フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

2021年1月26日 (火)

動画を撮るには機材を揃えないと

「ローレンシャンの秋」のように、これからも写真集をどんどんとYouTubeで紹介していきます。
喋るのは1時間でも、写真をさし込むのに丸1日必要。編集は、とにかく時間が掛かるんです。
チャンネル登録、お願いします。

現地の魅力を語ることは、旅行会社のトークショーで何度もやっているので、慣れている。
旅行会社からゲストスピーカーで呼ばれるトークショーもすべてがキャンセル。海外取材費を稼ぐための貴重な収入源でした……。

Img20210125102542 富士山とか八ヶ岳の冬山を撮った映像が何本かあります。これに音楽をのせてYouTubeにアップしようと思ったりもしましたが、やはり今まで僕が撮影してきた映像はブレブレなんです。

やはりジンバルは必要です。

DJIのRSC 2もいいのですが、ここまで本格的なのは必要ないような気がしている。仮に手に入れたとしても、大きいので海外へは持っていけない。
ZHIYUNのM2あたりにしようかと思っている。でもM2は発売からかなり時間が経っていますね。そろそろ新しいのが出るような気がしている。

ジンバルはもう少し検討してみます。

2021年1月25日 (月)

結局日記は紙にした

Img20210126220905 1月3日のブログで日記について書きました。
DAYONEアプリから紙の日記に切り替えたのですが、小さな手帳だと文字が書きにくいため、結局A5の日記帳に買い換えました。まあこれも文字が小さいのですが、まだ我慢できる配意です。僕の場合、ノートはB罫でなくA罫を使っています。

一切感情や固有名詞を出さない日記です。その日の出来事だけ書いている。おそらく5年、10年と続けると思う。
もうとにかく、これ以上のサブスクは嫌なのです。今、サブスクは7つ契約している。

「フォトショップ」と「マイクロソフトオフィス」と「Amazonプライム」と「アップル」と「ATOK」はどんなことをしても解約できない。
だったら何を削るか、ですね。
ドロップボックスやエバーノートはもちろん契約していません。次削るとしたら、Amazonミュージックあたりでしょうか。僕の場合、プライムミュージックのみで十分かも。

よくよく考えてみれば、サブスクはほぼすべてがアメリカですね。日本人のお金は、こうして外資に吸い取られているのです(笑)
そんな意味からしても、ATOKには頑張ってもらいたいです。月330円、喜んで払っています。

2021年1月24日 (日)

危機感はあるのかないのか

あるカメラメーカーへ。用件を済ませた後、担当者さんと30分くらい雑談します。
今回のコロナ禍、多くの写真家はそれほど影響を受けていないかもしれないとのこと。僕も何となくそんな気がしていました。確かにコロナ禍で転職したという写真家は、あまり聞きませんね。

そもそも、写真というかアートをやっている人たちは、裕福な家庭の子どもたちが多いのです。コロナ禍になる前でも、あまりお金のことは考えず、好きなアート作品ばかりを撮って生活していた。アートの世界は収入に結びつきませんが、それに関してはあまり関係がなかったのです。つまりコロナ禍でも危機感を抱いていない写真家が多い。 

あと、今の20〜30代の若手写真家たちは、SNSを利用して作品発表して稼いでいるので、これまたお金の心配はいりません。誰もが、僕ら熟年写真家より2〜3倍多く稼いでいる。
コロナ禍になり、多くの人がYouTubeとか、インスタ、ブログを見るようになったので、若手写真家たちは以前よりも景気がいいらしい。新しいカメラやレンズを次々と買っています。

商品撮影を行っている写真家たちも、忙しくて大変みたいです。どの企業も通販に移行しているので、撮影依頼の仕事がひっきりなしに舞い込むらしい。
固定スタジオより、出張撮影を行っている人が強いみたいです。その会社に行って、簡易スタジオを組み立てて、商品の撮影ができるから。

コロナ禍で焦っているのは、写真界の中で自分だけのような気がしてきました…(笑)
たぶん、そうだと思う。「世界の風景」で生活している写真家って、あまりいなかったので。
まあでも、危機感を持つことはいいことだと思うのです。なぜなら色々なことにチャレンジできるから。カメラの前でペラペラ喋ることも、何ら抵抗なくやっているので、ぐれぐれもご心配なさらずに。

とにかく今年は動きます。

2021年1月23日 (土)

フォトコンテストの審査

「日本カメラ」月例フォトコンテスト、今年は「WEBの部」の審査を担当しています。
今、フォトコンの審査もステイホームでできる時代です。
編集部のサーバにアクセスすると、集まった1000あまりの作品をすべて見ることができます。1点1点拡大しながらじっくり見て、選考を行います。
1次審査で1日掛かり、2次〜3次、入賞者を決めるのでさらに1日。
数日寝かせると少し考えが変わるので、いつも締め切りギリギリに結果を編集部に送っています。
講評の原稿書きは2日必要です。他の原稿と同じように、スタバかドトールです。
で、今日は1次審査を行いました。6時間以上パソコンの画面を見ていたので、目が疲れた。
20210124-215425

2021年1月22日 (金)

ローレンシャンの秋の魅力を語る動画

ローレンシャン高原の秋の魅力を語る動画をYouTubeにアップしました。
youtu.be/quXFVty0WJA
20代の頃、この地の紅葉の美しさに惹かれ、何度も何度も足を運びました。10年は通ったと思う。
残念ながら、写真集は絶版です。もうどこにもありません。時々Amazonをチェックしていますが、中古もなかなか出ないですね。。。
メルカリでたまに出ますが、出品された直後に売れてしまいます。
Esbicnzvkaajpc5

2021年1月21日 (木)

今年は忙しくする

正直言って、近頃、仕事場のポストを見るのが怖いです。
「事業を終了しました」「雑誌が廃刊になりました」というようなお知らせ状がポツポツ届くからです。
そんな郵便物を受け取るたびに、ため息ばかりをついています……。
どこも頭を痛めているのは、ランニングコストだと思います。家賃や人件費は、毎月待ったなしでやってくるわけですから。

Img20201009150006海外だけをテーマに活動してきた吉村さんは大丈夫か、と多くの人が心配してくれます。
今は、とにかく動き続けることです。僕の場合、オルゴール館の中に「清里フォトギャラリー」という場があるので、作品額を作ったり、写真集やポストカードを販売したりと、自分で仕事はいくらでも作れます。

「YouTubeとか見ると全然売れてなさそうだけど大丈夫?」とよく言われますが、写真集やポストカードなどはポツポツ売れているんです(笑)
清里を訪れる観光客の皆さんが「へ〜、こんな本があったんだ」と買ってくれます。オルゴール館から送られてくる3カ月毎の報告書を見る度に、「えっ、こんなに本が売れたんだ!」と驚いてばかりです。
数日前のブログに書きましたが、僕は写真集が出ると、数十冊買い取っているんです。それが売れれば利益になる。

「こわれない風景」や「緑の島に吹く風」などの復刻版も出したいなと思っています。清里フォトギャラリーと、池袋ジュンク堂書店限定販売にすれば、すごく売れると思う。
本作りまでやるとなると、今年は忙しくなりそうです。前向き、前向き。

写真撮影に関しても、春から精力的に動きます。
日本を撮ると言っても、東京人を受け入れてくれる所とそうでない所があるでしょう。
取材前はPCR検査から、と思っています。法人割の回数券を買います。 

何をするにもまずは抗体検査からと思い、先週、思い切って抗体検査に行って来ました。血液を採って専門機関に送る検査だったので、プチ高かったのですが、今の自分の状態を知る意味では受けてよかったと思います。陰性だった。

今も必死になって作品額を作っています。YouTubeの写真集解説動画も早く撮りたい。
毎日忙しいです。

2021年1月20日 (水)

カレンダー額について

カレンダー額と表紙額、今日で予約受付を終了いたしました。
明日21日、額屋さんに制作を依頼します。
ジュンク堂書店、清里フォトギャラリーを通してご注文頂いている作品額も、明日から制作を行います。
こちらの方も、もうしばらくお待ちください。

ジュンク堂書店に展示した作品額は、別の販売店さんに行くものと、清里フォトギャラリーのサイトに載せるものをセレクトしています。徐々にサイトにアップしていきますので、もうしばらくお待ちください。まずはアクリル作品からと思っています。

「八ヶ岳 寒いほどお得フェア 2021」、緊急事態宣言の発令を受け、今年は中止となったようです。
萌木の村の通販サイトでは、気温に合わせて価格が変動する毎日お得セールを開催中です。是非チェックしてみてください。
https://www.yatsugatake-beer.com/?mode=grp&gid=2519156

2021年1月19日 (火)

シャオミ スマートバンド5

Img20210120001243 先日シャオミからスマートバンド5が発売になったので、Amazonでポチりました。
輸入業者さんたちが販売する5は山ほどありましたが、どうしても公式日本語版が欲しかったのです。

Mi Fitアプリを入れ、スマホとペアリングして使ってみました。
なかなかいいです。メールなどの通知も確実に来る。問題は文字が小さいこと。45〜50才以上の人は、誰からメールが来たのかわからないと思う。もちろん僕も読めませんでした(笑)

ちなみに、Gmailの本文まで読めるのは、Wear OS by Googleで動くウオッチだけです。その他は通知だけ。 

明るさ最大で使っていますが、バッテリーの持ちはすこぶるいいです。1日10%落ちるだけなので、1週間以上は確実に持ちます。
軽いので、腕につけていることを忘れます。寝るときに付けっぱなしでもまったく気にならない。深い眠り、浅い眠り、覚醒など、睡眠記録も確実に取ってくれる。

何故スマートバンドを買ったかというと、体のある記録を取りたかったかです。先日ドクターに言われた。1カ月くらい、腕に付けっぱなしにしておくつもり。

いずれにしても、このような完成度が高いスマートバンドが4000円台で買えるって、凄いことだと思う。

3年前に買ったTicWatchは時々使っています。
新しいPro3が出ましたね。何と、Qualcomm Snapdragon Wear 4100搭載です。
TicWatch Pro3は、いつかは手に入れたいと思いますが、まだ価格が高く、コメントも色々上がっているので、半年は様子見です。

2021年1月18日 (月)

ジュンク堂書店へ

朝一でスタバに行き、キーボードを叩きます。
「写真のひみつ」第23回をアップしました。
https://kaz-yoshimura.com/

Img20210117132031 その後、ジュンク堂書店へ。2時間ほど掛けて作品額の梱包を行いました。
明日の夜、CX-5で撤収です。1回では入らないので、2往復になるでしょう。
明後日から別の作家さんの作品展がはじまるそうです。

ジュンク堂書店は、いつ来てもたくさんの人。理由は、都内で一番大きな書店であり、品揃えがいいからです。
9階の奥には「ふるさとの棚」があり、各県に関する本が県別にずらりと並んでいました。長野の本も充実しており、次のテーマ探しで片っ端から読みたくなった。
Amazonなどのネット書店は確かに便利ですが、新しい本との出会いが生まれません。一冊買うと、一応お勧め本は数冊出てきますが、いわゆる関連書であり、僕にとってはお勧めでもなんでもないのです。
リアル書店は、次から次へと新しい発見が生まれる。たとえば長崎県の棚に目をやると、「へ〜、こんな本があるんだ」という感じで。

4年前、清里フォトギャラリーを始めるとき、実は一角をミニ書店にしたかったのです。
どの作家さんも、余っている本が何冊かあります。本が出たとき30冊自分で買ったけど20冊しか献本しなかったので10冊余ってしまった、という感じで。そんな本を委託で預かって並べれば、面白いコーナーができたと思う。

ジュンク堂書店を巡っていたら、ふと4年前の小さな夢を思い出しました。
Img20210117132022

2021年1月17日 (日)

作品展、終了いたしました。ありがとうございました。

Img20210117130656 最終日ということもあり、切れ目なくお客さんが訪れました。
本がとてもよく売れました。20冊くらい出たと思います。

あっという間の2カ月間でした。
コロナ禍、それも緊急事態宣言下での開催となりましたが、やってよかったと思います。
やるかやらないか迷ったときは、絶対にやった方がいいですね。
おそらくあと1〜2年はいまの状態が続くでしょう。これからも色々なことにチャレンジしていこうと思います。

年末までのオーダー分は、すべて制作が終わっており、皆様に連絡が入っていると思います。
今年に入ってから今日までのオーダー分は、来週、額屋さんに制作を依頼します。完成次第、ジュンク堂書店から連絡を入れますので、もうしばらくお待ちください。

あと、吉村事務所の方で直接行っているカレンダー額&表紙額は、皆様からのオーダーを確実に受け取っております。(こちらからお返事出来ず、申し訳ありません)
予定通り20日で締め切り、21日にまとめて額屋さんに制作依頼をします。2月初旬、完成品が届き次第お送りいたします。こちらの方ももうしばらくお待ちください。

一つのことが終わり、頭の切り替えが出来ました。
また明日の朝から全力疾走でいきます。
まずは早起きしてスタバに行き、「写真のひみつ」の原稿を1本書いて昼までにアップします。
YouTubeの作品集解説動画もどんどん撮ってチャンネルの方にアップしていきます。

«2回目のライブ配信

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31