フォト

LINK

« 火山地帯へ | トップページ | 雨、晴れ、虹 »

2010年5月20日 (木)

カメハメハ大王像

_5211698

夜にまた雨が降ったようです。路面が濡れていました。
クロワッサン3つを食べた後、行動開始。今日は北部を巡ることにします。
まずは19号線を一気に走り、カパアウの町まで行ってみました。この間、何かときめく風景を発見したら撮ろうと思ったのですが、ハワイ島って、絶景が少ないんですよね〜。延々と溶岩流の大地が続く不毛地帯、景色は単調です。
カパアウでは可愛らしい教会を撮影しました。もしかしたらこの風景、僕にしか気づかない被写体かもしれません。
_5211695_2その後、近くにあったカメハメハ大王像を撮りました。カメハメハ〜って歌、何故か歌えます。どこで覚えたんだろう?
ポロル渓谷展望台へ行ってみます。それなりに迫力ある風景でしたが、凄まじい風です。レンズ交換の時、カメラと三脚が風に飛ばされます。それを阻止しようとカメラを掴んだら、機材の突起で、腕を切ってしまいました。ペロペロ舐めていたら血が止まりましたが、絆創膏は常に持っていないとダメですね。
_5211701250号線、19号線を走って峠を越え、ホノカア・タウンへ行ってみます。まずはワイピオ渓谷の遠景を撮影。でも観光写真を撮った感じ、作品としての手応えはありませんでした。
3時間一気に車を走らせ、コナの町へ戻ります。ホテルで15分ほど休憩した後、海辺から夕景を狙いました。

« 火山地帯へ | トップページ | 雨、晴れ、虹 »

コメント

吉村さんの鼻歌から出た小さなエピソードをひとつ…
吉村さんには毎度おなじみの私の職場の夕方の休憩室にて…
♪ハメハメハ~♪なんだよね~と話題を提供すると、え~♪カメハメハ~♪で合ってんでしょう…!っておばさん達から総攻撃をくらいました。(私もおばさんですが…)若い女の子が、ハメハメハで…って加勢してくれましたが、おばさん達は一向に聞く耳をもちません。追いつめられた私はTwitterでまさもんに助けを求めると、包丁のように切れ味のあるツイートを頂き、それを読み上げる事により一刀両断、おばさん達を爆笑とともに切り捨てる事が出来ました。
まぁ、どうでもいい話ですが…
それより、かっぽう着から着替えた白衣のおばちゃんから一言、申し上げなければいけませんね。
傷をぺろぺろ舐めて~…あり得ませんね。
私のようなファンが(まさもん曰くマニア)吉村さんにはついていながら、舐めて…はないでしょ…(-_-;)
今度、お会い出来る時には覚悟しておいて下さいよ…(^.^)/~~~

吉村さん お帰りなさいませ。そしてお疲れさまです。

懐かしい歌ですね(笑)。へー「ハメハメハ~」なんですか。知りませんでした;

取材紀行の続きゆっくり読ませていただきます。ありがとうございました。

澄みきった青空が、高く、自生の木がより高く感じます。
純白の教会は、清楚で可愛い。海外では祈りの場所として、皆さんが足を運ぶのですね。素敵です
(余談ですが、なぜ日本は、こういった開放感が無いのでしょうか。)

私も、「みんなの歌」は 好きな番組でした!
海からの吹き上げる風は、強そうですね。
カットバンや消毒薬、風邪薬胃薬も携帯したほうがしたよいのでは。
それと、日焼け止めも一緒に

教会の写真…「吉村さんの」って感じで、妙に安心感?をおぼえる私です
海や空のブルーが、やはり日本のそれらとは違いますね。実際目にしたら、緑も日本のとは違ってるのでしょうね
歌を口ずさんでる?吉村さんも拝見してみたいと、ちょっとだけ思っちゃいました

ハワイに行くと絶対その歌が頭の中で流れますよね(笑)
みんなそうかもしれないですね。

あの歌・・・実は「ハメハメハ大王」なんです。
正確には「南の島のハメハメハ大王」
森田公一が作曲です。
某国営放送の「みんなのうた」で流れてました。おおむかし(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメハメハ大王像:

« 火山地帯へ | トップページ | 雨、晴れ、虹 »