フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

2020年7月 2日 (木)

「質より量」の時代だけど、「量と質」が目標

YouTubeの動画1本と、
youtu.be/TWBSYRH23Z4
連載「写真のひみつ」に4回目の原稿をアップしました。
kaz-yoshimura.com

ネットの世界は若者たちには叶わないことがわかっています。
でも、頑張る。若者に負けてたまるかっ、て感じ(笑)

若手の写真家は、撮った写真をその日のうちに全部SNSで発表してしまう。
オジサン写真家は、それが出来ない。ベストショットは、今後のためにキープしておきたくなる。

以前から、「量より質」と言われてきました。「質」がいい方が、最終的には評価が高くなるのです。
でも今の時代は、「量」がすべてなんです。それほど世の中のスピードが速く動いている。
つまり「質より量」ですね。
まあでもやはり、「質と量」を目標に頑張ります。
0009 20200703-200444

2020年7月 1日 (水)

ハードディスク

コロナはかなり長引くような気がしている。
とにかく今やるべきことは、徹底した経費削減。
吉村事務所は毎月の倉庫代がかなりの負担だったので、この3カ月間で、色々な物を処分しました。倉庫はすべて解約した。
今後、にっちもさっちもいかなくなったら、軽自動車に乗り換える。

実はデータ保存のハードディスク代も結構大変なんです。どうしても月に4〜5万は掛かる。
ここ数ヵ月間、新規の撮影があまりないので、それほどデータ量は増えていきませんが、それでも既存のハードディスクが故障するので、やはり定期的に買っていく必要がある。
先日は、2台のハードディスクが故障しました。仕方なく、今日秋葉原で4TBを4台買ってきた。
あと、初期の頃の撮影データを実家のパソコンに逃がすため、8TBを2台買わなければいけません。
Img20200703132924

2020年6月30日 (火)

連載の方は、1行あけることにした

先月、ホームページkaz-yoshimura.comの方をリニューアルし、連載ページを作りました。

でもまだ多くの人がこのことを知りません。Twitterで情報発信をしても、効果はフォロワー数の7〜8%にしか届かないと言われているので、実際「写真のひみつ」を読んだ方は、150〜200人くらいでしょうか。アクセス解析を見ても、だいたいそのくらいでした。

続けていけば読者は増えていくとは思うのですが、時々、やっぱり書くのをやめようかな……と思ったりもするんです(笑)

読者を掴めないといのには、僕にも原因があります。それは文章がダラダラと長いから。一般の人は、この連載ページを見た瞬間に疲れてしまうのです。

通常、ネットの文章というのは、行の区切れ目を1行あけて構成します。ニュースサイト、個人のブログなど、全部そうです。ちなみに今日のブログは1行あけています。

僕も最初、どうしようかと迷ったのですが、1行あけることなく、通常の改行のみにしました。昭和の人間なので、紙の本のようなスタイルがいいと思ったからです。

でもやっぱり、ネットの場合は改行で1行あけるべきですね。その方が断然読みやすくなる。スマホで読んでも目が疲れない。

次回から、1行あけにします。すでにアップした3回分も、時間のある時に修正します。

まあでも、芸能人のあの行間スケスケの3〜5行ブログは、どーして好きになれません。でも、短文にして顔文字をバンバン使うことによって、数万人の読者を掴むことができる。

ネットの世界は難しいです。。

2020年6月29日 (月)

変化のスピードがあまりにも速すぎる

午後、プリンター用紙を買いに都心の量販店に行きました。
よく商品の横に置かれた小さなモニターで紹介動画が流れていますよね。何とその紹介動画、YouTuberが出演していました。以前は写真家だったのですが。。。
旅行会社の企画ツアーも、YouTuberの○○○さんといく旅、というようなツアーが多くなってきた。
今後、写真家はますます厳しくなっていくでしょう。写真家に限らず、フリーランスと呼ばれる人たちは、よっぽど表現の仕方を工夫していかないと、ほぼ全員がアウトです。

以前は、世の中の仕組みが変わるときは、緩やかに変化していったのです。
しかしデジタルと共存する今は、何事も急速に移り変わってしまう。ハードディスクが故障し、一瞬で大切なデータが消滅してしまうように。つまり、半年後、1年後のことは誰にもわからないのです。

コロナの問題だってそう。今年の2月頃までは、誰もが普通の生活でした。それが、この2〜3カ月ですべて逆転してしまった。今は大企業も、個人も、みんな苦しんでいます。
カナダの、あのシルクドゥソレイユが経営破綻。今日は朝からショックでした。

僕は常に3〜5年後の自分を見て行動をしていますが、近頃はこの急激な変化に翻弄されっぱなしです。

2020年6月28日 (日)

