« 自国の食文化 | トップページ | フェラーリ »

2011年6月18日 (土)

だんだんと疲れてきた

朝訪れた村の広場に市場が出ていました。土曜日はどの村もこんな感じでしょう。
カラフルなフルーツがたくさん売っているので、市場には不思議な明るさがあります。東京の自宅近くの公園でも週末青空市が行われていますが、魚とか野菜とか漬け物とかで、地味な感じです。
フランスからはじまり、これだけたくさんの村巡りをしていると、村を歩きはじめた瞬間に、「あっ、この村は好き」「この村は苦手」というのがわかるんです。目に見えない何かを、心で感じる。
午後訪れた村には立派なお城がありましたが、でも、昔の戦いの歴史が染みついているので暗いイメージ。太陽はさんさんと照っているのに、気分だけが滅入ってくるのです。僕がそう感じるので、霊感が強い人はもっと何かを感じるかもしれませんね。
夕方、(といっても日が暮れるのが9時)クタクタになってホテルに戻ります。写真家の仕事って、とてもとてもハードです。まず体力的に疲れますが、常に緊張しているので、何より精神が疲れる。
僕の写真は、多くの人の心を癒しているのかもしれません。でも、実際その写真を生み出している現場、つまり写真家は、あまり癒されていないのです。とにかく過酷。常に汗だく。仮に自分がリラックスモードで旅をしていたら、力強い写真、メッセージ生のある作品は決して生み出せないでしょう。物事は常に正比例の関係にあるのです。
レストランで食事。今日はカルボナーラ。う〜ん、これも旨い。100点。どうやったらこんな究極の味が出せるんだろう。小麦粉とチーズが違うのかな。
_mg_9940昔誰かのエッセイで、イタリアはどんな田舎の食堂に入ってもそれなりのパスタが出てくる、と書いてありましたが、それは本当の話です。すでに30食は食べていますが、外れはまだ1つのみ。
ちなみにパスタだと、日本だと30食中、15食は外れ。ちなみにフランスだと30食中、20食は外れ。ちなみにカナダやアメリカだと、30食中、27食は外れ。

« 自国の食文化 | トップページ | フェラーリ »

コメント

吉村サン、お疲れ様です。イタリアの旅もあと5日あまりでしょうか、お疲れピークですね。
確かに、毎食美味しいパスタでも、やはり炊きたてのご飯を食べたくなりませんか。
食の美味しさは、国によって様々ですか。

このザルの中の商品は、何でしょう。棚のボトルも気になります。ワインかな。
細かい所は気にしないで、写真の雰囲気を楽しみます。

「見えない何かを、心で感じる」
写真は、景色を形に表しますが、そのときめく場所は、五感で感じているから、撮影も旅も醍醐味になのですね。

 吉村作品の中に力強さはあっても、疲れを感じたことがないので、取材旅行のコメントを読んで大変でしたねーと思いました。
 出来上がった写真集を見て本人は
「この時、暑かったんだ!」
「疲れて、もーへとへと」とか
「辛かった~」など思うのでしょうか?

 素敵な作品ができたらすっかり忘れちゃうのかしら。

ありゃ、やっぱ、疲れてきたのかな…名前、忘れました!って、さっきも書いたつもりなのに…この先のコメントは、また夜の楽しみにとっておきます。

う~ん、私も、だんだん疲れてきました!
それでも、家事をしたり、お茶を飲んだり、帰ってきた娘と話したりしながら書いていますから、吉村さんのご苦労を考えれば、コメント入れるぐらい、全然、ど~ってことはありませんが…それに好きで書いているんだし(^^♪
前から、撮影スタイルは淡々としたものだと言われていましたよね。そう、私も写真をかじり始めて感じる事は、撮っている時って無心です。感性で撮っているといった感じでしょうか!理屈を考える部分の脳は、働かせていないことを感じます。吉村さんは、やはり、その直感的な感性が優れているのでしょうね。それは、生まれ持ったもののような気がします。それが苦労の原因になっているのかもしれませんが、神様がくれた贈り物ですから仕方ありませんね!恨むなら、神様を恨んで下さい。私たちは、神様に感謝します(^0^)/
あと、ど~でもいいことが、私の頭の中から抜けません!ほんと、ど~でもいいんですが… 私が考えるに!私たちの癒しと吉村さんの癒しっていうものを軸にとると、正比例でなくて反比例…?(^_^;) う~ん、でも、私たちの癒しと吉村さんの疲労度は、正比例…?(^_^;)う~ん、やっぱ、よくわかんなくなりました!
ほんと、ど~でもいいけど、気になっちゃたんで!でも、吉村さんもパスタの味の採点、かなり辛口だから、私も許して(*^^*)


吉村和敏様


ブログを開ける度に更新され 旅が 続いているのが分るし
だんだんと疲労が読み取れます。


吉村さんの疲労が言わせている本音。
「癒されてます」の裏側には
けっして癒されていない本音の吉村さんの 行動が見え隠れしているんですね。

吉村さんのイタリアでの写真が発表されたら写真の本音の部分まで見つめようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だんだんと疲れてきた:

« 自国の食文化 | トップページ | フェラーリ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31