よろしくお願いいたします。

投稿: りえ | 2011年2月12日 (土) 18時07分
帰りに、バッグについていたクマのキーホルダーを落としてしまいました。でも、写真展会場で『光ふる郷』を…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

残るもの

写真展は終了しましたが、あと1週間はモーレツな忙しさが続きます。
今日も朝からパソコン仕事。原稿、メール書き、写真選び、レタッチ、講演の準備……と、息つく暇もないほどでした。明日も明後日も。

写真展の後に残るものって、いったい何だろう……と、ふと考えます。
まず、個展を開催したという実績が残ります。
何枚か撮影した会場写真と記念写真(皆さんからもメールで頂いています)も残ります。
芳名帳の住所・氏名も残ります。これは後日、スタッフが住所録に入力し、次回の個展の前に案内状をお送りいたします。
Dsc00408でも何といっても、一番の思い出は、「感想ノート」ですね。今回、分厚いノートを会場内に置きましたが、最後の方までびっしり感想が書き込まれていました。まるで1冊の本のよう。もちろん、僕は最初から最後まで読みました。
この感想ノートは、最初の個展から必ず置いているのですが、すべて大切に保管しています。30年後、夢が叶って田舎に写真美術館が出来たら、並べて展示しようと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

写真展『MAGIC HOUR』

吉村和敏写真展『MAGIC HOUR』 終了。ありがとうございました。

Postcard_2 詳細はこちら
感想はこちら↓↓

| | コメント (50) | トラックバック (3)

写真展 最終日

9時45分に品川に着いたのですが、急ぎのメール書きの仕事があったのでまずはスタバへ直行。15分ほど遅れ、写真展会場に入りました。
Imgp1409最終日ということもあり、11時頃からたくさんのお客さんが訪れました。ピーク時は30人ほど。でもたまに、2〜5人になることもありました。個展をやるたびに不思議に思うのですが、人の流れって必ず波があるのです。海の波、人生の波と一緒です。

夕方から冷たい雨。それでもたくさんの方が会場に足を運んでくださいました。今日は仕事関係の方、地方からいらした方が多かったです。みなさんに支えられて今の写真家吉村和敏いるんだなあ〜と再認識しました。そう、アーティストは一人では生きられません。

5時半、最後のお客さんが会場を後にしたのを機に、自動ドアがロックされ、写真展「MAGIC HOUR」の幕が閉じました。僕の中では展示会場が一つの風景になっていたので、立ち去る時、さすがに名残惜しかったです(;。;)(;。;)(;。;)

「次の写真展はいつですか?」という質問、今日もたくさんいただきました。残念ながら未定です。ただ、今回の写真展を地方に回す努力はしてみるつもりです。
あと、「Sense of Japan」や「CEMENT」など、全くの別世界を発表する個展も考えます。「吉村さんの世界では、Sense of JapanやCEMENTの方が何倍も好き」というファンも確実に増えていることも事実です。

2ヶ月間、本当に、本当にありがとうございました。心より感謝いたします。

追記
たくさんのプレゼント、嬉しかったです。ちなみにパイの実とトッポはついに50箱を超えました(^_^;)。どれも賞味期限は1年。長距離運転のとき、全部食べるつもりでいます。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

雪の東京

写真展、明日が最終日です。天気が悪そうですが、品川駅からSタワーまでの通路には屋根があるので濡れずに会場まで行くことが可能です。明日、僕は10時〜17時半まで会場にいます。

期間中、写真額(オリジナルプリント)の注文を何点かいただきました。個展終了後に、まとめて制作に取りかかりますので、ご検討されている方は日曜日の夜までにメールでご連絡いただけると助かります。今回注文分の納期は4月を予定しています。

