« 写真展 | トップページ | 自国の食文化 »

2011年6月16日 (木)

とにかく暑い

_mg_9103今日もひたすら村巡りです。
四国の札所は88箇所。イタリアの美しい村は、その倍以上の200箇所です。どの村も、3時間〜1日は滞在し、重い機材を担いで写真を撮らなければいけないので、やはりこのプロジェクトはかなりハードです。根気がないとやっていけない。
今の段階では全く終わりが見えないので、終わりのことを考えるのをやめています。ただひたすら行動するのみ。何でもそうですが、根気よくコツコツやっていけば、やがて終わるでしょう。
_mg_9215毎日2時頃になると、動きたくない、撮影したくない病に掛かります。原因はこの暑さ。33度、炎天下での村歩きと撮影は、本当にしんどいです。毎日ペットボトルの水を2リットルはがぶ飲み。出発前に買った靴も、だんだんと靴底がすり切れてきました。
実は今日、寝不足でした。実は昨日の夕食後、エスプレッソを飲んでしまったのです。エスプレッソがだんだん好きになってきました。ご存じのように、エスプレッソは極小カップに、ほんの少ししか入っていません。スタバのサービースコーヒーより少ない。このくらいなら大丈夫だろうと思ったら、やはり夜、眠ることができなかった。やはりエスプレッソは強いですね。

« 写真展 | トップページ | 自国の食文化 »

コメント

吉村サン、アジサイと一緒の黄色、紫、緑の寄せ植えが綺麗ですね。
花の絵の手書き風花瓶?も、とってもカワイイ。
しかし、雲ひとつ無い青空…光が強すぎて、暑そうですね。
エスプレッソ、今度飲んでみますね。

吉村サン、「200ヶ所以上の村を撮影し続けるのに、ゴールを見ず、コツコツと前に進むだけ。」と言い切りましたが、先日読んだ本にも同じ事が書いていました。
フランスとイタリアは どちらが 大変ですか?
フランスも夏に撮影し続けていましたか。
そういった経験は、イタリアの撮影で生かされ、自信になってくるのでしょうね。
お疲れ様です。

 石の道路は足腰に負担がかかると思います。石畳はネンザしやすいし、滑るし、今まで怪我が無くて何よりでした。

 強い日差しが見えますが、湿度はどうなのでしょう。

 午後2時は昼食休みの時間帯ですよね。大企業は世界に合わせて働くようになったとか
“撮影したくない病”はこんな雰囲気からも発症するのでは?
日本人働き過ぎでしょう。

あっ、まだ16日なのですね。いやぁ~、コメント入れるだけでも、ちょっとしんどい!いえいえ、誰に頼まれて書いているわけでもないので…でも、なんでだか、書いているのが楽しいんです、私!どんな感情なんだか、自分の中でも分析しきれていません。吉村さんには、わかりますか?この心理!!
吉村さんがコツコツと頑張っていれば、というのなら、私もコツコツと書きます。そうすれば、私の願いも、かなう時が、いずれ来るかもしれませんものね!
やはり、イタリアの取材はシンドそうですね。四国の巡礼はご利益があるのですから、イタリアの村巡りも、きっと、なにかご利益があるに違いありません!そう、信じましょう!…(^_^;)
イタリアでも紫陽花が咲いているのですね。吉村さんが旅の間、私も紫陽花を、これでもか~!ってほど撮っていました。結局、納得できるものは、撮れませんでしたが。でも、このイタリアの紫陽花、日本の紫陽花とは雰囲気が違いますね。
そのうち、吉村さん、エスプレッソマシンが欲しい!って言い出すような気がします、私。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とにかく暑い:

« 写真展 | トップページ | 自国の食文化 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31