フォト

LINK

2024年4月14日 (日)

ネットで購入したもの

スイスの原稿、なまなか進まないです。
村にある小さな聖堂は、ネットで調べても出てこない。
まずは6〜7時間自分になりに頑張ってみて、その後、質問事項をまとめてスイスに送る、という流れを取っています。
パソコンに向かっている変化のない生活ですが、空き時間にネットで色々なものを購入しまくっているので、毎日何かが届きます。
この1〜2ヶ月で、買ってよかったと思うものをまとめました。

●ドライボックス
https://amzn.to/3PZbtja
2個購入し、カメラやレンズを入れています。別売りの乾燥剤を2〜3個入れていけば、グングン湿度が下がります。常に35%くらいをキープ。
ただやはり、一個の方は湿度計が壊れていました。販売店に、湿度計のみ交換してもらいます。
ネットの口コミでは湿度計の初期不良が多い、と書かれていますが、やっぱり自分もはずれを引きました。
いずれにせよ、ドライボックスはカメラやレンズの保管にはたいへん良いので、あと4〜5個買うつもりでいます。

●紛失防止タグ
https://amzn.to/3xMaH2A
これ、いいです。何でもっと早く買わなかったんだろう。
いまは財布に入れていますが、鍵やカメラバックなど、すべてに取り付けたくなりました。
次はバッテリー交換式を買ってみます。
https://amzn.to/3JkXQae

●帽子
https://amzn.to/49ANX2X
AmazonでこのCAPを買いました。
CAPはなかなか大きいサイズがないんです。Amazonで大きめサイズを見つけたので、速攻でポチりました。
なかなかいいです。
最初、スノーピークのCAPを買おうと思ったら、5000円以上しました。ちなみにカナダグースのCAPは3万円以上です。

●本「ブーヴィエの世界」
https://amzn.to/3Q4TEzf
スイスの原稿を書いているとき、ブーヴィエが出てきたので、本を購入してみました。新品は高かったので、中古を買いました。が、これが失敗だった。
本の中は書き込みだらけ。幸い鉛筆書きだったので、まずはその書き込みを消しゴムを使って全部消すことからはじめました。
ブーヴィエは読みにくそうな文章を書く方(改行がない)なので、読破するのにかなり時間がかかりそうです。
スイスの本が終わってから読んでみます。楽しみ。

Img_20240414_165433

2024年4月13日 (土)

長野市、高崎市経由で東京に戻る

立ち寄りたいところがあったので、長野市経由で東京に戻ることにしました。

マツダCX-5、ホント、燃費がいいです。
3週間前、甲府のエネオスで燃料を満タンにしました。その足で東京に戻り、昨日東京から清里へ、清里から松本へ、松本から長野市へ、そして今日東京へ移動。全走行距離は850km。まだ燃料が1/4残っているんです。
スバルもすごくいい車だったのですが、いかんせんガソリン車は燃費が悪かった。

長野市経由で東京に戻るときは、群馬県の藤岡PAまで下道を走ります。群馬県内は全く道を知らないので、ナビに任せています。
Androidオートで、スマホナビに道案内をしてもらうのですが、Googleマップナビは、県道とか田んぼの中の道を好んで案内する(笑)
「えっ、何でこんな道なんだ」と思いますが、実はこれこそが、AIが導き出した目的地へ行ける最短ルートなんですね。
確かに渋滞はすべて回避しています。

最近、スマホナビの頭があまりに良すぎるので、純正ナビの必要性を全く感じません。次回から、ナビをオプションでつけるのはやめようかなと考えています。AndroidAutoやAppleCarPlayがあれば十分。

スマホナビの唯一の欠点は、高速のサービスエリアの詳細が出ないこと。ヤフーカーナビは頑張っていますが、AndroidAutoに接続、つまり車のモニターで表示させると、何故か詳細が出ない。
まあでも、この機能の追加も時間の問題でしょう。グーグルもアップルもいつかは対応してくると思う。

近い将来、純正ナビは確実になくなると見ています。
どんなに背伸びをしても、スマホのAIや、リアルタイムのデータ分析には叶わないです。

そうそう、昨日、「萌木の村」を歩いていたら、一年ぶりくらいで職人のAさんとばったりお会いしました。実はAさんはペンタックスユーザーで、Limitedレンズを4本お持ちです。
Limitedレンズのいい点とイマイチな点を教えてくれた。
ペンタックスのカメラやLimitedレンズについて、10分くらい立ち話をしたのですが、何とその日の夕方から、僕のスマホに、Limitedレンズの広告ばかり出るようになりました。ペンタックスは広告を出していないので、メルカリやヤフーオークションのLimitedレンズ出品の広告です。

