« ホテル探しで苦戦 | トップページ | ミラノへ移動 »

2011年6月21日 (火)

山の中の村へ

高速を70キロ北上し、ある村(町でした)を取材。あまり撮るものがなく2時間で終了。この村は本の中で1ページで十分だな、と思いました。
フランスの美しい村もそうでしたが、その村を何ページで紹介するか、取材の時にほぼ決めてしまいます。そして編集者さん、デザイナーさんに最終調整をしてもらっている。つまり2ページや4ページで紹介している村は、いわゆる僕の「お勧め」というわけですね。
再び高速に乗り、西に130キロほど移動します。大都市フィレンツェ郊外のグルグル巻きのジャンクション、超怖かった〜。1度変な方向に行ってしまいましたが、どうにか復帰し、予定していた高速に乗ることができました。
高速を下りてから、トスカーナの山道を走ります。小さなカフェでサンドイッチ。その後、グングン山道を駆け上がり、小さな村に辿り着きました。
炎天下、3時間ほど歩き回って取材。
_mg_1469夕方、1キロほど先にある別の村を取材。こちらの村は、とても魅力的な村でした。
さて、今晩のホテルをどうするか。
偶然迷い込んだ脇道で、感じのいいプチホテルを発見。コンタクトすると空き部屋がありました。家族経営の雰囲気のいいホテルです。
部屋に荷物を運び入れた後、村の中を歩き回って撮影。とにかく坂道が多い村。ゼイゼイ言いながらてっぺんの教会まで行ってみました。見晴らしが素晴らしかった!
山の中に町や村があるヨーロッパって不思議ですね。アジアも同じ。そう考えると、何故日本は山頂に町がないんだろう。例えば東京だったら、高尾山の山頂が町になっていないのは何故? もしかしたら日本人の謙虚さも影響しているのかもしれません。
夜景を狙い、部屋に戻ったのは、10時。早く寝たい。でも、撮影データをHDに落とす作業(2時間くらい)をしなければならないので、寝ることが出来ない。デジタルって本当に大変です……。

« ホテル探しで苦戦 | トップページ | ミラノへ移動 »

コメント

吉村サン、お疲れ様です。炎天下3時間歩き回って撮影。20kgもあるカメラザック背負ってです。
肩に重さが食い込んで、足がパンパンで、汗が吹き出る。そんな状況が想像できる吉村サン。
できるだけ、その日の作業が早く終わり、疲れを取り除いて欲しいと願うばかりです。
何年後かのイタリアの写真もですが、フランスの写真も、「MAGIC HOUR」他いつもこのようなご苦労があって、撮影されていることに、感謝致します。
吉村サン、ありがとう。

 山頂に町が無い理由の一つに不便だから…があるでしょう。何をするにしても高低差が有るのは、大変ですもの。
そういう所に住んでいましたからよーく分ります。
居住地にするか否かは文化・歴史の成せる事でしょうか。
 
 イタリアだけではないでしょうが、『自分たちの村・町』と物凄く自己主張をすると思いませんか?

うわっ!追いついた!これが21日のブログですから、あと数日で帰国ですね。
山頂にある街って、確かに日本にはないですね。謙虚さの表れですか。考えたこともありませんでした。もしかすると、歴史的な背景もあるかもしれませんよね。
HDに落とすのに2時間も掛かるんですか!やっぱり、私などが扱っているものとは、数も大きさも全然違うのでしょうね。それが、1日分なのですよね!吉村さんが、大変だ、大変だと日頃から、おっしゃられている意味が、よくわかりました。
私、写真を撮り始めて、よかったです。吉村さんの使う言葉の意味を理解することの曖昧さが、少なくなって来たように思います。
デジタル化されて、イメージ的には楽になっているような気がしますが、フイルムの方が楽ってことになるのでしょうか。カメラにしても、この記録の保存にしても、もっともっと技術が進むことが望まれますね!

追いついたところで!とりあえず、お疲れさまでした。とお声を掛けておきます。
確かにイタリアの取材、大変そうです。
でも、企業という組織に属していない以上、吉村さんのお仕事は、吉村さんが望まれて選択されたお仕事ということになりますね!なんだかんだ言っても、自分の意向で仕事が出来るということは幸せなことのように思います。すべての人が出来ることではありません。みんな妥協、ん、言葉が悪いかな…順応して生きている人の方が圧倒的に多いはずです。だから、みんな、吉村さん頑張れ!って、応援するのかもしれませんよね!
帰国まで、あと数日のブログアップ、楽しみに待っています♪


吉村和敏様


ここまで
毎日 過酷な 取材が続くのを読むと
「疲れとるのに今日はお休みして下さい」と過去の
吉村さんに言ってあげたくなります。

パスタ以外の
フレッシュサラダなんかも食べて欲しいし。
毎日
スーツケースの荷造りや移動
洗濯物 どうしているんだろうと気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の中の村へ:

« ホテル探しで苦戦 | トップページ | ミラノへ移動 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30