フォト

LINK

« 香川→徳島→高知 | トップページ | 絵になる漁港 »

2007年8月22日 (水)

愛媛へ

朝からグングン気温が上がります。でも東京のジメットした暑さとは違うので、野外にいてもそれほど不快感はありません。
高速を使って須崎へ移動。窪川から四万十川沿いの381号線を走ります。四万十川は確かにシンプルで美しい川ですね。でも撮るのは難しいかな。必死に絵になる被写体を探してみましたが、結局1枚も撮ることが出来ませんでした。
快晴というのもよくないのです。こんな時に写真を撮っても、当たり前の風景写真にしかならない。空には、白い雲が浮かんでいたり、雨雲があった方が面白いのです。
320号線である風景に心ときめきシャッターを押しました。うん、十分に手応えあり。これは写真展で使える作品になるでしょう。
撮影後に時計を見ると3時30分。今日初めてのショットでした。
空腹感を覚えたので、近くのサークルKでパスタを買い、遅めのランチにします。その後、高知県に別れを告げ、愛媛県に入りました。
ん? 香川や徳島や高知とは何かが違う……。車を進めていくと、その違いは民家にあることに気が付きました。古い建物が多く、村としての統一感もあります。
すぐにある村で車を停め写真を撮ります。この作品も写真展で使えるでしょう。
6時、宇和島市に入りました。今日の宿泊先は松山です。高速に乗り、松山方面へと向かいます。途中パーキングエリアの展望台から伊予と松山を眺めましたが、この何気ない風景にも心打たれました。僕の中で、愛媛県は何か感じるものがある。
9時、町中のホテルにチェックイン。今日の走行距離は約620キロ。クタクタです。
すみません、ブログ用の写真を1枚も撮りませんでした〜

« 香川→徳島→高知 | トップページ | 絵になる漁港 »

コメント

愛媛はステキらしいですね。前の上司が愛媛出身でよく自慢話を聞かされました(笑)
撮影された村はどんな作品になったのでしょうか。しっとりした日本の田舎ってどこにも負けない魅力がありますよね。吉村さんの作品ならなおさらだと思います。拝見できるのを楽しみにしています♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛へ:

« 香川→徳島→高知 | トップページ | 絵になる漁港 »