フォト

LINK

« マンモスへ | トップページ | アメリカ→日本へ »

2010年9月12日 (日)

ソルトレイクシティに戻る

実は朝食券をもらっているのですが、ホテルの朝食、すごくマズイんです。コーヒーも単なる黒いお湯を飲んでいるような感じ。
だからマックに行き、ビックブレックファーストを食べました。あのポテトの揚げ物、実に脂っこいですよね。でも美味しい。どうしようか迷いましたが、1個丸々食べてしまいました。
マックのコーヒー、やっぱり美味しかったです(^_^;)。

ホテルをチェックアウト。朝の眩しい光を浴びながら、ハイウェイ20号線を西へ向かいます。
1時間ほど走ると左手にティトン山脈が見えてきました。ちょうど反対から見る形になります。こちらからの眺めも美しいですよ〜。今日は時間がないので麓までは行けませんが、いつか撮影してみようと思います。
途中から15号線に乗り、南下して行きます。
ガソリンを給油する時に、マックに立ち寄りコーヒーをテイクアウト。10分ほど休憩しました。
ドライブのコツ、それは眠くなったら休憩する、ことです。見通しのいいハイウェイでの大事故の多くは、ほとんどが居眠り運転が原因。僕も眠くて眠くて仕方ない時がありますが、そんな時はサービスエリアに車を停め、仮眠を取るようにしています。

5時間後の午後2時、ソルトレイクシティに入りました。交通量の多いクネクネしたハイウェイを走り、空港へ。まずは近くのホテルにチェックイン。その後、空港まで行き、レンタカーを返却しました。
フロントガラスの傷に関し、係員は慣れた感じで保険の手続きしてくれます。僕はサイン一つで終わり。北米でフロントガラスが割れるプチアクシデントなんて、しょっちゅうなんです。

ホテルに戻り、3日ぶりにメールをダウンロードしました。吉村とコンタクトが取れなかったので、みんな焦っているようです。本当に申し訳ありません。。。

ホテルのレストランで夕食。シーフードパスタを食べましたが、味が濃く、まずかったです。食後、なんだか気持ち悪くなりました。
メール書きなどの仕事を片付けた後、AM1時にベッドに入ります。

« マンモスへ | トップページ | アメリカ→日本へ »

コメント

吉村サン、今回の旅の食事は お腹をこわしたり、脂っぽい食事が多かったようですね。
旅のお疲れの一つに 食事が合わなかったこともあるかも。
何でも食べれるたくましさと 大好きなコーヒーでで 乗り越えた感じですね。
ソルトレイクシティに戻り、ホッとしたことでしょう。
お疲れ様でした。

次のテーマ…見つかって良かったですね。
楽しみにしています。

マクドナルドのコーヒーは、わたしの友人たちもおいしいと言っています。
 わたしはコーヒー党ではないので、本当はどこがおいしいのか・・・微妙な違いなどは分かりません。でも、コーヒーを入れる過程が好きなので、毎日2~3回は入れています。これまで有名な高いものなども含め色々な粉を試してきましたが、「多分、これが一番おいしい・・」と思うのは、ビッグAのものです。二種類ありますが、どちらもおいしいです。
 家族も客たちも「おいしいね、どこのコーヒー?」と聞きます。だから、本当においしいのだと思います。実はわたしも友人の家で、「おいしい!、どこのコーヒー?」と聞いて、使うようになりました。
 開封して、缶に入れ替えるときや、毎回スプーンですくうときの感触が軽くて、新鮮な感じがあります。
 しかも・・・とても安いです。コーヒー党ではないわたしのお勧めです。安いので一度試してみてください。

コーヒーが美味しかったのが、唯一の救いでしたね。読んでいる私まで、げんなりしてしまうような食生活でした。今回の旅の期間は、いつもよりも少し短めだったのは幸いですね。日本に帰られて、繊細な美味しいものを沢山召し上がって下さい。やっぱり日本に帰ると心が…、という言葉はこんな食生活からも出てきた言葉なのかもしれませんね。

ソルトレイクシティってアメリカで住みやすい街のひとつに入っていたと記憶します。学問に力を入れている都市っていうのも聞いた事があるような。
松本市と姉妹都市なんですよね!
アメリカではほんとに食事にあたらなかったようですね・・。
吉村さん、ほんとにコーヒーがお好きなんですね。私も大好きですが。今度、スタバのモーニングブレンド買ってみます!

アクシデントにどうじない吉村さんって、なんかカッコイイ~(・∀・)イイ!

アメリカで美味しい食事に巡りあうことは奇跡に近いですよね・・・
ここ何年かマックを食べる機会が増えたので、慣れてしまったのか最近わりと平気になりましたが、以前はマックをポテトとバーガーのセットで食べると気持ち悪くなってました。

先ほどの本に書いてあったのですが、アメリカのインターステイツで起きる死亡事故は、何もないところ、一見もっとも安全そうな所で起きることが一番多いとのことでした。これはアメリカに限らないことみたいですが。
一見危なそうな道路のほうが、かえって死亡事故が少ないそうです。ほとんど世界中で。

今回の旅では、お食事があんまり合わなかったようですね。その代わり?度々登場するマックのコーヒーにはずいぶん癒されてらっしゃるご様子…。お口に合うものと出会えてよかったですね(*^-^)
フロントガラスが割れることが北米では「プチアクシデント」だということは、今回初めて知りました。日本で運転してる私には未経験のことだけど、万が一そういう場面に遭遇しても、これで必要以上にうろたえなくて済むかもしれません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソルトレイクシティに戻る:

« マンモスへ | トップページ | アメリカ→日本へ »