« 素朴な村 | トップページ | ヨーグルトの自動販売機 »

2011年6月 8日 (水)

まずは蚊の退治

_mg_6410谷は深い霧の中に沈んでいます。
朝食後、チェックアウト。雨が小降りになるのを待って、まずは村の全景を狙いました。その後村に入り、1時間ほど歩き回ってスナップ撮影を行います。
10時、山を後にし、次の村へ向かいました。
大きな町を経由するので、道は迷いに迷いましたが、3時間後、どうにか到着。ここは村というより、町でした。そう、イタリアの美しいシリーズには、町も含まれるのです。
教会や城は見応えありますが、町はちっとも絵になりません。この絵にならない場所を上手く切り取っていくのがプロですが、それでも絵にならない。つまり撮るモノがないのです。
3時間ほど歩き回り、20カットくらい撮影しましたが、心残りがありました。
フランス村とイタリア村を比較してみると、やはりフランスの村の方がぱっと見の美しさはあります。明らかにフランス人の方が美的センスに優れている。イタリアは、美しさではなく、歴史を切り取っていくような感じ。あとイタリアの風景には独特の味がありますね。
次の村へ移動。しかし大雨になったので、郊外にあったレストランに入り、遅めのランチを取りました。
メニューなし、イタリア語もわからない。何でもいいからと伝えると、ステーキが出されました。まあまあ美味しかったです。
_mg_6693その後、雨があがったので、村の撮影をはじめます。建物が黄やオレンジに彩られた、曇り空でも明るさを感じる村でした。
インターの近くで見つけた安ホテルに部屋を取ります。モーテルのような宿。安ホテル特有のアノ臭いが充満していました。これは全世界共通ですね(笑)
部屋の中に蚊が絶対にいるだろうと思ったら、やっぱりいました。蚊も安ホテルの定番です。
天井にとまっている蚊のやっつけ方は簡単です。ぬれタオルを、ポンと投げるのです。なかなか命中しないときは、三脚の三本の足の先端にぬれタオルをつけ、それを押し出すような感じで蚊を潰します。
数分で、4匹の蚊を退治することができました。壁やカーテンをたたき、他に隠れていないことも確認済み。今晩は安眠できそうです。

« 素朴な村 | トップページ | ヨーグルトの自動販売機 »

コメント

 虫除け対策 一匹ずつやっつけていくのは面倒なのでスプレーでシュという訳にはいかないのでしょうか。
まだ試していませんが、一回シュとやるだけで一日OKだというCMを見たような…。
 疲れを取るのは、睡眠が一番。安眠の為には、虫除けでしょう。
 外国の蚊は強烈なのかしら?

吉村サン、町や村の印象の一つに建物の外壁の色も関係していませんか。黄色やオレンジの暖色系と白やグレー、ブラウンの色の建物でも ずいぶん印象が変わります。
窓辺を飾っている鮮やかな花々も、住んでいるご家族だけではなく、通りを歩く人々の楽しみにもなっているのでしょう。
「明るさを感じる」というのは、そういった所からも表れているのかな。

蚊のやっつけ方、濡れタオルを投げる。初めて知りました。蚊や虫も、体調管理のためには、退治して下さい。
安眠できましたか。  

~“谷は深い霧の中に沈んでいました。”…

この冒頭のはじまりは、ナレーションを聴いているような、ストーリー感があり好きです。

歴史の長いイタリアの村や町並みは、こんなに深い山や森の中の暮しに、自然の緑と人々とともに時間を過ごしてきたのですね。

お城が残る地域などはとくに歴史上の人物が通ったと伝えられる古い道…なんてあるのかもしれませんね!

お宿での蚊取り大作戦に、タオルや三脚が活躍したのですか

先日、あるコンサートの舞台近くで撮影されていた時の三脚の、すみやかな伸縮機能を目撃しました。

高い天井でもOKなのがなんとなく想像できました

お茶碗洗ったり、お風呂に入ったりしながら書かせていただいてますが、開けるたびにブログが更新されていて!読むだけでも、追いつかない感じです♪
確かにフランスの村のように華やかな感じはないように思います。どのように吉村さんが切り撮られたのか、楽しみです(^^)
そんな蚊の退治方法があるのですね。さすが、旅のプロです!
最近、図書館で借りてきて星野道夫さんの著作集を読みました。文章にも長けていた方なんですね。読んでいて思いました。吉村さんにも、たくさん文章を書いて欲しいって!写真から感じるものって、個人の感性に委ねられています。でも、こうして旅をされていると、伝えたいことや感じるものも、たくさんあるのではないかと思います。ブログだけでは伝えきれない何かがあるような気がします。
それと、文章からその写真家さんの感性に触れることによって、写真という作品に対しての鑑賞側の想いも強くなるのではないかと、読んでいて感じました。
そんな執筆されるお時間を、吉村さんに差し上げたい私です。帰国後、しばらくは時間に追われる生活になられるのではないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずは蚊の退治:

« 素朴な村 | トップページ | ヨーグルトの自動販売機 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30