« 講演会 | トップページ | 写真展04日目 »

2019年5月12日 (日)

写真展03日目

午前中はお客さんが少なく、今日のギャラリートークは大丈夫だろうか……と不安になりましたが、145分頃から人が集まり、2時前には50人ほどに膨れあがりました。
Dsc_0264
会場を時計回りに移動し、作品を一点一点解説していきます。
最後、プリントに関する質問が出ました。
70点の作品は、すべてJPEGデータから生み出されています。RAWTIFFは一点もありません。記念写真用の巨大な写真もJPEGです。
まずは70点の作品を僕の方で選び、撮って出しのJPEGデータをプロラボクリエイトさんに入稿。6切サイズのテストプリントを仕上げてもらいました。そこに赤ペンで「もう少し明るく」「もう少し暗く」というような簡単な指示を書き、原寸サイズのクリスタルプリントを作ってもらったのです。
吉村はフイルム世代の人間なので、データをいじりすぎた写真、つまりデジタルっぽい写真は嫌いです。あくまで自然で無理のない表現を好みます。

明日から平日です。
基本、吉村は毎日会場(10001900)に出て、カウンター内でパソコン仕事をしています。いない時はバックヤードでランチを食べているか、隣のスタバでコーヒーを飲んでいます。どんな時でも4分で戻ります。食べたり、飲んだりするのは早いのです。
ただし16日(木)は会場にはいません。サイン本は5冊ほど用意しておきますので、ご希望の方はアルバイトさんに声を掛けください。

オリジナルプリントは今日も何点か売れました。
Img_20190512_190106

« 講演会 | トップページ | 写真展04日目 »

コメント

ギャラリートークに間に合って本当によかったです。写真集は発売と同時に購入していて
眺めていても素敵でしたが、吉村さんの言葉で説明を聞きながら、拝見する写真は
より素敵です。

清里で額装をゆっくり選びたいですね!篠崎の頃からのファンですが、写真の雰囲気が
変わらず、とても良いです。それはカナダの自然もそれほど変わらないのかな~とも思いますが、吉村さんの素朴さが変わらないのだとも思います。

またいつかPEIやトロントに行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 講演会 | トップページ | 写真展04日目 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31