« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

ペンション銀の森

ペンション銀の森のオーナー夫妻と都心でランチ。
銀の森には、僕のオリジナルプリントが常に展示されています。作品は時々入れ替わっており、今回、「PASTORAL」の表紙になったプリンスエドワード島の朝焼けの作品が加わりました。
ペンション銀の森、是非訪れてみてください。

一つお知らせです。
昨年、新しいホームページを立ち上げ、同時に、海外在住の人が気軽に写真集を買うことができるショッピングサイトも開設しました。
実はこのサイト、あまり動きがなく、毎月のシステム使用料が負担になりはじめてきたので、思い切ってクローズすることに。かなり投資して作ったのですが、こればかりは仕方ありません。
もちろんホームページの方は継続します。

| | コメント (3)

2012年2月28日 (火)

バッテリーの充電

日本カメラ編集部へ。月例フォトコンテストの審査を行います。今回もかなり頭を使いました。
「フォトコンテストって、審査員の先生はちゃんとすべての写真を見ているんですか?」とよく質問されます。もちろん、1点1点、丁寧に見ています。数千点の応募があっても、すべてに目を通しています。
ただし審査の時、応募者の名前は見ません。ベテランも初心者も平等になるように、作品の力強さだけで選んでいます。
夕方、入賞者が決まりました。どれも素晴らしい作品です。

その後、ヨドバシカメラへ。
昨日故障したあるモノを修理に出した後、1階の電池売り場に行き、ケンコーのマルチバッテリー充電器「エネルグ」を買いました。
早速仕事場で使ってみましたが、なるほど、確かにこれはいい。どんなバッテリーでも、これ一台で充電出来ます。
iPhone用の外付けバッテリーBP-4Lも、難なく充電できました。
_dsf0589


| | コメント (3)

2012年2月27日 (月)

東京に戻る

東京に戻りました。
中央道も首都高も渋滞なし。東京と松本が随分と近くなった感じがしました。
近頃、色々なモノが立て続けに壊れます。写真関係では、ある2つの機材が故障しました。今家では、ある3つの家電のご機嫌がナナメです。そして今日、車に取り付けてあるあるモノが壊れました。明日、ヨドバシカメラの修理センターに持って行きます。
車ですが、今年の春に2回目の車検がやって来ます。タイヤとブレーキ交換、そして思い切ってナビも交換するつもりでいます。
このナビは前の車から移植したもので、すでに8年以上使っています。たまにGPSを受信しない時があり、何より地図データが古いです。
ナビは随分と価格が下がりましたね。一体型でも10万以下で買えます。一体型にするか、ポータブルナビにするか、悩みます。いずれにしても、音楽が入っているiPhoneやiPod touchとの連携を強化させるつもり。

| | コメント (2)

2012年2月26日 (日)

松本市中央図書館でトークショー

パラパラと雪が舞う中、松本市中央図書館へ。
開智学校のすぐ側にある巨大な図書館です。蔵書は50万冊以上。期末テストシーズンだからでしょう、たくさんの学生が勉強していました。
3階の講演会場へ。じっくり時間を掛けてパソコンとプロジェクターの調整を行います。
MacBookAir、プロジェクターにより、スクリーンに映し出される画面が暗くなってしまう、という現象が起きるのです。OS10.7.3になっても改善されません。
今日のプロジェクターとの相性も悪く、急遽、黒いMacBookに切り替えました。こちらの方は、どんなプロジェクターとも相性ばっちりです。よって、講演会の時はパソコン2台は必要です。
13時、会場にお客さんが入り始めます。予約は80人。
13時35分からトークショーがスタート。会場の音響設備が素晴らしいので、とても喋りやすかったです。
今日は写真を詰め込みすぎてしまった感じ。後半は駆け足となり、予定より20分もオーバーしてしまいました。少し反省。

夜は、村井駅側にある珈琲哲学へ。住宅街の中に突然現れた立派な建物にまず驚きます。この喫茶店、知らなかったなあ〜。早速iPhoneで調べてみます。
そう、地方には、このようなコーヒーが美味しい、落ち着ける大きな喫茶店が次々と誕生しているのです。逆に東京では喫茶店が減少し、低価格のコーヒーチェーン店ばかりになっています。よって、都内で落ち着ける場所を見つけるのはとても大変なこと。
高校の同級生と合流し、田川高校30周年記念式典に関するちょっとした打ち合わせを行います。第一期生として入学した田川高校。あれから30年の月日が流れました。

| | コメント (7)

2012年2月25日 (土)

松本へ

今日のうちに松本入りしなければなりません。なぜなら明日は東京マラソン。大渋滞が予想されるからです。
11時に家を出ます。渋滞情報をチェック。首都高は渋滞していたので、一般道を走って新宿へ。そこで首都高に乗り、中央道へと向かいました。山梨からガラガラ、思っていた以上に早く松本に入ることができます。
朝日村の朝日美術館へ。今日も雪。美術館はこれで3回目ですが、来る度に雪が降ります(笑)
今日は広角レンズ付きの一眼デジカメを持ってきたので、会場内の記録写真を撮りました。写真展の度に30枚くらい撮影しているのです。
クリックすると拡大します。
Imgp2306
Imgp2308


| | コメント (5)

