フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

2022年12月31日 (土)

【お知らせ】

🍁2023年度版カレンダー
Calendar20231 「Seasons of Splendor 美しい世界をめぐる旅」

Amazonでの販売が始まりました。
アマゾンはこちら ↓

https://amzn.to/3TmX3IP
2023年のテーマは「美しい世界をめぐる旅」です。明るい気分になれるような色鮮やかな作品を選びました。見返しの額装用作品は、プリンスエドワード島の「フレンチリバーの朝」です。印刷は、700線のハイビジョン印刷、他のどのカレンダーよりも美しいです。
【アマゾンおすすめ】タグがつきました。皆さんの高評価、ありがとうございます。

🍁「朝日カルチャーセンター・立川」でトーク
001_20220909183901_20221114222801 12月3日(土)
「写真で巡る世界で最も美しい村」
予約が必要です。全国からオンラインでも視聴できます。
詳しくはこちら
https://www.asahiculture.jp/course/tachikawa/b69a7978-0a42-51b5-3261-62a30a1c2c05

🍁「吉村和敏写真展 美しい世界をめぐる旅」
2022omote_20221114223501 11月29日(火)まで
山梨県清里「萌木の村」オルゴール館内
是非お立ち寄りください。
詳細はこちら
https://hallofhalls.com/news/1430/

2022年11月27日 (日)

夜、ライブ配信を行います。今まで出した写真集について語ります

Tさんから手打ち蕎麦が届きました。最近蕎麦打ちに凝っているらしいです。
美味しくいただきました。

Tさんとは、僕が高校2年のとき、北海道釧路行きのフェリーの中で出会いました。僕は北海道を電車で巡りましたが、Tさんはバイクで旅するライダーだったのです。 

以降、ずっと年賀状で繋がり、20代の頃、何度かご自宅にお邪魔したことがあります。写真展の会場でもお会いしている。
38年以上のつながりって、凄いことだと思う。

------

今日の夜、おそらく20時くらいから、YouTubeライブ配信を行います。
今までに出した写真集の紹介を、はじめてライブでやってみようと思います。
写真集の紹介動画の更新は1年以上滞っています。年末にかけ、4冊ほどライブで紹介していきます。
Img_20221121_112346

2022年11月26日 (土)

ブラックフライデー

どこもかしこもブラックフライデーです。
確かにアマゾンは色々なモノが安くなっている。というか、どの商品もちょくちょく安くなっているので、ブラックフライデーを機にまた最安値になった、ということでしょう。
別にいま、欲しいのはありません。あるにはあるのですが、高額なカメラやレンズになるので、たとえ数万安くなったとしてもおいそれとは買えない。
Img_20221126_223359 いずれにしても、何か買わないと損なような気がしたので、SDカードケースをポチりました。 

このように商品をたまに値引きする、ということはショップにとっては大切なことですね。だから商品が動くのでしょう。
吉村さんのギャラリーで販売しているアクリルや作品額もときどき値引きすればいいのに、とよく言われますが、これは無理です。現在の価格は、制作費とオルゴール館の手数料を払うとギリギリです。また今は、材料費がアップしています。値下げでなく値上げしたいのが本音です。

いつかまた自分のギャラリーを持てたら、古物商の許可を取り、作品の買い取りをはじめます。
不用になったアクリルや作品額を持って来てもらえれば、その場で価格を出し、次の作品額が買えるクーポンを発行します。
外国のギャラリーは、お客さんが10万円で買った作品額だったら、ギャラリー側は10万円で買い取ります。そして次は15万で売る。
日本はまだそこまで成熟していません。買い取り価格は下がります。

2022年11月25日 (金)

