フォト

LINK

« 東京に戻る | トップページ | 20代、板橋区 »

2010年9月29日 (水)

MOOK「海の向こうのカントリーハウス」

今回の風邪は、ノドと関節のモーレツな痛み、鼻づまりと怠さです。でも、高熱が上がって寝込むほどではありません。
今日の午後、3件の大切な打ち合わせがあります。気合いを入れて家を出ました。

風邪×仕事で、一つ思い出があります。
13年前、雑誌「私のカントリー」の仕事で、編集者さんライターさんと一緒に真冬のアメリカ、ボストンを取材しました。一軒一軒、インテリアを撮影していくという仕事です。
何とこの大切な取材の初日に、大風邪を引いてしまったのです。
その日は高熱と戦いながら、フラフラになって撮影を行いました。辛そうな僕を見て、取材先のおばさんが、ジンジャー入りのハチミツ湯を作ってくれたことを思い出します。
翌日も体調は最悪でしたが、超気合いを入れ、頑張りました。
3日目、体調が回復し、5日日は普通に戻りました。
今となってはいい思い出ですが、あの時、よく撮影ができたなあ〜と、自分の頑張りをほめてあげたくなります。若いから無理がきいたのかな(笑)
ちなみにその時の取材の成果は、「私のカントリー」の本誌に40ページくらいの大特集で載りました。
その年、海外取材をまとめたMOOK『海の向こうのCOUNTRY HOUSE』も出版されました。1/3が僕のインテリア写真です。(ニューイングランド、ニューファンドランド、プリンスエドワード島のクリスマスが吉村の担当)
もちろん10年以上も前に絶版になっていますが、先程アマゾンで中古をチェックしたら、6点出品されていました。興味のある方は手に入れてみてください。素晴らしいMOOKですよ。(吉村さんって、こんな写真も撮っていたんだ〜とびっくりするでしょう)

あっ、ブログを書いていたら、また少し熱が出てきました。やばっ。今日は早く寝ます。。。

« 東京に戻る | トップページ | 20代、板橋区 »

コメント

こんにちは。

『海の向こうの。。。』、とっても懐かしいです。今も大切にしていて、ときどき眺めています。

吉村さんのことを知ったころだったかな、そういえばこの写真、吉村さんぽいよねって、名前を見たら、やっぱり吉村さんで、見つけられた自分がとてもうれしかったのを覚えています。

写真家さんは、お写真が名刺のかわりになるんだなぁ。。。ってそのとき思いました。

その後、お体の具合は快方に向かわれたご様子、どうぞ、くれぐれもお体を大切になさってください。
「無理がきく」ってことを頼りにしてはいけません、よ(*^_^*)

初めまして(^-^)

お仕事がんばってくださいねぇ~(o^-')b

お熱はさほどではなくても、不快な症状が重なるととても辛いですよね。打合せお疲れさまでした。
アメリカでのおばさんの心遣い、とても素敵なエピソードですね。その温かさが吉村さんの回復を手助けしてくれたのかもしれませんね
ハチミツジンジャーはお届けできない私だけれど、一日も早いご回復を心からお祈りしてます(*v.v)。

吉村サン、村サン→ 吉村サンです。すみません。

村サン、当時「私のカントリー」は、購入して良く見ていました。
家や 家具や 手作り小物に興味があり、大好きな本でした。
そのカントリー志向で、現在の家にあるものを付けたのです。
きっと本に感動しながら、吉村サンの撮影した写真を見ていたのですね。
感慨深いです吉村サンの、ありがとうございます。
本があるか、探して見ます。

吉村サン、治りがけであっても、睡眠と ビタミンをしっかりとって体調維持して下さいね。
「1日、一個のリンゴは医者いらず」というお言葉があるそうです。お大事にして下さい。

吉村さんのパワーには頭がさがりますよ~。とにかく睡眠です。早く治って欲しいな・・。
13年前の「私のカントリー」持ってますよ!えっ~あの写真はそんなに具合が悪い時に撮影されたものだったんですね!!(゚ロ゚屮)屮 その時はこの写真が誰が撮影したなんて気にもとめませんでしたが、食い入ってそのページ読んでました。
巻末の方はPE島の写真でしたよね?PE島の写真が載っていたので購入した記憶が・・。そして後に吉村さんを知り、今に至ります。

そうでしたか。。。
風邪、ひかれて大変でしたね(>_<)
若かりし頃から(今も充分若いですからね)吉村さん、モーレツなお仕事をされていたのですね。。。
そんな中での集大成での私のカントリーの特別号、早速見たくなり、アマゾンで注文しました(*^-^)
カントリー調の素敵な住まい満載のお写真、楽しみです(*^^)v
どうかお身体を温めて、生姜はちみつ湯やお薬を飲んで、早めに治してあげて下さいね(人><。)お大事にしてください

ビックリ!! 海の向こうの。。。大好きな本です 見過ぎてページがとれてます☆知り合いのカメラマンも参加していましたが まさかまさか吉村さんがそんなに沢山のページを担当なさっていたとは・・☆これから押入れに頭を突っ込んで探して 吉村さんのページをみますね♪
風邪 お大事に!!

とっても辛そうですね

吉村さんのブログはいつも熱く、読んでいてやけどしそうになりますが、今日のは本当に熱そうです。
でもきっといつものようにすぐ復活されるでしょう。
病は気から・・・という言葉が吉村さんにはぴったりです

大丈夫ですか?心配です…
病院に行くのが無理で薬店の薬で対処するなら、漢方処方だと私としては、喉の痛みに効果的な銀ぎょう散がお奨めです。眠くならないし…もし、漢方がいまいちと思われるなら、喉の痛みにはやっぱりイブプロフェンとトラネキサム酸あたりが配合されているルルEXなどがお奨めです。
正直、風邪薬は楽にするためのもので治す力はありませんが、炎症を抑える力ぐらいはありますので上手に使用してくださいね。
症状が微熱で疲れないくらいの入浴ならかえって免疫効果を高めるといった話も聞いた事があります。とにかく、ご無理をなさらずに、ゆっくりお休みになられるのが一番だと思います。取り急ぎでごめんなさい。

こんばんは

お忙しい毎日をお過ごしですね。

風邪は、如何ですか。

お大事になさってください。

来月は、カレンダーや書籍などが販売されるのですね。

とても楽しみにしています。

どうかご無理なさらないように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MOOK「海の向こうのカントリーハウス」:

« 東京に戻る | トップページ | 20代、板橋区 »