« 友人が東京を離れる | トップページ | iPad 2入荷 »

2011年5月 5日 (木)

色見本をプリント

デジタルカメラで撮影した画像を入稿するとき、RAWデータをそのまま印刷会社やラボに渡しています。つまりオペレーターさんに、現像とレタッチをしてもらうのです。(写真家が画像処理したデータを渡すと、あまりいい印刷物が仕上がりません)
ただ雑誌のときは、自分で現像&レタッチしたデータを作り、TIFFで入稿しています。ただこの時も、レタッチは必要最低限にして、最後のつめは印刷会社やラボに任せています。
デジタルデータを扱うとき、注意しなければいけないこと。それは、「シャープ(アンシャープマスク)を絶対にかけない」ということです。みんなシャープネスを効かせてしまうから、いわゆる〈デジタルっぽい写真〉になってしまうのです。僕は今まで一度も使ったことがありません、というか、意地でも使わないようにしている。たとえデジタルカメラを使おうが、最終的にはフィルムで撮影したような〈自然な仕上がり〉が基本です。

さて、RAWデータ入稿のときでも、色見本は必ず添付するようにしています。
ある程度自分でレタッチし、インクジェットプリンターで出力したプリントを渡すのです。
そのために出力するプリントは、年間数千枚です。A3ノビまでプリントできる大きなプリンターも持っていますが、色見本はキャビネかA4か基本。数千枚のうち9割はA4以下ということに気づき、数ヶ月前、A4のインクジェットプリンターを新たに導入しました。
2〜3万円で買える、一般家庭用として販売しているごく普通のカラープリンターです。これがすこぶるいい。テカテカな光沢紙でプリントすると、すごく美しい作品が仕上がります。エプソンやキヤノンのプリンターは、間違いなく世界一ですね。

|

« 友人が東京を離れる | トップページ | iPad 2入荷 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の書き方の見本 | 2011年10月 7日 (金) 16時33分

なるほど・・・勉強になります。
どうしても素人はアンシャープマスクをかけたくなってしまうんですよね・・・
なんかシャープネスが足りないな・・と思ってしまうことがあります。単にピントが甘かったり、カメラブレ、手ブレをおこしてることも多いと思いますが。

ネットとかでアマチュアの方が撮った写真を見ていると、彩度をやたら上げすぎた写真を目にします。ああいう不自然な写真は嫌いです。シャープネスもバカみたくカリッカリにかけてる人がたまにいますが、そこまではいたしません(笑)

投稿: Mon_masa | 2011年5月 7日 (土) 13時02分

 年間数千枚! 全部光沢紙を使うと、大変な金額になりますね。
 私もA3ノビまでのプリンターを持っていますが(エプソン!世界一の!)毎月十数枚プリントするだけなのに、ためし刷りをして紙を節約するか、インクを節約するために『一枚成功』にかけるか・・・・と、けちけちしています。

 写真家って、見えないところにも本当にお金がかかるのですね。

投稿: masa | 2011年5月 6日 (金) 23時24分

数年前、吉村さんの写真集と出会った時に、まず色彩の美しさに惹かれました。そしてページを捲るうちに、風景写真でありながらも人の温もりを感じ、想像力を引き起こすような作品の世界に引き込まれていきました。もう記憶が途切れ途切れなのですが、私が最初に書かせていただいた写真集の感想メールにそのことを書いたように覚えています。そして、その感想は吉村さんを知るに従い、吉村さんの拘り、そのものであるとわかりました。
すごいことですよね。ご自分の拘りを作品の中にすべて投影され、なんの予備知識のないひとりの読者に伝えることが出来ているのですから。あらためて、吉村和敏さんという写真家さんのすごさを感じました。
特に色に対する拘りは、ほぼ写真を目にする人すべてに伝わっているのではないでしょうか。誰しもが美しいと感じさせるすごさは、間違えなく、この拘りから生まれるもののように思います。
でっ、家のプリンターも世界一なんですね!うれしいです(^^)v

投稿: 花水木 | 2011年5月 6日 (金) 23時14分

吉村サン、RAWデータの時でも、ある程度レタッチして「色見本」を渡す。現像、画像処理、レタッチは、基本お願いする。
シャープネスを効かせると、デジタルぽっくなり、ベストはフィルムで撮影したような仕上がり。
なるほど、抽象的なイメージは少し分かったような…分かっていないような…。

吉村サン、今度はこのテーマで「フォトレクチャー」しましょう。百聞は一見にしかずです。
プリンターは、鮮明で綺麗な仕上がりになりますね。納得です。

投稿: サラ | 2011年5月 6日 (金) 23時00分

こんばんわ
以前伺ってました「レタッチでシャープネスを使用しない」は常に心がけてますが、
カメラ内のカラーモードで標準設定されているシャープネスの値を変更する時は、迷いが生じてます。
文面から察するとA4インクジェットプリンターは染料インクの使用できるタイプだと思われますが、どうでしょうか。
新しいインクジェットプリンターの購入を迷ってましたが、多分あの機種だと思われるので検討してみます。
プリンター本体よりもインク代にお金が掛かるのが悩みですね。

投稿: モリモリ | 2011年5月 6日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119661/51595958

この記事へのトラックバック一覧です: 色見本をプリント:

« 友人が東京を離れる | トップページ | iPad 2入荷 »