フォト

LINK

« 出航の様子 | トップページ | まずは由岐漁港へ行ってみた »

2009年6月15日 (月)

カーフェリーで四国へ

Img_2407 今日から国内取材です。
行き先は迷いに迷いましたが、四国に決めました。移動手段はオーシャン東九フェリー(東京—徳島—北九州)を選びます。
朝から必死になって急ぎの仕事を片付けます。夕方、車でお台場近くの東京湾フェリーターミナルへ。
乗り場は混んでいるだろうなあ〜と思ったら、何と徳島行きの乗用車はたったの2台でした。(北九州行きは4台)
ほとんどが大型トレーラー。でも荷台部分を切り離してしまうので、運転手のおじさんたちが乗っているわけではありません。納車前の新車も何台かありました。なるほどメーカーはフェリーを使って運んでいるんですね。
Img_2410 船内はガラガラでした。今日の乗客は50人くらいではないでしょうか。高速の休日割引がはじまってから、フェリーを利用する人が少なくなっているのかもしれません。ちなみに車一台と人一人で、31,390円です。
部屋は2段ベッド。空いているので、214号室は僕一人です。風呂もトイレも清潔。レストランはなく、食事はすべて自動販売機。でもメニューは充実しています。寿司もある。それに船内だからといって決して高くはない。ampmのとれたてキッチンは地上よりも安く、1個たったの200円でした。
Img_2412 19時ちょうどに出港。小雨が降っていましたが、甲板に出て東京の夜景を眺めます。それにしてもいい雰囲気ですよ〜。もう最高です! どうして日本ではもっと船旅が流行らないんだろう……。日本人は急ぎすぎていますよね。
海を見つめていたら、「旅」モードにスイッチが切り替わりました。

« 出航の様子 | トップページ | まずは由岐漁港へ行ってみた »

コメント

おじゃまします。アリタリア航空です。
吉村さん~四国へ取材に来られてたのですね!今日ブログ拝見して知りました。徳島は地元なので嬉しいです。ありがとう。
 多忙な吉村さんは「ここではないどこか」移動を繰り返す事でリフレッシュ&パワーアップしていると思う。 また海外へ取材旅ですか・・吉村さん、旅はいつもジレンマのような想いが交錯するのは、私だけでしょうか?余儀ない旅も夢見た旅も出発する際は切ないですよね。ここではないどこかへいきたい、といつも思うけど、「ここ」が嫌なのではない。吉村さん「ここ」がどんな場所であれ、「ここではないどこか」は、常に私を惹きつけてやまない。「ここではないどこか」の対極にあるのは、あくまでも「居心地のよいここ」だ。吉村さん、だからこそでていくのに意味があるのだし、帰るのもまた意味があるのだと思う。たとえば義母にイジメられているシンデレラや白雪姫が、物語の最後に宮殿という新しい場所を得て、末永く幸せに暮らすのとは、それはだから全然違う。「ここではないどこか」というのは決して、「ここよりいいどこか」ではないんですよね、吉村さん・・・

チョコレート好きなんですね!私もすべてのチョコレートが好きです。なかでもキットカットが好き。コーヒーとチョコの組み合わせです。吉村さん、でも食べ過ぎていつも後悔する。まるでゆで玉子を食べたときの、「なにかとくべつ」な感じににて、チョコレートを食べすぎてしまってちょっとした後悔と、おなかの容積が実感できるかのような極端な不快感。缶コーヒーは飲まない。吉村さん、缶コーヒーは「殺人的な量の」砂糖が入っているらしい・・なんちゃって。
  いつもKYでごめんなさい。
   じゃぁ~また!

船での旅っていいですよね〜♪ 中には高速船なんていうのもあって、普通一晩かけて行くところを数時間で渡ってしまう。
休みも短くいつも急いでいる日本人には便利なのかも知れませんが、私はゆっくり目的地までの時間を満喫したいです。
でも一人旅ならよいのでしょうが、仲間で行こうとすると、必ず何人かは「船はダメ!」と言うので、なかなか実現しません。
ちなみに船では場所によりランクがあると思うのですが、個人的には個室より広い座敷を借りて広々ゴロ〜ンとするのが好きです(^ー^)(船のタイプにもよると思いますが)
吉村さんの旅が快適でありますように(u u)

フェリーの旅☆読んでいて何だか楽しそうに感じました 学生の頃、一度だけ大阪南港⇔九州と一泊かけて往復乗りました…ただ初めてで落ち着かずエンジン音も気になり眠れなかくて でも友人と甲板で夜風に浸っていると、流れ星が見えてはしゃいだ思い出も。星空や朝日も甲板で見ました…ゆったりとしたいい旅だったかも 時間があれば、電車でなく船ってのもまた良さそうですね 海を見つめて旅モードに☆私も何か旅したいぃって移ってきそうですよ
自販機そんなに充実してるんですねへぇ~…高速割引の影響・車メーカーのこと等、今の世情が勉強にもなります

徳島の海岸にもちょっと思い出があるので、今夜は読んでて色々と懐かしい気分にもなりました 

撮影の裏側とか見れるのでしょうか。
なかなか国内旅行の機会がないので、別の街の空気をちょっと感じられるだけでも気分転換になりそうです。楽しみです。

まったく関係ありませんが、NHKの『世界ふれあい街歩き』が放送5周年を記念特番(18日 木曜 20:00~22:44)をやるそうです。

ご参考まで

予定では14日に逆帰国しているはずでしたが、26日まで滞在延期となりました。

お互いモーレツに忙しい毎日を過ごしていても、ふとした合い間に会う時間が作れるといいなと思っています。

因みにNS-旦那はNFへ行ったっきり、既にひと月以上経過しても身動きが取れない状態のまま。

健康管理には十分気をつけて下さいませ。

☆"国内取材、今回はどちらでしょう 南? 西?… 取材、楽しんで来てくださいね

いよいよ国内取材へ出られたのですね!今回はどちらへの旅なのでしょう。
明日のブログのアップが楽しみです♪
青い海?それとも緑の深い山々や田園風景でしょうか?
それは明日のお楽しみですね。お体には気を付けて、取材頑張っていらしてください(u∀u)

吉村さん こんばんはカーフェリーも使っての移動、どちらを取材中なのでしょう…?      明日のムービー更新を楽しみにお待ちしています。
車の運転もお気をつけて撮影、頑張ってくださいね。今回も良い出会いがたくさんありますように

こんばんは。この度はどちらに行かれているのでしょうか。ムービイ上手く操作がまだできません… 明日までになんとか頑張ってみます…今どのあたりの海におられるのでしょうか。この国の自然が遥か昔から育んできた美しい色彩と素朴で温かないき づかいの吉村様のその一期一会の作品を心待ちにしています。秋の展覧会も12月の展覧会も待ち遠しいです!あと何日待たないといけないのかな… まだまだ長い間だなあ…今田んぼの青田をわたる風がすずやかで、水面に映りこむ風景もまるで吸い込まれるようでなんだか生き返るような気がします。いい季節ですね。まずは明日を楽しみに生きていきますね☆

お疲れさまです。
国内取材に入られたんですね
お気を付けて行って来てくださいね
ベストショット☆がたくさん撮れますように~!

わぁ~、明日の更新が楽しみです!
実り多い、素敵な取材旅行になりますよう…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーフェリーで四国へ:

« 出航の様子 | トップページ | まずは由岐漁港へ行ってみた »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

写真集