2012年2月24日 (金)

自転車

昨年末から旅が続いているので、東京にいる日は貴重です。今日は朝から仕事場にこもり、次々とやるべき仕事を片付けていきました。
2時45分、大急ぎで駅前の銀行へ。10枚以上溜まった請求書の処理を行います。よく使う通販文具の会社とか、なかなか口座引き落としのサービスがはじまらないのです。毎回、面倒で面倒で。
すべて支払ってしまうと、気分的にすっきりしました。
帰り道、ときめく自転車を発見。早速iPhoneで調べてみたら、ブリヂストンのジョシスワゴンでした。後ろのカゴに小さなカメラバッグが積めそうです。よし、次はこれを買おう! と思いました。でもこれ、女性専用?
明日から長野です。

| | コメント (6)

2012年2月23日 (木)

東京に戻る

朝食後、チェックアウト。とてもいいホテルでした。次に来たときもこのホテルを使います。
日本のビジネスホテルは一泊6000〜7500円平均です。4000円台のホテルもあるにはありますが、自動チェックイン機とか、部屋の中が薄暗いとか、ああ、頑張って切り詰めているんだなあ〜という感じです。
しかし近年、4000〜5000円台で高級ホテル並のサービスや設備があるホテルが、地方を中心に、誕生しています。今回のホテルがまさにそう。どうやって利益を生み出しているのか不思議で仕方ないのですが、僕らのような旅行者には嬉しい限りです。
ちなみに、このホテルです。客室はこんな感じ

さて、今日は東京に戻る日です。ここから松本の講演会場へ直接行くことも可能ですが、明日は東京でやることが山積みなんです。
Img_0202激しい雪。駐車場に停めた車は雪で覆われていました。
ブラシで雪を払いのけた後、エンジンをスタート。街中を抜け、東北道に乗ります。
やはり東北道はかなりの交通量でした。走行車線、追い越し車線は、トラックと自家用車が連なっています。スリップ事故が数件あり、所々渋滞もしていました。
まずは仙台のサービスエリアでトイレ休憩。那須のサービスエリアでランチ。喜多方味噌ラーメンを食べます。超美味しい!
そう、僕はこのような太麺&縮れ麺が好きなのです。だから札幌ラーメンが大好物。
家の近くにいくつものラーメン屋さんがありますが、どこもいまいちで、いつも「う〜ん、もっとどうにかならないのかな……」とブツブツ言いながら箸を動かしています。昨年、駅の側に、テレビで何度も紹介されている有名店が出来ました。早速食べてみましたが、「う〜ん、どうしてこの味が世間で騒がれるんだろう……」という感じ。
夕方、東京着。たった500キロの移動でしたが、8時間も掛かってしまいました。

| | コメント (8)

2012年2月22日 (水)

岩手の雪景色

雪景色を撮りにきたのに、雪があるため、なかなか思い通りに写真を撮ることが出来ないという、面白い現象が起きています。理由は、どこにも高い雪の壁があるから。車を停める場所が見つからないし、仮にいい被写体を発見しても、雪の壁がじゃましてフレーミングが出来ないのです。
やはり雪国の撮影は、難しいですね。
今日は角館から撮影をスタートさせました。このような有名な観光地からは被写体は見つからないものですが、それでもSense of Japanの時は、「看板」と「除雪車」の2枚のベストショットを生み出すことに成功しています。
今日は駅の側である被写体と出会います。ワンカット撮りましたが、う〜ん、手応えはなかったかな。
午後、国道46号線を走って岩手県へ。山を越えると雪の量は1/3になりました。
3時間ほど雫石周辺を巡りましたが、なかなか撮りたいと思う被写体と出会うことが出来ません。それでも夕方、小岩井で2カット撮影し、粘りに粘り、雫石の郊外で1カット撮影しました。どちらも手応えは30%くらい。
さて、今日のホテル。
盛岡、花巻、北上にあるいつものビジネスホテル(ルートイン、東横イン、アパホテルなど)に電話してみると、どこもシングルルームは満室。
再びiPhoneの地図でホテルを検索。北上市で9軒ヒット。今までの経験から「これだ」という一つに絞り、電話で予約。で、高速を使って行ってみると……
今日のホテルは大正解でした!100点満点。 こんなにも素晴らしいホテルを一泊4000円台で提供してしまっていいの、と思わず心配になったほど。次回も絶対にこのホテルを使う。
それにしても、日本のビジネスホテルって、凄いですね。日本には世界一がたくさんありますが、ビジネスホテルも間違いなく世界一だと思います。

| | コメント (9)

2012年2月21日 (火)

