フォト

LINK

« 海外取材中 | トップページ | グランドティトン国立公園 »

2010年9月 6日 (月)

アメリカ、ソルトレイクシティへ

箱崎シティエアターミナルでA社のBさんとお会いし、簡単な仕事の打ち合わせ。その後、リムジンバスで成田へ移動しました。
ANAのカウンターでチェックイン。上のレストランで簡単にランチを済ませた後、TSUTAYAで文庫本を3冊買い、ラウンジに入ります。
Img_327517:10、NH006便は、定刻通りアメリカ、ロスサンゼルスに向け離陸しました。これまたビジネスクラスがメインの機種で、エコノミーは後方に150席ほどあるだけです。数席の空きがあったので、当然アップグレードはナシ。

まずは映画を見ます。今月はあまりいい映画がないかな。最初にアイアンマン2を観ました。1が面白かったので2も期待していましたが、こちらはハズレ、超くだらなかったです。その後、洋画と邦画を1本ずつ観て、読書に切り替えました。
ANAの機内食、ますますパワーアップしていました。1回目は豚の角煮弁当で味噌汁付き、2回目はハンバーガーで、野菜(レタスとトマト)は、シャキシャキ感を重視するため、別になっていました。エコノミーでここまでやるとはさすがANA。多くの人がこの会社を選ぶわけですね。

10時間半後、ロサンゼルス空港に到着。
入国審査後、大型バッグをベルトに流し、デルタのターミナルに移動してチェックイン。正確には自動チェックイン機で手続きです。これ、嫌いなんですよね〜。案の定、エラーが出て、先に進めません。むこうの方にいた係員を強引に捕まえ、助けを求めました。
数年前まで「人」対「人」だったのに、今はどこでも「機械」対「人」に切り替えています。いいのか悪いのか。この流れは今後ますます加速するでしょう。
これからソルトレイクシティへ向かいます。1つ前の便は満席で取れなかったかので、ロスで5時間待ちです。
ゲートの前のイスに座り、読書をして時間を潰します。それにしても空港ターミナル内はエアコンが効きすぎていて寒いですね。機内預けのバッグの中からフリースを出しておくべきでした。
17時23分、DL2004便は離陸します。当然、満席です。
2時間後、ソルトレイクシティに到着。
ベルトの前で待っていたら、バッグが流れてきません。が〜ん、またまたロスバゲです。
カウンターで手続きすると、1つ前の便で送られてきているとのこと。奥のロッカールームで受け取ることができました。ホッと一安心。テロの直後は、荷物と乗客が一致しなければ飛行機は絶対に飛ばなかったのですが、今は結構アバウトになっています。
Img_3283レンタカーをピックアップ。ハーツのゴールドメンバーは、カウンターで手続きすることなく、そのまま駐車場に行けばいいのです。電光掲示板に自分の名前が表示され、その番号の所に行くと、キーがついた車がトランクを開けた状態で待ちかまえている。今回はマツダのセダンでした。
その後、カンを頼りに高速を走ります。予約を入れてあったヒルトンホテルは簡単に見つかりました。

« 海外取材中 | トップページ | グランドティトン国立公園 »

コメント

吉村先生、アメリカは国立公園からの取材記、楽しく、時にはハラハラとしつつ、何度も拝見させていただいております。
色々な旅のトラブルも即座に解決されながら…しかも英語で!なんですよね…スゴイことだと思います。

海外でのお食事はとても大変そうですね…食材のよさと、心のこもった調理は、人の精神にも身体にも、作り手の気持ちが優しく届くのかもしれないですね
マックのコーヒーは美味しそうですね、久しぶりに行きたくなりました。

ご帰国されてからも、超ご多忙にお過ごしのことでしょうね…
今日こちらの夕空は、山並みからオレンジ一色がすこしづつ水色に溶け込んでゆき、町並みのカラフルな明かりの輝きが素敵な夕景でした。

豆知識ですが、ANAの機内食を作っている会社「ANA ケータリングサービス(ANAC)」は、IATA(国際航空運送協会)によるケータラー監査プログラムにおいて、最も優秀なケータリング会社に贈られる「ワールドワイド・プラチナ賞」と「アジア太平洋部門・金賞」を、たしか何年か連続で受賞しています。

だからと言って必ずしも味が良いかどうかは別として、品質が最高レベルであることは間違いないと思います。

吉村サン、アメリカ行きの第一日目の一部始終のブログ ありがとうございます。
成田空港→ ロス経由 →ソルトレイトシティ(ロスバゲ)→ レンタカー → ヒルトンホテル着。
ふぅ〜、旅慣れている吉村サンだから、サラリと行動していますが、なかなか大変でしたね。
今回の旅は、写真もあり、じっくり読ませて頂きます。
旅のブログが 一気に更新され、皆様のコメントが書き込まれている様子に、待ち望んでいらした思いを強く感じます。
そして、吉村サンがどんなにお忙しくても、疲れていても 毎日書き続けていただいていた事に 深く感謝します。
Thank you

アメリカの旅は、ここから始まりですね。朝からこの時間を楽しみに一日過ごしたのですから、ゆっくり読ましていただきますね。私もこのブログ旅に随分慣れてきました。ロスバゲって言われても、またですか!って余裕で読んでます(^^)ちょっと前まで、何々って感じでしたが…ね。そう、このブログ旅が楽しいなって思い始めたのは、吉村さんがオランダやベルギー辺りに旅されていた時のような気がします。最近の事のような、随分昔の事のような…単調になりがちな私の生活に、吉村さんのブログが色をひとつ増やして下さっています。感謝しています。

長旅お疲れさまでした。今回は、お荷物がひと足先に到着してて良かったですね。
カンを頼りに高速を走り、簡単に目的地に到着してしまわれるって、やっぱりすごいですね。考えただけでも、ハンドルを握る手が震えちゃいそうです(>_<)

お疲れさまです。
アメリカ取材終了されたのでしょうか。
私の中で、ソルトレイクシティ、イエローストーン国立公園を訪れた記憶は数十年前のものになってます。
当時の事を思い出し、
取材日記を楽しみに読ませていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ、ソルトレイクシティへ:

« 海外取材中 | トップページ | グランドティトン国立公園 »