« 清里へ 今日は真夏日です | トップページ | 倉庫で荷物整理 »

2018年5月17日 (木)

信州にカメラを向ける

7時から行動を開始。
まずは高速を走って千曲市へ。ある被写体を見つけて撮影を行います。
小川村を経由し、大町市へ抜けます。美麻でときめきの風景と出会いますが、雨が降っています。傘をさして撮ろうか、と迷いましたが、この被写体は天候に左右されるものではなかったので、次の機会にしよう、と結論を出し、そのまま車を進めました。

カメラを構えて撮影していると、よく地元のおじさんに、「あんた何撮っているの?」と声を掛けられます。そう、被写体は、写真家本人にしか見えないのです。
この風景のどの部分に惹かれ、撮るとどのような作品になるのか、をわざわざ説明するのは面倒なので、「空に浮かぶ雲です」「草の緑です」と答えるようにしています。するとおじさんはわかったようなわからないような……。
地元の人と会話するのは好きですが、シャッターを押しているときは集中したいので、話をしたくありません。だからいつも適当にかわしてしまう。無愛想な人、と思われているかもしれません。

5時まで撮影を続け、松本に戻りました。
それにしても今日は暑かった。

|

« 清里へ 今日は真夏日です | トップページ | 倉庫で荷物整理 »