« 清里「萌木の村」へ | トップページ | 写真セレクト »

2019年7月 7日 (日)

「萌木の村」にカメラを向ける

午前中は松本の実家の仕事部屋でデスクワーク。パソコン、プリンター、写真データが入ったハードディスクと、東京と全く同じ環境が揃っています。
2012年製のMac mini(メモリ16ギガ)ですが、東京の27インチiMac(メモリ32ギガ)より早いです(^^;)
iMacを買ったことを激しく後悔している。モニター一体型はやはり無理があるのです。もちろん写真家でなければ、iMacを選ばれてもいいでしょう。

お昼頃、山梨県清里の「萌木の村」へ移動。雨上がりで、パーフェクトな曇り空。村内を歩き、風景や花の撮影を行いました。
カメラはフルサイズのデジカメですが、レンズは安いズームレンズ1本で撮っています。単焦点の明るい高級レンズを使えば、もっとボケ味が美しくなるのですが、プロはアマチュアのように、次々と高いレンズを買えないのです。いつも取材費に数十万、数百万と掛ける方が優先。機材は二の次、年に1〜2本のペースでしょうか。
ただ、カメラ1台、レンズ1本でも、一発で美しい作品を生み出すことができる。今日は40分ほど歩き、250カットほど撮影しました。その中の36作品がこれです。
https://kiyosatophotogallery.com/photo

« 清里「萌木の村」へ | トップページ | 写真セレクト »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31