秋田の雪景色

秋田に入りましたが、海沿いには全く雪がありませんでした。やはり海の近くは雪が積もらないのでしょう。そういえば、積雪1〜2メートルの海水浴場って、聞いたことがありません。
由利本荘で進路変更し、東へ向かいます。山が近づいてくると雪が現れ、やがて2〜3メートルの雪の壁になりました。今年はものすごい雪の量ですね。
ある村の公民館の前に車を停め、1時間ほど歩いて被写体探しを行います。2カット撮影。でも手応えは30%。
湯沢へ向かう途中の村で1カット、横手の手前で1カット撮影しました。どちらも手応えは25%。
その後も精力的に各地を巡りましたが、残念ながら撮りたいと思う被写体を発見することは出来ませんでした。今日の取材成果はいまいち。
さて、ホテル。
湯沢のビジネスホテルはどこも満室。横手によく利用するビジネスホテルチェーンあり、電話してみたら、シングルの禁煙ルームは満室、喫煙のみでした。喫煙ルームって、どうせ売れ残るのだから、全ホテル、思い切って廃止にしてしまえばいいのにな、といつも思います。アメリカやカナダは次々とそのようなホテルが増えています。もちろんロビーには、喫煙ボックスがあります。
ここでホテル選びのコツを教えます。例えばAというチェーンホテルが街中と高速のインターの側に1軒ずつあるとします。その場合、インター側のホテルの方がお勧めです。築年数が浅い、宿泊料金が安い、そして駐車場が無料のケースが多いから。だから僕はいつも、インター側のホテルからコンタクトはじめていきます。
iPhoneでの検索範囲を大曲まで広げ、あるビジネスホテルにコンタクト。シングル禁煙ルームを押さえました。
高速を使って移動。PM6時、ホテルにチェックイン。
近くには居酒屋しかなかったので、ホテル内にあるレストランで夕食。スープカレーを食べました。
疲れていたので、20時に撃沈。

| | コメント (7)

2012年2月20日 (月)

山形の雪景色

まずは、Sense of Japanの撮影の時に訪れたことがある漁村に行ってみました。30分ほど海沿いを歩きましたが、雪が少ないため、なかなか撮りたいと思う被写体と出会うことが出来ません。
鶴岡の町を横断し、山へ向かいます。最上川沿いの小さな村である光景を見つけ2カット撮影。でも、まったく手応えなし。
その後も各地を精力的に巡りましたが、これだ!と思う被写体とは出会うことが出来ませんでした。
仕切り直しをしようと、セブンイレブンでランチ。朝からいい写真が撮れないので、食欲がありません。それでも無理して、カレーまんとベルギーチョコまんを食べました。
2時頃、ある村である被写体と出会います。カメラを構え、慎重に構図を決め、シャッターを押します。よし、これは決まった! ようやく手応えある1枚をゲットできました。撮影場所を地図にマーク。
新庄市まで行ってみましたが、町中には今求めている被写体はないなと判断し、すぐにUターン。
帰り道、ある場所である風景を見つけます。しかし道沿いには高い雪の壁があるので、車を停めることが出来ません。
近くの村まで行き、歩いていたおじさんに、「山の写真を撮りたいのですが、どこか車を停める場所がありますか?」と質問すると、「この村にはないな。もしよかったウチの駐車場を使え」と、家の前に車を停めさせてくれました。感謝、感謝です。
10分掛けてポイントまで歩き、写真を撮りましたが、う〜ん、手応えはなし。車を運転している時に見る風景と、実際その場所に立った時に見る風景とは、やはり何かが異なるのです。
Img_0201夕方、鶴岡の郊外へ。鳥海山が美しく輝いています。背後に山を入れる感じで何か撮れないかなと、田舎道をグルグル回ってみましたが、結局何も見つからず、シャッターを押すことが出来ませんでした。
今日の成果は5枚。うち手応えありは1枚。まあ、初日はこんなもんです。

| | コメント (7)

2012年2月19日 (日)

長野→新潟→山形へ

AM8時、松本を出発。
松本インターから長野道に乗り、北上して行きます。
上信越道を走って新潟県へ。サービスエリアでランチタイム。
北陸道、日本海東北道を走り、山形県へ。
まだ十分な体力と時間があり、秋田まで行けそうな感じでしたが、無理せず、鶴岡で打ち止めにしました。
PM4時、iPhoneで見つけたビジネスホテルにチェックイン。一泊5500円。
さてさて、今日はデスクワークです。停滞している原稿を書かないと……。
部屋に入り、パソコンを立ち上げ、さて書こうかとキーボードを叩き始めたら、超A級の睡魔に襲われ、ベッドに倒れ込みます。30分ほど夕寝をしてしまいました。
夜はひたすらデスクワーク。原稿を書いたり、東京から持ってきた資料本を読んだりして過ごします。

朝日美術館の学芸員さんからメールが入りました。今日も50人以上の入場者があったようです。週末だけで100人越え! これは美術館としてはすごい数字だとか。美術館のスタッフ、そしてマスコミの皆さんのお陰です。ありがとうござました!

| | コメント (6)

2012年2月18日 (土)

