« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

★★★2019年度版カレンダー

吉村和敏オリジナルカレンダー
『SEASONS OF SPLENDOR 心にのこる世界の旅』(2019年度版)
Amazonはこちら↓
https://amzn.to/2PsNnA4

清里へ メイフラワーの押し花のトレイとか

Dvohy1xgaaxyxy今日も3時起き。というかここ数日、ほとんど寝ていないです。
高速を走って清里へ。マイブームのすき屋で350円の朝食(今日は豚汁&卵)を食べましたが、やはり朝から丼飯一杯はヘビーということがわかりました。次回はご飯を半分にしてもらいます。

清里はマイナス14度。ギャラリーが入っている建物、周りのガーデンは霜で真っ白です。石油ファンヒーターをONにしても、店内はなかなかあたたかくなりません。
ギャラリーをOPENしてもお客さんは来ないので、奥でパソコン仕事を行います。写真集作りはまだまだ続いています。年始年末もやることが山積みなので、時間がいくらあっても足りません。

Dvpznxowwaavoqb_2お隣のオルゴール専門店「メインスプリング」さんで大人気の商品、ワンちゃんの置物とミニオルゴールを各10個、東京のジュンク堂さんに持っていきます。
ワンちゃんは、リョウブの木を使って作られており、尻尾、耳、足はヤマザラクです。
Dvpzncpxgaag7k8_2ミニオルゴールは5種です。見本を置いておきます。
プリンスエドワード島「ブルーウィンズ」のコースターとペーパートレイ、計24個完成したという連絡が入りました。メイフラワーの押し花のトレイとか、超レアものもあります。ジュンク堂さんに置くとすぐに売れてしまうと思います。店頭に並べる日は、必ず前日にブログでアップします。
12月31日に発送するとのこと、1月初旬、航空便で届きます。

2018年12月30日 (日)

ジュンク堂書店に立ち寄る

夕方、残りの作品額を持ってジュンク堂さんに行きました。テーブルの上にポストカードや写真集などが散りばめられ、とてもいい感じにディスプレイされていました。書店員さんはさすがです。
今後、「萌木の村」からも何か持ってきて並べます。
新宿のヨドバシカメラ経由、自宅に戻りました。とてもとても時間に追われています。。。
Dvlup4px0ae3pq3

★★★2019年度版カレンダー

吉村和敏オリジナルカレンダー
『SEASONS OF SPLENDOR 心にのこる世界の旅』(2019年度版)
Amazonはこちら↓
https://amzn.to/2PsNnA4

122
123_2

2018年12月28日 (金)

清里フォトギャラリー東京展、はじまりました!

Img_20181228_192534お昼頃ジュンク堂書店さんへ。午後から展示作業をはじめます。
場所はかなり広いです。清里フォトギャラリーの3倍はあるでしょう。
作品額の展示は慣れています。また、すべて自分自身が制作した作品額なので、個々の作品のことをよく知っています。1点1点飾りつけを行いながら構成とレイアウトを考え、夕方にはすべての飾り付けを終えることができました。その後2時間くらい掛けて曲がりなどの微調整を行い、夜8時に会場が完成しました!

今年は、少しサイズの大きな作品額を多めに用意しました。やはり写真は大きいと迫力があります。
Img_20181228_194048あと、アクリル作品専用の壁を作りました。アクリル作品はとても美しいので、是非会場でご覧になってみてください。
アクリルは、大きなA2(全紙)サイズのみ、ご注文を受け付けています。納期は1カ月ほど掛かりますが、お好きな写真で制作可能です。
アクリル作品は、裏のゲタ部分に紐を付けましたが、ご家庭で紐での展示はあまりお勧めしません。ご覧のように額が少し寝てしまうからです。(ジュンク堂さんの壁は釘打ちが出来ないため、ワイヤーを使っています)
本当は壁に釘を2本打ち、裏のゲタを引っかける形がベストです。そうすると壁にぴったり固定されるので、写真が空間に浮いているように見えます。インテリアとしてかなり栄えます。
額に入った作品額の方は、紐で大丈夫です。多少写真が寝ても、額があるので、違和感はありません。

写真額は、まだ飾るスペースがたくさんあるので、順次制作し、ジュンク堂さんに運び入れます。追加したものは、必ずブログ、Twitterでお知らせします。
ジュンク堂さんがたくさんの写真集を取り寄せてくれました。絶版本以外、ほぼ全部あります。吉村事務所からは、『林檎の里の物語』を10冊を出しました。来年、清里から『CEMENT』と『カスタムドクター』を5冊くらいずつ持ってきます。どちらも絶版本です。

Img_20181228_192057ポストカードは全種類置きました。ただ数が少ないので、人気あるポストカードは売り切れてしまう可能性があります。清里には山ほどありますので、年明けに持ってきます。
カレンダー「Seasons of Splendor」は30部置きました。
Img_20181228_192314
プリンスエドワード島のKさんから、大人気の陶器のペンダントを送ってもらいました。50個のみです。
ブルーウインズのコースターは、今制作中です。1月末にカナダからエアメールで届きます。
Img_20181228_190443ユニークな物として、「自撮り棒」があります。お世話になっているベルボンさんが送ってくれました。1950円+税です。Amazonや量販店よりも安いです。そのかわりアウトレット品です。

ジュンク堂書店さんの「清里フォトギャラリー東京展」、12月29日から2月17日まで、毎日開催しています。是非お立ち寄りください。
僕自身も、今回の展示はかなり気合いを入れています。というのも、「清里フォトギャラリー+Books」は、3月末で閉店するからです。この件はまた詳しく書きます。
Img_20181228_192454

2018年12月27日 (木)

通知機能

今日も朝から晩まで動いていました。
清里と東京を、東京の仕事場と池袋のジュンク堂さんを何度も車で往復し、写真額をジュンク堂さんに届けました。
宅急便にしなかったのは、作品額は繊細なものだからです。自分で運び入れるのがいちばんです。

日々送られてくる仕事関係や友人のメール。ここ2週間くらい返信できない状態が続いていますが、すべてきちんと目を通しています。
先月手に入れたスマートウオッチはとても便利。メールをはじめ、すべてのアプリの通知が受け取れるので、常に動いている人間にはぴったり。
清里フォトギャラリーのGoogleの口コミも、新しい書き込みがあるとすぐに時計に通知されます。星を5つ、4つとつけていただき、ありがとうございました。
あと、カレンダー「Season of Splendor」のAmazonの口コミにも1件のコメントが書き込まれました。とても嬉しかったです。心より感謝いたします。
たとえ1件のコメントでも、とてつもない影響力があるのです。おそらく数万人がこのコメントを読んで、参考にしているでしょう。

「清里フォトギャラリー」、今週末はOPENの予定ですが、土曜日は雪の影響でもしかしたらクローズするかもしれません。朝、Twitterでお知らせします。

2018年12月26日 (水)

保険は大切

とてもとても忙しく、年末年始感がまったくないです。
急ぎの原稿を書いたり、ラボにアクリル作品額を引き上げに行ったり、夜は池袋のジュンク堂さんに額を届けたりと、今日も16時間動きっぱなしでした。
年一の健康診断にも行きました。予約が今日の朝一だったのです。
そう言えば2年前、この病院でちょっとした手術をしたのです。日帰りで、費用は1万円くらいだったので、領収書は処分していました。
が、先日、生命保険が5万円以上下りることが判明。今日はついでに診断書をもらう手続きも行いました。予想外の収入です。
生命保険は25才から入っています。毎月結構支払っているのですが、先日、掛け金をさらに増やしました。
ここ数年、友人知人が入院し、病院にお見舞いに行くことが増えています。その度に、自分がいつか入院した時、今の入院保障は全然足りないな……と考えるようになってきました。

2018年12月25日 (火)

★★★WEB連載がはじまりました

「地元の人に愛されるカナダの素敵な場所」
WEB連載が始まりました。今後、隔週でカナダの魅力を紹介していきます。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/083000017/

20180907_211255

カナダ、カナダ、カナダ

カナダは第2の故郷です。しかし、カナダ全土をテーマにした作品集はありませんでした。プリンスエドワード島は何冊かあり、アトランティックカナダ、リンゴの里アナポリスバレー、紅葉のローレンシャンもあります。しかしカナダは今まで一冊もありませんでした。
昨年末、写真家人生30年目を機に、改めてカナダを見つめ直してみようと思い立ち、今年は毎月のように海を越え、撮影を行いました。
その旅は、ナジョジオさんのサイトで写真と旅行記で発表しています。TwitterやInstagramで吉村情報を得ている方はご存じないかもしれません。是非ウェブサイトにサクセスしてみてください。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/083000017/
連載は11回まで続きます。原稿の締め切りは発表の2週間前。先週10回目の原稿を、そして今日、最終回となる11回目の原稿を書き上げ、編集者さんに送りました。約4カ月間、カナダの事ばかりを考えていました。まさに頭の中はカナダ、カナダ、カナダです。
11回分の連載は、2月末に出版する写真集の最後のページにまとめて載せます。しかし、この長文を全部入れ込むのは無理。今の半分くらいに編集して載せます。
今年は活動の年。来年は、今年の成果を発表する年です。2月末に写真集が、5月に大きな写真展、講演会があります。ご期待ください。

2018年12月24日 (月)

メリーゴーランドの撮影。カナダグースについて。

Dvktxvtx0aagncv今日はとしまえんのメリーゴーランド「カルーセルエルドラド」の撮影日。
クリスマスイブということもあり、たくさんの人でした。園内には数千人の家族連れ、あと、アベックもいました。あっ、アベックというのは死語ですね。カップルです。
メリーゴーランドもフル稼働。列になって並んでいます。お客さんが写ってしまうので、流し撮りをして人がボケるように絵作りしました。
寒くて、寒くて、モンベルのダウンジャケットを着てこなかったことを後悔します。今日はカナダで買ったルーツの薄いダウンジャケット。
18時頃、ブルブル震えがきたので、屋台の味噌ラーメンを食べて体をあたためます。19時からはじまる花火を狙いましたが、メリーゴーランドと一緒に撮ることは出来ませんでした。
その後、20時まで夜景の撮影を行います。

電車に乗って都心へ。地下鉄に乗って自宅に戻りました。
ホント、日本ではカナダグースは凄いことになっていますね。今日も着ている人を5〜6人見掛けました。
僕はブランドなんか全然興味ありませんが、やはりカナダと関わり合いがある人間なので、カナダグースだけはついつい目についてしまいます。
日本は、本場カナダ以上に、着ている人をよく見掛けます。特に女性が凄いです。
ただ日本の怖いことろは、やがてブームが去る、ということです。多くの人が着ているので私や嫌だ、という感じになったら、全く売れなくなるでしょう。
でもカナダグースは、物がとてつもなくいいのです。日本のメーカーで、カナダグースを越えるダウンはまずないでしょう。だからブームが去っても、継続して売れ続けるかもしれません。
世界を旅していますが、日本ほど豊かな国はないです。今では、消費税を10%に上げるのは正しい、と考えるようになってきました。

2018年12月23日 (日)

清里2日目

20181223_2141528時にギャラリーに到着。
今日も暇だと思うのでジュンク堂さんに持っていく写真のセレクトでもしよう……と考えていたら、たくさんのお客さんがいらっしゃいました。特にお昼前後が凄かった。店内に5〜10人いるというのはゴールデンウィーク以来かもしれません。
2時を過ぎるとお客さんが少なくなったので、ジュンク堂さんに持っていく写真額のセレクトを行います。数えてみたら、店内に110点ほど展示してあったのです。うち、80点以上は持っていきます。
ジュンク堂さんの壁に展示できるのは確か60〜70点です。
新しい作品もどんどんと制作していくので、展示しっぱなしではなく、途中、展示替えも積極的に行っていこうと考えています。
何を新しく追加したかは、必ずブログとTwitterでアップします。ジュンク堂さんに足を運ぶ前にチェックしてください。

清里ギャラリーの方は、今、写真展で展示した大きなパネルと、「寒いほどお得フェア」の8000円の小パネル約30点で構成されています。
寒特は、最大の値引きが半額近くまでなるので、確実に原価割れしますが、清里の冬の恒例行事なので、吉村ギャラリーも参加することになりました。

額の整理が終わったのが6時頃。かなり疲れていたので、セブンのシュークリームとコーヒーでホッと一息。
コーヒーには不思議な力がありますね。体力がすぐに回復します。
麓のすき屋ですき焼き定食を食べた後、中央道に乗り、東京へ向かいました。
疲れている時は渋滞がシンドイな……と思っていたら、何と中央道はガラガラ、小仏トンネルも首都高もスムーズに流れ、9時半には東京に到着しました。

2018年12月22日 (土)

清里へ

今日も3時起き。セブンのコーヒーを啜りながら清里へ。
またまたすき家で350円朝食。マイブームです。
6時に「萌木の村」に到着しました。180kmの長距離通勤、もう完全に慣れてしまい、今は都心の出版社に行くような感覚です。

来年4月20日に、長野県岡谷市で講演会が決まりました。担当者さんがいらしたので、その打ち合わせを行います。
カナダの魅力について喋ります。入場無料、予約必要なし。詳細はブログ、ツイッターでお知らせします。

デスクワークを片付けた後、ジュンク堂書店さんに持っていく作品額の選び出しを行いました。
東京では、人気のアクリル作品を充実させます。(新規でも、10点ほどラボに発注しています)

今日もゼロかな、と思っていたのですが、午後、ポツポツお客様がいらっしゃいました。冬の寒い時期にわざわざ清里までお越しくださり、心より感謝いたします。
皆さん、経営は大丈夫なのか?と心配してくれます。今後のことは自分なりに考えていますので、くれぐれもご安心ください。写真のプロジェクトもそうですが、いつも半年後、1年後のことを考えながら行動しています。何かを決断したら、行動に移すのは早いです。

作品額をジュンク堂さんに持っていくとして、清里ギャラリーの空いた壁をどうするか、という問題。
実は昨日、東京の倉庫に行き、写真展で使った額を20点ほど引き上げてきました。
窓側の壁を「ブルーモーメント」、内側の壁を「プリンスエドワード島」の大型作品を飾りました。全国のギャラリー、美術館、百貨店を巡回した作品額です。これを格安で手放します。
若干、マットに汚れやキズがありますが、ほとんど気になりません。箱はあったりなかったりしますので、それだけご了承ください。 Dvaamc0xqaemccv_2 ブルーモーメントの作品 Dvaambnxcaatzxb_2 プリンスエドワード島の作品 Dvaanosx0aue5_d_2 リスペクトのモノクロ作品。マットの裏にフックがついているので、壁に掛けることも可能。1点3000円。 Dvaam0cwkaanjr_2 メインの壁にはこのくらい作品をキープしています。寒いほどお得フェアが始まると、その日の気温によって価格が変動します。

2018年12月20日 (木)

ジュンク堂書店さんのトークショーについて

ジュンク堂書店さんで行うフォトエッセイ集のトークショー。定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきました。
平日の夜に追加トークショーが出来ればいいのですが、1月も時間に追われる生活なので、残念ながら難しいです。申し訳ありません。

来年5月の連休明けに、東京六本木で、30年間のカナダの集大成となる写真展を開催します。今までで一番大きな写真展になります。
ここで、大きな講演会を開催します。テーマは「カナダ」です。ご期待ください。
案内状は、5月初旬に、北海道から沖縄まで、全国の皆さんに郵送で送ります。これも初めてのことです。

あと、2月に、もしかしたら二子玉川で、何かのイベント(トークショーか対談)を行うかもしれません。決まり次第、Twitterでお知らせします。

2018年12月19日 (水)

「清里フォトギャラリー」東京展とトークショーのお知らせ

「清里フォトギャラリー」東京展を開催いたします。
作品額はもちろんのこと、カレンダーやポストカードを取り揃え、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
2018年12月29日(土)〜2019年2月17日(日)
ジュンク堂書店池袋本店 9階ギャラリースペース
営業時間 10:00〜22:00

特別企画 吉村和敏トークショー
フォトエッセイ集
「朝の光とともに、世界を巡る旅がはじまる」のここでしか聞けない裏話
日時 
1月19日(土)14:00〜16:00  → 「満席」 申し込みを締め切りました
1月20日(日)14:00〜16:00  → 「満席」 申し込みを締め切りました
      ※どちらも同じ内容です。 
      定員各40名(先着順) 無料
事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話でご予約を承ります。
電話番号 03-5956-6111

詳しくはこちら↓(クリックすると拡大します)
Preview_2

2018年12月18日 (火)

時計のベルトはステンレスがいい

朝からずっとパソコンに向かっています。かなりハードな生活。。。
唯一の癒やしはネットショッピング。前から欲しかった小物をどんどんとポチっています。
実は時計のベルトは、皮ではなく、ステンレス派なのです。
TicWatch、皮ベルトだったので、Amazonでステンレスベルトを注文しました。
今日届いたので、早速取り付けてみます。長さ調整キットが入っていたので、簡単にできました。
やはり時計はステンレスベルトの方がいい。何倍も使いやすくなりました。デザインもステンレスの方が好きです。
Img_20181218_144523

2018年12月17日 (月)

原稿書き

朝から夜まで原稿書き。今、写真集の写真解説の原稿を書いています。
海外の作品1点1点の解説を書くって、とてもたいへんなのです。
日本に情報がないので、カナダの書籍を調べたり、ネットで検索したりして、歴史や文化や背景を調べていきます。1点70字を書くのに、30分〜1時間は掛かる。
今、時間がいくらあっても足りません。

2018年12月16日 (日)

清里、そして銀座へ

お昼頃、清里に30分だけ立ち寄り、その後、東京へ向かいました。
時間に追われているので、今日は少し贅沢し、甲府昭和インターから高速に乗ります。
渋滞なし。4時半に東京着。
電車に切り替え、銀座へ。リコーイメージングスクエア銀座で行われているグループ展に立ち寄ります。今日が最終日。
何十万という作品額が次々と売れる日本で唯一の写真ギャラリーです。今回のグループ展の作品も1点5万でしたが、ほぼ完売。残念ながら吉村の作品は売れ残っていました。

2018年12月15日 (土)

清里へ

Duaok7mw0aahii7今日も3時起き。中央道を走り、6時に清里に到着しました。
コンビニ蕎麦はさすがに飽きてきたので、すき家に入ります。朝食セットが何と350円。ベーコン、アスパラ、ポテトサラダ、卵、味噌汁、そしてご飯は大盛り。
カナダは年々物価が上がっていきます。30年前は1.99ドル朝食というのがどこのレストランにもあったのですが、今はない。しかし日本の物価は横ばい状態、もしくは下がることもある。日本はホント、凄い国だと思います。

3週間ぶりの清里フォトギャラリーです。
周辺の木々は完全に葉を落としています。何とギャラリー内から富士山が見えました。「富士山が見えるギャラリー」という一文を使っても嘘にはなりません。
外気温マイナス12度。ギャラリー内も冷え切っていたのでファンヒーターをON。1時間ほどでプラス15度まで上昇しました
ギャラリーは想像を超える静けさなので、モチベーションが下がります。
冬の12月〜4月はクローズするつもりでした。でも契約上クローズできないということは、「萌木の村」に入ったのは失敗だったのかもしれません。
今後のことは自分なりに考えています。固定費の支払いが困難になったら、すぐに撤退します。今は、東京の一等地、六本木や青山辺りに事務所を借りている、と思うようにしています。
まずはジュンク堂書店さんの「東京展」を頑張ります。午後は、東京に持って行く額のセレクトを行いました。

夜、松本へ移動。松本も寒いですね。マイナス2度です。
日本の田舎では、布団に入って真っ白な息をはきながら眠る、と言っても、海外の友人は「嘘だろ?」と誰も信じてくれません。
カナダの冬の生活はとても快適です。真冬でも、家の中はTシャツ一枚で過ごせます。
明日日曜日はお昼前後に30分だけギャラリーに立ち寄り、その後、東京に戻ります。

2018年12月14日 (金)

