« 2018年11月 | トップページ

2018年12月31日 (月)

★★★清里フォトギャラリー

吉村和敏 清里フォトギャラリー
山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村
TEL 0551-30-7720 10:00〜15:00
(定休日は木・金、11月〜3月は水、木、金 冬の営業時間は15時までとなります)
http://www.kiyosatophotogallery.com/

次回、吉村がギャラリーにいる日
12月15日(土)
12月22日(土)〜23日(日)

|

★★★WEB連載がはじまりました

「地元の人に愛されるカナダの素敵な場所」
WEB連載が始まりました。今後、隔週でカナダの魅力を紹介していきます。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/083000017/

20180907_211255

|

★★★2019年度版カレンダー

吉村和敏オリジナルカレンダー
『SEASONS OF SPLENDOR 心にのこる世界の旅』(2019年度版)
Amazonはこちら↓
https://amzn.to/2PsNnA4

122
123_2

|

2018年12月15日 (土)

清里へ

Duaok7mw0aahii7今日も3時起き。中央道を走り、6時に清里に到着しました。
コンビニ蕎麦はさすがに飽きてきたので、すき家に入ります。朝食セットが何と350円。ベーコン、アスパラ、ポテトサラダ、卵、味噌汁、そしてご飯は大盛り。
カナダは年々物価が上がっていきます。30年前は1.99ドル朝食というのがどこのレストランにもあったのですが、今はない。しかし日本の物価は横ばい状態、もしくは下がることもある。日本はホント、凄い国だと思います。

3週間ぶりの清里フォトギャラリーです。
周辺の木々は完全に葉を落としています。何とギャラリー内から富士山が見えました。「富士山が見えるギャラリー」という一文を使っても嘘にはなりません。
外気温マイナス12度。ギャラリー内も冷え切っていたのでファンヒーターをON。1時間ほどでプラス15度まで上昇しました
ギャラリーは想像を超える静けさなので、モチベーションが下がります。
冬の12月〜4月はクローズするつもりでした。でも契約上クローズできないということは、「萌木の村」に入ったのは失敗だったのかもしれません。
今後のことは自分なりに考えています。固定費の支払いが困難になったら、すぐに撤退します。今は、東京の一等地、六本木や青山辺りに事務所を借りている、と思うようにしています。
まずはジュンク堂書店さんの「東京展」を頑張ります。午後は、東京に持って行く額のセレクトを行いました。

夜、松本へ移動。松本も寒いですね。マイナス2度です。
日本の田舎では、布団に入って真っ白な息をはきながら眠る、と言っても、海外の友人は「嘘だろ?」と誰も信じてくれません。
カナダの冬の生活はとても快適です。真冬でも、家の中はTシャツ一枚で過ごせます。
明日日曜日はお昼前後に30分だけギャラリーに立ち寄り、その後、東京に戻ります。

|

2018年12月14日 (金)

31年前の自分とプリンスエドワード島

二十歳のとき、「カメラマンになりたい」という夢を抱き、カナダへ旅立ちました。バンクーバーで中古車を購入、大陸を横断、プリンスエドワード島に入り、丸2ヶ月間、ユースホステルで暮らしました。
たくさんの旅人と出会い、話をした。このときの旅が一番楽しかったです。秋になり、アパートで暮らしはじめてからも、時々人との出会いを求め、ユースホステルに通っていました。
その時に出会ったHさんから、郵送でネガが届きました。早速スキャンしてみたら、二十歳の吉村和敏が写っていた。フィルムの退色具合が、時代の流れを感じます。(ちなみに、当時撮影したすべての風景写真が、このくらい退色しています)
車は、バンクーバーで25万円で買ったポンティアックのサンバードです。よく見ると、タイヤはツルツル、溝がありません。当時、怖い物知らずでした。
髪の毛、フサフサしています。3カ月床屋に行きませんでした。顔と腕は、日に焼けて真っ黒です。サンダルで生活していた。
当時流行っていたウエストバック。パスポートは常にこの中に入れていた。
バックの建物は、シャーロットタウンのユースホステルです。1泊8ドル。2ヶ月間、毎日チェックインしていた。この建物、今はありません。

改めて思います。写真って、「記録」なんですね。その記録の中に、たくさんの物語が詰まっている。
Img0222

|

2018年12月13日 (木)

自転車

原稿書きがあるので、ずっと仕事場に籠もっています。
休憩時、久しぶりにネットニュースを見ました。
「高輪ゲートウェイ駅」、僕はあまり違和感がないです。「高輪駅」だと当たり前過ぎるので、やはり何かをつけたいと思う。なるほど今回は「ゲートウェイ」をプラスしたんだな、という感じ。いいと思います。

忙しい時は買い物に癒やしを求めるのですが、ヨドバシカメラに行っている時間がとれません。
クレジットカードのポイントが3万円くらいたまっています。商品券に交換するとして、何を買おうかな〜と考えるのが唯一の癒やし。
10年ぶりに自転車を新調しようと考えています。ブリジストンのスニーカーライト16インチがなくなってしまったので、マークローザFにしようと検討中。
色はスノーホワイトかグリーンアッシュ。

|

2018年12月12日 (水)

