フォト

LINK

« 取材中に読んだ本 | トップページ | 河津桜 »

2012年2月 5日 (日)

iPad ペン

iPadに手書き文字を書くペンですが、今、6本持っています。でもその多くを使っていません。なぜなら、半年〜1年経つと、ペン先のゴムの部分が固くなり、反応が鈍くなってくるからです。特に、iPhoneにストラップとして取り付けていたミニサイズのペンは、もう全然ダメ。捨てました。
今、お気に入りのスマートペンは、プリンストンのJotというペンです。細い文字が書けるので、紙に文字を書いているような感覚で使えます。ペン先が長いのもGOOD。僕はグリーンを選びました。ちょっと持ち手が滑るので、ラバーグリップがついている方を買えばよかったな。
_dsf0528


« 取材中に読んだ本 | トップページ | 河津桜 »

コメント

こちらの記事にて、以前ご紹介いただいきましたペン「ジェットストリーム」を先日、購入しました。

さらさらと滑りよく、とてもなめらかな書き味、もう何本目になるでしょうか…

それでも、書く機会はそれほど多くはないこの頃です。
紙面に書くという、今ではどこか原始的とも思えるような、アナログ的な感覚は、発信者と受け手ともに、とっても感情にうったえかけてくるように思います。

進化しているiPadペンは、外見てきにも、自然な普通の手書き気分♪を味わえそうですね。

写真誌のインタビュー、デスクまわりアップのお写真には、こちらのiPadケースは折り返され立体的に高低差をつけて置かれていて、お洒落に感じました。 

こんばんはです。
ご無沙汰してます。
以前はmusashiと名乗っておりました。
書き込みは久々ですが、ブログいつも拝見してますよー^^;
Jotいいですよね。
僕はつい最近、手に入れたのですが、とっても使いやすくって感動してます。
ちなみに僕はグリップ付きを使っているのですが、仰るとおりに滑りにくくていいですよ!
ちなみにこのJotを購入してから手書きappが欲しくてNoteshelfを購入しました。
その際に以前の記事を参考にさせて頂きました。
とっても助かりました!
ありがとうございます!

いつも思うのですが、色々なアイテムをお持ちなんですね。でも、雑誌で拝見させて頂いたお仕場はスッキリされていましたね。吉村さん流のキレイのコツってあるのでしょうか!?写真家さんだけでなく、収納アドバイザーにもなれちゃいそうですね♪

先日、LOFTに行って、CamiAppの使い方がわかりました。紙からデジタルへ、手書きをデジタルへ、いろいろな方法でデジタルというひとつの引き出しに集約出来るのは、便利でしょうね。いろいろな引き出しに入れると、どこに突っ込んだのか分からなくなってしまいそう。紙ベースの資料は、見やすい一面、膨大なボリュームを保存するのが大変。どこかデジタルに不安定さを感じつつも、時代はデジタルに軍配をあげている気がします。

字を書くという行為、少なくなりました。なぐり書きのメモは、多いですが… そう、感情を表すには、手書きの文字がいいですね。特に怒っている時は、最高です!私もiPhoneのペン、持ってないから買ってみようかな…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 取材中に読んだ本 | トップページ | 河津桜 »