フォト

LINK

« GIFT | トップページ | ランチタイム »

2010年11月19日 (金)

『MAGIC HOUR』の写真集と写真展のお知らせ

MAGIC HOUR(マジックアワー)とは、夕日が沈んだ直後から、一番星が現れる(見えるようになる)時間のことをいいます。この時間、地上にあるすべての風景は、淡い光の粒子に包まれ、劇的に美しく輝き出します。
マジックアワーという言葉、映画界ではよく知られています。テレンス・マリック監督作品『天国の日々』は、夕暮れのシーンはすべてこの時間帯で撮影されています。三谷幸喜監督作品『ザ・マジックアワー』でも、佐藤浩市氏がこの時間帯の魅力を熱く語っています。写真集発売前に、是非この2作品をチェックしてみてください。
僕も写真家として駆け出しの頃から、マジックアワーの美しさに取り憑かれていた一人です。この時間帯、まぶしい太陽光線がないので、すべての風景が静寂の中に沈んでいます。
実は『ブルーモーメント』が出版された後、次はマジックアワーをテーマにしたい、と編集者さんに相談していました。
でも、マジックアワーだけで一冊の作品集にまとめるのは、とても大変な作業でした。淡い世界なので、単調な写真集になりはしないか、ピンクやパープルの色彩は印刷で出せるのか……など、心配はつきません。また、夕日の写真だけを集めれば、ごく普通の夕焼けの写真集になってしまいます。オレンジ色の夕焼けをどの程度盛り込むのか、結構悩みました。
1年前から写真選びをはじめ、まずは作品1000点を500点に、500点を200点に、そしてようやく90点の作品を選び出すことができ、僕の考えるマジックアワーの雰囲気、「光の粒子につつまれたほんのりとあたたみを感じる世界」が形になったのです。
写真集『MAGIC HOUR』は、12月1日から全国の書店で購入できます。もちろん写真展の会場でも販売します。(講演会終了後、サイン会を行います)

写真展『MAGIC HOUR』
2010年12月22日(水)~2011年2月12日(土)
東京品川 キヤノンSタワー ギャラリーS
詳細はこちら↓
http://canon.jp/event/index.html
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/yoshimura-magichour/index.html

マジックアワーの本格的な写真展を開催いたします。キヤノンギャラリーSは、美術館のようなとても素晴らしいギャラリーです。大きなパネルがたくさん展示出来るので、各作品を大きく引き伸ばし、スポットライトで浮かび上がらせてみようかな、と考えています。今、レイアウトを練りに練っています。

写真展の案内状とチラシは、11月下旬~12月上旬、登録者全員に一斉に発送します。DMが届かない方、新規登録ご希望の方は、お名前と住所をメールでお送りください。
info-kaz@kaz-yoshimura.com
1月に、マジックアワーの魅力や、最近の撮影状況を語る講演会(無料)を行います。
講演会のお申し込み受付は、11月26日昼12時からはじまります。今回、300名+300名=計600名ですが、定員になり次第締め切りとなりますので、早めのご予約をお勧めします。
インターネットのフォームからの受付になりますが、携帯電話には対応していないため、お電話でも受け付け可能です。来週このブログで詳しく書きます。

« GIFT | トップページ | ランチタイム »

コメント

吉村サン、「天国の日々」と「ザ・マジックアワー」を拝見しました。
空の色の美しさは、見る人によっては、その時の心模様によっては、幸せな気持ちにも 物寂しくも 愛おしくも感じられます。
実に 深い色なのですね。 

いよいよ待ちに待った「マジックアワー」が見る事が出来るのですね。
今日のブログはおまけが大ですね。
とってもきれいです。淡い色彩がふんわりとしていて「ブルーモーメント」は神秘で吸い込まれそうでしたがまた違う雰囲気で早く見たいです。
講演会もぜひ参加したいと思います。きっと大勢の申し込みがあるとは思いますが、生き生きと写真の話をする吉村さんを拝見するのはとても楽しみです。
吉村さまもかなりハードに仕事をしていらっしゃるご様子ですのでお身体は気をつけてください。
 息抜きも大事ですよ・・・・

吉村サン、写真集の完成が見えてきて、今度は、写真展の準備と作品選びですか。そして、写真展のご案内準備と その多忙ぶりに驚かされます。
1000→ 500→ 90点の絞込みには、どれだけの時間がかかったことでしょう。凄いですね。
それに比べたら、「天国の日々」と「ザ・マジックアワー」の映画を拝見する時間は、とれます!
映画と写真集のダブルチェックしますね。

1ヶ月と3週間あまりの写真展楽しみです。高画質のお写真をじっくり拝見させていただきますね。
講演会の方も と思っています。先着に入れると良いのですが…。
きっとうまくいく!と信じて☆ その日を待ちたいと思います。

 今朝の新聞・地方版で富士山の黒いシルエットと横浜の写真が掲載され“マジックアワー”の文字がありました。魅力を感じていいる方が多いんだな~と思いました。
ブルーモーメントでした。

 『BLUE MOMENT』に少々重さを感じていたので『MAGIC HOUR』の写真展が非常に楽しみです。“マジックアワー”の時間帯に関する思い出の違いか、息子は大好きなんです。良く撮っています。

連日、こ~ふん状態が続き…今日Twitterで写真展の詳細を拝見して、またテンションがハイになり、そして今、深夜を迎えて…実は少々疲れています…(^_^;)
写真展、とっても楽しみにしています。美しい色彩の作品たちがさらに輝きを増すために、あの空間をこれから演出されるのですね。連日、頭を悩まされるのでしょうが、その過程はとても楽しそうな気がします。クリエイティブなお仕事は、吉村さんが毎日のようにおっしゃっているように極限の状態において生みの苦しみもおありでしょうが、根本は楽しいもののような気がします。羨ましいなぁ~って思いますよ。ご苦労も十分に理解させてもらっているつもりですが、是非この素敵な時間をお持ちになっていることを楽しんで下さいね。皆が望んで出来るお仕事ではないと思います。
私は、少々、風邪がぶり返してきた様子です。吉村さんも十分お気をつけ下さいね!

そういえば、去年の今頃、サイン会の後に風邪ひきましたよね?今回は防寒対策、しっかりなさって身体こわさないよう気をつけてくださいね!講演会行きたいです。

吉村さん、続々と素晴らしい写真集の数々ですね
吉村さんが、長いスパンで練って計画を進めてきたものが、今新たに、次々と形になって世に送り出される時なんですね。
クリエイティブなお仕事をされておられる方々にとっては、日常の中で、斬新で、新しい視点の物に対して、常にアンテナを張り巡らせ、自身の感性を研ぎ澄ませておく作業というのが不可欠なんだなぁと、吉村さんのブログや、作品集たちを見て思いました。
今日、改めて読み直した書の中に韓国の女性書画家の方の言葉「すべてのことは大いなる志から始まるのです。大いなる志を抱いた人に成し遂げられないことはありません」また、ブラジルの人権の闘士の方の言葉「人生は、次から次へと挑戦の連続である。大事な事は、その挑戦に勝ち続けることだ」とありました。
夢やロマンを形にする生き方こそ大事ですね。
日々、成長していきたいと思います\(~o~)/
吉村さん、どうぞ身体を大事にしていただきながら、頑張ってくださいね!応援しています

吉村さん選りすぐりの作品たち、そして練りに練られるレイアウト…極上の癒し空間になることでしょうね。
そしてそこで過ごすひとときは、きっと私にとって至福のひとときになると思います。
速報を拝見してからずっと、ドキドキの午後を過ごしてしまいました(^-^;
私は何度も足を運ぶというわけにはいかないのですが、その限られたひとときを大切に過ごさせていただきたいと思ってます。
嬉しいお知らせ、ありがとうございます。ご準備たいへんでしょうが、がんばってくださいね。お元気で扉が開く日を迎えられますよう祈ってます

朝から何度 このブログをひらいたでしょう
今 やっと写真展のお知らせ MAGIC HOURへの意気込みを見て なんだか急にこちらまで ドキドキしてきちゃいました。待ちに待った写真展…それも二ヶ月も…移り行く二ヶ月の季節の時間の間に何回も行きたいなぁ
BLUE MOMENTの時間を知ってからずっと夕暮れ時の空を気にして見上げるようになりました。
写真展 あったかいものが見終わったあとに感じられそうですねものすごく楽しみです。そして講演会 行きたい行きます
吉村さんの熱〜い話をお聴きしたあとに写真をみるとまた違ったものを感じることができるのでしょうね ますます お忙しい毎日と思います。お身体 ご自愛くださいね〜
吉村さん ばんざ〜い

ひとつの作品集が完成に至るまでには、本当に長い時間と大変なご苦労が続きましたね。
お疲れさまでした。
素晴らしい写真集の仕上がりになっていると確信しております。
会期中は、写真展と講演会に3回は伺いたいと思っております。(笑)
とても楽しみです。

富山での講演会で「MAGIC HOUR」のお話を聞いて以来ずっと楽しみにしていました。いよいよなのかと思うとドキドキしてしまいます。

今日やっと「クリスマスツリー」購入できました。うれしいことが、2つもあってとても幸せです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『MAGIC HOUR』の写真集と写真展のお知らせ:

« GIFT | トップページ | ランチタイム »