そう、スマホがしっかりと2人の話を聞いていたのです。これはAndroidだけでなく、Appleも同じです。Siriはしっかりと人の話を聞いている。
スマホ、恐るべしですね。
いつの日か、AIに人間が支配される時代が来るのかもしれません。

今日は8時間ほど車を運転しましたが、ずっとAmazonMusicで音楽を聴いていました。
僕自身のことを学習しているので、好みの曲を次々と流してくる。以前は曲を選んで再生していましたが、今は選曲をAmazonに任せています。こんな曲があるんだ、と新しい発見に繋がるから。

今日いいなと思ったのは、LUHICAの「独り言花」と小柳ゆきの「J」(これはカバー)です。

Img_20240413_131056

2024年4月12日 (金)

2ヶ月ぶりに清里へ

朝、清里に行こうと思い立ち、車をスタートさせました。
甲府昭和で中央道を下り、韮崎のいつものローソンでランチ。
13時には清里「萌木の村」に到着しました。

ネットでご注文いただき、「サイン入り」を希望された方の写真集にサインを書きました。
週末発送予定です。お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。

オルゴール館の店頭に、クリアファイルがあと少しだけありました。おそらく4種(1種売り切れ)。ご希望の方は、オルゴール館にお電話でご注文ください。レターパック代の送料がかかってしまいますが、お送りすることも出来ます。

清里フォトギャラリーのネット通販のサイト、更新が滞っており、申し訳ありません。スイスの本の準備が終わるまで、なかなか手が付けられない状態です。

いずれにせよ、早くこの通販サイトをどうにかしなければ……と焦りまくっています。
というのも、何もしなくても、毎月サイトの使用料がかかるからです。赤字がどんどん膨らんでいく。

世の中キャッシュレス化になり、カード会社や代行業者に支払う手数料がばかにならない額でどのお店も大変、というネットニュースを読みました。
自分でショップを持ってみると、そのことがよ〜くわかります。
もう二度と現金の時代は来ないでしょうね。近い将来、お札やコインは確実になくなります。

2ヶ月ぶりに清里に来たので、持ってきたカメラで写真を撮りました。
「萌木の村」の春の表情、美しかったです。
正確には、春の気配ですね。桜の花や芽吹きはもう少し先です。

夕方、松本へ移動します。
車内ではAmazon Musicを流しっぱなしにしているのですが、今日は昭和のヒット曲が流れてきました。
昭和の歌って、いいですね。何を聴いてもグッとくる。今の時代の歌って、ノリはいいのですが、心に響かない。

レベッカの「MOON」、いいですね。名曲だと思う。
尾崎豊の「僕が僕であるために」、何だか聴いていると泣けてきます。
20代のはじめの頃に戻りたいなあ〜と、心の底から思います。

Img_20230429_091732

2024年4月11日 (木)

写真の入稿の流れ

雑誌の写真の入稿はどのようにやっているかというと、まず、編集者に「JPEG」データを送ります。
使用写真が10点くらいとしたら、いつも3040点の写真を送ります。そう、多め、多めが喜ばれるのです。

写真集の場合は、ある程度自分で使用写真を決めることができますが、雑誌や広告、カレンダーは、写真家に写真の選択権はありません。特に雑誌の場合、100%、編集者やデザイナーがセレクトします。
「週刊文春」や女性誌、僕が度々写真を発表してきた「日本カメラ」「デジタルカメラマガジン」「MOE」も同じです。

カメラマンとして駆け出しの頃、自分で写真選びが出来ないことに戸惑ったこともありましたが、今は「どんな写真が使われるんだろう……」という楽しみに変わっています。

使う写真が決まったら、編集者さんから連絡が入ります。どこもファイル番号が記されたサムネイルで送ってきますね。

その写真をハードディスクから取り出すのですが、この時使うデータは「RAW」です。
そしてRAWを現像し、レタッチし、TIFFで保存して入稿データを作ります。
雑誌の場合、サイズはだいたい360dipで左右40センチくらいですね。

作業が終わったら、ギガファイル便で編集者さんに送ります。
カメラマンの作業はこれで終了。

その後、編集部では、レイアウト作業→印刷会社に入稿→色校という流れで、雑誌が形になります。
吉村さんにも色校を送りましょうか? とよく連絡が入りますが、東京にいる時はチェックしますが、旅に出ているときは、色のチェックを編集者さんにお任せしています。

今日の夕方、先日取材した新潟の錦鯉の使用写真の連絡が編集者さんから入りました。
3時間ほどかけて、現像、レタッチを行い、夜には本データを送ることが出来ました。
雑誌の発売日が楽しみです。