CP+では、トークの後、30分だけ各ブースの新製品をチェックしました。
今、三脚はベルボンのGeo CarmagneN635とE635を使っています。春の海外取材も、もちろんこの三脚でいきます。ただフランスの村とイタリアの村巡りは歩きになるため、これでは少々厳しい。もう少し軽い三脚を探していました。ベルボンの商品群の中からG5300Ⅲというなかなか使い勝手がよさそうな三脚を見つけたので、たまたま会場にいた担当者さんに早速注文してしまいました(^_^;) まさに衝動買い。

今、スマートフォン一色ですね。CP+の会場で普段会えない方々とお会いしまいたが、AさんもBさんもCさんもiPhoneになっていました。ある方と、今流行のフェイスブックの話で盛り上がります。で、今日、試しに自分の名前を登録し、フェイスブックの世界を覗いていました。なるほど、なるほど、すぐに仕組みが理解できます。30分ほどでアカウントを削除しましたが、その間にもたくさんの友達確認のメールが来ました。もう何年も会っていない海外の友達と繋がりたいので、僕もやがてははじめるつもりでいます。でも今はまだいいです。忙しいし。

近頃、携帯が鳴ります。なぜなら、メールの返事を全然していないから(^_^;)。今年はバタバタと忙しく、急ぎ以外の仕事メールはずっと保留でした。先ほど4時間ほどファミレスに籠もり、必死になってレスを書きます。150通くらい片付きました。仕事関係の皆さん、本当に申し訳ありませんでした。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

CP+で2回目のトーク

お昼時、15分だけ品川の写真展会場に立ち寄りました。
絶版になった『光ふる郷』をどーしても欲しいという方が何人かいらしたので、今日、僕の手持ち分を7部、追加で入れました。今回はこれで終わりです。
『林檎の里の物語』の方は、申し訳ありません。。。次回の写真展でまた数冊販売する予定ですので、あと1〜2年お待ちください。

Imgp1350

電車に乗って、横浜みなとみらいのCP+の会場へ。
トークは2回目なのでリラックスモードでいたら、直前に問題が発生。
出場5分前にトイレに行きました。トイレはホールの外にあるので、〈出展社〉というパスを首からさげていかなければなりません。何と、そのパスを忘れてしまったのです!
Imgp1389そしたら案の定、入口のところで警備員に捕まります。「すみません、パスを忘れてしまいました」と謝っても会場に入れてくれません。日本人は仕事に忠実だから、当然ですね。警備員さんの気持ちもわかります。
携帯は持っていないし、講演ははじまってしまうしで、どうしよう、どうしよう……と焦りまくっていたら、たまたま通りかかった編集者さんに笑われてしまいました(^_^;)
その後、運良くペンタックスさんの社員の方が通りかかり、「吉村さん、だったらこれ使って」と首からさげていたパスを手渡してくれたのです。で、それを使って関所を通過、大急ぎで楽屋に向かいました。ギリギリセーフ。

3時35分、僕のトークは予定通りに始まりましたが、今日はとびきり隣のV社のブースの音楽が大きかったので、とてもとても喋りが難しかったです。だって、雰囲気のいいハワイの教会の作品の説明しているところで、踊る大捜査線のテーマ曲が大音響で流れたんですよ……
まあでも、このようなハードな状況下のトークもだいぶ慣れてきたので、「音楽になんか負けてたまるか!」と自分に言い聞かせ、最後まで気合いで乗り切りました。
4時20分、ぴったりに終了。
今日もたくさんの方にお集まりいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

みなとみらいへ

電車に乗って、横浜みなとみらいCP+の会場へ。
昨日買った本でも読もうと思ったら、すぐにウトウトが始まります。途中、バサッと手にしていた本を床に落としました。読んでいた本が周りの人にバレてしまったので、結構恥ずかしかった(^_^;)。

CP+の会場に到着。
3時35分から、ペンタックスさんのブースで645Dの魅力を語るトークがはじまります。ハワイや石垣島などの作品をお見せしました。
僕は撮影同様、カメラも大好きです。終了後、各メーカーのブースを巡り、片っ端から新製品をチェックしたかったのですが、夜はびっしり仕事が詰まっていたので、諦めました。電車に乗って、すぐに仕事場に戻ります。

みなとみらいを訪れるのは1年ぶり。この町には色々な思い出があります。親友が菊名に住んでいたんです。だから20代の頃はしょっちゅう横浜まで足を運んでいた。
ランドマークタワー、遊園地の観覧車は、よく撮影の練習で撮りました。
そうそう、8年ほど前、開講記念館で講演会を行ったこともあるんですよ。プリンス・エドワード島をはじめ、東部カナダの魅力を熱く語りました。
いつか横浜でも写真展を行ってみたいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

もっと本を読まないと

時々友達からメールが送られてくるのですが、「〜の本が面白かった」というような一文があります。僕はそれを読む度に焦ります。なぜなら、ここ数年、全然本を読んでいないから。
編集者さんを含め、僕の周りにいる人たちはみんなよく本を読んでいます。3日に1冊のペースは当たり前。いや、編集者さんは1日に2〜3冊は読んでいるかな。もちろん本になる前の原稿の場合もありますが。
金融関係の会社でバリバリ働く知人のAは、本を読むためのワンルームを都内に借りているんですよ。彼は凄いです。

Dsc00399僕も20代の頃は本の虫でした。1週間に1冊は読んでいた。その証拠に、家の本棚にはハードカバーがびっしり詰まっています。
でもここ数年、年に10冊、読むか読まないかです。決して本が嫌いになったわけではありません。単に時間がなくなったから。夜は仕事に追われ、電車での移動中はネットやメールになってしまう。
本を読んでいないと、自分の脳細胞がどんどん退化していくようで怖いですね。だから、今の生活を変えよう変えようと焦っています。でも、なかなか変わらない。たまにパソコンをいじらない日を作るなど、今の生活スタイルに大胆なメスを入れない限り、劇的な変化は訪れないでしょう。

それでも今日は、写真展会場に入る前に、近くにあった書店に入り、1冊ハードカバーを購入しました。昨日、ある出版社で編集者さんからもらった本もあります。この2冊は、今週中に読みます。
帰りは駅の売店で、大好きな雑誌「日経トレンディ」を買いました。GoogleとAppleの特集。これは今晩中に読みます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

スケジュール管理

夕方、写真展に足を運ぶつもりでしたが、打ち合わせと原稿執筆に追われ、行くことが出来ませんでした。
スケジュール管理、紙の手帳から電子手帳に乗り換えて2ヶ月が経過しました。入力作業にも慣れ、毎日快適に使っています。
やはり電子手帳の方が便利ですね。スケジュールと同時にtodoも表示されるので、「あっ、忘れた」という失敗がかなり減りました。ただしtodoがどんとん先送りされ、リストが山のようにたまっていますが(^_^;)

アップル純正の「カレンダー」は、もちろん使っていません。使いにくいし、携帯端末の方は月曜はじまりにできないから。
Dsc00404最初、「さいすけ」というアプリにお世話になっていましたが、「Refills」の方がレイアウト表示が綺麗で、使い勝手もよさそうだったので、1ヶ月後に乗り換えました。
todoに関しては、「domo Todo」というアプリを使っています。
どちらも現状で満足していますが、今後、もっと使いやすいソフトが出れば、乗り換えていくでしょう。
アプリを選ぶときの最低条件は、Googleカレンダーと同期していることです。予定をPC上から書き込みが出来るし、iPod touchやiPadに何かあったとき、今までのスケジュールが失われずにすみます。

夜、iPadで、「何かいいアプリが出たかな」と検索してみたら、「7notes」というアプリを発見しました。手書きの文字が次々と活字になっていくというスグレものです。発売記念価格900円だったので速攻で購入。
コメントで多くの人が絶賛しているように、確かに素晴らしいアプリですね。きっとこれを使いたいがためにiPadを購入する人もいるのではないでしょうか。
新規作成や文章保存などの操作を複雑にし過ぎているのが、欠点といえば欠点です。これじゃあパソコンが苦手な初心者は戸惑うでしょう。せっかくのMacのソフトなので、もっとシンプルに作ればいいのにな、と思いました。
以前、デザイナーのMさんに教えてもらった「Noteshelf」というアプリも毎日のように使っています。打ち合わせでメモを取るのにいい。こちらは誰もが簡単に扱える人に優しいアプリです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

