« カナダの思い出 | トップページ | メガネ »

2011年8月18日 (木)

ある街へ

ちょっとした撮影があり、今、東京から150キロほど離れた場所にいます。
今日は11時頃に東京を出発しました。ナビに表示される渋滞マップを参考にしながら下道を走り、渋滞していない場所を選んでインターから首都高に乗ります。いつもより30分も早く都心を脱出することに成功し、「今日は凄いかも……」と悦に入っていたら、ある場所で事故渋滞に巻き込まれました。ここで完全に車の流れはストップ。レッカー車が事故車を移動してからようやくノロノロ運転になりましたが、結局東京を抜け出すだけで2時間半も掛かってしまいました。
他の場所でも、今日はたくさんの事故を目撃しました。こうも暑いと、たとえエアコンを効かせた車内でも、頭がボ〜っとし、睡魔が襲ってくる。咄嗟の判断力が鈍ってくるからでしょう。
郊外に着き、車からおりる瞬間が好きです。こちらも気温は30度以上ですが、東京とは違う大気の軽さがあるから。これは海外に着き、飛行機を出た時にも感じます。
東京は仕事をするには最高の場所ですが、住むには厳しい場所だよなあ〜と、郊外に来る度に感じます。

|

« カナダの思い出 | トップページ | メガネ »

コメント

おはようございます。
昨日の土砂降りは凄かった・・。
気温もクールダウンして、昨夜はよく眠れました。
私も飛行機からおりた瞬間のその土地の空気を感じるのが好きです。
特に北海道は、大気が軽く感じます。
そうそう、千歳空港がリニューアルされて、おもしろくなったみたいですよ!!

投稿: ライラック | 2011年8月20日 (土) 07時07分

今、スイカを食べてきました(^^)v今年は、桃やスイカが、とてもみずみずしく美味しく感じる私です。
私、東京は嫌いではありません。帰って来たな!ってホッとする場所です。でも、確かに長期には居たくありません。
ずっと東京に住んでいる人にとって、この東京の空気は日常で普通なのですから意識する事は少ないのでしょうが、吉村さんのようにいろいろな空気に触れる人の方が、その違いには敏感なのでしょう。私も東京に住んでいた頃は、旅行先が別世界で特別な所という意識でした。だからまた東京で生活を始めれば、その空気感にも、すぐに慣れてしまうのかもしれません。
でも、今は、ここの生活が楽チンな私です。正直、心の中では、帰りたい!って気持ちが、ないわけではありません。ちょうど生活した時間が、半々の私です。だから、どっち付かずの人間なのでしょうね。
近年は、夏の暑さが、東京の1番厳しい状況のような気がします。
でも、150km離れた場所って、どちらなのでしょう?(*^^*)

投稿: 花水木 | 2011年8月19日 (金) 23時42分

吉村サン、東京を抜け出すまで2時間半…の状況大変でしたね。
たくさんの道路があり、スッと脱出できそうですが、それ以上に車の台数が多いのでしょうね。
事故渋滞は時間が読めず、いつまでこの状態が続くのかな…とため息がでます。
現場を通りすぎる時は、人ごとではないので、注意しなくては…と気を引き締めます。
運転に、無理は禁物ですね。

ところで、焦って運転している時より、心にゆとりを持って時間を気にしない運転の方が、早く到着するような気がします。
その感覚、不思議です。

大気の軽さですか。まだ、その感覚の実感がわかりません。どんな感じでしょう。


投稿: サラ | 2011年8月19日 (金) 23時23分

そうですね。東京は住むための設計ではない様に思います。

 その東京、今日は大雨です。今は、東京にいらっしゃいますか?
視界は200~300メートルくらいかな?
その先は薄ねずみ色の世界です。
久しぶりの雨と言うこともあって、今日はワクワクです。
 こんな日にすることは、バルコニーの丸洗いです。階下を気にせず、ジェット水流で壁も天井も。

 そのバルコニーで先日、大きな蜂が、立てかけてあったブラインドの陰に、巣を作りかけているのを発見しました。前日大きな蜂が飛んでいるのを見ましたが、その時は気にもしませんでした。でも、翌日もう一度その蜂を見たときに、『きっと巣を作っているに違いない!』と思って、その蜂がどこかに飛んでいったのを確かめてから、ブラインドをはずしてみました。すると泥が撥ねかかったような跡が何箇所もあって、一つだけ7~8センチの泥の塊のような巣がありました。それを発見した時に、蜂が戻ってきました。あわてて部屋に入り、フマキラーをまいて、蜂を遠ざけておいてから、蚊取り線香をつけて、夫が起きるのを待ち、壊してもらいました。大きな幼虫が一つ入っていました。私は大事に至らないうちにそれを発見できたので『小さな頃田舎で育ったので、二度蜂の姿を見ただけで勘が働いたの』と、得意になりました。それにしても、マンションのバルコニーに蜂の巣なんて・・・、怖いですね。これから時々点検することにします。

投稿: masa | 2011年8月19日 (金) 10時41分

おはようございます♪
東京は、滝のような雨が降りだしました。
霧の乙女号でもここまでは濡れないと思いますよ

東京から郊外に出ると、本当に気持ちが解放され
のびのびしますね~(*^^*)
緑も多い丘陵地帯とか車で走ると、ルンルンしちゃいます。
以前、郊外に住んでいた時は良くウォーキング
してました。でも東京の便利さも魅力的♪
お仕事とプライベートで住み分けできたらいいのに…なんて思います(^o^)

投稿: きらら | 2011年8月19日 (金) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119661/52511651

この記事へのトラックバック一覧です: ある街へ:

« カナダの思い出 | トップページ | メガネ »