« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

クイックロード

やることが山積みで、時差ボケと戦いながら仕事をしています。
撮影データを、仕事場のハードディスクにコピーする作業を行いました。2テラのHDがそろそろ満杯。また3台買わないと……。ホント、デジタルライフはお金が掛かります。フィルム時代の倍ですね。
フィルムと言えば、4×5のクイックロードが販売終了になりました。
「Sense of Japan」と「CEMENT」は、クイックロードを使って作品を生み出しました。「Shinshu」は、4×5シートのバラを使っています。なぜならモノクロのクイックロードは倍の値段がしたから。
クイックロードはいつかは生産中止になるだろうな、と予測していたので、あまりショックを感じませんでした。これからはバラをせっせとシートホルダーにセットしていこうと思います。この作業、結構好きです。
もちろんこれからも、4×5フィルムを使って作品を生み出していきます。なぜなら、フィルムにしか出せない独特の深みが好きだから。

| | コメント (3)

2012年5月30日 (水)

帰国

いつも持ってこようと思っていても忘れてしまうもの。それはイヤホンです。
飛行機の中で配られる使い捨てのイヤホンは、イマイチ。サイズが合わないので、ずっと耳に当てていると、耳が痛くなってきます。
思い切っていいイヤホンを買おうかな、と思っていますが、量販店に行くと、まあいつでもいいやとなり、海外出張の前に買い忘れてしまうのです。
iPhoneについてくるイヤホンでもいいのですが、それすら持ってくるのを忘れてしまう(笑)

朝8時、成田着。色々あったので、長い2日間でした。
リムジンバスとタクシーで自宅に戻ります。

| | コメント (3)

2012年5月29日 (火)

機内では映画

4時に起き、ホテルをチェックアウト。5時のシャトルバスで空港へ。
001便は8時発の予定でしたが、7時40分にトロント国際空港を離陸します。出発時間が早まったのは初めての経験です。
空港のティムホートンで朝食を済ませたので、機内ではコーヒーだけにし、映画を観ました。
まずは「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」。トム・クルーズはとてもカッコイイのですが、映画はつまらなかったです。
スピルバーグの「戦火の馬」。たくさんの要素を詰め込み過ぎているので、観ている方が疲れてしまう。映画の前宣伝では“感動の超大作”とありましたが、全然泣けませんでした。
「ステキな金縛り」。やっぱり二谷作品にハズレはないですね。笑えて、泣けました。
長時間のフライトでは、途中、カップヌードルとサンドイッチが出ます。これが毎回楽しみ。
日本→カナダは、日本のカップヌードルなので美味しい。でもカナダ→日本は、北米仕様のカップヌードルなので味はイマイチです。

| | コメント (10)

2012年5月28日 (月)

トロントへ移動

Photo3時半起き、4時45分チェックアウト、空港へ。さすがエルムウッド、袋詰めの朝食が用意されていました。
6時ちょうど、8855便はシャーロットタウンを離陸します。朝日が出た直後でした。美しかったので、搭乗する前にiPhoneでパチリ。
20年前、この島からのトロント直行便は、あって1日1便でした。今は3本以上です。ここでも時代が変わったなあ〜という印象を受けました。
2時間後、トロント着。ここで5時間、時間を潰します。3人ともスタバやティムホートンのコーヒーを飲みながらパソコン仕事。
14時10分発、成田行き001便に乗ります。そう、日本でもニュースになったあの便です。(この件は、ブログでは書けません)
今日はトロント一泊になりました。夜遅く、航空会社が取ってくれた空港近くのホリデーインにチェックイン。

| | コメント (4)

2012年5月27日 (日)

図書館

快晴。天気に恵まれています。
今回、「赤毛のアン」の作者、モンゴメリの足跡を辿るような旅も行っています。プリンス地区の田舎にひっそりと位置するある博物館を取材。
僕自身、赤毛のアンのことは詳しくありませんが、過去に一度だけ全巻を読んだことがあります。20年前、「赤毛のアンのお料理BOOK」という本を作ったとき、料理写真のイメージを固めるため、赤ペン片手に気になる箇所に線を引きながら必死になって読みました。だから何となくストーリーや登場人物を覚えている。