昔の写真

写真家がデスクワークをスムーズに行うコツ、それは必要な物を切らさないようにする、ということです。ポジ袋、プリンターのインク、用紙、封筒など、仕事をはじめてから「あっ、ない」と気づくと、ストレスばかりが溜まります。
取材から戻ったとき、ハードディスクの空き容量がないことに気づきました。仕事場にある20〜30個のハードディスクはどれも満杯状態。
撮った写真データを落とせない、つまりそこから先へ進めないのです。そこで大急ぎで電車に乗り、秋葉原の秋葉館に行って、ハードディスクを買ってきました。
迷いに迷いましたが、4TBのRAID(1)ハードディスクを選び、それを2セット買いました。つまり2TBが4個です。中のHDは、たぶん日立製でしょう。
デジタルライフはお金がどんどんと出ていきますね。フィルム時代以上に出費がかさみます。

で、今日はそのハードディスクに書き込まれたデータからある写真を選ぶ作業を行ったのですが、「へ〜、こんな写真も撮っていたんだ〜」と驚きばかりでした。
例えば、安曇野の白鳥の写真とか、千葉の菜の花の写真とか、自宅のベランダから撮った花火とか……。
デジタルはいつも撮りっぱなし。普段、見たりはしません。だから5年前、10年前の写真は忘れてしまう。
自分が生み出した作品を知らないって、写真家として失格ですね。これからは見る努力もしていかないと。
9月のカナダ取材のフォルダを開けてみたら、オーロラの写真が山ほど出てきました。
この日のオーロラ、綺麗だったな。また生で見たくなってきた。
648w4105_4


※クリックすると拡大します

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

写真展会場へ

10時10分に写真展会場に入りました。
会場には常にお客さんが10〜20人ほど。サインを書き、その後、少しお話する。僕の方もお客さんの方も時間に追われることなく、まさに理想的な個展会場だったと思います。
僕は旅をし、写真を撮って、作品を発表する。その作品を観てくれるお客さんがいる。今という時代を一緒に生き、その時間を共有しているという当たり前のことに感動しました。もし100年違っていたら、「人」と「人」と「作品」との交流ではなく、「人」と「作品」だったはず。

多くの人に、「次の写真展はいつですか?」と質問されます。
正直、まだ未定です。でも、今まで1〜2年置きに個展を開催してきているので、おそらくこのペースが続くのではないでしょうか。
もちろん、様々なテーマを形にしていきます。次に発表したい信州の作品は、どちらかというと「Sense of Japan」よりかな。

「次の講演会はいつですか?」という質問も時々いただきます。
実は春に、魅力的な講演会というかセミナーを検討しています。募集人数は100人ほど。おそらくすぐに埋まってしまうと思うので、どのタイミングで発表するか、今、迷っています。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

移動

_mg_5870_4 写真は、東京へ戻る途中で撮影した冬山です。(クリックすると拡大します)