職務質問される

海外取材に出掛けると、すべての仕事や事務処理が停滞してしまいます。
請求書が山ほど溜まっていたので、今日はお昼頃銀行に行きました。いや正確には銀行ではありません。駅中の静かな場所にあるATMです。
ATMの前で振り込みの操作をしていたら、突然後ろから二人の男の人に声を掛けられます。何と警視庁の私服刑事さん、振り込み詐欺犯の捜査でした。
テレビや小説からイメージする刑事さんとは全く異なっていたので、ある意味とても新鮮でした。警察手帳を初めて見た。
今日の吉村は、怪しい雰囲気をぷんぷん漂わせていました。請求書が溜まっていたので、20分くらい機械の前で黙々と操作していた。途中編集者さんから携帯に電話が来て、「えっ、ファイルが開けなかったんですか?」「すぐに送ります」「急ぎます」など、スマホに向かって誤解されるような声を発していた。今日に限ってフード付きのねずみ色のダウンジャケットを着ていた。風邪予防のため、大きなマスクを被っていた。これでは職務質問されて当然ですね(笑)

ちなみに、職務質問は海外ではしょっちゅうです。アジア人は怪しく見られるのか、よくポリスから声を掛けられる。海外の場合はニセ警官も多いので、財布だけは絶対に出さないようにしています。所持金を全部見せろと言われたら、「まずは日本大使館に電話していいですか?」と言うようにしている。ヨーロッパのある街の警官は、そう言ったら大急ぎで去っていきました。
いずれにしても、振り込み詐欺は許せません。松本の実家にも、よく電話が掛かってきたり、怪しげなハガキが届きます。刑事さんには、片っ端から犯人を捕まえて欲しいです。

|

2018年12月10日 (月)

日本で最も美しい村

「日本で最も美しい村」フォトコンテスト2018の審査結果が発表になりました。
https://beautifulvillagesofjapan.tokyocameraclub.com/photocontest2018/results.html

|

2018年12月 9日 (日)

帰国しました。簡単な取材報告

AC004便でカナダ、バンクーバーへ。
映画は前回とほぼ同じ。邦画の追加作品は1本のみ。
「恋は雨上がりのように」を観ます。まあまあ面白かった。その後、仕方ないのでハリウッド。
「ミッションインポッシブル/フォールアウト」このシリーズ、どんどんつまらなくなっていく。アクション物は時間潰しにはいいと思います。
「イコライザー2」面白かった。1よりも2の方が完成度は高いです。
「マンマミーア/ヒアウィーゴー」マンマミーア2です。1で完結しているのに2はどのように作るのかと興味津々で観たら、なるほどこのように作るのですね。素晴らしい映画でした。
「クレイジー・リッチ」まあまあ面白かった。

Dtoaqihwoaaedl4今回、バンクーバーとビクトリアを巡り、クリスマスのイルミネーションの撮影を行いました。
詳しくは連載で書きます。
どこも光はLEDに切り替わっていました。LEDは色鮮やかで目立つのですが、やはり光は「カタイ」ですね。雰囲気のいいクリスマス作品を生み出すのはとても難しいです。
フィルムとデジタルの関係に似ています。自然の風景写真は、やはりフィルムの方が向いている。デジタルはカタイので、作品を紙媒体で見ると、何かが違うな、という感じになってしまうのです。

今回、Wi-Fiルーターが絶不調。スマホをネットに繋げることが出来ませんでした。インスタやTwitterは、夜、スタバの無料Wi-Fiからまとめてアップします。
Wi-Fiルーターは最終日に治ったのですが、そろそろ見直しの時期に来ているのかもしれません。日本でも数社がサービスを開始しました。グローカルはいいと思うのですが、月400円掛かるというのが引っかかる。帰国してから各社の料金やサービスを調べ、ベストを選びます。
たまに海外に出る方は、空港で借りるレンタルで十分です。

Img_20181203_184408バンクーバーで宿泊したホテルの近くに、YMCAがありました。32年前、ここからすべてが始まったのです。格安片道航空券で海を越えた吉村青年は、まずはこのYMCAに1週間滞在した。そしてカナダ大陸横断の旅に出たのです。
向かいのスタバでコーヒーを飲みながらYMCAホテルを眺め、感慨に耽りました。


あっという間の1週間。天候にも恵まれ、取材成果はまずまずでした。
AC003便で帰国。今の時期、修学旅行の団体さんだらけ。確かに、観光客でごった返している京都へ行くよりいいのかも。
定刻通り成田到着。いつも通りリムジンバスのチケットを買おうとしたら、「高速事故渋滞で2時間以上掛かります」とのこと。
電車で帰ることにしました。調べてみたら、何と都心まで1000円弱で行けることが判明。びっくりです。
今まで、成田往復といえば、リムジンバス&タクシーの組み合わせしか思い浮かびませんでした。どうしても往復1万は掛かっていた。
これからは積極的に電車を利用します。

|

2018年12月 2日 (日)

カナダを取材中です

カナダを取材中です。
時々、スマホで撮影した写真を、TwitterInstagramにアップします。現地からのクリスマスの写真、ご期待ください。
帰国は12月10日前後の予定です。
「清里フォトギャラリー」はOPENしています。是非お立ち寄りください。

|

2018年12月 1日 (土)

今後の予定

今後の予定です。
冬になりました。清里は毎日とても静かです。
フォトギャラリーは、OPENしなければいけない規則があるため、10時から3時まで開けています。
12月29日から2月17日まで、ジュンク堂池袋本店で「清里フォトギャラリー東京展」を開催します。
1月19日、20日に、会場内でエッセイ集のトークショーを行います。先着80名で、申し込み受付開始は12月中旬です。正式な日時が決まりましたらブログで発表します。

2月にカナダの写真集を出版します。今年撮影した最新の写真と、30年間のベストショットを織り交ぜた、集大成の要素が強い写真集です。
写真展は5月中旬に東京で開催します。もしかしたらトークショーも行うかもしれません。

|

« 2018年11月 | トップページ