« Instagram(インスタグラム)のテスト | トップページ | 自撮り棒 »

2016年12月28日 (水)

ひたすらプリント

毎年12月はあまり仕事が入りません。よって、写真集の準備や原稿書きを進めることができます。
出版が決まっていなくても、自分である程度構成を考えていけば、「足りない写真」が見えてくるのです。次の旅ではそれを撮りに行く。
すでにある写真を、もう一度撮りに行くことはしません。たとえば、秋に出したカボチャの写真集。発芽のシーンや収穫のシーンなど、狙い撃ちで千葉の鴨川に足を運びました。
仕事場に籠もっているときは、朝から晩までプリンターが稼働しています。構成を考えたり、色見本を作ったりと、1日でA4の紙を150〜250枚出力します。
仕事場のテーブルや壁は、今追い掛けているテーマの写真で溢れます。また構成を考えるとき、名刺大の小さな写真を500枚くらい壁に貼り付け、パズルのように移動を繰り返します。この光景を見たらきっと感動すると思う。
大型インクジェットプリンターなので、インクの持ちはいいです。2〜3週間はいける。ただ交換となると、12色あるので6〜7万は掛かります。
出力しているとき、30分〜1時間の空き時間が生まれます。メール専用のパソコンで、メールの返事を書いたりします。近頃メールの返事をすぐに出すので、「えっ、吉村さん珍しいですね」と皆さん驚かれます。いつも返事は1〜5日後なので。
普段はニュースしか見ないので、世間の流行をまったく知りません。今日はネットで今流行っている歌を勉強しました。なるほど、なるほど。恋ダンスというのもはじめて知った。日本は平和でいい国だなあ〜と思いました。
PPAPは知っていた。これ、面白いと思う。

|

« Instagram(インスタグラム)のテスト | トップページ | 自撮り棒 »