フォト

LINK

« 軽井沢・上田 | トップページ | 淡い緑 »

2010年11月 3日 (水)

小海・野辺山

すがすがしい青空が広がっていますが、ちょっと日射しが強すぎるかな。風景写真には向かない光です。
朝食後、3時間ほど車を走らせましたが、なかなか心に響く被写体を見つけることが出来ません。イライラ度100%を超えたので、コンビニでトッポを買い、一気に全部食べて気持ちを落ち着かせました。やはり甘い物はいい。
山の頂に樹氷を発見したので、メルヘン街道を通って麦草峠まで行ってみます。確かに樹木は真っ白でした。
アマチュアカメラマンが100人以上来ていました。現場に100人いたら、その100人と違う写真を撮らなければプロ失格です。
写真を20年以上続けていると、「吉村だったらこう撮る」というアングルを瞬時に見つけ出すことができるのです。今日も、ここにいる全員が気づかない構図を瞬く間に発見し、3カット撮影しました。
_b032177 山を下りるとき、山並みの紅葉の美しさに見とれます。でも写真は撮りません。理由は観光写真になってしまうから。ブログ用の写真を1枚撮っただけでした。(写真をクリックすると拡大します)
でもすぐ近くで、「あっ、これは写真展に使えそうだ!」というベストショットを生み出すことに成功します。先程の樹氷といい、たった1時間で5枚以上の作品をゲットできました。トッポのおかげ(^_^)v
小海へ行ってみました。駅は、まるで欧米の片田舎にある教会ですね。何でもありの日本。これこそがこの国の個性であり、美しさです。
最後のシメは、前から行ってみたかった野辺山の国立天文台へ。巨大な電波望遠鏡群は確かに凄い! ここはSFXの世界です。
数カット撮り、2日間の信州取材に幕を閉じました。

さて、どうやって東京に戻るか。
iPadで渋滞情報をチェックしてみると、関越道は渋滞11キロ、中央道は25キロでした。迷いに迷いましたが、ここから近いというこもあり、中央道を選びます。
で、今日は渋滞の手前で思いきって高速を下り、国道20号線に入ってみました。案の定、こちらの方はスイスイ車が流れています。信号待ちの時間を加えても、高速以上に早く移動できるのかも。
あと、20号線は超クネクネ道路なので、車の運転が好きな方にはお勧めです。僕も、カーブのイン、アウトのアクセルワークとハンドルさばきを思う存分楽しみました。(もちろん法定速度で)
国立で再び高速に戻ります。首都高はガラガラ。10時半、自宅に到着です。

« 軽井沢・上田 | トップページ | 淡い緑 »

