« 木曽 | トップページ | 高校に立ち寄る »

2011年5月15日 (日)

白馬へ

朝、24時間営業のガソリンスタンドに立ち寄り、ガソリンを満タンにする。これが取材中の日課です。国内でも海外でも同じ。つまりどんなに取材費をセーブしても、毎日6000円は必ず掛かるのです。やっぱり燃費のいい車が欲しいですね。プリウスワゴンでオフロードもガンガン走れるSUVが出ればいいのに。僕はこれからの時代はハイブリッド車かディーゼル車だと思います。
まずは安曇野へ。細い田んぼ道を好んで走り、アルプスと水田の風景から絵になりそうな被写体を探します。数カット撮影できましたが、全く手応えなし。
カメラを構えていると、地元の人が声を掛けてきます。
「写真とってるだ?」
この一言に、信州人ならではのイントネーションがあります。僕も18才までは自然に言えたのですが、今はダメ。無理して信州人のイントネーションを真似ると、東京の人が関西弁を喋っているような感じになってしまいます。
お昼頃、木崎湖近くのコンビニの駐車場で弁当を食べていたら、自転車に乗った外国人の二人組が日陰で休んでいました。自転車で日本を南北に横断しているのだとか。青春していますね。今の日本の若者も、もっともっと彼らのような冒険をすればいいのにな、とふと思いました。
中綱湖を過ぎると、山がぐっと近くになり、新緑が押し寄せてきました。菜の花も美しい。僕は安曇野の中で、ここから白馬へ続くルートが一番好きです。
30分後、白馬に到着。国道を離れ森の中に入ると、ここはヨーロッパ? と錯覚するほど洋風建築の立派なペンションが建ち並んでいました。どれも5000万、1億としますよね。オーナーはどうやって資金を生み出したんだろう……。不思議で仕方ありません。
せっかくここまで来たのだからと、スキーのジャンプ台を見学。ここには珍しく5組のカップルがいました。デートスポットなのかもしれませんね。
夕方、僕の好きな美麻村を巡り、心ときめく風景を探します。ある場所で3カット撮影。その後、撮影に終止符を打ちました。

お知らせ
写真展の会場で、インタビューを受けました。
http://blog.apagard.com/roslyn.php

« 木曽 | トップページ | 高校に立ち寄る »

コメント

吉村さん、おはようございます!インタビュー記事読みました。“写真だけで行く。どんなに苦しくても”のくだりに勇気をもらいました。私にも夢があるのですが、道のり険しく日常にともすると流されてしまいそうになります。“継続は力なり”ですね。がんばります。良い1日を!

 『ロズリンの部屋』を興味深く読みました。沢山の職種の方々の登場で、色々な考え方・仕事への取り組み方など…おもしろいですね。
 “写真家吉村”は表情が少年のようでした。しっかり年は重ねてありましたが。

 信州人のイントネーションはよく分らないのですが、言葉ほど地域性が溢れているものはないかなと思います。田舎に帰ると帰省途中から「現地語になっているゾ」とよく言われます。


吉村和敏様

毎日の移動 お疲れ様です。


「ロズリンさんのブログ」を 拝見しましたところ
吉村さんのデシタル漬けを少し理解できました。
ロズリンの取材インタビュー内容が
ますます吉村さんを魅力的に輝き
より吉村さんを知る機会を得ました。
そして
ロズリンさんと言う方に興味を持ち 吉村さんのインタビュー以外も読んでみました。
ドンドン興味がわき
私も デシタル漬けになりそうです。

人を知るきっかけってこんな風に繋がるんだなと思いました。

吉村ブログの奥の深さそして 懐の広さを感じます。
ますます
吉村ブログから
目が放せません。
幅広い情報の提供と
丁寧な毎日の行動報告をありがとうございます。
今夜のブログ
早く届きますように。
いつ
東京にお戻りなのですか。
気をつけて帰京してくださいね。

追加です!
これの後半を待っていたんです♪
カナダで写真展するなら、私も行きたい(*^_^*)

吉村サン、「ロズリンさんのブログ」の記事とお写真拝見いたしました。
先ほど私は、放心状態で帰宅し、このブログに一気に元気回復いたしました。
なんと言っても、吉村和敏サンの表情の豊かさが最高!で、それはロズリンさんの質問や撮影カメラマンの雰囲気の柔らかさでしょうか。
これは、保存版です。ありがとう!ロズリンさん、吉村さん。

朝ドラの安曇野ですね。やはり連なる山並みや湖、菜の花はキレイですね。
田んぼに映る山もいいですね~。
今度は、南信方面に行ってみたいな。
春~初夏、次は秋がおススメですか。

ペンションの建物、素敵でしょうね。ぜひお庭作りを参考にしたいです。お庭の草花を見ながら、コーヒーいただく時間…憧れます。
だんだん写真が、まとまってきている感じですね。お天気も落ち着いている様子、応援しています。
安全運転で、撮影して下さいね。 

二番のり~♪
でっ~あのジャンプ台に登ったんですか?私、二度と登りたくない!私は無理です…(>_<)高所恐怖症なんだ、私!って、つくづく思いました…吉村さん、高いとこお好きですよね…(^_^;)
珍しく5組のカップル!って、吉村さんの旅先には、あまりカップルは出没しないってことなんでしょうね。ふ~ん…不思議!
日本の若者、そうですね、元気を出して欲しいですね!なかなか夢を持ちにくい時代で、ちょっと可哀想な気もします。それでも娘の友達には、イタリアやモンゴルとかに留学している子とかもいますね。そうですね…親としても、いろいろ考えます…m(_ _)m
わかりませんが、信州弁とかいうんですかね?私は未、だに「ひ」と「し」の区別が、あまり出来ません。これは一生のような気がしています。今、住んでいるここは「~だべ」でしょうか…中居くんが使うやつです。時々、うつります…(^_^;)
美麻村、名前も素敵なところですね。しっかり、心にとめておきます!!
明日も、よい旅になりますように!!

おつ~今日もコメント一番乗りかしら(*´v゚*)ゞ
吉村さんがお好きというルート、うちの母も大好きと言っていました。
今月末に白馬に旅行に行くそうです。
母も信州が大好き!マニアですよ~。
私も母の影響で信州が大好きになりました。
そうですね~若者はお逢いした外人さんのように冒険をするといいかもしれませんね!特に男性は!!
若き日のチェ・ゲバラを描いた映画「モーターサイクルダイアリー」(ご覧になられた事ありますか?)のように、何かを見つける事ができるかもしれないですしね!
撮影、お疲れ様でした!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬へ:

« 木曽 | トップページ | 高校に立ち寄る »