フォト

LINK

« 写真展の準備 | トップページ | 秋葉原で回想 »

2005年10月18日 (火)

携帯メール

それにしても東京は雨ばかりですね。カナダから帰って来て、まだ一度も青空を見ていません。
今日は午後に郵便局と区役所に行ったくらい、ただひたすら仕事場に籠もり、急がれている原稿を進めました。
さて、皆さんからたくさんのメールをいただいています。こちらからお返事をお送りすることが出来ず、本当に申し訳ありません。
実は近頃の感想メール、6割以上が携帯電話から送信されています。アドレスは写真集のプロフィールページに載っています。つまり本の感想をすぐに書いて送ってくださるのですね。ありがとうございます。
ただ一つ困ったのは、携帯電話から送信されている方は、このブログやHPを見ていないということなんです。つまり、「吉村からは返事がいきませんので……」とうお詫びメッセージを知らずにいるんです。
だから、カナダやPE島の事など、たまに10項目くらい質問を書いて「吉村さん、絶対に返事をくださいね!」というメールが送られてきたりもしますが、吉村からはなしのつぶてだったりすると、その方、かなり気分を害されているようなのです。
この問題、う〜ん、どうしよう、と悩んでばかりいますが、いまだ解決方法は見つかっていません。

« 写真展の準備 | トップページ | 秋葉原で回想 »

コメント

全ての人に平等に優しくしようとすると自分に縄をかけることになってしまうかもしれません。
皆それぞれいろんな色を持っていて、さまざまな‘個’があるのだから、誤解を招いたり、合わなくても大丈夫だと思いますよ。
読者からの一途なメッセージには心の中で、‘ありがとう。でもごめんなさい’と言っていれば、今にゆるゆると誤解が解ける日がきっと来ると思います。それまではひたすらハードな日々をこなすことに専念すればどうでしょうか。
これから出る素晴らしい写真集を見ればその方も吉村さんの伝えたい姿勢を理解できることと思います。その日が楽しみですね。
今回は何か真っ直ぐなお悩みを聞かせてもらって、すがすがしくなりました。ありがとうございました。

いつも楽しみにブログを見させていただいてます。
携帯からの感想メールですが、オートリプライを使って、
自動返信されている旨と、感想メールにはお返事が
行かない旨を書かれてはどうかな、と思ったんですが、
やはり来たメール全てにそういったリプライが
返ってしまうのはよくないものなんですかね~?
でも、1人1人に返事が出せないのは仕方のないことですよね。
でもそれを気になさる吉村さんのお人柄もまた、
人を惹きつける要素のひとつだと思います(^-^)

今日は少し晴れましたね。忙しい毎日を送っているようですが風邪など引いてませんか?我が家では私だけが風邪を引いています。。。。でもお母さんは寝込めないぃぃぃ~。
昼間の仕事がかなりハードになってきていてpcを開くのも久しぶりです。写真展は東京ではないんですねぇ。。。。一度横浜でもやってほしいな。。通いますよ横浜なら。。ふふ。
母も毎日家族と家と仕事に追われてます。吉村さんの写真は私の独身時代の大切な思い出の入り口でもあり癒しでもあります。でもやっぱり写真展での強烈な写真の迫力が見たいです。やっぱり写真集では伝わらないものがありますよね。あの思いを又たくさんの人が感じるんだろうなぁ。。。
身体に気をつけてくださいね

HPやブログ、メールの普及のおかげで、著名人の方とも随分近しい関係になったように錯覚してしまいますね、今の時代。
だけど、頂いたメールにひとりひとり返事が返せないというのは深く考えるまでもなく、ごくごく当然のことです。
いつも吉村さんのサイトやブログを見ている多くのファンは、吉村さんがどれだけお忙しい日々を過ごしていらっしゃるかをよーく理解していると思います。
ファン思いの吉村さんだから、心苦しく思われてるんでしょうけど、気になさらないでいていいと思います。
お仕事に集中して頑張ってくださいね!
それと早く有能なアシスタントが見つかるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真展の準備 | トップページ | 秋葉原で回想 »