夕方、シャーロットタウンの街中を取材。
今日は日曜日ですが、ほぼすべてのお店がオープンしていました。かつて週末はゴーストタウンのようにひっそりと静まりかえっていたのです。時代が変わりましたね。
3人とは別行動だったので、撮影の合間にフラリと図書館に立ち寄ってみました。
Photo_3日本の本、随分と少なくなった気がする。
旅行者やワーキングホリデーの人たちが帰国前に寄贈したものでしょう。赤毛のアンシリーズはほぼ全巻ありました。その他、How To本が中心でしたが、村上春樹や内田康夫の小説もあった。僕の本は「草原につづく赤い道」が1冊。以前は何冊かあった「ゴルゴ13」や「美味しんぼ」などの漫画は、姿を消していました。
図書館には20人ほどいましたが、本や新聞を読む人は少なく、多くがパソコンに向かっていました。これも時代の流れですね。

| | コメント (6)

2012年5月26日 (土)

歴史村と駅

曇りです。
今日はキングス地区を取材。
まずはオーウェルコーナー(歴史村)にある昔のワンルームスクール、雑貨屋、教会にカメラを向けます。過去に何度も撮っていますが、改めて撮影。
アトランティック・カナダの中で歴史村と言えば、ニュー・ブランズウィック州にあるキングス・ランディングがお勧めです。夏場は昔の衣装に身を包んだ人も働いているので、100年前の世界にタイムスリップしたような感覚を味わうことが出来ます。

その後、エルマエラに残る昔の駅を撮影。この島にはまだいくつかの駅が残されていますが、ここが最も雰囲気のいい駅として知られています。ただ問題はシャーロットタウンから遠いこと。レンタカー、もしくはオプションツアーになります。
オーウェルコーナーとエルマイラではたくさんの写真を撮ったのですが、仕事に集中していたので、iPhoneでスナップ写真を撮るのを忘れてしまいました。まだ、メインカメラで撮った写真をブログで発表することは出来ません。。。

Photo_2シャーロットタウンで最初に5つ星に認定されたB&B、エルムウッドへ。ここで2泊します。
夜はヌードルハウスで食事。かつて僕が毎日のように通ったレストランです。カナダは、宿やレストランのオーナー、シェフがころころ変わります。ここヌードルハウスも、新しいオーナーでした。どの料理も、味は少し大味になった気がする。

| | コメント (2)

2012年5月25日 (金)

牡蠣

プリンスエドワード島の「食」で何がナンバーワンかと言うと、それは牡蠣です。日本の有名な食ライターさんを唸らせるほど、この島の牡蠣は美味しいのです。
Photo今日の午後、その牡蠣の取材がありました。ボートに乗り、漁師が海から引き上げたばかりの牡蠣をいくつか食べてみましたが、もう最高でした。日本の牡蠣にはない独特の甘味がある。

個人取材の時はファーストフードばかりですが、依頼仕事の時はしっかりしたレストランで食事をします。
Photo_2夜、キャベンディッシュとノースラスティコの中間にあるオーガニックのレストランに入りました。僕はロブスター&ホタテを食べましたが、これも最高の味でした。
20年前、この島でロブスターと言えば、ただ茹でるだけ、でした。でもここ数年、島にはオシャレなレストランが出来はじめ、シェフのアイディアで調理されたロブスターが出されるようになったのです。そのどれもが美味しい。
皆さんも島を訪れた時は、そんなロブスターを食べてみて下さい。レストランの最新情報は、現地のツアー会社さんに問い合わせれば教えてくれます。
そうそう、一つ驚いたのですが、ホテルやB&Bをはじめ、レストランやティールームなど、日本以上に無料のWi-Fiが普及しています。
レストランに入ってWi-Fiがあることがわかると、4人はすぐにiPhone取り出し、仕事モードに入ってしまうから面白いです。常に仕事メールで追われる。これは出版業界で生きる人間の宿命なのかもしれませんね。ちなみに、現地のコーディネーターさんもiPhoneでした。
観光で訪れる皆さんは、パソコンやスマートフォンを持ってくることをお勧めしません。なぜなら携帯があることによって日本にいる時と同じになってしまうから。
海外を旅している時くらい携帯から離れ、カナダの美しい自然、生活や文化を思いっきり楽しんでみてください。そう、心で感じ、心の中に思い出を記録していくのが旅の醍醐味なんです。常にスマホで写真を撮りフェイスブックでいいね!を楽しんだり、Twitterで呟いてばかりいる旅って、何かが違うと思う。
PM9時、北海岸で、水平線に太陽が沈む夕陽を撮りました。美しかった。

| | コメント (13)

2012年5月24日 (木)

島は快晴

快晴。島の新緑がパッと明るくなった感じ。
Photoまずはモンタギュウのリンゴ園から取材。
満開のピークは過ぎていましたが、まだ十分花は残っていました。例年だと、リンゴの花が咲くのは6月初旬。今年は異常なくらい季節の巡りが早いです。ルピナスの開花は1〜2週間早まるでしょう。
Photo_2キャベンディッシュ村にあるアボンリアビィレッジを取材。
いわゆる歴史村のような観光スポットですが、出来た頃は建物が真新しく、何の雰囲気もない場所でした。しかし10年以上経過し、各建物がいい感じで古くなってきたので、今はそれなりに楽しめるお勧めスポットになっています。
2夕方、フレンチリバーとケープトライオンに立ち寄りました。
見晴らしのいい場所にある農地は、次々と分譲地として姿を変え、モダンな建物が増えているのが現状です。でも、島を代表するこの素朴な景観は、何ら変化がありませんでした。ホッと一安心。
夕食後、ある被写体の夜景を撮影。寒く、蚊の大群に襲われましたが、手応えのある一枚を生み出すことが出来ました。
雑誌の撮影は大変です。毎日夜遅くまで、クタクタになるまでカメラのシャッターを切っています。

| | コメント (11)

2012年5月23日 (水)

シャーロットタウン

時差ボケのせいで、1時間しか眠れませんでした。今朝はフラフラの状態でロケに突入。
小雨交じりの曇り。今日はシャローロットタウン、それも室内が中心なので、天気が悪くても問題ありません。雲が流れているので、明日は間違いなく快晴です。
夕方までに5箇所、取材しました。
取材先で、僕が出版した本と出会ったりするから面白いです。僕の写真は、島を訪れる日本人に少なからず影響を与えているということですね。何だか嬉しい。
今日ある場所に、「草原につづく赤い道」がありました。吉村和敏PIEシリーズの入門書にはこの本がピッタリ、と言ってくださる方が多くいます。
Photo_2夕食前、1時間のフリータイムをもらいました。町中を歩きます。
やはりだいぶ変わりましたね。知らないショップやレストランばかりです。中心に、大きなモダンなホテルもありました。
本屋にフラリと立ち寄ります。海外ではよく、モレスキンに似た手帳を発見するのです。ここにもありました。色が洒落ていたので、1冊買ってみます。
モレスキンの手帳は最高ですが、唯一の不満は、最も使いやすいサイズの手帳は黒と赤しかないということです。だから人と被る。
で、この手帳、アメリカのメーカーでしたが、開くと固く、紙質もいまいちでした。まあでも使えそう。ちゃんと商品として流通しているので、モレスキン同様、一つのブランドを確立しているのでしょう。
左が今日見つけた手帳。右がモレスキン。
Photo


| | コメント (13)

2012年5月22日 (火)

プリンスエドワード島、到着

Photoトロントで5時間待ち。
AC8858便は、21:35、定刻通り離陸。深夜0:40、プリンスエドワード島、シャーロットタウン空港に到着。
2年ぶりのP.E.I.です。(島の人は、ピーイーアイと呼びます)
個人の取材では、ここでレンタカーを借り、定宿に向かいますが、今回は雑誌の仕事なので、コーディーネーターさんがつきます。Cさんの車に乗って、3人はダウンタウンのホテルへ。
Photo_2寝るのが気恥ずかしくなってくるような部屋でした(笑)。もちろん、いつもこのようなホテルに泊まるわけではありません。空港側のモダンなモーテルが僕の定宿です。
明日は朝早いので、3時には寝ます。

| | コメント (16)

トロントより

朝、出発準備。忘れ物がないように、指さし確認を繰り返します。
11時半に家を出て、タクシーとリムジンバスで成田へ。
3階のフードコートでランチ。ここは空港で働く人が中心なので、わりかし空いているし、下のレストランに比べ、150〜200円安いのです。
エアカナダのカウンターの前でAさん、Bさんと合流。いつも通り「よろしくお願いします」の挨拶。雑誌の仕事って不思議です。いつも成田で会い、成田で別れる感じ。
カウンターでチェックイン。トロント直行002便は満席とのこと。
ゲート前の喫茶店でコーヒーを飲みながらロケの打ち合わせ。その後、アプリと裏技トーク。もちろん3人ともiPhone(笑)
17時20分、002便は定刻通り離陸。
エコノミー、満席、12時間……。さすがに疲れました。
映画は「ドラゴン・タトゥーの女」を観ました。経済ジャーナリストの話。まあまあ面白かったです。
今トロント国際空港で、プリンスエドワード島、シャーロットタウン行きの乗り継ぎ便を待っています。

| | コメント (5)

カナダです

プリンス・エドワード島を取材中です。
今回はある雑誌の仕事で、編集者さん、ライターさん、コーディネーターさん、吉村の4人で行動しています。
滞在中は忙しく、ホテルには寝に帰るだけ、という状態が続くと思いますが、もし可能であればブログを更新し、春のカナダの魅力をお伝えしていきます。
吉村和敏

| | コメント (8)

2012年5月21日 (月)

フォトコンテストの審査

朝早起きして金環日食を撮影します。
赤道儀に、一眼デジカメを乗せ、レンズは300mmを使いました。今回天体望遠鏡を使わなかったのは、太陽光を抑えるフィルターを持っていなかったから(笑)。
もちろん300mmでも、カメラのファインダーを通して太陽を見ると、目がやられてしまいます。そこでライブビューを使い、構図を決めました。

写真を1点ブログにアップした後、電車に乗って人形町へ。
「日本カメラ」8月号の月例フォトコンテストの審査を行います。どんどんレベルが高くなっていく感じ。今月はスナップ写真が多かったです。
上位入賞者は、悩みに悩みましたが、夕方までにはどうにか決めることができました。

さて、今日は徹夜で仕事です。

| | コメント (2)

金環日食

_igp4904_2


| | コメント (16)

2012年5月20日 (日)

フォトストレージ

以前、各メーカーから出ていたのに、いつの間にかなくなってしまった製品があります。それはフォトストレージ。
僕は長年エプソンのフォトストレージを使っており、そろそろ新調しようかな、と思いヨドバシカメラに行ったら、販売終了とのこと。
あれほど便利な製品がなぜ? と不思議に思い調べてみたら、エプソンのブログに詳しく書かれていました。時代の流れなんですね。
仕方ないので、今のP-7000を大切に使おうと思います。

よく色々な人に、取材先でのデータはどのようにしているのですか? と質問されます。僕の場合、コンパクトハードディスク(ウェスタンデジタル)2台にコピーしています。ただ、ノートパソコンを介してなので、そのパソコンが故障したら、アウトです。そこで使っているのがフォトストレージ。SDやCFカードを直接差し込めるので、データを次々とコピーしていけるのです。
つまり取材が終わると、すべてのデータは3箇所に保存されていることになります。帰国の時、機内預けのスーツケースと、手荷物1と、手荷物2、に分散していれ、1つの荷物に何かあった場合でも、データは助かるようになっているのです。

| | コメント (3)

2012年5月19日 (土)

今後の予定

毎日時間に追われているので、自分でも頭の中がゴチャゴチャしています。そこで今日は情報を整理してみました。

エアカナダフォトコンテスト 詳細はこちら

チャリティー オリジナルプリント販売 詳細はこちら

写真展「小さな村は、聖なる鐘の音につつまれていた」熊本 7〜8月 詳細はこちら

写真展「BLUE MOMENT」京都 11月 (詳細は未定)

写真展「PASTORAL」長野 10月 (詳細は未定)

写真展「MAGIC HOUR」栃木 11〜1月 詳細はこちら

| | コメント (3)

2012年5月18日 (金)

移動

先日、佐世保から福岡への移動で、JR九州の特急みどりに乗りました。自由席でしたが、運がいいことに、運転席のすぐ後ろ、つまり一番前のシートがあいていたんです。ラッキー〜と喜び、前方の大きなガラスに流れる風景を眺めながら、移動を楽しみました。
実は都内の電車の移動でも、僕は一番前か一番後ろによく立ちます。なぜなら、乗り換え時間が短縮できるから。例えば東京駅から中央線に乗り、四谷で丸ノ内線に乗り換える時は、必ず一番前に立って風景を眺めている。実は今日も山手線で一番前に立ちました。

午後、五島列島上五島で撮影した写真データを、仕事場のHDにコピーしました。かなりたくさんの写真を撮ったので、3台のHDにコピーするのに6時間は掛かったかな。
4月初旬にも、上五島入りしたのを覚えていますか? これはロケハンを兼ねた撮影旅行でしたが、この時に1台だけ小さなカメラを持っていったのです。それが今話題のCanon G1Xでした。
その時撮影した写真は、「アサヒカメラ」6月号のP182〜185 に載っていますので、是非チェックしてみてください。春の上五島、とても美しいです。

| | コメント (6)

2012年5月17日 (木)

