« 安曇野 | トップページ | 上野 »

2011年4月 5日 (火)

強い心意気

今、人と会うたびに、「それにしても厳しい状況だよね。これから先、どうやって生きていこう……」という話が出ます。震災後、出版や広告業界は、どこもスローな動きになってしまいました。だからフリーで生きている人間は、誰もが相当苦労している様子。
僕は製造業に携わる友人も多いのですが、やはり会社はどこも大変みたいです。上の人たちは相当頭を痛めているのが社員にも伝わってくる、と教えてくれました。
今必要なのは、こんな時からだからこそ前向きに生きていく、という強い心意気なのかもしれません。僕自身も、今まで以上に頑張っています。どんなときでも前へ、前へ。
また、「大地震は必ずくる」ということを常に念頭に置きながら生活をしています。地震によって、仕事場の天井まで積み重なっている大きな写真棚とファイルBOXがすべて倒れ、すべての作品がメチャメチャになってしまうでしょう。その対策方法の検討をはじめました。
今日はオフィス家具の会社に電話し、商品についてあれこれ教えてもらいました。ただ僕が目をつけた扉付きの頑丈なスチール棚は、製造・出荷の目処が立っていないとのこと。

お知らせ
●4月29日、池袋で行うセミナーは、予定通り行います。
●5月21日、名古屋の某旅行会社の旅行説明会で、ゲストスピーカーとしてトークを行います。どなたでも参加できます。詳細は5月に入ってからお伝えします。

« 安曇野 | トップページ | 上野 »

コメント

義援金も速やかに被災地や被災者の皆さんの元に届かない現状は残念でもどかしい思いでいっぱいです。
でも、これからの長い道のりを考えると、ささやかでも募金を続けることが今の自分に唯一出来ること…。
実は、池袋コミカレの講座を諦めて、旅費等の費用を先月募金させていただきました。キャンセル待ちの方もいらっしゃいましたので、定員割れを避けられたことは安堵しています。(吉村さんの講座にそんな心配は無用ですが)
吉村さんの活動も、被災地の皆さんが元気になる源に繋がっていると信じています。

おはようございます!
確かに・・厳しいですね・・勤め先の先月の売り上げも停電による営業の短縮などでかなり落ち込んでいます・・。

大切なお写真、心配ですよね・・。
お目当ての棚が早く入荷すると良いですね。

前へ前へというお言葉、元気を貰えました~(*゚▽゚)ノ

さあ~これから出勤です!!今日は会議で原発の事、これからの新しい企画などの内容についてなど、長くなりそうです。

「こんな時だからこそ前向きに生きていくという強い心意気が必要なのです。」
吉村さん、しっかり心に留めておきます。
力強いです。ありがとうございます。

危機管理…大切なお写真やデータの保管は、大事ですね。3月11日の大地震は、事務所内の本棚が揺れによって倒壊し、足の踏み場もない位、バラバラになりました。想像を超える惨事でした。

吉村事務所内のテーブルや棚の上にある機器類も、地震の揺れ幅(20cm位)も考慮した位置に置いた方が良いようです。
まだ余震もあり、壊れそうな物も注意ですね。

震災後、商品の流通がぴたっと止まった時期がありました。そしてメーカーからの商品の供給情報を見て、早くても5~6月にならないとダメなのかしら…と感じていました。でも、この数日の入荷状況は私の予想をはるかに上回るもので、その回復力に驚いています。もちろん入荷の目途がつかない商品も多数ありますが、品薄と呼ばれていた商品がドカドカ入って来ています。すごいな!って感じています。やはり日本の経済には、大きな底力があるのかもしれません。
どんな仕事をしていても、どんな状況でも、人間の存在自体が奇跡のようなものなのですから、不安感というものから逃れることはないように思います。どんなに囲いを強くして守ろうとしても崩れるときは崩れるのかなぁ~と今感じています。要するに、私はかなり開き直った状態なのかもしれませんね。保険を掛けることも大切ですが、そこにばかり囚われていると限がないわね!とも思います。心配性の吉村さんですから、なんとかなるさぁ~!ぐらいの方が、ちょうどいいかもしれませんよ(^-^*)/

吉村さん、こんばんは!
様々な業界にもその被害が及んでいるんですね…。
大地震への綿密な対策、さすが吉村さん、キッチリとなされておられるなぁと感心します。
念には念を…!の細やかな対策は自分や回りの方々をも助けることになりますね。
復旧作業の早さは日本は群を抜いているのでしょう。
あっという間に道路も復旧、各地方のJR線も復旧、仙台空港も(まだ国内線だけですが)復旧のめどがついています。
生活のライフラインもあっという間に回復し、日本人の迅速で見事な対応は素晴らしいと世界でも評価されていますね。
もっとも大変な被災地は、まだまだこれからも大変さ、困難は付き纏っていくと思いますが、それも全部乗り越え、必ずまた、元気な新生・東北が生まれることを確信します。
励まし合い、支え合いの心がたくさん生まれています
たくさんの犠牲を払いましたが、それでもそれらを乗り越えて、きっと日本の大きなターニングポイントの歴史として語り継がれていくと信じています。

お仕事お疲れさまです。
今の製造業の状況は、おっしゃるとおりの状況ですね。
東北で製造していた商品を他の地域へ振り分けているのが現状です。
オフィス家具ですが、メーカーで事務所のプランレイアウトや設置もやっていただけますが、かなりの費用が掛かります。扉付きスチール棚などは新品は非常に高価ですが、中古になると嘘みたいな価格になってます。運送費が高くつくのが少し気になりますが、中古の程度の良いものを探すのも一つの手だと思います。
4月29日、池袋で行うセミナー予定通りで安心しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強い心意気:

« 安曇野 | トップページ | 上野 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30