昨日のラーメン(詳細はTwitter)のせいで、やっぱり今日は体調が悪い。
ホント、背脂ギトギトのラーメンスープって、苦手なんです。特に、米粒のような背脂がたくさん入ったラーメンは絶対にダメ。いつも食べないように注意しているのですが、メニューの写真からは見抜けないときがある。結果、出されたラーメンを見て、「あっ、失敗した…」と呟くのです。
そのまま丸ごと残してしまえばいいのですが、作った人に申し訳ない気がし、いつも無理して食べてしまいます。で、結果として体を崩す(笑)。
また、冬の旅は、肌の乾燥にも注意が必要です。20代の頃は全然気になりませんでしたが、やはり40を過ぎると気になるようになってきた。痒い(笑2)
ホテルの部屋にあるエアコン、僕は苦手です。風が嫌です。暖房をONにすると、瞬く間に狭い部屋の中はカラカラになり、そのままの状態で寝てしまうと、もう完全にアウト、肌はサカカサ、喉はカラカラです。風邪を引く。
対策方法として、ユニットバスのバスタブに1/4ほどお湯をためるというのがあります。ドアを半開きにしておくと、部屋の中の湿度は60%以上に保つことが出来る。お湯を半分以上ためてしまうと、朝起きた時、ユニットバスの壁がびっしょりになってしまうので、注意が必要です。
寝る前にエアコンは必ずOFFにすることも大切です。当然、夜になると部屋の温度は下がりますが、そんなとき役に立つのは、フロントで借りたウールの毛布です。でも、ローカルなホテルでは毛布を用意していないこともある。だから僕は必ずダウンの寝袋を持って旅をしています。寝袋の中に入り、その上にベッドにある羽毛布団を羽織って寝れば、夜、部屋の温度がどんなに下がってもへっちゃらというわけです。
実は今回のビジネスホテルも、朝方、部屋の中は3度まで下がりました。でも、寝袋のお陰で寒さは感じず、朝まで熟睡できたのです。もちろん起きてから速攻でエアコンのスイッチをONにしましたが(笑3)
東京に戻りました。

お知らせ
明日、土曜日は、10時〜17時半まで写真展会場にいます。是非、お立ち寄りください。

CP+では、PENTAXのブースで、トークショーを行います。日時はペンタックスのホームページでチェックしてください。
皆さんに一つお願いです。
トークショーの様子を、ビデオカメラで撮影し、その映像を、こちらに無断で、YouTubeなどの動画サイトにアップするのはおやめください。やはり僕自身、勝手に全世界に流されるのは嫌です。
今後、講演会の生中継など、色々と考えていきますので、その時までお待ちください。
ご理解ご協力、くれぐれもよろしくお願いいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

雪の模様を撮る

素泊まりのビジネスホテルなので、朝食が付きません。そのため少し寝坊し、起きたのが7時15分、NHKのおはよう日本がはじまっていました。途端に焦りはじめます。
缶コーヒーのブラックをグビッと飲み干した後、荷物整理をし、チェックアウト。8時半から撮影をスタート。
雪国の朝の光って、眩しいですね。心も体も元気になるようなこの眩しさ、しばらく忘れていました。
この地区は大雪が降ったため、雪の形や模様がすごく絵になります。お昼までに10枚以上の作品を生み出しました。
田舎で写真を撮っていると、必ず地元の人が声を掛けてきます。きっと三脚を使っているから、目立つのでしょう。そう僕の風景写真は、デジタルでもフィルムでも、必ず三脚が必要。手持ち撮影はまずあり得ない。
外気温は+8度。でも無風なので、寒さを感じません。雪国って、不思議なあたたかさがありますね。かまくらに入ったようなぬくぬくした心地よさ。
お昼はセブンイレブンでカップラーメン(シーフード)とおにぎり(高菜)と肉まんとお〜いお茶(濃い味)。冬は汁物に限ります。
ランチの時、レストランや食堂に入らない理由。単に時間がもったいないからです。これは海外でも同じ。現地の美味しい食事など、食べたいとは思いません。写真の方が食事なんかより何十倍も楽しいから。
カップ麺の汁を啜っている時、保険会社から携帯に電話。一昨日の事故報告の確認でした。車に損傷がない場合、JAFで掛かった16,100円は保険で適用されないとのこと。まあ、当然ですね。一応東京に戻ってから、車をディーラーに持ち込み、底部をチェックすることになりました。

