« 3つの村を取材 | トップページ | 美味しいパスタ »

2011年6月12日 (日)

クラシックカーと絵画

_mg_7670イタリアの場合、登録は「村と町」になります。
この町には大きな広場がありました。集会でも出来そうだなと思いながら巡っていると、次々とクラシックカーが集まってきます。ファンの集いでしょう。みんな楽しそうでした。
高速を使って南へ東へ。
_mg_7811夕方、別の村に到着します。ここは凄い。建物の壁面に、色々な画家が描いた絵が飾られていました。一時的ではなく、永遠の展示です。村人たちの共通の意識なないと、このような村は誕生しませんね。僕だったら、こんな絵は絶対ヤダ、ウチは他の画家にして、と駄々をこねるかも。
城もよかったです。イタリアの村巡りをはじめて、3度目の感動でした。
50キロ先にある別の村を撮影しようと思いましたが、疲れ、気力が失せていたので、インター近くのホテルに入ります。高そうでしたが、値段を聞かずにチェックインしました。もういくらでもいいや、って感じです。
日曜のため、ホテルのレストランはクローズ、近くの町にマックがあったので入りました。イタリアではじめてのマックです(笑)

« 3つの村を取材 | トップページ | 美味しいパスタ »

コメント

吉村サン、そろそろ疲れてきているのではありませんか。
そんな中、クラシックカーが たくさんあり、吉村サンの目は、キラキラしていたのでは(^^)v
好きなモノにめぐり合うと、楽しくなりますね。

 普通のマック看板だったのかな?
イタリア使用のマックの看板だったらいいなと思いました。

 小サイズの車が多いですね。道路事情でしょうか。クラッシクカーは親近感がわきます。

午後のひととき、窓から入る緑のさわさわとした心地よい風、FMから流れる音楽、鳥の声、遠くからわずかに聞こえる電車の音、そして、吉村さんのブログ♪最高な午後を過ごしている私です。
このクラッシクカーや絵画、イタリアのポップなおしゃれ感は、こんな町や村にもあるのですね。家を建てる時は、どんな絵画がいいのか、そうとう悩むでしょうね。吉村さんは、どんな絵画のお家に住みたいですか?私は、やはり自然を題材にしたものが、いいかなぁ~!こんな村で生まれ育った子供たちからは、素晴らしい芸術家が育つかもしれませんね!


吉村和敏様


イタリアにきて
3回目の感動的な村に出会えて 良かったです。
美しい村
写真の被写体になる 絵画の村
伝統を守って受け継いでいるってすごいですね。
夕方から もう50K先の村って
充分 ハードですね。
でも 疲れたからって 高いホテルお泊まりのご様子で安心しました。
ホテルはB&Bですか?
イタリアのマックの味万国共通ですか?

旅のつづきが
どんどん読めて楽しいです。
お疲れ様です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラシックカーと絵画:

« 3つの村を取材 | トップページ | 美味しいパスタ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31