Img_20220320_155826

2024年4月10日 (水)

コスパ最強のワインを買って、飲む

またまたスイスの原稿が始まったので、ブログも書けないほど、大変です。
1村は、原稿用紙3枚くらいですが、色々なことを調べ、それらをつなぎ合わせて一つの文にしていくので、2〜3行書くのに2時間くらいかかってしまう。毎日、あっという間に夜です。時間がいくらあっても足りない。

ある村の石造りの建物には、有名な芸術家夫妻が夏の間滞在し、しばしジャン・バディスト・カミーユ・コロー、ポール・ギュスターヴ・ドレ、シャルル=フランソワ・ドービニーなどを招待していたとか。
知らない人ばかり(笑)

2年前のスイス取材で、あるワイナリーを取材しました。
オーナーの方とは英語で色々と話をしたのですが、ワイナリーはホームページがあるので後で調べればいいや、と取材メモを全く取らなかったのです。
で、ホームページをチェックしたら、ワイナリーならではの醸造の秘密がどこに隠されているのか、全くわからなかった。ワインの作り方を調べた後、スイスの協会の方にメールして教えてもらう。
その繰り返し。

今日の午後、ワインの原稿で四苦八苦していたら、急にワインが飲みたくなってしまい、近くのローソンに駆け込み、コスパ最強のワインと言われるCASA SUBERCASEAUXを買ってきました。
確かに美味しかった。

よくよく考えてみたら、今年初めてワインを飲みました。このところビールが続いていた。

Img_20240410_191243

2024年4月 9日 (火)

今日から原稿書きスタート。Amazonで本を買う

パソコンは、電源をONにしてから本調子になるまで2〜3分かかります。
それがいやで、仕事場にあるデスクトップパソコン常にスリープの状態のままにしています。スリープからだと、キーボードをポンと叩くだけですぐに復帰できる。

僕自身の頭もパソコンと同じです。特に原稿書きに関しては、1〜2ヶ月の期間をあけてしまうと、なかなか本調子になれない。
3月は写真選びを行っていたので、原稿は1本も書いていません。
つまりこの間で、原稿を書くコツを忘れてしまっているのです。今日は原稿が全く進みませんでした。

ジュネーブ郊外にあるビュルサン村。
荘厳なワイナリーがあり、たまたま庭仕事をしていたオーナーが話をしてくれました。何と彼は、旅行作家ニコラ・ブーヴィエの甥とのこと。ニコラ氏は、日本に滞在中、写真家としても活躍しています。
早速Amazonで、ニコラ・ブーヴィエの本を購入。まずは読んでみることにしました。

原稿書きは大変ですが、今まで知らなかった世界が明らかになっていくので、面白さもあります。

20240410-121135

2024年4月 8日 (月)

終日写真選び。気晴らしはウォーキング

今日も朝から写真選び。夜までにロマンシュ語圏の4村のセレクトを終えました。
明日、編集者さんにデータを送ります。
これで、フランス、ドイツ、イタリア、ロマンシュの写真選びに目処がつきました。

明日の午後から、新規で加わった7村の原稿書きがはじまります。資料が全くないので、かなり苦戦するでしょう。5月のゴールデンウェークまでには終わらせるつもりです。

毎日毎日パソコンに向かっています。
カメラいじりや、メルカリ&ヤフオクでの買い物にはまった時期もありましたが、それも飽きました。今の気晴らしは、YouTubeを観たり、コンビニでコーヒーやチョコを買うくらいでしょうか。
あと、夜のウォーキングは細々と続けています。最近体力がなくなってきて大変なんです。

こんな時こそ、何かをガツンと買えばいいのですが、いま、欲しいものが何もないですね(笑)
10年前は、最新カメラとか、8×10大判カメラとか、新しい車とか、物欲の固まりのような人間で、カタログばかり眺めていたのですが、今はその想いがかなり萎んでいます。

プチ欲しいのは、サムスンのGALAXY S24 Ultraでしょうか。
最近機能をいじっているだけで、いい気晴らしになりそうです。まあでもすぐに飽きるでしょう。

今のスマホはシャオミです。この会社が電気自動車を造ったとか。
欲しくはないけど、一度は運転してみたいです。
なぜ日本では新しい車の会社が誕生しないのか、不思議ですね。富士通とかパナソニックなどが造ればいいのにな、といつも思います。

いま、多くの人がやっているNISA。興味はありますが、なかなか重い腰が上がらないです。
昨年、本を読んで勉強したことがあります。IPOはトライしてみようと思ったのですが、それからダラダラと月日だけが流れてしまった。
何か欲しいものがあり、よし株で儲けて買ってやる! という明確な目標があればいいのですが、先に書いたようにあまり物欲がないので、結局NISAもやらず終い。

いずれにせよ、半導体の次はあの時代が来ると思うのです。いつか関連企業に投資してみたいです。

Img_20240407_145954

2024年4月 7日 (日)

忘れ物防止タグを買った。これはいいです

多くの人が使っている「忘れ物防止タグ」。
先日の取材で、それが役立つことがありました。
僕も急に欲しくなってしまい、Amazonで購入します。

Android用は幾つかの種類があり迷いましたが、まずはTileというのを一つ買ってみることにしました。

https://amzn.to/4aom6UP

なるほど、スマホとはBluetoothで結ばれ、接続が切れた位置情報が地図に記録されるというわけですね。つまり財布をなくした場所までさかのぼることができるのです。

あと、同じ忘れ物防止タグを使っている人のスマホのTileアプリが、Bluetoothによって自分のタグを検知すると、位置情報を教えてくれる、ということもできるようです。

試しにタグを、少し離れた車の中に置いて実験してみました。
駐車場の横に、人通りの多い道があります。そこを通った人の中で、このタグのアプリを使っていた人がいたのでしょう。道の位置情報がしっかり記録されていました。
なるほど、なるほど。

iPhoneの方は、アップルのAirTagがベストだと思います。たくさんの人が使っているので、そのぶん、落とし物が見つかる確率が高まりますね。

Tileをあと2〜3個買おうと思っていますが、電池交換式にするか、使い捨てにするか迷います。
今回買ったタグは使い捨てです。電池は3年持つとのことですが、おそらくその半分くらいでしょう。となると、電池交換式の方がベターかな。

ちなみにTileは、過去30日間を遡ることができるサブスク有料プランも用意されています。
もちろん無料プランでも何ら問題なく使えます。

Img_20240407_124854 

2024年4月 6日 (土)

大判カメラ8×10で、富士山を撮る動画をアップしました

行き帰りの新幹線で動画の編集作業を行い、今日、YouTubeにアップすることができました。
前半の喋りは3日前ですが、後半の撮影は、過去に撮ってそのままになっていた冬景色の動画です。
本当は8×10で満開の桜を撮りたかったのですが、時間が取れませんでした。。

https://youtu.be/82BGbNaN3Vw

20240407-03429

前回の4×5の動画もそうですが、たくさんの人が視聴してくれるので、たいへん驚いています。
正直言って、昔のフィルムカメラの話や撮影動画なんかあまり観てもらえないだろう……と思っていました。
僕にとって、フィルムの世界は「日常」でした。つまり、YouTubeも、日常でいいということになりますね(笑)
最新のデジタルガジェットを紹介するような動画は、もうやめます。

昨年末手に入れたMamiya C330でも撮影を行います。
実は、2月のスイスにも、35mmのフィルムカメラを持っていったのです。
撮った写真は現像が上がっています。
動画の編集が出来次第、YouTubeにアップします。

2024年4月 5日 (金)

錦鯉の競りを取材する

朝から錦鯉の取材。
ランチはランキング2位の「いち井」で塩ラーメン。新潟と言えばラーメンですね。

午後、錦鯉の「競り」を取材しました。
今年はじめての競りということもあり、テレビ、新聞、雑誌、広報誌など、たくさんのマスコミが取材に来ています。

このような現場では、必ずといっていいほど、テレビのムービーカメラマンと、新聞・雑誌のスチールのカメラマンとがぶつかります。
今回も、スチールの吉村は、場所取りでテレビのカメラマンと険悪な関係になりました。

ムービーカメラマンは、スチールのカメラマンがうざいと思っているし、スチールカメラマンはムービーカメラマンをうざいと思っている。
ムービーカメラマンがよく迷惑がるのが、スチールカメラマンのシャッター音とストロボのピカッとした光です。 あと、スチールのカメラマンが突然立ち上がったりすると、「おい、どけ」とよく言われる。

テレビと新聞・雑誌は、全くの別世界でしたが、最近はスチールのカメラマンもスマホで映像を撮ったりするので、両者の溝は徐々に埋まりつつあります。
僕もYouTubeのときは100%映像です。

錦鯉の取材は無事に終わり、編集者さんとは長岡の駅で別れ、夜の新幹線で東京に戻りました。
新幹線での移動だと、新潟はすごく近く感じる。隣町に行くような感覚です。

Img_20240405_134538

«新潟へ 小千谷で錦鯉の取材