少し異なる方向から

連載「写真のひみつ」第3回をアップしました。
先日、新幹線の行き帰りで書いた原稿です。
出来れば週一くらいのペースで書いてアップしていきたのですが、一週間があまりにも早く過ぎ去ります(笑)
写真の撮り方となると、日本の場合、構図はどうするとか、絞りやシャッターはいくつにするとか、フィルターはどうやって使うかとか、だいたいそんな感じになります。
今の時代、カメラの設定に関することはネットに情報が溢れているし、写真の撮り方の本を買ってこればいくらでも書かれています。
よって、僕の場合、テーマの決め方とか、旅の仕方とか、少し異なる方向から写真の楽しさを探っていこうと思います。
あっ、もちろんカメラの選び方とか、シャッターや絞りの設定の仕方などにもふれます。このあたりは秋くらいになるでしょうか。
https://kaz-yoshimura.com/
20200628-231512

2020年6月27日 (土)

写真家の仕事場

日本列島の上に梅雨前線が停滞してしまったので、いったん東京に戻りました。
Img20200627211857 仕事場の机の上に山となっている郵便物。今になって、20日発売の写真雑誌を開封して見ています。
「デジタルカメラマガジン」7月号に、「写真家の仕事場」という特集があり、これがなかなか面白い。105ページに吉村の仕事場も紹介しています。中井さんは軽キャンピングカーか。いいな。

スマホを新しくしました。OPPO Reno3 Aです。いつかYouTubeで語ります。やはりFeliCa搭載というのが決め手。今は新幹線も在来線の特急も「ピッ」で乗る時代です。
日本では、これからOPPOが存在感を増していくでしょう。HUAWEIとXiaomiは、早くSuicaに対応させるべきだと思う。

6月前期にご注文いただいたオーダー作品額は、制作が終わり、本日ゆうパック小包で発送いたしました。日曜日着となります。遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

2020年6月26日 (金)

CP+のトーク

今年、CP+2020は中止になりました。
その時に喋る予定だったトークを、ペンタックスのホームページで配信しています。
約50分の長い動画です。お時間のあるときにでもご覧下さい。
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/event/2020/cp2020stage/?utm_source=rim_top_4bnrs&utm_medium=banner&utm_campaign=cp_seminar

https://youtu.be/Oke0Mj-T-NU
20200626-205758

2020年6月25日 (木)

地方の魅力

地方を旅していると、「いいところがいっぱいあるなあ〜」「住みやすそうな街だなあ〜」と考えてばかりです。
多くの人が大きな家に住んでいるし、車も一家で1〜2台所有している。
ちなみに僕も地方出身者。もう人生の半分以上は東京ですが、松本の方が、どう考えても暮らしは豊かです。
これからは地方の時代が来ると思います。テレワークが進むと、地方で暮らして仕事をする人が増えてくる。
実は僕も、松本の実家に仕事場があるのです。昔自分が使っていた部屋に、Macのパソコンと27インチモニター、プリンターを置いています。が、先日コロナ対策で、光フレッツを解約しました。よって、テレワークが出来ません(笑)
まあでも原稿書きの仕事は出来るので、夏はしばらく実家に籠もろうかと検討しています。

2020年6月24日 (水)

深夜のガストにて

時間のある時にふらりと旅しているように見えますが、実は天候を計算して旅をしているのです。
スマホで一番見るのは天気予報と天気図。いつも、晴れそうだな、という時を狙って旅に出掛けます。
晴れにも色々あります。空気が澄んでいる初日の晴れが一番いい。2日目の晴れは若干靄が掛かってきます。3日目はさらに霞みが増してくる。
2日目、3日目になると、普通に写真を撮っただけでは空が青くなりません。そんな時、PLフィルターを少し回転して霞を取ってあげます。100%効かせてはダメ。このあたりのテクニックは、ゆくゆく連載でふれていきます。
連載は、ネットにあふれている当たり前の写真テクニック講座ではありません。吉村流のテクニック講座です。よって、多くの写真愛好家からは、「それは間違っている」と指摘されるでしょう。
しかし僕は、その間違ったやり方で、この30年間、写真を撮り続けてきたのです。

Ebrhyhnucaebewb 炎天下、日焼け止めをぬりったくり、6時間も歩きました。
夕方から曇りの予報でしたが、20時頃までどうにか青空は持ってくれた。マジックアワー、ブルーモーメントを狙いました。

電車に乗って、ホテルに戻ります。深夜まで営業しているガストは、写真家にとってはオアシスですね。 
食事の後、野菜ジュースを飲みながら、スマホからこのブログをアップしました。

2020年6月23日 (火)

旅の途中

Ebliobxuyaauijc今日から国内取材です。新幹線である街へ移動。
今、どこに入るにもまずは手の消毒から。エレベーターは四隅に4人まで。コンビニも1メートル間隔でレジに並びます。そして街行く人はみんなマスクをしている。100%です。
旅をしていると、世の中が大きく変わってしまったことがわかります。

空や海はどこまでも青いです。
今日は3ヶ月ぶりに美しいブルーモーメントを撮影しました。

«明日から国内取材です

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31