フォト

LINK

« 岐阜より | トップページ | 合掌集落 »

2010年9月26日 (日)

岐阜の白川郷へ

朝、東京駅から新幹線に乗りました。行き先は岐阜の白川郷。「日本の最も美しい村」の総会に出席するためです。
名古屋でひだ5号に乗り替え高山へ。その後バスで白川村へ。着いたのは2時過ぎでした。編集者のAさんは、11時には到着したようです。僕も名古屋から高速バスを使えばよかったな……。
Imgp7377総会は明日です。よって、今日はフリー。宿泊先となる平瀬温泉の宿に荷を置いた後、近くの神社で行われた獅子舞を見学しました。日本の伝統芸能に感動。その後、どぶろく祭りに参加。三杯ほどいただきました。

総会に参加する人たちは白川郷の宿に分散して泊まっています。僕は群馬の六合村の方々と一緒でした。六合(くに)ってまったく知らなかったのですが、素晴らしい所らしいですね。夕食の時、色々な話を聞いてイメージが膨らんだので、いつか訪れてみようと思います。

« 岐阜より | トップページ | 合掌集落 »

コメント

写真拝見してビックリ 私もその神社で撮影しておりました 前日にバイクで松本を出て永平寺を撮り 海岸でキャンプ 白川郷から帰る途中でした うーん ニアミス お逢いしたかったー

ご無沙汰しています。
六合村は養蚕集落として重伝建地区に選定されているすばらしいところです。私も訪ねてみましたがしっかり長閑さが残っています。しかし世界遺産暫定リストに残っていますから登録されれば長閑さが維持できるかはいささか疑問です。農家集落が農家で残らない国ってどうなんでしょうかね。とはいえ是非訪れてみてくださいませ。

吉村サン、岐阜の白川郷は行ったことはありません。雪国の知恵が あの茅葺きの民家に生かされ、暮らしがある美しさですね。
やはり冬に 宿泊体験してみたいですね。
楽しそう。寒さも体験です。囲炉裏をかこんで、夜中まで語り合いたいですね。(イメージしただけで、なんとも楽しくなります。)
茅葺きの作業を地域の皆さんでやられると聞きました。
昔からの暮らしには、ご不便もあると 思います。美しさの深い所には そういった暮らしがあるのですね。

獅子舞の躍動感、さすが! 郷土芸能や 神楽のような 無形文化財も 残していきたいものですね

獅子舞…なんて躍動感に溢れたお写真でしょう!

背景に写る風景の色合いのコントラスト、静と動…
秋祭りに行きたくなりました


勇壮な獅子舞、すごいですね!実は写真では見たことがあるのですが、こんなに美しく、動きを見事に捉えられたお写真は初めてです。見入ってしまいました(*^-^)
今日は新しく、六合村との出会いも吉村さんを待ってたのですね。ご縁が繋がっていくって素敵なことですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜の白川郷へ:

« 岐阜より | トップページ | 合掌集落 »