フォト

LINK

« ゴールドカード | トップページ | 食堂 »

2007年4月 3日 (火)

JPEGで

「わたしも一眼デジカメデビューしました! ところで吉村さんに質問ですが、アマチュアは、RAW(非圧縮)とJPEG(圧縮)、どちらで撮ればいいのですか?」
このような質問が度々寄せられます。
そうですね、回答が難しいのですが、僕は、アマチュアの皆さんはJPEGで十分だと思います。
よく写真講座では、プロの先生方が、「絶対にRAWで撮るべし」と教えているかもしれません。でも僕はその考えに反対です。だって、RAWデータは取り扱いが厄介だし、それに、プリントしたり、コンテストに出したり、パネルにしたりする分には、RAWデータの必要は全然ないからです。それよりも、JPEGでバシバシ「撮る」という面白さを選んだ方がいいと考えます。
でも念のため、JPEGの一番大きなサイズで撮影しておいてください。
もちろんプロは、作品作りはすべてRAWで行っています。(正確にはRAWとJPEGの同時撮り。JPEGはあくまでサムネイルなので一番軽いサイズです)やはりポスターなどの仕事が入ったりすると、どうしてもクオリティーの高いデータが求められるからです。
でも、雑誌からの依頼仕事などは、すべてJPEG(最大サイズ)で撮影しているんですよ。もしRAWで撮ったとしたら、入校前に、数千点をすべて現像しなければならないので、大変なことになってしまうでしょう。考えただけで恐ろしいです
もちろん、アマチュアの方でも、将来プロになりたいと夢見ている方は、やはりRAWで撮影した方がいいですね。

« ゴールドカード | トップページ | 食堂 »

コメント

>JPEGでバシバシ「撮る」という面白さを選んだ方がいいと考えます。
吉村さんのこういう考え方、すごく好きです。始めはとにかくそのもの自体の面白さを味わったほうがいいですよね。道具ややり方にこだわるのは中上級になってからでも遅くないし、そのときの上達度や興味に応じて考えていけばいいと思います。初級のときとは違った見方ができるようになっているはずだし。
春だし、手近なものでなんか始めてみようかな♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JPEGで:

« ゴールドカード | トップページ | 食堂 »