プリンスエドワード島のオリジナルプリント

先日のブログでお伝えしたチャリティーの詳細です。
http://frameman.co.jp/FMGSRcharity311.html

吉村の写真は、明日5月18日から、フレームマン銀座ショールームで展示&販売が始まります。

●作品サイズは6切。オリジナルプリントで、額付きです。吉村のサインが入ります。
●価格は1点1万円に設定いたしました。
●今回展示する5点は、ご購入後、お持ち帰りできます。売れてしまった場合、ご注文をお受け出来ます。何々の絵柄が欲しいと、お店の方にお伝えください。数がまとまってから制作に取り掛かります。
●この5点以外の絵柄のご注文はお受けいたしておりません。申し訳ありません。
●お店に足を運べない方は、お電話でのご注文も可能です。送料着払いでお送りできるそうです。
 TEL 03-3574-1036

吉村の作品の展示&ご注文は、8月31日までです。

※20年ほど前のグリーン・ゲイブルズです。数年前、リンゴ木は嵐で折れてしまいました。
※20年ほど前のフレンチ・リバーの全景です。青い小屋はまだ小さいです。(エッセイ集「こわれない風景」に詳しく書かれています)
※20年ほど前の風景です。黄色い花はタンポポです。
※10年ほど前の風景です。ケープ・トライオンの灯台です。
※20年ほど前の風景です。1月の霧氷です。

↓今回販売する絵柄です。
10003
Ibis014
07017
08031
07012


| | コメント (8)

2012年5月16日 (水)

今日は新宿

昨日まで上五島の美しい自然に抱かれていましたが、今日は都会の雑踏です。新宿中心でしたが、やっぱり都会は空気が濁っているなあ〜と感じました。
とにかく時間に追われており、今、必死になって仕事を片付けています。2ヶ月前から、友達からもらったメールの返事を書いていません。カナダから書きます!

待ち合わせ場所で15分ほどフリータイムが生まれたので、フラリと近くの量販店へ。
スマートフォンは、誰が何と言おうと、iPhoneがナンバーワンです。僕自身、アンドロイドには興味がありませんが、1つだけ惹かれる機種がある。それはGALAXY Noteです。これ、いいですよ。
今、テザリングが出来る機種を探しているんです。GALAXY Noteにしようかな……。
iPhoneも、GALAXY Noteも、全く新しいジャンルのスマートフォンなんです。だから惹かれるし、凄いなあ〜と思うし、使ってみたくなる。欲しくなる。
どうして日本のメーカーから、このような先駆けの機種が出てこないのか、不思議で仕方ありません。年々保守的になってきている気がする。

お知らせ
11月、京都の小さなギャラリーで「BLUE MOMENT」の個展が決定いたしました。詳細は夏頃お伝えします。

| | コメント (4)

2012年5月15日 (火)

東京に戻る

午前中、奈良尾港に行くと、地元の人が集まっていました。やがて船が港につき、魚が陸揚げされていきます。その多くが出荷用でしたが、鰯などは、その場で即売されていました。
いかにも五島らしい風景に心打たれ、30枚ほど写真を撮ります。
その後、大急ぎで有川へ。クロネコヤマトの営業所に立ち寄り、荷物を東京に送ります。
フェリーターミナルへ行き、レンタカーを返却。
14時30分発の高速船で佐世保へ。17時45分発の特急みどりに乗って福岡へ。20時50分発のANAに乗って東京へ。
僕の人生、まさに時間との戦い。
さすがにクタクタです。

| | コメント (4)

2012年5月14日 (月)

F2.8

たまには写真に関することを書こうと思います。
カメラのレンズ。プロの写真家は明るいレンズ、つまり絞りの解放値がF2.8のレンズを好んで使います。もちろん僕もそう。
たとえ解放値がF4やF5.6のレンズでも、F2.8のレンズと比べ、作品のクオリティーには全く違いはありません。ではなぜF2.8に拘るのか。
それは、明るいレンズであればあるほど、ファインダーが明るく見え、ピント合わせが容易になるからです。
雑誌の仕事で、海外取材を行うとしましょう。風景を撮ったり、人物を撮ったり、料理を撮ったり、室内を撮ったりと、ありとあらゆる被写体にカメラを向けることになります。例えば薄暗い室内で動きのある人物を追い掛ける時など、解放値がF4やF5.6のレンズでは、ピント合わせが敏速に出来ないので、ストレスが溜まり、いい作品が生まれないのです。
ちなみに僕は、オートフォーカスを使うことはまずありません。100%、マニュアルフォーカスです。

