« チャリティー展のプリントの件 | トップページ | 海外取材中 »

2016年9月 9日 (金)

お勧めのカメラバッグ

講演会の後に質疑応答の時間を作るようにしています。その時決まって出るのが、お勧めのカメラバッグを教えてください、という質問です。
カメラバッグはアメリカメーカーが好きです。理由はタフだから。日本メーカーは、どうしても低価格とデザインで勝負しているので、2〜3回の海外取材で壊れます。特にマジックテープの部分が剥がれてくる。使い勝手もよくありません。もちろん日本メーカーでも、1点1点手作りの、ラムダのようなタフなバッグもあります。大型ザックを3つ所有し、使っています。

どのアメリカメーカーもお勧めです。僕はここ数年、ThinkTANKphoto(シンクタンクフォト)を使っています。腰に固定できるスピードレーサー V2.0はとても優れたバッグです。イタリア、ソロモン諸島、ペルーと、数多くの取材で使いました。7年使い込んでいますが、どこも壊れていません。ファスナーも丈夫です。ここはもちろんYKK(笑)
スピードレーサーの唯一の欠点は、カメラ1台とレンズ3本しか入らないことです。もっと機材を入れたいとき、また飛行機での移動は、同じくThinkTANKphotoのエアポート・コミューターを使っています。実はこのバッグ、隠れた大ヒット商品で、ヨドバシカメラに入荷すると即日売れてしまいます。プロとアマの多くがこればかりを選ぶ。これより大きなアクセレレーター、これより小さなエッセンシャルズはあまり売れません。
実は僕もコミューターを選びました。撮影中は小さなエッセンシャルズの方がいいのですが、飛行機での移動のことを考えると、コミューターの方が適しているのです。
ThinkTANKphotoの魅力は、プロの意見を取り入れて商品開発していることです。だからとても使い勝手がいい。小さなポケットからワイヤーの鍵が出て即座にテーブルか椅子に固定できる。こんな機能、日本メーカーではまず採用しないでしょう。

いずれにしても、これはあくまで吉村の意見です。カメラバッグは好みが分かれると思いますので、店頭でしっかり見て、さわって、自分にぴったり合ったものを選んでください。

帰国後に、お勧めの三脚のことを書こうと思います。

|

« チャリティー展のプリントの件 | トップページ | 海外取材中 »