フォト

LINK

« 鉄道写真にトライ | トップページ | 伊那周辺を撮影 »

2010年5月 9日 (日)

飯田周辺の撮影

朝、高速に乗り、いっきに南下します。
飯田インターで高速を下り、各地を巡って被写体探しをはじめます。陽射しがきつく、風景を撮る気が失せてしまいます。こんな日、PLフィルターを使ってしまうと、コントラストが高まり、色がどぎつい写真になってしまう。だから僕は、PLフィルターってあまり使わないんです。皆さんも使い過ぎには注意してください。
午後、天竜峡近くである村を発見、小さな広場である巨大な花を見つけ、数カット撮影しました。花っていいですね。信州の風景の中で引き立っています。
でもその後、撮りたいと思う風景と出会わなくなりました。
撮影が思うようにいかないと、精神的にかなり疲れてきます。コンビニの駐車場に車を停め、コーヒーとパイの実で休憩。10分間、昼寝をしました。
夕方、国道を北上していきます。薄雲が広がりはじめたので、写真的にはパーフェクトです。ある場所で8カットほどシャッターを押すことに成功しました。
信州取材では、やたらめったらシャッターを押さないようにしています。最近のデジカメって、いくらでもバシャバシャ撮れてしまう。でもたくさん撮ってしまうと、逆に撮った写真を見なくなるし、整理も大変です。写真展では、60〜100の作品があれば十分。つまり1回の取材で2〜3カットのベストショットを生み出せれば上出来なんです。
さて、恒例となっている今晩のホテル探しです。
飯田より伊那の方が宿泊料金は1000円ほど安いのです。ホテルの数が多く、競争が激しいからでしょう。
携帯サイトで「ルートイン伊那インター」(5500円朝食付き)を見つけ、早速予約します。1時間後、チェックイン。
出来て間もないホテルらしく、部屋はとても綺麗で快適です。LANも高速だったので、随分とデスクワークがはかどりました。

« 鉄道写真にトライ | トップページ | 伊那周辺を撮影 »

コメント

先生の植物のお写真が好きです。今は「マーガレット」を待受にさせて頂いています。絵本のような構図に、お花が微笑むかんじで素敵ですね。

ローレンシャンの写真などを見ていると結構PLフィルターを使った写真が多いですよね。
でも以前にもブログで、あまりフィルターは使わないとおっしゃっていましたし、被写体によって向き不向きがあるということでしょうか?

僕はPLをつける時でも効果は半分くらいにしています。最大効果では使いません。
広角だと偏光ムラが出ることもありますしね。

虹を撮った時は最大の効果にしましたが。
虹をほとんど見えなくすることも出来るんですよね。いろいろ試したら面白かったです。

本当に、この時期の信州は新緑と花々でキラキラと美しいです。
街路樹のポプラ、花水木も…。
ただ悲しいことに、この美しい植物・花がもたらす花粉で辛い症状を伴ってきました。(涙)
複雑な心境です。
巨大な花…多分あの花でしょうか。

吉村サンおすすめの「パイの実」食べてみました。
チョコ と パイ生地の割合がちょうど良く、甘過ぎず、パイ生地が口の中で サッと溶けます。ついつい食べてしまう感じです。

なるほど〜! 前に食べた事はありましたが、ここまで 観察しながら 食べたのは 初めてです。
美味しい!頬が緩みます。
好奇心旺盛で、試してみたくなる性格なのです。
また 教えてください。チャレンジ!してみます。

朝から一日撮影、お疲れサマでした。
パイの実ブレイクの成果か、納得のいく撮影が出来たようでよかったです!
でも朝からずっと撮影に走り回られて、夜にはデスクワークとは、出張?先でも大忙しですね(^_^;)。
ご無理なさらないで、ちゃんとお体休めてくださいね。

昨日の菜の花や林檎の花は、すぐに可愛らしい姿を思い浮かべられますが、「巨大な花」って何でしょう?気になってしまいました
呟きから大変そうなご様子が感じられました。でも、よ~く吟味されてシャッターを押してらっしゃるから…なのですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田周辺の撮影:

« 鉄道写真にトライ | トップページ | 伊那周辺を撮影 »