もちろん、風景撮影の時は、100%三脚を使うので、解放値が暗いレンズでも全く問題ありません。中判カメラでは、解放値F4.5やF5.6のレンズを好んで使っています。

| | コメント (3)

2012年5月13日 (日)

森の切り株

食と言えば五島うどんです。
今日の夜はウドン屋さんに入りました。細麺で、コシがあり、とても美味しい。毎日食べてもいいくらい。
物産館で、五島うどんをたんまり買い込んで、スーツケースの空きスペースに入れ、東京に送ろうと思います。

スーパーで売っている菓子パンですが、小腹が空いたとき、よく買っています。僕は、チョコがべっとり塗られたチョコパンとか、ザラメが乗っているメロンパンが嫌いなので、まず買うことはありません。
いつもクリームパンを選びますが、どれも味はいまいちです。カスタードの味に哲学を感じない。
1245で、最近はまっている菓子パンは、フジパンの「森の切り株」です。これ、とても美味しい。パンはもちろんのこと、中のカスタードクリームが最高なんです。そう、僕はこのくらいのほどよい甘さが好きなのです。
「森の切り株」は、毎日食べてもいいくらい。それほど美味しい。このパンを生み出した人の、「拘り」を感じる。

123天気は下り坂。明日は雨でしょう。
iPhoneの天気予報アプリ、色々試しましたが、最近使っているのは「Yahoo!天気」と「eWeatherHD」です。どちらもシンプルで見やすい。

| | コメント (12)

2012年5月12日 (土)

今日は快晴

ボートに乗って、キリシタン洞窟に行きました。途中、目を見張るような美しい海を見ました。
上五島では、毎日たくさんの感動があります。写真は、2〜4年後に必ず発表します。

夜は近くのスーパーで寿司と野菜とヨーグルトとカロリーメイトを買って食べています。五島のお寿司はそれほど美味しい。
スーパーに行くと、結局、毎日同じものを選んでしまう。僕は同じものが一週間、一ヶ月と続いても全然平気な人間なんです。だから年中旅を続けていられるのかも。
今日の夜は、地元の人に教えてもらった美味しいラーメン屋に行ってラーメンを食べました。でもホテルに戻る途中、コンビニに立ち寄り、カロリーメイトとヨーグルトを買ってしまいます(笑) カロリーメイトはチーズ味に限ります。これはチーズケーキと一緒。とてつもなく美味しいです。

「写真家たちの日本紀行」のご感想、いまだにたくさん寄せられます。心より感謝いたします。
ちなみにBGMで使われていた曲、前半が「Without You」で、後半が「Life In A Northern Town」でした。
僕も番組を見るまで、どんな曲になるのかドキドキでしたが、どちらも好きな曲だったので、嬉しかったです。

| | コメント (9)

2012年5月11日 (金)

携帯の電波

携帯の電波ですが、S社は町周辺のみ。これは、日本のどの田舎に行っても同じです。その点、d社は凄いです。どんな小さな村に行っても電波塔が立っています。d社のsimフリーiPhone、そろそろ真剣に考えようかな。
でも、電波が繋がらないと、仕事の電話やメールがこないので、撮影に集中できる、といういい点もあります(笑)

毎日時間が足りなくて、大変です。でも、どんなに忙しくても、食と睡眠に関しては注意している。朝昼夜、しっかり食べ、大好物のカロリーメイトも食べ、夜も1時には必ず寝るようにしている。取材中は最低でも5時間は寝ないと、体が持たないのです。

Photo_2これはどの社の塔だろう……と、近くに行って会社名をチェックするのが、ちょっとした楽しみ(笑)

| | コメント (5)

2012年5月10日 (木)

美しい島

ある漁村で、漁師のおじいさんに話し掛けられます。う〜ん、言葉が難しい。半分くらしか理解出来ませんでした(笑)
この島は、大人も子供も出会う人みんなが「こんにちは」と挨拶してくれるので、ただ島を巡っているだけで心が豊かになっていく感じがします。挨拶っていいですね。
ある村で、先週東京から移住した、というご夫妻と話をしました。一軒家を借りて住んでいるとか。田舎の村では、若者や子供たちが減少しているため、放置された空き屋がたくさんあるみたいです。でも、すぐに住める状態の家を探すのは大変だったとか。
日本の田舎はどこも過疎化が深刻な問題です。しかし、都会からの移住者が確実に増えていることも事実です。
この島に移り住む都会人の気持ちがよく理解できます。自然やが豊かで、風景が美しいし、文化も魅力がある。
毎日何をして、何を撮っているのか、ブログでは詳しく書けませんが、島を巡りながら「美しい」「素晴らしい」とため息をよくついています。

| | コメント (3)

