« トスカーナへ | トップページ | とにかく暑い »

2011年6月15日 (水)

写真展

_mg_8528まず、トスカーナのある有名な村へ行きます。ここは村というより町でした。賑やかな場所は、人疲れするし、治安が悪くなるしで、正直、僕好みではありません。
まずは30分ほど歩いて町外れまで行き、町の全景を撮影しました。今の季節、どの町や村も、空にはツバメが飛んでいます。どうしても黒い点となって写ってしまう。こればかりは仕方ないですね。
その後、町中を精力的に歩き、写真を撮ります。露天が出て、賑わっていました。
ある裏通りで、危ないヤツが僕をつけていることに気づきました。直ちにすべての機材をカメラバッグにしまい、しっかり蓋を閉め、そして小走りに人がたくさんいる広場へと向かいます。まあ、明るい日中は、このように危ないヤツに目をつけられてもあまり怖くはありませんね。もちろん夜は凄まじく怖いです。だからヨーロッパでの夕景や夜景の撮影は本当に大変。
3時間ほどで撮影を切り上げ、次の村へ向かいました。途中、スーパーマーケットでコーラと水を買い、いっきに飲み干します。炎天下での撮影は本当にしんどい。黒いTシャツを着ていますが、何度も大汗をかくので、夕方は白い塩がふいてくるんですよ。
_mg_8689次の村は、小さな小さな村でした。ある建物の地下ギャラリーで、イタリア人の写真家たちの写真展が開催されていました。どの作品も素晴らしく、とにかく感動しまくり。海外の写真家の作品を見てしまうと、日本人の写真家の作品はまだまだ全然ダメですね。もちろんその中には僕も含まれます。海外で優れた作品を見てしまうと、「こんなんじゃダメだ」と、ちっぽけな自分のスタイルを深く反省します。
ちなみに、今のイタリアの村巡りで生み出している写真は、「作品」ではありません。これはあくまで「記録写真」です。そう、200個以上の村をすべて撮ることに意義があるのです。これも一つの写真表現の形、僕の中にはいくつも表現の引き出しがあるのです。
3番目の村は、それなりの大きさでした。暑い暑いと呟きながら、20キロ以上の機材を担ぎ、2時間ほど歩きました。
_mg_8832レストランで遅めのランチ。ここのパスタも100点満点。う〜ん、これも生まれて初めて接する味。このチーズの味は凄い。
高速を使って40キロほど南下します。郊外で50ユーロのホテルを見つけチェックイン。
気合いを入れて4番目の村へ。夕景の写真が欲しかったので、夜9時半まで撮影を行いました。
さすがにクタクタです。

« トスカーナへ | トップページ | とにかく暑い »

コメント

吉村サン、1日4つの村を精力的に撮影しながら、少しの時間に 地元の写真展を拝見出来たことは、ラッキー!でした。写真の表現や着眼点が、やはり違うのでしょうか。
重い機材を背負い、2時間も 汗をかきながら 頑張った吉村サンへの 神様からのご褒美かな。
疲れたら休み休み、水分補給をしっかり取って下さいね。

吉村先生のイタリア美しい村の撮影の旅は…

すでに計画された具体的な目的地200を探索されつつ、村々の撮影記録の収集・データ保存というスタイル…

歴史的な写真撮影の偉業を、スタートされたということなのですね。

先日、イタリアの写真家・登山家の方のTV映像を見ました。

100年前に撮影された同じくイタリアの写真家の方の撮影ルートを、現在の撮影技術で同じ場所の状況調査(氷河の変化)を試みるプロジェクトでした。

もちろん沢山の探検隊を伴っていました。
大型カメラや大判フィルムがでてきました。

そして、100年前のオリジナルプリントなど、保存状態の素晴らしさについて言及していました。
『写真は、昔から科学研究の手段でした…』とさいごに述べられていました。

偉大なる写真発展の道のり、歴史の道しるべである写真家の方々の素晴らしい功績なのですね。

吉村先生は、ただお一人で、フランスにつづきイタリア踏破の旅を進まれておられることに、写真のことはほとんど何も知らない者ですが、改めて、深々と感動いたしました。

それから…
お写真のパスタお料理は、とてもとても素晴らしく美味しそうですね!

 ツアーで行ったイタリアを旅行の食事は・・・でしたが、チーズは美味しかったですね。種類も沢山で印象的でした。他はレモンクリームのパスタでした。食事に関しては、寂しかったね。

 イタリアの写真家の作品の素晴しさを伝えておられましたが、どんな作品に出逢えたのでしょうか?
どうしたら素敵な作品が生み出せるのか?

吉村先生!つっこみを入れてもいいですか?なんで、黒いTシャツなんか着てるんですか?(^_^;)暑いのに熱を吸収して、さらに暑くなっちゃうような気がしますが!まっ、いいですが!(^_^;)
そうか…作品は撮られていないのですね。一緒に作品も出来上がってくると、一石二鳥なんて思っていた私の考えはダメってことになりますね。でも、9時まで撮られていたあたり、作品の匂いがしますが!
でも、ほんと、気をつけて撮影して下さいね。撮影中の吉村さんのアンテナは、常に3本、いやっ5本、立っているから心配はないって感じもしますが…神様、守って下さいね!って祈るしかありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真展:

« トスカーナへ | トップページ | とにかく暑い »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30