フォト

LINK

« スクーターを売る | トップページ | ブログについて »

2010年11月30日 (火)

19才

相変わらず時間に追われています。
あっという間にお昼、あっという間に夕方、あっという間に夜です。
夜は『クリスマスツリー』の打ち上げ会。新宿で楽しくやりました。そう、無事に本が形になったら、編集者さんは決まって打ち上げ会を企画してくれるのです。全く頭の下がる思いです。
本の制作では、何十人も関わり、毎日のようにメールや電話で、時には会って色々なやり取りを行っています。本が完成すると、そのユニットはひとまず解体。常に一緒に行動していた人がフッといなくなるので、急に寂しさを覚えたりもします。

さてさて、昨日スクーターのことを書いたら、たくさんのメールを頂きました。バイクが好きな人が多いんですね。こちらからお返事することが出来ず、本当に申し訳ありません。吉村はすべてのメールを読んでいます。
「えっ、吉村さん、スクーターなんか持っていたんですか!」という驚きのメールが大半を占めました。
そうなんです。数年前、買いました。
実は、原付の中では、カブが欲しかったんです。普通のカブには興味がなく、惹かれるのはリトルカブの方です。そう、郵便屋さんのバイク。
色は絶対に黄色。
数年前、急にリトルカブが欲しくなり、バイク屋さんい行ったら、黄色は生産が終了していました。今ある5色は、いかにも日本って感じの単調な色ばかり。たぶん手に入れても後悔するだろうと思ったので、中古でスクーターを衝動買いしたというわけです。
リトルカブは絶対に黄色がベスト。とてもカワイイ。
そうそう、セローも、昔は黄色があったんですよ。僕が乗っていたのは緑でしたが。
いただいたメールの中に、「吉村さんと、オフロードバイクって結びつかない。乗っていたのは本当ですか?」というのがありました。
今、アルバムから、証拠写真をひっぱり出してきました。87年と書かれているので、23年前ですね。実家の松本に帰る時は、高速や国道を走るのではなく、必ず山の中の林道を走って帰りました。
あの頃、すべてが楽しかったな。
1253

« スクーターを売る | トップページ | ブログについて »

コメント

ゴレンジャー
今日から吉村さんのこと、レッドって呼びます

熊本の白水郷美術館での写真展、必ず行きますよ。写真集の販売はありますか?年に一度の写真展、毎年、続けてくださいね。
地方に住んでいると、東京の写真展は見に行けないのです。
「黄色のお話」私の身の回りには、黄色がなぜか、集まってきます。意識してるのではありませんがね。車も黄色いメルセデスです。黄色い車で白水まで見に行きますよ。

お忙しい中、楽しいひとときを過ごされたのですね。たくさんの「こんにちは」と「さようなら」から、素敵な本たちが世の中に生み出される…ちょっぴり切ないけれど温かいお話ですね(*^-^)
吉村さんのバイク姿、かっこいいです~
私はバイクを運転したことはないのですが、写真をかじっていた頃、バイク好きな先輩がとっても多かったので少しは分かります。「山をせめるのがすごく楽しい」とか…(^-^;
バイクと写真には、何か共通の魅力(ロマン?)があるのかもしれませんね。
黄色のリトルカブ、実物を見たことはないのですが、カワイイでしょうね。ちょっと想像しちゃいました(*゚ー゚*)

いやいやいや・・・・・・・今日の日記最高です!!
今まで一番好きです、この日記。

この写真を見て、やはり吉村さんは生まれながらの写真家なんだと思いました。
光の三原色(R,G,B)がちゃんと使われている・・・そして黄色まで・・・脱帽です!!
しかし、ものすごく目立ちますね!(笑)
何百メートル離れれても吉村さんだと気付かれそうですね。

ちなみに、僕はこれとは真逆のような感じで、レーサータイプのバイク(HONDA CBR)に乗っていました。

ちなみに、僕は新聞配達のバイト歴が長いので、カブについては詳しいです。そして、通算でどれほど乗ったかわかりません。かなり走ってると思います。

郵便局のカブは、僕の記憶が正しければリトルカブではなくスーパーカブをベースにした特別仕様だったと思います。違ってたらすみません。

カブの他にも、新聞屋と郵便屋はヤマハのメイトなども使っていました。メイトは2サイクルエンジンで出だしの加速が良くて、そっちも好きでした。
カブはとにかく低燃費・・・素晴らしい経済性です。世界で一番売れたバイク(ギネスブックに掲載されている)はダテではありません。

吉村サンが、オフロードバイクに乗っている~! 驚きです!
19歳のこのお姿でしたら、確かに…、昨日のブログに納得です。
緑のバイク、黄色のバイク、赤のヘルメット。やはり、吉村サンに赤のイメージが無かったのですが、前にもご自宅のラムダ製のカメラリックの時も、赤のウエストポーチでしたね。そういえば、20歳頃って 一時期赤が好きになった時が 私もあったように思います。

「クリスマスツリー」の製作班の皆さんもお疲れ様でした。とっても素敵な本です。
微力ながら、応援させていただきます。

 「今まで良くぞご無事で…。」と改めて思いました。23年も前の道路は あっ 山林を走ったんでしたっけ!
命があってなによりでした。

 『クリスマスツリー』は中々いいです。忙しくて、睡眠前のちょっとの時間しか読めないですが、“幸せな気分”になります。

わあ~い!お写真載せてくれたんですね(・∀・)イイ!
バイクレーサー平忠彦もまっさおです(知らなかったらすみません(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
真っ赤ですね~(笑)青のイメージがあったので。
花水木さんの仮面ライダー発言に思わず笑ってしまいました~( ´艸`)プププ

証拠写真…(^_^;)確かにバイクに乗っている…でも本当に吉村さん?赤い仮面ライダー?なんて、ウソです(^^)
23年前の写真がサッと出て来るところが、さすがですね。
バイクのことなどさっぱり分かりませんが、学生時代の友達がこんなバイクに乗っていました。二人とも同じように肩から包帯を吊っていたような記憶が…(^_^;)慎重派の吉村さんには、そんなことはないのでしょうね。
将来、吉村さんがバイクを乗り回すような時は来るのでしょうか?そう、バイクで思い出しました。吉村さんはご自分にどんな未来を予想されますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 19才:

« スクーターを売る | トップページ | ブログについて »