2012年5月 9日 (水)

春霞

国内の取材でも、かなりたくさんの機材があります。しかし移動は楽。なぜなら、事前にヤマト便で宿泊ホテルに送っているから。
今回も大きなスーツケース一個分の重い荷物を、2日前に東京から出しました。たとえ離島でも、指定日、指定時間にちゃんとホテルに着くという日本の物流って、やっぱりすごいと思います。
部屋に入ると、まずは1時間ほど掛けて、自分の基地をつくります。テーブルの上にはパソコン、プリンター、ハードディスク、充電器などをセット。衣類を棚の上に並べ、もう何年も前からこの部屋で暮らしているかのような空間をつくってしまうのです。ユニットバスの中も、いつも使うものが、最も使いやすい位置に置かれます。

今日は朝8時半から行動開始。上五島各地を巡り、いろいろな被写体にカメラを向けました。
晴れていますが、うっすらと靄が掛かっています。カナダで言うヘイジイな天気。海や山など、全景を撮るのは厳しいので、教会など、建物を中心に撮影しました。
日中はTシャツ一枚で十分。陽射しが強いので、もちろん帽子着用です。

撮影を終え、20時にホテルに戻り、それから夕食、撮影データのコピー、遅れに遅れている原稿書き……。
毎日のブログを書けないくらい、大変です。

| | コメント (4)

2012年5月 8日 (火)

五島列島へ

朝5時起き、6時に家を出て、電車に乗って羽田空港へ。この時間も結構混んでいたので、荷物を持っての移動が大変でした。
Photo_2 まずはANA便で、福岡へ飛びます。シャトルバスで国際線ターミナルへ移動し、高速バスに乗って佐世保へ。
フェリーターミナルの喫茶店で、2時間ほど原稿書きの仕事を行います。もう時間に追われ、大変です。。。
16:40発の高速船で五島列島上五島の有川へ。
有川の港に到着したとき、何故かみんな船から下りないのです。飛行機のように、まだ立ってはいけないのなか……と思い、僕もシートでじっとしていたら、何やら様子がおかしい。何と有川で下りたのは数人だけ、多くの人は別の島へ行く人たちでした。ここが終点だと思っていた僕はパニック。「すみません!! おります〜」と言って、荷物を持って慌てて外に出ました。
あと、予約の時、「フェリーの予約をお願いします」と言ってはいけません。「フェリー」と「高速船」は違うのです。実はこれでもかなりパニクりました(笑)

というわけで、今、上五島のホテルにいます。約1週間、滞在予定です。

| | コメント (9)

2012年5月 7日 (月)

チャリティーの件

明日から国内出張なので、かなり時間に追われています。。。

9月21日のブログでお伝えしたチャリティーですが、先日主催者の方とお会いする機会があり、結果を教えてもらいました。
9割以上の作品が売れ、全額、被災地の子どもたちへお届けすることができたとのことでした。詳細はホームページの「ご報告」をお読みください。
皆さま方のお力添え、ありがとうございました。

今、フレームマンさんから、「被災地の子たちへ」というチャリティーで、作品提供をお願いされています。
「プリンスエドワード島」の代表作を5点、6切くらいの大きさにプリントし、額に入れ、販売いたします。これはオリジナルプリントなので、マットに自筆のサインを入れます。
価格は1〜3万円の間で写真家が決められるとのことなので、僕の場合、多くの人が手に取りやすい1点1万円に設定するつもりでいます。
銀座のギャラリーに、すでに多くの写真家の作品が展示されていますが、僕の作品が並ぶのは、21日の週だと思います。(今、ラボでプリントを行っています)
詳細はまたブログでご報告いたします。

| | コメント (3)

2012年5月 6日 (日)

ありがとうございました

やることが山積みで、睡眠不足が続いています。。。
ホームページの更新が遅れがちで申し訳ありません。忙しさはあと3〜4日続くので、次の更新は取材先から行うことになると思います。

「写真家たちの日本紀行」のご意見&ご感想、ありがとうございました。心より感謝いたします。
その他の写真は、ホームページのLIGHT BOXで見ることが出来ます。今回、たくさんの人に話を聞き、ポートレート写真も撮りました。美味しいコーヒーも飲みました。

| | コメント (3)

2012年5月 5日 (土)

テレビ番組のお知らせ

『写真家たちの日本紀行』
BSジャパン
http://www.bs-j.co.jp/shashinka/
■放送日■
第一回「函館編」 5月5日(土)PM2:00〜2:30 (再放送)
第二回「札幌編」 5月5日(土)PM7:30〜8:00

番組のご意見、ご感想はこちら ↓

| | コメント (18)

2012年5月 4日 (金)

カメラの持ち方

今日はある用事で茨城の水戸まで足を運びました。常磐道はあまり渋滞しないことで知られていますが、それでも夕方は混みそうだったので、早め早めに行動し、15時には東京に戻りました。
小さなカメラ(ミラーレスのような)でちょっとした撮影を行いましたが、やっぱりカメラのストラップは斜め掛け(タスキ掛け)がいいですね。
このストラップの斜め掛け、数年前にいわゆるカメラ女子と呼ばれる人たちがはじめたのをきっかけに、今では多くの人が斜め掛けをするようになりました。
僕が思うに、やはり斜め掛けこそが、正しいカメラの携帯の仕方なんです。長年続いてきたストラップを首から下げるスタイルは、何かが違っていた気がする。
もしかしたら、一眼デジカメも斜め掛けで携帯するのがベストかもしれません。でも、一眼デジカメを首から下げることって、あまりないんです。移動の時、カメラはカメラバッグの中。そして撮影時は、カメラを手に持っている。ストラップは軽く手首に乗せているか、手首に巻いています。

| | コメント (2)

2012年5月 3日 (木)

セブンイレブンのコピー機

前にも一度書きましたが、セブンイレブンのコピー機、大いに役立っています。
今、ファイルのやり取りはすべてPDFです。数枚なら仕事場にあるインクジェットプリンターで出力してしまいますが、写真サムネイルのような30〜40メガのファイルになると、やはりレーザープリンターでなければ無理。
データをメディアに焼き、セブンイレブンに持ち込み、あの大きなコピー機にセットすると、100枚、200枚、アッという間に出力してくれます。数メガのファイルなら、ネットの受付もしているので、お店に行って番号を入力するだけでOKです。
編集プロダクションやデザイナーさんのオフィスには、あの大きなレーザーコピー機が置かれています。一時期僕もリースを考えたのですが、ただでさえ狭い仕事部屋にもうこれ以上何かを置くのは無理、諦めました。
でも今は、セブンイレブンのコピー機で十分です。毎月1万円くらい使っていますが、リースより安上がり。よって、仕事場から徒歩3分のところにあるセブンイレブンは、僕にとっての出力センターです(笑)
Photo


| | コメント (5)

2012年5月 2日 (水)

バタバタしています

今日は中野のオフィスで打ち合わせ。とにかくこの休みに停滞していた仕事を片付けてしまおうと、今、必死になって動き回っています。
たまりにたまった仕事関係のメールも、この休みに全部レスを書きます。
やっぱり僕はブログ止まり。ツイッターやフェイスブックまで手が回りません。フェイスブックでは、たくさんのメッセージをいただきますが、こちらからお返事することが出来ず、申し訳ありません。もちろんすべてに目を通しています。友達承認もOKです。
こんなにも慌ただしい生活の中で、すべての仕事をクリア出来ているのが不思議ですが、僕の場合、締め切りさえ守ればどうにかなるのです。
例えば、写真展のプリントをラボにお願いする日や、雑誌の原稿など、すべて締め切りが決められている。それはきちんと守っています。
車の車検もしたし、税金も払ったしで、結構マメかも(笑)

| | コメント (8)

2012年5月 1日 (火)

Hatを衝動買い

代官山で打ち合わせがあったのでJR恵比寿駅へ。少し早く着いたので、駅前のモンベルにふらりと立ち寄りました。今、一番大きなザックを買おうと思っており、実物をチェックしておきたかったのです。
タスクに、「帽子のヒモを買う」というのがあったことを思い出し、帽子売り場へ。春になったからでしょう、新製品がたくさん並んでいました。あっ、ツバの幅が広いHatがある!2800円。思わず衝動買い。もちろん顎ヒモ(800円)もゲットしました。
取材では、帽子は必ず必要です。特に海外は日射しが強いので、帽子ナシの撮影は考えられない。
この20年で、Capは10個くらい買っています。でもどれも、取材先で落としたり、風に飛ばされたりしてなくしました。数年前からHatに切り替えましたが、買うのはこれで3個目です。
Photo


| | コメント (11)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »