フォト

LINK

« 仕事の合間にふと考えたこと | トップページ | 写真集『PASTORAL』 »

2009年3月 7日 (土)

テスト撮影

もうすぐ海外取材。そこで今日は30分時間を作り、カメラテストを行いました。3ヶ月ほど日本にいたということは、3ヶ月もカメラを使っていないことになります。これだけ期間をあけてしまうと、操作に戸惑いを感じるし、カメラやレンズも心配。だからフィルムを2本ほど撮影し、いつもの慣れを取り戻しました。
歩いては撮る歩いては撮るの繰り返し。結局フォルムを4本も使ってしまいました。月曜日に現像に出し、仕上がりをチェックします。
今、飛行機の重量規制が厳しいので、ホント大変です。今回もフィルムカメラとデジタルカメラを持っていきますが、ズームレンズは各2本くらいかな。衣類に関しても、削れるまで数を少なくします。
昔、海外取材と言えばハードカバーの本を5冊も6冊も持って行けたのです。本用のバッグを別に用意したくらい。でも今は100パーセント無理。せいぜい文庫本が3〜4冊です。

« 仕事の合間にふと考えたこと | トップページ | 写真集『PASTORAL』 »

コメント

いよいよ海外取材の準備も佳境ですね。毎度ながら機材などの荷物のパッキングにはご苦労されるようですね。確かバッグ3つでしたか?
歩きながら試し撮りにフィルム4本も撮影されたなんて、どんな景色を切り取られたのでしょう。何気ないご近所?の風景を吉村さんが捕えるとどんな作品になるのか、見てみたいです(^ー^)

パラストラルの美しい風景や生きている彩りに、心が鎮まるような…そんな思いがしました。そしてエッセイも待ち遠しいです。遠い海外でのお仕事、ご健康ご安全にお気をつけてお帰りくださいね。

お疲れさまです。
いよいよ海外取材の本格的な準備に取り掛かっているんですね。
荷物の重量も相当シビアにチェックされているようで、脱帽です。
シンプルに荷物を纏め、最高最善の写真を撮影してくるというプロフェッショナルな海外取材の写真家の方々の御苦労がよくわかりました。

昨日、仙台で開催中の『赤毛のアン展』へ行ってきました。
作家・モンゴメリの生涯や翻訳家・村岡花子さんの生涯、村岡さんが『赤毛のアン』に運命的に巡りあったエピソードなどや、たくさんの展示物に感動して見入っていました。
昨年出版された、10月号の雑誌「MOE」にも詳しく掲載されていましたが、直接、展示物やモンゴメリ、村岡花子さんの直筆原稿を見る事ができたのはこれが初めてでした。
100年もの長い間、世界中のたくさんの人達に読み継がれてきたこの物語は本当に精神的遺産ですね。あらためて感動です。
併設されていたミュージアムコーナーでは、吉村さんが撮影されたPEIの写真集の数々が展示、即売されていて、たくさんの方々が手にとって観ていらっしゃいましたよ。
あっという間に「プリンス・エドワード島」の写真集が棚から無くなっていました。感動☆
脇には、吉村さん撮影の大きな写真パネルが展示されていて、会場内は大盛況でした。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テスト撮影:

« 仕事の合間にふと考えたこと | トップページ | 写真集『PASTORAL』 »