動画の撮影カメラ

今日3時間ほどフリータイムが生まれたので、ハッピードリンクショップの動画を編集し、YouTubeにアップしました。
前回は8月だったので、4ヶ月ぶりです。

https://youtu.be/t3F6X1yMjLU

この2年、色々なカメラを買って動画撮影を行ってきましたが、今はDJI Pocket 2、1本に絞っています。何より使い勝手がいいし、映像がキレイ。
車の走行時はどうやって撮影しているかというと、このDJI Pocket 2をシャツの胸ポケットにポンと入れているだけです。簡単です。
Img_20221125_212436 稀に、一つ前のDJI オズモ Pocketを、ネックマウントを使い、首からぶら下げることもあります。
ただこれはあまりお勧めしません。運転していて格好が悪いから。これをするんだったらGo Proの方がいいでしょう。

このようなガジェット系の製品は、Ulanzi(ウランジ)が一番いいです。

2022年11月24日 (木)

決算です。都心へ

吉村事務所は、吉村1人しかいませんが、一応法人です。
法人なので、年に一度、決算というのがあります。今日は都心にある税理士さんのオフィスに足を運びました。

法人にしたのが2005年だったので、来年で18周年ですね。よく持ったなあ〜と感心してしまいます。
起業することは簡単です。誰でもできます。ただ存続は難しい。会社形式になると出る方も大きくなるので、多くの会社が倒産します。
ネットではよく「起業しましょう!」と言っていますが、安易に会社をつくっては絶対にダメです。

アート関連の仕事は、今後ますます厳しくなっていくでしょう。
今は、ネットを使って個人が作品を発表し、収益化できる時代です。プロの存在価値がなくなっていく。

僕は数年前から、こんな時代が来ることを予測していました。だから清里でギャラリーをはじめたのです。
もちろん今も、写真家を継続していくにはギャラリーしかないと思っている。場所は清里ではないかもしれませんが、いつかギャラリーを再開させます。
Img_20221125_122037

2022年11月23日 (水)

スマートウオッチを使って早くも1年経過

フォッシルのスマートウオッチを買ってから早くも1年経過です。月の流れは本当に早い。
海外へ行くときはアナログ時計ですが、日本にいるときはスマートウオッチを使っている。通知が確認できるので、そこそこ便利。

2022年は、まったくと言っていいほど魅力的なスマートウオッチが出てきませんでした。GoogleのPixel Watchは、あまり購買意欲をそそらなかった。 
いま、Tic Watch Pro 4の発表を待っています。よければ買う。 

フォッシルの新製品でもいいのですが、いま使っているジェネレーション5との違いがそれほどない気がしている。
ジェネレーション5は、なかなか価格が下がらなくなりました。僕はこれを11,550円のときに買っています。

20221123-204618 価格の変動は、アマゾンに表示させることが出来ます。ブラウザでクロームをお使いの方は、拡張機能でKeepaを追加してみてください。すべての商品の価格履歴がわかるようになるので、これ、とても便利です。

近頃、日本人のスマートウオッチの使用率の高さに驚いてばかりです。特にOLはかなりの率でApple Watchを使っている。
個人的にはアナログ時計が好きですが、体のデータを取りたいときは、どうしてもスマートウオッチになってしまう。
右手用に、シャオミのSmart Band 7 Proを買ってしまおうかな、と思っている今日この頃。

2022年11月22日 (火)

夢のつり橋

午後、1人で各地を巡り、主に風景を撮影しました。川根本町は広いので、魅力が盛りだくさんです。
SLが有名ですが、先月の自然災害の影響で、今は走っていません。復旧は来年になるとのことでした。

大井川には、いくつもの吊り橋が架かっています。
午前中、大井川で一番長い吊り橋を歩き、夕方は、夢のつり橋まで行ってみました。又寸峡から徒歩30分、往復1時間です。
恋の願いをすると、その恋が叶えられる、という伝説がある吊り橋です。よって、若者に人気がある。今日もたくさんのカップルが吊り橋を目指して歩いていました。
この吊り橋も自然災害の影響で渡ることが出来ません。崖の上から写真を撮りました。

