« 写真展06日目 | トップページ | 写真展08日目 »

2019年5月16日 (木)

写真展07日目

今日もスタバのコーヒーを片手に写真展会場へ。
スタバは、レシートを見せるとその日の2回目のコーヒーが150円(カードは100円)で買えます。これを使っている人はいるのかな……と何年も前から不思議に思っていましたが、確かに3時くらいになると再びコーヒーが飲みたくなりますね。そしてもう一回スタバに行く。つまり12回はスタバに立ち寄るようになるのです。やはり成長している企業は違います。ビジネスが上手いなあと思う。
出版社も、もっと一人一人のお客さんを大切にしながら高額な本を売っていくべきです。例えば3部作だったら、1作目と2作目に1000円引きのクーポンをつけるとか。ネット直販が可能になったので、出版社は4割くらいの値引きをしてもペイできるのです。

Img_20190516_161354 まずは、ニューヨークから観光で訪れているアメリカ人カップルが訪れました。日本のいいお土産が出来たと写真集を買ってくれた。
今回の写真展、以前カナダに住んでいた、という方も多く訪れます。話をすると、ケベックより東、つまりアトランティックカナダには行ったことがない人がほとんどです。そう、プリンスエドワード島やノバスコシアやニューファンドランドは、まだまだ知名度は低い。この写真集や写真展を機に、多くの人に知ってもらいたいです。

カメラに関する質問も多く寄せられます。実のところ、吉村和敏という写真家は、「旅」や「撮る」ことが優先なので、カメラに関してはあまり詳しくありません。ただ、そのカメラのよさを、最大限に引き出し、作品化できる写真家です。ネットにあふれている「作例」より、参考になると思いますよ。
あと、写真界は、このような「美しい」作品は嫌いみたいです。日本の写真界は、ドキュメンタリーやアートやモノクロが高く評価され、美しい「風景」という領域は常に底辺にあるのです。昔からそう。
言いたい人には言わせておけばいい。このトシになったら、どんなに批判されも何も感じなくなりました。むしろ、徹底的に美しい世界を生み出し、戦ってやる、と言った感じです。まさに、我が道を行くですね(笑)

午後、大切な打ち合わせがあったので、アルバイトさんに任せ、会場を後にしました。
4時頃、会場に戻ります。
18時くらいから、仕事帰りの方がたくさん訪れるようになりました。やはり19時までOPENというのは大切ですね。

明日は金曜日です。週末が近づくにつれ、徐々にお客さんが増えていくでしょう。
あと残り6日間です。是非お立ち寄りください。

« 写真展06日目 | トップページ | 写真展08日目 »

コメント

もちろん、スタバで1日に2杯目のコーヒーならば、レシート使います。普段スタバで2杯コーヒー飲む事は、なかなかないですけど。
実は私も、あのアイスバブルの写真を見た時に、もっと大きかったら目の前に広がるバブルのインパクトが更にすごそうだと思いました。

今回の写真展、大聖堂やアンブレラの写真も今っぽくて素敵でしたが、吉村さんの撮られる緑と水と空の入った写真には、やはり強く惹かれます。子どもたちが横断している写真も良かったです。とても心に残っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真展06日目 | トップページ | 写真展08日目 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31