新潟のこの地区、だんだんと好きになってきました。そしてついに、この地が、心の中にスコンと落ちます。いつしか「よし、自分のテーマにしよう!」と決めていました。でも、写真展を開催できるまでに、3〜4年は必要かな。
次々とテーマを決めてもいいのですが、問題は時間とお金。だから写真家って、テーマを決めない努力も時には必要なんです。でもこの地はどうしても撮り続けたい。そんな不思議な力を秘めていました。
信州の次は新潟です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

新潟にいます

快晴です。
朝食後、ホテルをチェックアウト。
まずは高速に乗り、15キロ先の町まで行ってみます。たとえ1区間でも躊躇わず高速に乗る、これが限られた時間を有効に使うコツです。
町中を20分くらい巡ってみましたが、残念ながら心ときめく風景は見つかりませんでした。
エネオスでガソリンを満タンにした後、再び高速に乗り、新潟県へ。以前から気になっていた町に行ってみます。
町に到着すると、まずは2周ほどして地理を把握。同時に被写体探しを行いました。
川沿いである風景を発見。最初のシャッターを押します。その後、立て続けに3〜4枚ゲット。
すべての風景が雪に覆われています。雪景色はハイライト部分に露出が引っ張られてしまうので、気持ちオーバー目に露出を与えてやると美しい仕上がりの風景写真になるのです。

セブンイレブンの駐車場に車を停め、トッポとコーヒーでホッと一息。やっぱりお菓子のナンバーワンはトッポかな。
iPadで周辺のホテルを検索。3軒のビジネスホテルがヒットしました。そのうちの一軒を予約。素泊まりで5800円。
町外れにあったホテルは、いかにも昭和って感じの古めかしい建物でした。ユニットバスが、20年前に板橋で借りていたアパートそっくりだったので、胸がきゅんとなります。

夕方も被写体探し。眩しい太陽が薄雲に隠れたので、雪のグラデーションがひときわ美しく見えます。すぐにある被写体と出会い、数カット撮影することができました。うち1枚は十分手応えあり(^_^)v
この小さな町、面白いかも。ふと、今後、自分のテーマにしてみようかな……と思いました。ここなら忙しい時でも一泊二日で通えます。

夜は歩いて駅前まで行ってみます。小さな食堂で生姜焼き定食を食べました。ボリュームがあった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

JAFに電話

まだ激しく雪が降り続いていましたが、9時から撮影をスタート。
猪苗代湖の近くで、ある風景を発見。雪に濡れながら数カット撮影します。
今日はいい感じだな、と思ったら、昼頃から問題続出。
吹雪の細い道で大型トラックとすれ違ったとき、車の前と後ろのタイヤが溝に落ちてしまいました。雪の吹き溜まりで路肩が見えなかったのです。
たとえ四駆でも、脱出不可能。地元の人が軽トラックやトラクターで引っ張ってくれましたが、車はびくともしません。仕方なく、JAFに電話。混んでいるとかで、結局3時間待ち。
夕方JAFが到着。車全体を浮かせ、電動ワイヤーで少しずつ引っ張るという哲学的なやり方で、車を傷つけることなく引き上げてくれました。1万6千円も掛かりましたが、保険会社に電話したら、保険でカバーできるそうです。

というわけで、今日は写真が撮れませんでした。
あ〜、それにしても、自分の人生には無駄が多いなあ〜。時々嫌になることがあります。
自分が行動すると、必ずトラブルがついて回る。ブログには書いていませんが、海外取材の時も、実はトラブルだらけなんです。
たぶん、それが行動するっていうこと。

夜、高速を使って会津若松市に戻り、適当なホテルにチェックイン。ホテルに入る時、ツルツツの路面に足を取られ、思いっきりすっころびました。腕をグキッとやってしまいます。
「あ〜、今日はダメダメだよな〜」とブツブツ言いながら部屋でパソコン仕事をしていたら、iPadを落とし、ガラス面に大きな傷を作ってしまいました。

何をやってもダメな日ってありますよね。今日はまさにそんな日でした。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »