« 写真展10日目 | トップページ | 写真展12日目 »

2019年5月20日 (月)

写真展11日目

毎日電車で1時間掛けて六本木へ移動しています。いつもはKindleで本を読むのですが、今日は「グーグルがファーウェイにAndroidの提供を停止」というニュースが気になったので、スマホばかりを見つめていました。
こうなってしまったら、さすがにファーウェイのスマホやタブレットの使用は厳しくなりますね……。そう、デジタルの世界は、これがあるから怖いのです。ある日突然川の流れが変わってしまう。

スタバのコーヒーを飲みながら10時ぴったりに写真展会場へ。残り4日間です。
平日なのでどうかな……と心配していたら、今日も途切れ目なくお客さんが訪れました。遠方からの方もいました。ありがとうございます。
午後、写真集「Du CANADA」数冊にサインを書いて、三重の喫茶店「ティーコージー」に送りました。遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。近日中に結美さんのお店で買えるようになりますので、お近くにお住まいの方はもうしばらくお待ちください。

D6_u1wrw0ayr3w1メインボードには、たくさんのサインやメッセージが書かれていました。
吉村が表現する世界と、お客さんとがここではじめて一体になったような感じがします。
最終日、このボードは解体してしまいますが、その前に写真を撮り、ネットで公開します。個人情報は書かれていないので、大丈夫でしょう。

今日もたくさんのファンの方とお話したのですが、清里の話をすると皆さん驚きます。ほとんどの人が知らないのです。ネットでの告知なんて、全然ダメじゃん、といった感じ。
こんなことなら、「清里フォトギャラリー」の案内チラシを作って置いておくべできした。かなりの宣伝効果があったでしょう。
オルゴール館内にある清里フォトギャラリーに行ったけど、写真点数が少なかったのですぐに出てしまった、という方も何人かいました。
入ってすぐ左の壁にあるのは68点のみです。メインは、階段を下りたミュージアムショップの方です。ここに3040点展示しています。そしてこのミュージアムショップは「無料」で入ることができます。
もしくは入場料を払い、オルゴール館を見学されてもいいでしょう。世界にここだけしかないオルゴールがたくさん展示してあるので、見応えがあります。コンサートもあります。

D6_wtaaxyaahpjw販売用のミニ作品額は、残り7点になりました。今回、全く同じ作品で額とアクリルを作りましたが、両方とも残っているのはニューブランズウィックの紅葉の作品でした。写真集「光ふる郷」に登場する作品です。
正直言って、この作品は個性が強いので売れ残るだろうな……と思っていました。でも、吉村自身はとても好きな作品です。
今回の残りの額とアクリルは、写真展終了後、清里フォトギャラリーに持っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 写真展10日目 | トップページ | 写真展12日目 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30