フォト

LINK

« エクスパック、終了 | トップページ | 出発準備 »

2010年5月16日 (日)

名古屋へ

今日は、クラブツーリズム名古屋さんから、秋の旅行説明会でゲストスピーカーとして呼ばれていました。
9時の新幹線に乗って名古屋へ。いい天気です。確か2年前に来た時は土砂降りの雨だったはず。
会場は名古屋駅から徒歩2分、昨年完成したばかりのウインクあいちでした。で、会場内に入ってびっくり、とにかく素晴らしい施設だったからです。
会場内の照明と演題のスポットは調光がOK。プロジェクターは数百万の最高機種で、もちろんハイビジョン。スクリーンは大きくて真っ白でシワ一つありません。音響も素晴らしいので声がよく響き渡ります。もう何から何まで完璧なんです。今まで何百とトークを行ってきましたが、この会場はトップ3に入ります。
俄然、やる気が出ました。そう、会場が完璧だと燃えてくる。悲しいけど、これは真実です。(逆に会場がいまいちだと、それでも頑張ろう、頑張ろうと努力する自分がいるので、明るさや音響や写真の写り具合などに気を使い、トークにミスが目立ちます)
僕の出番は13時15分から。約40分間、ローレンシャン高原の秋の魅力を熱く語りました。
会場が素晴らしいと、講演がとてもやりやすい。同時に、僕が海外で受けた感動を、100パーセントそのままの形で皆さんに伝えられるような気がするのです。
とにかく今日は会場が素晴らしかった! 
終了後、名古屋駅へ移動。アイスコーヒーをグビッと飲んだ後、新幹線に飛び乗り、東京に戻りました。名古屋は隣町に行くような感覚です。
Img_3157


« エクスパック、終了 | トップページ | 出発準備 »

コメント

ホント! 立派な会場ですね!
確かに吉村さん、会場の出来具合いでとても気をつかわれるようですね。いつ伺ってもトークは完璧のように思いますが…(^ー^)v。
それにしても、名古屋が隣街!? へっちゃらでトンボ帰りされるのですね(^_^;)。さすが、フットワークの軽い吉村さん!
海外取材で一日500キロとか平気で走られてると、日本は狭く感じられるのかも知れませんね(笑)。
お疲れの出ませんよう、お休みもとってくださいね(u u)

こんにちわ!
すごくキレイな会場ですね~これなら吉村さんの写真が映えますね。
クラブツーリズムよく利用していました。
昨日は月と金星がきれいだったんですね。
空をみあげませんでした・・残念。
花水木さんのコメント、なんだか素敵で癒されました(* ̄ー ̄*)

みなさんの叙情的なコメントに癒されました。
日常に追われて空を見上げる事を忘れかける時があります。
今日の夕方は久々にベランダに出て西の空を眺めてみます。

吉村さんは相変わらずお忙しいのですね。
設備の良し悪しがトークの質を左右するというお話し、吉村さんの表現者としての情熱に感動しました。

設計者の意図があったかどうかはわかりませんが、天井には空が、床には湖がさらに広がっているように見えますね。清潔感があり素敵ですね。それにしても、青ってやっぱりきれいですね。特に空の青。
 昨日の夕方、三郷のコストコから出たときに心に飛び込んできたのは、美しい月と星、思わず周りにいた人に「きれいですね」と教えてあげました。突然話しかけられて一瞬怪訝な顔をした人も、空を見た瞬間に「あ、ほんとだ!」と表情が緩んでいました。そして、友人にもすぐに電話しました。夕食の支度をしているという友人でしたが、しばらくすると「夫と見ているわ。きれいね。今夫が写真を撮っているのよ」と電話がかかってきました。写真・・・でも、この感動は・・・なかなか撮れないのよね・・・と思いました。そう考えると、人間の目と脳はすばらしいですね。正しい色合いで写し取り、記憶し、いつ、どんなときにも3Dで取り出せる・・・・。私は写真家ではないので良いカメラも良い技術も持っていませんが、この感動の記録に関してはなかなか良いものを持っていると思います。感謝すべきことだと思っています。
 美しい光景に限らずですが、記憶が古びないためには、すぐに何度も思い出す・・段階的感覚想起法・・が役に立ちます。
 吉村さんも過去のことを良く覚えていらっしゃいますから、この方法を使っておられることが良くわかります。
 幸福な人生に本当に役に立つ情報(映像、音、風景、そして何よりも知識)を若いうちから取り入れていかれますように。

吉村サンのトーク どんな内容だったのでしょうか。どこの会場でも ベストを尽くしていらっしゃる姿
ウインクあいち ですか?
良かったですね。
紅葉の湖水の 美しさ
田植え前の田んぼ
水 と 陽光 と 風景が 神さまからのプレゼントではないか とも思います
今朝、突然の桜吹雪シャワー に優しさを受け、 夜の 三日月と星に愛おしさを感じる 。
元気になってきました &

夕刻の空、金星と三日月がアクセサリーのように美しく見えていました。買い物途中の若者たちも心打たれたのか、たくさん携帯を空に向けていました。娘も必死で携帯を空に向けていましたが、だめだわぁ〜と残念そうでした。美しい景色に触れた感動を残したいと思う心理は、誰にでもあるものなのですかね…どういう深層心理なのでしょう…
私は美しい三日月に触発されて、梅酒に氷を浮かべてPASTORALを眺めました。すると夕刻に肉眼で美しいと感じた三日月よりも、ずっと美しい景色がならんでいました。改めて、吉村さんの作品たちは、すごいと感じました。
吉村さんは、そろそろ風のように旅立たれる準備が整われた頃ですかね…

ローレンシャン高原の秋…本当に綺麗ですよね(*^_^*)
名古屋の会場では最新の設備で、快適で完璧な状態での講演会だったことでしょう!お疲れさまでした\(~o~)/
スクリーンに映るローレンシャン高原の色合い、吸い込まれそうですね~(+o+)
一昨年秋に、仙台会場で吉村さんが講演してくださった中で、写真を左側と右側を別々に撮り、写真集にする段階で、それをつなぎ合わせると…大パノラマになるというお話…すごく印象的でした。
これからの海外取材も体調を万全に頑張ってくださいね(*´v゚*)ゞ

こ・・ここは素晴らしいですね!
この写真からも十分それがわかります。
床に反射してる青が良いですね。
そして、このローレンシャンの見事な水鏡は大好きな1枚です。

こんなに良い会場で、こんな高画質で吉村さんの熱いトークを聴くことが出来たお客さんは本当にうらやましいです。

素晴らしい会場での吉村さんの熱いトーク…何もかも素敵だったでしょうね
私は写真集「ローレンシャンの秋」を先ほどまで拝見してました。…いつ見てもぞくぞくするほど美しいです。今日お話を聴かれた方々は夢心地だったかも…
お疲れさまでした。
「隣町に行くような感覚」で名古屋まで行ってしまう吉村さん…やっぱりすごいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋へ:

« エクスパック、終了 | トップページ | 出発準備 »