31年前の自分とプリンスエドワード島

二十歳のとき、「カメラマンになりたい」という夢を抱き、カナダへ旅立ちました。バンクーバーで中古車を購入、大陸を横断、プリンスエドワード島に入り、丸2ヶ月間、ユースホステルで暮らしました。
たくさんの旅人と出会い、話をした。このときの旅が一番楽しかったです。秋になり、アパートで暮らしはじめてからも、時々人との出会いを求め、ユースホステルに通っていました。
その時に出会ったHさんから、郵送でネガが届きました。早速スキャンしてみたら、二十歳の吉村和敏が写っていた。フィルムの退色具合が、時代の流れを感じます。(ちなみに、当時撮影したすべての風景写真が、このくらい退色しています)
車は、バンクーバーで25万円で買ったポンティアックのサンバードです。よく見ると、タイヤはツルツル、溝がありません。当時、怖い物知らずでした。
髪の毛、フサフサしています。3カ月床屋に行きませんでした。顔と腕は、日に焼けて真っ黒です。サンダルで生活していた。
当時流行っていたウエストバック。パスポートは常にこの中に入れていた。
バックの建物は、シャーロットタウンのユースホステルです。1泊8ドル。2ヶ月間、毎日チェックインしていた。この建物、今はありません。

改めて思います。写真って、「記録」なんですね。その記録の中に、たくさんの物語が詰まっている。
Img022

2018年12月13日 (木)

自転車

原稿書きがあるので、ずっと仕事場に籠もっています。
休憩時、久しぶりにネットニュースを見ました。
「高輪ゲートウェイ駅」、僕はあまり違和感がないです。「高輪駅」だと当たり前過ぎるので、やはり何かをつけたいと思う。なるほど今回は「ゲートウェイ」をプラスしたんだな、という感じ。いいと思います。

忙しい時は買い物に癒やしを求めるのですが、ヨドバシカメラに行っている時間がとれません。
クレジットカードのポイントが3万円くらいたまっています。商品券に交換するとして、何を買おうかな〜と考えるのが唯一の癒やし。
10年ぶりに自転車を新調しようと考えています。ブリジストンのスニーカーライト16インチがなくなってしまったので、マークローザFにしようと検討中。
色はスノーホワイトかグリーンアッシュ。

2018年12月12日 (水)

職務質問される

海外取材に出掛けると、すべての仕事や事務処理が停滞してしまいます。
請求書が山ほど溜まっていたので、今日はお昼頃銀行に行きました。いや正確には銀行ではありません。駅中の静かな場所にあるATMです。
ATMの前で振り込みの操作をしていたら、突然後ろから二人の男の人に声を掛けられます。何と警視庁の私服刑事さん、振り込み詐欺犯の捜査でした。
テレビや小説からイメージする刑事さんとは全く異なっていたので、ある意味とても新鮮でした。警察手帳を初めて見た。
今日の吉村は、怪しい雰囲気をぷんぷん漂わせていました。請求書が溜まっていたので、20分くらい機械の前で黙々と操作していた。途中編集者さんから携帯に電話が来て、「えっ、ファイルが開けなかったんですか?」「すぐに送ります」「急ぎます」など、スマホに向かって誤解されるような声を発していた。今日に限ってフード付きのねずみ色のダウンジャケットを着ていた。風邪予防のため、大きなマスクを被っていた。これでは職務質問されて当然ですね(笑)

ちなみに、職務質問は海外ではしょっちゅうです。アジア人は怪しく見られるのか、よくポリスから声を掛けられる。海外の場合はニセ警官も多いので、財布だけは絶対に出さないようにしています。所持金を全部見せろと言われたら、「まずは日本大使館に電話していいですか?」と言うようにしている。ヨーロッパのある街の警官は、そう言ったら大急ぎで去っていきました。
いずれにしても、振り込み詐欺は許せません。松本の実家にも、よく電話が掛かってきたり、怪しげなハガキが届きます。刑事さんには、片っ端から犯人を捕まえて欲しいです。

2018年12月10日 (月)

日本で最も美しい村

「日本で最も美しい村」フォトコンテスト2018の審査結果が発表になりました。
https://beautifulvillagesofjapan.tokyocameraclub.com/photocontest2018/results.html

2018年12月 9日 (日)

帰国しました。簡単な取材報告

AC004便でカナダ、バンクーバーへ。
映画は前回とほぼ同じ。邦画の追加作品は1本のみ。
「恋は雨上がりのように」を観ます。まあまあ面白かった。その後、仕方ないのでハリウッド。
「ミッションインポッシブル/フォールアウト」このシリーズ、どんどんつまらなくなっていく。アクション物は時間潰しにはいいと思います。
「イコライザー2」面白かった。1よりも2の方が完成度は高いです。
「マンマミーア/ヒアウィーゴー」マンマミーア2です。1で完結しているのに2はどのように作るのかと興味津々で観たら、なるほどこのように作るのですね。素晴らしい映画でした。
「クレイジー・リッチ」まあまあ面白かった。

Dtoaqihwoaaedl4今回、バンクーバーとビクトリアを巡り、クリスマスのイルミネーションの撮影を行いました。
詳しくは連載で書きます。
どこも光はLEDに切り替わっていました。LEDは色鮮やかで目立つのですが、やはり光は「カタイ」ですね。雰囲気のいいクリスマス作品を生み出すのはとても難しいです。
フィルムとデジタルの関係に似ています。自然の風景写真は、やはりフィルムの方が向いている。デジタルはカタイので、作品を紙媒体で見ると、何かが違うな、という感じになってしまうのです。

今回、Wi-Fiルーターが絶不調。スマホをネットに繋げることが出来ませんでした。インスタやTwitterは、夜、スタバの無料Wi-Fiからまとめてアップします。
Wi-Fiルーターは最終日に治ったのですが、そろそろ見直しの時期に来ているのかもしれません。日本でも数社がサービスを開始しました。グローカルはいいと思うのですが、月400円掛かるというのが引っかかる。帰国してから各社の料金やサービスを調べ、ベストを選びます。
たまに海外に出る方は、空港で借りるレンタルで十分です。

Img_20181203_184408バンクーバーで宿泊したホテルの近くに、YMCAがありました。32年前、ここからすべてが始まったのです。格安片道航空券で海を越えた吉村青年は、まずはこのYMCAに1週間滞在した。そしてカナダ大陸横断の旅に出たのです。
向かいのスタバでコーヒーを飲みながらYMCAホテルを眺め、感慨に耽りました。


あっという間の1週間。天候にも恵まれ、取材成果はまずまずでした。
AC003便で帰国。今の時期、修学旅行の団体さんだらけ。確かに、観光客でごった返している京都へ行くよりいいのかも。
定刻通り成田到着。いつも通りリムジンバスのチケットを買おうとしたら、「高速事故渋滞で2時間以上掛かります」とのこと。
電車で帰ることにしました。調べてみたら、何と都心まで1000円弱で行けることが判明。びっくりです。
今まで、成田往復といえば、リムジンバス&タクシーの組み合わせしか思い浮かびませんでした。どうしても往復1万は掛かっていた。
これからは積極的に電車を利用します。

2018年12月 2日 (日)

カナダを取材中です

カナダを取材中です。
時々、スマホで撮影した写真を、TwitterInstagramにアップします。現地からのクリスマスの写真、ご期待ください。
帰国は12月10日前後の予定です。
「清里フォトギャラリー」はOPENしています。是非お立ち寄りください。

2018年12月 1日 (土)

今後の予定

今後の予定です。
冬になりました。清里は毎日とても静かです。
フォトギャラリーは、OPENしなければいけない規則があるため、10時から3時まで開けています。
12月29日から2月17日まで、ジュンク堂池袋本店で「清里フォトギャラリー東京展」を開催します。
1月19日、20日に、会場内でエッセイ集のトークショーを行います。先着80名で、申し込み受付開始は12月中旬です。正式な日時が決まりましたらブログで発表します。

2月にカナダの写真集を出版します。今年撮影した最新の写真と、30年間のベストショットを織り交ぜた、集大成の要素が強い写真集です。
写真展は5月中旬に東京で開催します。もしかしたらトークショーも行うかもしれません。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30