夜、東名高速を走って東京へ。
ご存じのように、夜の高速は工事渋滞があるので、なかなか進みません。
到着は1時を予定していましたが、23時には東京に入ることができました。疲れた。
Fikydjewqaesjll Fiju1qkxwaangn

2022年11月21日 (月)

川根本町を巡る

Img_20221121_140328 役場の担当者様にご案内いただき、川根本町の見所、人を取材していきました。
前田工房の茶箱。1点1点職人さんたちが丁寧に生み出していました。防湿、防虫、防酸化機能があるので、カメラやレンズ、フィルムなどの保管庫としても使えそうです。
川根ライダーハウスやおきの女将さんは、セロー250も所有していました。改めてセローはいいな、と思った。ハッピードリンクショップのプロジェクトが終わったら、スバルR2を手放し、中古のセローを購入しようと思っています。
夜は、ゆる宿Vokettoに宿泊。築140年の古民家を改装したゲストハウス。オーナーは世界中を旅したバックパッカーです。夜、2時間くらい話をしました。
Fid7ngwiaa3pu3 Fiexafoxwaa8nra Fii33ylwyamwlb0

2022年11月20日 (日)

静岡、川根本町へ

CX-5で東京を出発。東名高速を走って静岡へ。
やはり車は新幹線の3倍くらい時間がかかりますね。昨日は電車にして正解でした。

ナビ通りに走って茶畑の中にある村、川根本町へ。
農家民宿にチェックイン。お婆さんが一人でやっている宿です。夕食は豪華でした。

疲れたので、今日は早く寝るつもり。

明日は晴れると思います。
明後日、時間が取れればどこかからライブ配信を行います。
Img_20221120_180450

2022年11月19日 (土)

静岡のSBS学苑でトーク

新幹線に乗って静岡へ。
東京からたったの1時間で静岡駅に着いてしまうので、遠出した感はまったくないです。神奈川、埼玉、千葉に行くような感じ。
Img_20221119_124746 SBS学苑でのトークショー、50名集まりました。「世界の最も美しい村」をテーマに、1時間半、語ります。

よくよく考えてみたら、静岡でのトークは初めてではありませんでした。34年前、有名なゴルフ場のホテルでトークを行っていたのです。
1年間のカナダ旅が終わり、帰国した21歳の吉村君。「赤毛のアン」のイベントがあるのでプリンスエドワード島について語ってくれないか、という仕事が入り、篠崎書林の編集長と一緒に静岡入りしました。
人前で喋るのは生まれて初めてです。超がつくほど緊張した。
こんなときはスーツでないといけないと思ったので、スーツを着て行った覚えがあります。9800円のスーツ。
そう言えば、出版社に売り込みに行くときも、都心で打ち合わせがあるときも、スーツで行きました。当時の自分は今と違って純粋でした。

あの頃、プリンスエドワード島の写真をたくさん持っていたので、色々な所から声がかかったのです。雑誌や新聞、広報誌に次々と写真が発表でき、カメラマンになるきっかけを掴んでいけたのです。みんなから、「吉村君、凄いね〜」と言われましたが、同時に、「吉村君ってすぐに消える」とも言われていた(笑)

でも、35年間、消えることなく、写真家を続けることが出来たのです。まあ、それなりに努力はしましたが。

危機は、今ですかね。SNSの普及によって個人がどんどんと自分の世界を発信でき、収益化できるようになったので、プロの存在感はますます希薄になっています。
これからの時代、よっぽど工夫していかないと、プロの写真家は生き残っていけません。実際、昭和世代の写真家は次々と「消えて」います。
円安の影響で、日本のカメラメーカーは儲かりすぎて笑いがとまらないみたいです。こんな時こそ、フリーランスの写真家を助けてもらいたいですね。

静岡のトークショーは無事に終了。ひかり514号に乗って東京に戻りました。
明日からまた静岡です。車で行きます。
Img_20221119_172736

«携帯の見直し