« 新しい三脚 | トップページ | Instagram(インスタグラム)のテスト »

2016年12月25日 (日)

カナダが懐かしい

この時期、カナダの友人からクリスマスメールが届きます。
急にカナダが懐かしくなり、今すぐにでも飛んで行きたくなります。
20代の頃、年に5回、秋から冬にかけては10月に1ヶ月入り、12月中旬から1月中旬まで1ヶ月入っていました。
プリンスエドワード島、1月は樹氷が出やすいのです。写真集やカレンダーで使っている樹氷の写真はすべて1月初旬に撮影しています。
そう言えば当時はインターネットやスマホがない時代。それはそれで全く問題なく、仕事先、友人とのやり取りができました。
出版社や旅行会社から仕事が入るのは、3ヶ月に1回あるかないかです。それはそれでどうにか暮らしていけました。
20年ほど前、仕事(撮影など)のギャラは、1回50〜80万くらいでした。つまり年に4回やれば、200万は稼げたので、物価の安いカナダでは十分やっていけたのです。
ギャラは年々安くなり、今は同じ仕事でもだいたい10〜20万くらいです。つまり、今の写真家は、仕事の回数をこなさないと生き残れない。
当時、大きな買い物といったら、フィルムくらいでした。あと滞在中はレンタカー代。
今は写真機材の他にも、パソコン、ハードディスク、プリンター、用紙、インクなど、たくさんの物が必要です。シンプルだった頃が懐かしいです。

|

« 新しい三脚 | トップページ | Instagram(インスタグラム)のテスト »