写真展スタート

Img_0198写真展初日です。
記念イベントの一つである高校生を対象とした写真教室。参加予定者は4名でしたが、残念ながら当日になってキャンセル……。結局、参加者ゼロで開催することに。やはりこのような企画は無理がありましたね。(本音を言うと、最低40名は集まると思っていた...)
全校への告知はしっかりとやったし、各マスコミでもさかんに取り上げられました。でも人が集まらない……。
美術館が遠い場所にある、期末テストが近い、別の用事があったなど、いくつかの理由が考えられます。
この写真教室を見学したいという一般の人が30名ほど集まりました。そこで急遽、パストラルをテーマにしたトークショーに切り替えます。世界の美しい風景写真をお見せしながら、写真の魅力を語りました。
高校生たちの作品4枚は、事前にメールで届いていました。講演の途中、その作品をスクリーンに映し出し、講評を行います。本人たちがいなくて残念。。。

_dsf0580写真展の方は、初日ということもあり、50名以上の入場者がありました。
写真展は3月25日まで続きます。
←2階には、珍しい縄文土器や昔の農機具などが展示されていますので、是非こちらもご覧下さい。
なお、会場内はかなり冷え込んでいますので、必ず防寒具着用でお願いします。
_dsf0583_dsf0582

_dsf0587_dsf0586

| | コメント (13)

2012年2月17日 (金)

長野県へ

朝4時に起き、5時に家を出て、高速に乗ります。
この時間も首都高はかなりの交通量でした。さすがに渋滞はしていませんでしたが。
昨日は2時間しか眠れませんでした。そのせいか、関越道を走っている時、超A級の睡魔に襲われます。大声で歌を歌いながら近くのサービスエリアへ。駐車場に車を滑り込ませ、シートを倒し、1時間ほど爆睡しました。運転席で眠ると、いつも交通事故の怖い夢を見ます。
スタバのコーヒーを飲んで頭をすっきりさせた後、関越道に復帰。上信越道を走り、一気に長野市へ。
ある場所である打ち合わせ。その後、国道沿いのサービスエリアで釜飯ランチ。う〜ん、冷めた釜飯はいまいちですね。やっぱり釜飯はアツアツ出来立てに限ります。
高速を南下し、塩尻へ。雪の中、朝日村の朝日美術館へ。
学芸員さんとお会いし、明日からはじまる写真展の打ち合わせ。講演用の会場とプロジェクターをチェック。
Shinshuのパネル60点は、美しく展示されていました。世界の風景をテーマにしたPASTORALの作品は、23点です。
写真展、是非お立ち寄りください! 展示ルームはかなり寒いので、必ず防寒具着用でお願いします。
クタクタに疲れているので、今日はこれで寝ます。

| | コメント (7)

2012年2月16日 (木)

駅を間違える

明日からの出張を前に、とても忙しくしています。今日も色々なことがありました。
そうそう、久しぶりに駅を間違えるという失敗をしでかしました。理由は時間に追われていたから。
中野坂上に行きたかったのですが、総武線に乗り、中野へ行ってしまいました。どちらも同じ場所にある駅、と勘違いしていたのです。
大急ぎでJRで荻窪まで行き、そこで丸の内線に乗り換えて中野坂上へ。10分遅刻しました。
仕事場に戻る途中、山手線の中で爆睡してしまいます。手にしたiPhoneがツルンと滑りましたが、落とす寸前で目が覚め、キャッチできました。

| | コメント (4)

2012年2月15日 (水)

今日は外回り

近頃、仕事場で作業する時間を多く取るように心掛けています。これといった仕事がない日は、ハードディスクに入っている写真を片っ端から見るようにしている。そう、デジタルになってから、あまりに自分の生み出した作品を知らなすぎるのです。これではいい作品集が生み出せません。
今日は外回り。朝の満員電車に乗って都心へ向かいました。
ある打ち合わせで、AさんBさんと、「Shinshu」写真展の次の会場のことを話合いました。長野県のある町で、正式に決まりそうです。とても雰囲気のいいギャラリーですが、こぢんまりとしているので、60点中、40点くらいの展示になりそうです。もちろんトークショーを行います。
明日は、これとはまた別で動いている写真展の打ち合わせで、CさんDさんとお会いします。またメールでは、EさんFさんと、また別の写真展の打ち合わせを繰り返しています。
写真展の詳細は3月にはまとめて発表できると思いますので、もうしばらくお待ちください。

帰りの電車の中で、珍しくワンセグでテレビを観ました。普段テレビはあまり観ませんが、国内取材中、ホテルの部屋でテレビをONにすることもあります。
今はやっていませんが、NHKの「タイムスクープハンター」はなかなか面白い番組だと思いました。今日、ふと思い出した。

| | コメント (6)

2012年2月14日 (火)

取り急ぎ、ご報告

朝日村の朝日美術館から、「Shinshu」の展示が終わったとの報告が入りました。
奥にあるメインの展示室にはShinshuのパネル全点、手前の小さな展示室にはPASTORALの大パネル数点が展示されているようです。詳しくは、週末にこのブログでお伝えいたします。
今回、販売する写真集は、「Shinshu」がメインで、あと数冊、「光ふる郷」「林檎の里の物語」「PASTORAL」を置きます。
「カレンダー」は、結局、定価で販売することに決めました。通常カレンダーは、年が変わってしまうと販売出来ないし、仮に販売するとしたら30%オフ、50%オフにするのが普通です。でも僕にとってこのカレンダーは作品集と同じ捕らえ方なので、今後も定価販売でいきます。

2月18日(土)の高校生を対象としたイベントですが、まだ集客がはっきりしないので、当日の内容は未定です。集まりが悪いようなら、急遽、PASTORALもしくはMAGIC HOURをテーマにした講演会に切り替えます。どなたでも参加可能です。
2月26日(日)の松本市中央図書館で行う「Shinshu」の講演会は、予定通りです。終了後、写真集「Shinshu」の販売とサイン会を行います。

松本市中央図書館と朝日美術館はかなり離れており、交通の便がよくないです。自家用車がベストでしょう。
朝日美術館は、塩尻駅、松本空港からタクシーで行くことができますが、料金は5000円以上いってしまうかもしれません。確認しておきます。

| | コメント (7)

2012年2月13日 (月)

お勧めのiPhone用バッテリーケース

相変わらずiPhone人気は凄いですね。今日の打ち合わせでは4人いましたが、みんなiPhone4Sでした。
「吉村さんの黄緑色のiPhoneケース、いいですね〜」とよく言われます。はい、時間を掛け、拘りを持って選んでいますので。詳しくは11月23日のブログをご覧下さい。
今日、その中の一人から、「吉村さんは、バッテリー付きのケースは使わないのですか?」と質問されました。
はい、もちろん使っています。ただiPhoneは、スマートフォンの中でもとびきりバッテリーの持ちがいい方なので、東京にいる時はあまり必要性を感じません。使うのは取材に出た時ですね。

さてそのiPhone4Sのバッテリーケースですが、今までたくさん買って試しました。
まず、量販店で売っている、3000〜4000円台で買える製品はダメです。その理由はブログでは書けないのですが、すぐにお蔵入りとなりました。
_dsf0552僕がオススメするバッテリー付きのケースは、ズバリこの二つです。
まずはフォーカルポイントのJuice Pack Air。僕は1500mAhを選びましたが、2000mAhもあります。(かなり重くなりますが)
このケース、デザインと品質はばっちりですが、一つ残念なのは作りが甘いこと。ケースの上と下のつなぎ目部分の微かな空きとズレが、僕はどーしても気になるのです。Appleファンは、常に究極の美しさを求めていますので。

で、最もオススメするバッテリーケースは、iBattzのケースです。Amazonで買えます。
このケース、iPhoneにぴったり合うように作ってあり、バンパーの厚さ、ボタンまわりのデザインもうまい。バンパーが2種類入っている点もgoodです。(僕はシルバー&赤を選びましたが、黒のセットもあります)
バンパーの下部にあるスピーカー穴が、ストラップホールとして使えます。そして何と、バッテリーが、取り外し可能なBP-4Lなんです! BP-4Lは秋葉原に行けばいくらでも手に入る。日本で買うと高いのですが、アメリカに行けば1個5ドル以下で売っています。あと、バッテリーケースをつけた状態でも、iPhoneがそれほど重く感じません。
今のところ、このiBattzのバッテリーケースが、僕の一番のお気に入りですね。
ちなみに、BP-4L(1500mAh)一個で、iPhoneを65%まで充電できます)
_dsf0554

| | コメント (3)

2012年2月12日 (日)

トーク、2日目

12時、CP+の会場へ。今日もたくさんの人でしたが、昨日よりは少なかったような気がします。
そう、どんなイベントでも、日曜より土曜の方が人は入るのです。僕の写真展もそう。土曜日は、人の流れは平均しています。でも日曜日は、午前中はポツポツで、13時を過ぎると徐々に人が入りはじめ、3時頃にピークをむかえる。そして17時、18時になると、再びポツポツになります。たまに閑古鳥が鳴くことも。だから写真展は、日曜日の午前か夕方が穴場です。
P2113985
13時10分からペンタックスブースでトークを行いました。14時ぴったりに終了。今日も写真集にサインを書きました。わざわざ重い本を持ってきてくださり、ありがとうございました。
_dsf0556_2小さなミニチュアカメラもたくさんいただきました。
ある方から、「先日お願いしたプリントはまだですか?」という質問を受けました。注文分はすべて制作に入っているで、おかしいな、と思い尋ねると、Facebookの〈メッセージ〉で注文したとのこと。
申し訳ありません。フェイスブックのメッセージは、あまり読んでいないのです。Blog、Twitter、Facebookと表現の幅を広げていくと、どうしてもすれ違いが生じてしまいます。Facebookは今後どうしようか、今真剣に悩んでいます。
いずれにしても、プリントや写真集に関するお問い合わせは、info-kaz@kaz-yoshimura.comの方に直接メールでお問い合わせください。こちらは目黒区の事務所のiMacにもメールが入るので、受け取り次第、お返事いたします。
12月末までにご注文をいただいていたオリジナルプリントは、先月プリントが終わり、今、額屋さんで制作を行っています。あと少しでお送り出来ますので、もうしばらくお待ちください。

終了後、Aさんとお茶した後、他のブースを見ることなく、電車に乗って東京に戻りました。
自宅に戻る前、ヨドバシカメラに立ち寄り、金曜日発売になった東芝のブックリーダー「BookPlace」をチェックします。出版業界にいる人間として、このような製品は一応チェックしておかないと。
なるほど。感想はいつか書きます。

| | コメント (8)

2012年2月11日 (土)

CP+でトーク

CP+の会場へ。
やはり凄い人でした。入場者は去年の1.5倍だそうです。
2時からペンタックスブースで、「645Dで写す吉村和敏のヨーロッパ」というテーマで講演を行いました。
このようなオープンスペースの場でのトークは、自分が喋る声が聞き取りにくくなるので、とてもとても難しいです。壇上が明るいので、写真も綺麗に描写できないし。
いずれにしても、常に人の流れがある会場にも関わらず、45分という長い時間、僕の話にずっと聞き耳を立てていてくれた皆さん、ありがとうございました。
あと、大きなバッグに写真集をたくさん詰め、会場まで持ってきてくれた方がいました。涙が出るほど嬉しかったです。感謝、感謝です。はい、何冊でもサインを書きますので、いつでも声を掛けてください。
明日のトークは13時からです。

| | コメント (4)

2012年2月10日 (金)

ちょっとしたエピソード

今日もひたすら講演の準備です。毎回大変で大変で。
ふと時計を見たらPM2時。今日のランチは自転車で5分のところにあるお弁当屋さんのノリ弁にしました。箸を動かしながら、ノリ弁って昔と変わっていないなあ〜と、ジ〜ンとくるものがありました。
高校時代、近くのお弁当屋さんで毎日2時間、アルバイトをしました。ノリ弁は必ず出たので、トータル1000個くらいは作ったと思う。
そのお弁当屋さん、僕が高校に入学した年にタイミングよく開店したのです。開店準備の時にアルバイトの申し出をしたら、すぐに採用となりました。
で、約3年間みっちり働いたのですが、3年目の冬、何故か突然お店をクローズしてしまったのです。正月が過ぎてもちっともシャッターが開かない。そしてある日工事業者が入り、別のお店に変わりました。きっと景気が悪かったのでしょう。
まあそれはそれで仕方ないことですが、問題は12月後期のアルバイト代です。5000円くらい、未払いでした。
その後、僕は高校を卒業し、東京で就職し、カナダに行き、そしてまた東京で暮らし、写真家になりました。5000円のことなどすぐに忘れてしまったのですが、10年後くらいかな、何とお弁当屋さんのオーナーが突然実家を訪ねてきたのです。そして、あの時は突然お店をクローズして本当に申し訳なかった、という謝罪の言葉とともに、未払いだった僕のアルバイト代を両親に預けてくれました。オーナーは、ずっとずっと気になっていたのだとか。
実家からの電話でそのことを知った時、思わずジ〜ンときてしまいました。
お弁当屋さんにまつわる、ちょっとしたエピソードです。

| | コメント (11)

2012年2月 9日 (木)

情報の整理

CP+、今日からはじまりました。会場にはたくさんの人が訪れているとか。カメラ女子も凄いらしいです。NHKの19時のニュースでやっていました。
僕は、ペンタックスブースで、土曜日と日曜日、計2回のトークを行います。どちらも同じ内容です。トークは40分と長いので、立ち見だと疲れると思います。少し早めに会場に行き、椅子をゲットされるといいでしょう。
会場はオープンスペースですが、講演の様子を勝手にビデオ撮影し、それを勝手に動画サイトに流すのだけはおやめください。僕からのお願いです。

先程、カメラメーカー各社のホームページを見て、新製品をチェックしてみました。なるほど、なるほど。
それにしても今の時代は次から次へと新しいカメラが出てきますね。カメラを選ぶ一般消費者の方たちは、本当に大変だと思います。どれを買っていいのかわからない。
僕が高校生の頃は、一眼レフカメラと言ったら、数種類しかありませんでした。で、高校生はだいたいがオリンパスOM10になった。
カメラ同様、写真雑誌も山ほどありますね。カメラ女子専用雑誌、ネットマガジンも含めれば、30誌を超えるのではないでしょうか。
とにかく今はモノや情報が溢れています。この情報過多時代を生きていくのは本当に大変なこと。
数年前、ふと気づきました。僕の頭では、この情報をすべて受け止めていくのは無理だなと。そこで、整理することに決めたのです。インターネットやテレビはあまり見ないように心掛ける。特に海外にいる時は、チャンスだと思い、日本のニュースや情報を遮断します。
相変わらずTwitterのフォローはゼロだし、Facebookでは人との繋がりは大切にしますが、「いいね!」は、おそらくこれから先もやらないでしょう。
旅をして、写真を撮って、写真集を作って、本を読んで、たまに友達と遊ぶ。20年前のこのシンプルな生き方が、自分には合っています。
……と、話はカメラから横道にそれましたが、これからも全国各地で写真展&講演会を精力的に行っていきます。特に地方での開催には力を入れる。実は今年もいくつか決まっている写真展があるのです。あの県とあの県です。正式になってから発表します。

お知らせ
2月26日、松本市中央図書館で行われる吉村和敏講演会ですが、あと少しで定員80名に達してしまいます。聴講ご希望の方はくれぐれもお早めにお申し込みを! 
電話番号→0263-32-0099

| | コメント (8)

2012年2月 8日 (水)

CP+でトーク

フジフイルムのX100とX10がすごく売れた理由の一つに、デザインのよさがあると思います。クラシックカメラを彷彿とさせるデザインは、不思議と多くの人の心を擽ります。
オリンパスOM-Dも、いい感じですね。見た瞬間、「これってOM-4じゃん」と呟いてしまいました(笑)
OM-4と言えば、僕がカナダにはじめて行った時に使ったカメラです。残念ながら生活が苦しくなった時にすべてのカメラとレンズを手放したので、今は手元にありません。でも、中古ショップでこのカメラを目にする度に、ジ〜ンとくるものがあります。お金に余裕がある時に、OM-4とOM-2は買うつもりでいます。もちろん、初めてのカメラ、OM-10は持っています。これはどんなことをしても手放しません。

さて、木曜日から始まるCP+ですが、僕はペンタックスブースで、土曜日(14時〜)と日曜日(13時〜)、計2回のトークを行います。ノルウェーとイタリアで撮影した作品をお見せしながら、645Dの魅力を語ります。どちらも同じ内容です。
トーク終了後、すぐに会場を後にしますので、写真集にサインをご希望の方は、出来るだけ早く声を掛けてください。

paperお願い
例年通り、トークはオープンな場で行われます。講演の様子を動画で撮影し、それを動画サイトに公開するのは、絶対におやめください。

| | コメント (8)

2012年2月 7日 (火)

好きな色

自分が好きな色って、あります。僕のベストは青と黄ですが、物によって赤であったり緑であったりします。
カメラは黒が好きです。今流行のシルバーは苦手。
iPhoneやiPadは絶対に白。黒ではありません。最近の家電によくあるテカテカしたピアノブラックは、苦手です。だからプリンターは黒ではなく白を選ぶ。
車は青か黄ですが、そのままの色ではなく、もっと考えられた青か黄が好みです。日本で発売されている日本車には、僕の好みの色がありません。あっ、一つあった。スカイライン クロスオーバーのセラミックブルーはすごくいい色です。
車と言えば、スバルはかなり景気がいいみたいですが、北米に行くとそのことがよくわかります。メイン州もスバルだらけでした。レガシーの値段をかなり下げたので、売れまくっているようです。
そのスバルですが、北米ではいい色を出しているんです。例えばアウトバックだとしたら、薄い青(Sky Blue Metallic)と薄い緑(Cypress Green Peal)がある。どちらもうっとりするような美しさです。
コーヒーカップは白かベージュです。紺色のコーヒーカップがありますが、不思議とコーヒーが美味しく感じません。
カメラバッグは、黒か紺がいい。フリースはオレンジで、靴は茶色が好きです。

| | コメント (9)

2012年2月 6日 (月)

河津桜

2月に入ると決まって意識すること。それは河津桜です。そろそろ開花。あと数週間で満開です。
この時期、花となると、だいたい河津桜になるのです。だから「吉村さん、春っぽい写真、撮れませんか?」という仕事が入ったら、決まって河津町まで足を運びました。
河津町、東京からは、近いようで遠いんです。車の場合、夕方6時頃に出て、その日は熱海のビジネスホテルに一泊。翌朝、河津の町へ移動して、撮影。その後、周辺の菜の花畑を撮った後、東京に戻る、という1日半のコースでした。
美しい河津桜の写真、今まで色々なカタログ、パンフレットに使われてきました。名前が出ない仕事なので、皆さんお気づきにはならかったと思います。
実は写真集『Sense of Japan』でも、一枚発表しました。P42の軽トラックの写真がそうです。むこうの方に、桜並木が映っています。
648w0634


| | コメント (9)

2012年2月 5日 (日)

iPad ペン

iPadに手書き文字を書くペンですが、今、6本持っています。でもその多くを使っていません。なぜなら、半年〜1年経つと、ペン先のゴムの部分が固くなり、反応が鈍くなってくるからです。特に、iPhoneにストラップとして取り付けていたミニサイズのペンは、もう全然ダメ。捨てました。
今、お気に入りのスマートペンは、プリンストンのJotというペンです。細い文字が書けるので、紙に文字を書いているような感覚で使えます。ペン先が長いのもGOOD。僕はグリーンを選びました。ちょっと持ち手が滑るので、ラバーグリップがついている方を買えばよかったな。
_dsf0528


| | コメント (4)

2012年2月 4日 (土)

取材中に読んだ本

空港では時間がありませんでしたが、それでもTSUTAYAに駆け込み、文庫本を5冊買いました。あまり考えずに買ったので、バリエーションに富んでいます(笑)
まず読んだのが『神戸殺人事件』(内田康夫・光文社文庫)。浅見光彦シリーズは全部読んでいるつもりですが、何点か漏れもあり、これがその一冊でした。機内で読みましたが、まあ普通でした。僕はどちらかというと、内田作品は、浅見光彦が登場しない作品の方が好きです。
『九月が永遠に続けば』(沼田まほかる・新潮文庫)。帯のコピーに惹かれ買ったのでが、う〜ん、僕はこのような男と女の小説は苦手です。最後まで読むのが苦痛でした。
『冬の童話』(白川道・幻冬舎文庫)。白川作品はすべて読んでいますが、何故かこれだけ漏らしていました。好き嫌いがはっきりわかれる作品。僕は好きな方で、最後の方、結構泣けました。そう、これは「童話」なんです。上手いタイトルをつけたなあ〜と思いました。
『制服捜査』(佐々木譲・新潮文庫)。佐々木譲の警察小説は好きです。これは短編集ですが、主人公の人間味、地方の現実が描かれていて、とてもよかったです。個人的には『暴風圏』より好きです。
『ワイルド・ソウル』(板根涼介・幻冬舎文庫)。前から読んでみようと思っていた小説でした。とても面白く、アメリカでの3日間、大いに楽しめました。

| | コメント (4)

写真展のチラシです(クリックすると拡大します)

01_302_3

 

| | コメント (3)

2012年2月 3日 (金)

ティムのコーヒー

コーヒー豆がなくなったので、駅にあるスタバへ。いつもは1100円のブレックファーストブレンドですが、今日は1300円のカフェベロナにしました。やっぱりこっちの方が美味しい。この200円の差は確かにあります。
カナダでは、毎朝毎夕、ティム・ホートンのコーヒーを飲んでいました。カナダ(特に東部地区)では、コーヒーと言えばティム・ホートンになるからです。
取材など、日本からはじめてカナダに来た編集者さん、ライターさんをティムに連れていくと、決まって「えっ、ここのコーヒー、全然ダメじゃん」と言います。なぜなら、日本のコーヒーに比べ、かなり薄いからです。
しかし、飲み続けていくと、この薄さがよくなっていく。薄さの中にコーヒー特有のコクが潜んでいることに気づいていく。僕はもう、完全にティムの虜です。朝は必ずラージサイズをオーダーし、水のようにガブガブ飲んでいる。
でもやっぱり、ティムも、淹れたてが美味しです。たまに遭遇すると、ラッキーと言ってしまう。
Img_0166ティムにはドーナツも売っています。僕はすべて食べてみましたが、どれも味はいまいちです。定番のボストンクリームはよく買いますが、皮もチョコもクリームも、う〜ん、何か違うって感じ。東京の家の近くにドーナツのチェーン店がありますが、こちらの方が数十倍も美味しい。やっぱりお菓子は日本です。
時々ランチでもティムに入ります。そんな時オーダーするのは、チリスープ。味はまあまあ。サンドイッチはいまいちで、卵が入ったブレックファーストサンドイッチはまあまあです。

| | コメント (7)

2012年2月 2日 (木)

写真展のお知らせ

写真展「Shinshu」は、2月18日から、朝日村の朝日美術館ではじまります。
会場はかなり広いです。「Shinshu」の全パネルの他に、海外風景「PASTORAL」の大きなパネルも10点ほど展示します。
朝日美術館までの、公共の交通機関がありません。自家用車、もしくは塩尻駅、松本空港からタクシーになると思います。
会場内は寒いので、必ず防寒具の着用をお願いします。

 

講演会は、2月26日(日)、松本市中央図書館で行います。聴講無料 定員80名
昨日から申し込みがはじまりました。→ 0263-32-0099
※内容は、ホクト文化ホールで行った講演とほぼ同じです。終了後、写真集『Shinshu』の販売と、サイン会を行います。

実は2月18日に、朝日美術館横の小ホールで、高校生を対象とした写真教室(一般の方も聴講可能)を企画しているのでが、今のところ申し込みゼロです、、、(汗)
聴講者だけになってしまった場合、写真教室はとりやめ、海外の風景のことを語ろうと考えています。

チラシです。(クリックすると拡大します。プリントアウトしてください)
01 02

| | コメント (6)

2012年2月 1日 (水)

巨匠と会う

今日は隔月刊誌「風景写真」テーマ(わたしの住むところ)の審査。編集部につめ、集まった数千点の作品と格闘しました。上手い人はほんとうに上手いのです。凄いなあ〜と溜め息をついてしまうような上質な作品がたくさんありました。グランプリはアッと驚く作品です。お楽しみに。

そうそう、今日ヨドバシカメラの上の階である小物を買ったのですが、下の階に下りたら、偶然ばったり写真界のあの巨匠とお会いしました。あのコーナーでお会いしたので、巨匠もあれの購入を検討されているのかもしれません。
東京の街中では、よく知り合いに会います。狭いですね〜

| | コメント (3)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »