« 写真展11日目 | トップページ | お知らせ »

2017年3月27日 (月)

写真展 最終日

_img3487まるで冬に逆戻りしたような肌寒さ。
10時半に会場に入りました。
まずは会場内を撮影。記録用です。

急遽開催することに決めた14時からのギャラリートーク、昨晩の告知でしたが、何と40人以上も集まりました。
最後の質疑応答で、「プリンスエドワード島」に関する質問が出ました。島への想いを語ることができたので、ファイナルトークの締めとしてはとてもよかったと思います。
16時15分、最後のお客さんが会場を後にするのを待って写真展が終了。
98765432週間の入場者数は、今PENTAXさんが時間別カウンターを集計中です。講演会とギャラリートークは、700人以上のお客さんにお集まりいただきました。
_img3368写真集はたくさん売れました。実は最後に僕も、「BLUE MOMENT」と「MAGIC HOUR」を1冊ずつ購入しました。なぜなら、重版が掛かったばかりの綺麗な本だったからです。
新刊の時は、著者は出版社から10冊もらえますが、重版の時は1冊のみです。つまりどちらも各1冊しか持っていないのです。綺麗な本が欲しかったので、思い切って買いました。
ちなみに今朝、Amazonをチェックしたら、「郷愁の光」が100円と300円で2冊出品されていました。速攻でポチります。絶版になった本は、著者も探しているんです(笑)

オリジナルプリントは、30点、完売しました。
清里に造るギャラリーショップ(この前の講演会で発表しました)でも、オリジナルプリントを販売します。というか、ここでは吉村和敏のすべての本、グッズ、プリントなどを購入できるようにします。4月に入ってから、清里の準備に取り掛かります。
会場内にあった感想ノートを引き上げました。たくさんの感想が書かれています。来週、新幹線の中でじっくり拝読します。
あと、編集者さんが、出版社に届いた手紙と愛読者カード(コメント欄のコピー)を持ってきてくれました。愛読者カードのコメント、どんな本でもきちんと著者まで届きます。これらも後日ゆっくり目を通します。
_img3495

17時、額の梱包が終わり、業者さんが持っていきました。ひとまず倉庫に入りますが、すぐに北海道に運ばれます。

写真展「MORNING LIGHT」、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。心より感謝いたします。

|

« 写真展11日目 | トップページ | お知らせ »