フォト

LINK

« 8日目 | トップページ | 10日目 »

2007年4月27日 (金)

9日目

つい最近まで東京人の興味の対象は六本木のミッドタウンでしたが、今は東京駅前の新丸ビルになりました。そしてあと半年もすれば、人の流れはまた別の場所に移っていることでしょう。
それにしても東京の文化って、凄まじいスピードで流れていきますね。つまり日本人は新し物好きということなんです。
Img_1747 今、写真展を行っているビルの横に、煉瓦貼りの古〜い建物があるんです。朝、会場へ向かう度に、いい感じだな〜と思っていたのですが、これも取り壊しが決まり、まもなく姿を消します。
旧をなくし、新にする。残念ですが、きっとこれが日本らしさなんです。僕はだんだんと日本はこれでいいのかもしれない……と思うようになってきました。そう、歴史的建造物を撮影する時は、欧州や北米へ行けばいいのです。
今日は金曜日。やはり皆さん忙しいのでしょう、個展会場はとっても暇でした。1時間に5〜6人といった感じでしょうか。
僕は2時半に抜けだし、ある出版社へ足を運び、ある仕事を片付けます。今回のように拠点があると、バッグを置いていくことが出来るので、都心を手ぶらで移動できます。何だかとても新鮮でした(笑)。
Img_1761 写真展には、プロの写真家もたくさん訪れるのですが、広告やファッションの世界で活躍されている方は、とっても景気がいいので、皆さんいい機材を持っているんですよ。カメラをちょっとお借りして、触ってみるのが、僕の密かな楽しみでもあります。今何かと話題のライカM8、そしてM7やM6などもいじらしてもらいました。
明日は土曜日です。さて、人の流れはどうでしょうか。例年ですと、ゴールデンウィーク中の日比谷はひっそりと静まりかえっています。
僕は12時頃から19時まで会場にいる予定です。

« 8日目 | トップページ | 10日目 »

コメント

三信ビル残念です。
昨日車で通り掛ったところ、工事用のフェンス
で覆われていました。

このビルは内堀通りに面しているため、夕日を
遮る建物がないため、夕日に良く映えて綺麗な
んですよね。
結局私はその瞬間をカメラに捕らえることは出
来なかったのですが、今でも目に焼き付いてい
ます。

合掌!!!

三信ビルの囲いを目にした時、大事な物が目の前を流れていくような・・・ショックでした。
近くに用のある時は、必ずあのビルの中を突っ切ってひとときの幸福感に浸ったものでした。
署名活動もあったのですが願いは届かなかったのでしょうか?

>日本はこれでいい
達観ですね(笑)古いものを大事に残していくことに永遠性を感じやすいですけど、常に新しいものに代謝していくことにも別の永遠性を感じませんか??
確かな記憶ではないのですが、伊勢神宮の大切な神事では毎回社を建て直すのだと聞いたことがあります。つまり保存し続けることでモノは「古く」なってしまうだけであり、神聖な何かは今この瞬間にしか存在しないとすると、代謝し続けることでしか現在(=神聖)は保てないというのです。思想の違いを感じますよね(^^;
永久不変のものではなく、刷新されつづけることで永遠性を保つものって写真に表現されるとどんな感じなんだろ。と今ふと思いました…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9日目:

« 8日目 | トップページ | 10日目 »