コメント

美しい秋山のお写真、雲が鳥のように連り、空の通り道みたいです。

『グース』という映画を観ました。
上空からのカナダの紅葉と大空、渡り鳥の姿が印象的でした。

先生の以前のブログの中の
「道を撮っているんです」
撮影中のさりげないお言葉、すごくロマンがあっていいなぁ…と思っていました。

石畳の道や並木道
森のなかの小道
フラワーロード
灯台の道…

かつては電車の通った路…

真っ赤な色のピックアップ、黄色のバスが走る道路…

田舎道や田んぼのあぜみち…
吉村先生の作品は…
素敵な道を、ゆっくりと、のんびりと歩くような、そんな気持ちになります。

未来への道…と感じたり、なつかしい帰り道…のように思えてきたり…。

~before my eyes,a path lies~

『小さな村は、聖なる鐘の音につつまれていた』

後ろの表紙に小さく記されているこの英文に、とても感動しました。
表紙はもちろん、帯ともにステキです☆

どきどきしながら…これから未知の世界風景を、旅させていただきます♪

吉村サン、信州取材お疲れ様でした。お天気に恵まれ(晴れすぎでしたが…)、突然の山の雪が、またベストショットが生み出せ良かったですね。
晴れすぎより、曇りの方がいい写真が取れる…のお言葉、実感しました。(影が被写体に入り、思うような写真が取れませんね。)
紅葉の山のお写真は、奥行きや広角の写真で素敵ですね。落ち着いた秋を感じます。
トッポ効果☆ですか。早めのイライラケアも良かったのでしょうね。
信州は、広いですね。地図を開き「小海は…、野辺山は…」と探し、見つけました。
観光地やスキー場、山脈、温泉場と盛りだくさんです。地名の「姨捨(おばすて)山」は、あの民話の地と知りました。
子供の頃、そのお話が凄く印象があり、好きなお話でした。
高齢のお母さんを山から連れ帰り、隣の国のお殿様の無理難題をそのお母さんの知恵で国を守った。そして、その後お年寄りを大切にするようになった。というお話。
もっとたくさん民話もありそうですね。
吉村サン、帰り道の渋滞回避でき、安全運転 何よりです。

 

 取材だから頭の中は常に写真作品に関して想いをめぐらせておられる事でしょうが、風景の中にドップリと浸ってしまうことはないのでしょうか?
出合った景色に、ほんのちょっとでもそんな時間があったら素敵だと思うのですが・・・。

 写真の木々は唐松でしょうか? もし唐松なら“小さいバラ”のような松ぼっくりが沢山とれるはず。またクリスマスリースを作りたい気分になりました。

綺麗な信州の写真をUPしていただきお蔭で目の保養をさせて頂きました。
久しぶりに風景のUPでしたね。最近動画は載せないのですね。帰りのくねくね道をご機嫌で走らせているチョとおちゃめな吉村さんに思わずくすくす(v^ー゜)しちゃいました。
小海線は日本で一番海抜の高い駅なのですよね。日本の景色の中にも外国の佇まいがあるというか探し出せるのが吉村さんなのですね。景色を流さずに見るのも才能の一つですね。

八ヶ岳エリアは、とても好き場所です。
カラマツは、春の新緑、秋の黄葉、落葉した冬の雪景色…大好きな樹です。
晩秋の黄葉は、太陽に照らされ黄金色に輝く瞬間があります。とても美しいですね。
「文化の日」は、晴れの特異日と言われておりますが、私が生まれたこの日は大雨だったそうです。雨音が好きなのも納得しました(笑)。他界した両親に感謝の日です。
もちろん吉村さんと作品たちに出会ったことも……。(^^)v
ブログの写真…ありがとうございます。

素敵な作品がいくつも生み出され、実り多い取材だったようですね。文章から充実した2日間だったのだな~ということが伝わってきます(*^-^)
紅葉のお写真も美しいですね。ありがとうございます。
信州の自然に抱かれてリフレッシュされたご様子の吉村さん、また分刻みのスケジュールが始まるかと思いますが、がんばってくださいね

何故か可笑しい^;^ 最高に面白い文章 吉村さん 笑いのポイントがお高い!

え~もう帰って来ちゃったんですか…ビックリ!どこかの山の中にでもいらっしゃるのかと思っていました(*^_^*)
トッポの力は偉大なのですね!コンビニには必ずトッポを置いて頂かなくてはなりませんね。それかトランク一杯にトッポを入れておくか、どちらかでしょう!
樹氷の写真もみたいなぁ~。「吉村だったらこう撮る」って写真、想像するだけでも楽しい♪小海線の駅って、こんなに大きかったでしたっけ…なんか鄙びたイメージだったんですが…野辺山付近、星がきれいに見えるのでしょうね。でも、もう夜は寒そうですね。
国道20号、こんなことをいうと歳がバレますが、私が子供の頃、中央道も確か大月ぐらいまでしかなくて、甲府の叔母の家まで行くのが大変だったなぁ…
すみません…今日はとっても眠い。文章が…(T_T)
でも今日は、作品もゲットし~の、渋滞は回避出来~のでご機嫌な一日でしたね!よかったです(^^)

信州取材お疲れ様です!
お仕事で行っていらっしゃるといえなんか羨ましくなりました。
こんな景色の中に身をおいていたら、日頃のストレスも解消されそうです。
トッポ効果もあったみたいで、良かったですね(*゚▽゚)ノ

八ヶ岳イエローですね。
きれいな写真ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小海・野辺山:

« 軽井沢・上田 | トップページ | 淡い緑 »